忍者ブログ
Top*Admin

[7367]  [7366]  [7365]  [7364]  [7363]  [7362]  [7361]  [7360]  [7359]  [7358]  [7357
物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
【おススメ度】★★★★


「強い物語」と「魅力的なキャラクター」の創り方

本書は、ディズニーやピクサー映画のような冒険活劇の物語の描き方を通して、「解かり易くて強い物語」と「魅力的なキャラクター」の創り方を、ハリウッド式脚本術によく見られる “リスト” や “類型”や “方程式”を用いて、講義スタイルの文体で丁寧にプロ意識を植え付けるように指導してくれる本だ。

シーンはキャラクター同士、物語は作者と観客の契約

まず、『第4章 観客との契約』が面白い。前章で、「シーンの内容とは、新たなビジネスの取引に到達するための交渉であり、取引が成立すればシーンもそこで終わりだ」とある。要は、シーンとは物語上無くてはならない重要な力の交換であり、シーンはキャラクター同士の契約行為だと。だから、話の説明のためだけに新たなシーンを創ってはならないのだ。

さて、シーンによってキャラクター同士が契約(取引)をし、相手を利用したり自信が罠に嵌ったりして心理的・身体的に戦いながら、ストトーリーが構成されていくだが、では、そのストーリーは何なのか。著者は、物語の作者と観客との契約だと言う。観客をエンディングまで飽きさせないと言う契約と言えるかもしれない。

契約条件はこうだ――観客は物語の作者に対し、価値あるものを与えることに同意する。つまり、金銭、そしてそれ以上に価値のあるもの、時間を与えるということだ。(中略)
ひとつのことに注意を払うことは、この世におけるもっとも貴重で価値ある商品のひとつであり、とりわけ人の注意を惹くものがたくさんある現代では、そrはなおさらのことだ。(中略)
だからこそ、こちら(作者)から本当に良質なものを提供し、契約をまっとうする必要がある。
※P.51より引用

これを忘れている脚本家が実に多い。とくに映画のチケット台のように金銭的価値が見え難い民放のテレビドラマや、中でもたちが悪いのが受信料の上に成り立っているのを忘れているNHKのドラマの一部の脚本家だ。今一度、この原点に立ち返って欲しい。

観客を楽しませビジネスを成功させる “方程式”

『第24章 ショーマンシップ』もプロの脚本家として、ボードビル(米国においては舞台での踊り、歌、手品、漫才などのショー・ビジネス)での観客を楽しませビジネスを成功させる “アーコフの方程式”を挙げている。

A・R・K・O・F・Fの方程式
A アクション(動き)スリリングで目を奪うドラマ
R レボリューション(革命)新しい大胆なテーマや題材
K キリング(殺し)悪趣味にならない程度の暴力
O オラトリー(弁舌)良質の会話、耳に残る台詞
F ファンタジー(夢想)観客の願いや夢想の実現
F フォーニケイション(密通)セクシーさ、特にヤングアダルトに訴えるもの
※P.350より引用

誰もが何かを楽しめるプログラムづくりがショーマンシップの原点。こうして改めて列記してみると、面白いプログラム(映画やショーやテレビドラマなど)にはすべての要素が含まれている。このA・R・K・O・F・Fの方程式を覚えておくと、連ドラの第1話を観ただけで、アタリハズレが見分けられるようになるかもしれない。

例えば、『日テレの小杉専務に伝えたい。私の独断と偏見の “2015年夏期の連続ドラマ全局低調” のワケ』でも触れたが、面白くない連ドラの多くは、このA・R・K・O・F・Fの方程式の幾つかの項目だけを “力づく” で強調したり押し付けてきてやしないだろうか。連ドラ好きな方なら、すぐにドラマ名が浮かんでくると思う。

あとがき

今回はつくり手側の意識に焦点を当てて感想を書きましたが、本書の大部分は脚本術に於ける「解かり易くて強い物語」と「魅力的なキャラクター」の創り方です。この部分はとても細かく体系化されて述べられているので、是非実際に読んだ方が解かり易いです。ただ、物語が浮かばないとか、上手く結末まで書けない人は、もう少し入門書を読んだ方が良いと思います。

また、本書は、脚本術からマーケティングまで、如何に観客を自然に楽しませるかが解かり易く書かれた中級以上向けの解説書です。映像作品の脚本に限らず、小説や漫画を書いている人、評論をしている人にもお薦めです。


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
SAVE THE CATの法則 本当に売れる脚本術
「物語」の組み立て方入門 5つのテンプレート
映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
「物語」のつくり方入門 7つのレッスン

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-6376.html

【当blog内の関連記事】
[読書]清張映画にかけた男たち - 『張込み』から『砂の器』へ (西村 雄一郎/著・新潮社) 感想
[読書]TVディレクターの演出術: 物事の魅力を引き出す方法 (高橋弘樹 /著・ちくま新書) 感想
[読書]ミッキーはなぜ口笛を吹くのか: アニメーションの表現史 (細馬宏通/著・新潮社) 感想
[読書]「おもしろい」映画と「つまらない」映画の見分け方 (沼田やすひろ/著・キネマ旬報社) 感想
【書評】表現の技術―グッとくる映像にはルールがある:高崎卓馬(著) (電通)
【書評】映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術(フィルムアート社) シド・フィールド(著)
【書評】もう一度見たい!ドラマ100本 ’90年代編(学習研究社) TV LIFE編集部 (編集)


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[3回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 困ったときの「モノの言い方」言い換え辞典
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 ルポ 同性カップルの子どもたち――アメリカ「ゲイビーブーム」を追う
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 Because I am a Girl――わたしは女の子だから
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 ずるい日本語
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 知識ゼロからの南無阿弥陀仏入門
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
おすすめ本 本当の仏教を学ぶ一日講座 ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 料理人のためのジビエガイド:上手な選び方と加工・料理
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
おすすめ本 病気になるサプリ 危険な健康食品
おすすめ本 [読書] 築地魚河岸 寿司ダネ手帖


その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[02/23 ゴンゾウ]
[02/22 ゴンゾウ]
[02/22 マミ]
[02/22 みど]
[02/21 ゆりちゃん]
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~さ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
美しき罠~残花繚乱~
ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
監獄学園
偽装の夫婦
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
金田一少年の事件簿N(neo)
グッドパートナー
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
結婚式の前日に
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメSeason4
孤独のグルメ5
ごめんね青春!
婚活刑事
[さ]
サイレーン
SAKURA~事件を聞く女~
サムライせんせい
残念な夫。
37.5℃の涙
Chef~三ツ星の給食~
地獄先生ぬ~べ~
下町ロケット
GTO[2]
死幣ーDEATH CASHー
獣医さん、事件ですよ
重版出来!
JKは雪女
新・刑事吉永誠一
深夜食堂[3]
水球ヤンキース
好きな人がいること
素敵な選TAXI
スペシャリスト
すべてがFになる
砂の塔~知りすぎた隣人
スニッファー嗅覚捜査官
スミカスミレ 45歳若返った女
青春探偵ハルヤ
聖女
せいせいするほど、愛してる
世界一難しい恋
セカンド・ラブ
銭の戦争
ゼロの真実~監察医・松本真央~
そして、誰もいなくなった
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/2/8に1,200万アクセス達成を致しました。(感謝の記事