忍者ブログ
Top*Admin

[6829]  [6828]  [6827]  [6826]  [6825]  [6824]  [6823]  [6822]  [6821]  [6820]  [6819

テレ朝系『相棒Season13』公式
第19話/最終回2時間スペシャル『ダークナイト』ラテ欄『最終回2時間超SPダークナイト~甲斐享ついに最終章!!』の感想。


右京(水谷豊)は、犯罪者に制裁を与え世間の注目を集める「ダークナイト」なる人物の行動に共感できない。そんな中、都議会議員の辻堂(岡崎宏)が殺される事件が発生し、目撃証言からダークナイトが捜査線上に浮かぶ。だが、享(成宮寛貴)にはダークナイトの犯行とは思えない。独自に捜査を始めた右京と享は、種村(瀧川英次)という男にたどり着く。自分がダークナイトだと認める種村だったが、享は模倣犯だと主張する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「杉下右京の事件簿」からの脱却のための大英断

物語全体は、「正義感の履き違え」「歪んだ正義感」で『相棒』のお約束のパターン。ただ、今回の最大の違いは甲斐享(成宮寛貴)が犯罪者になり退場したこと。

『Season13』は、これまでも数話で何とか「杉下右京の事件簿」化を打破しようとしてきた。その集大成として捉えると、賛否両論あると思うが、1つの大英断だったと思う。

なぜ今更、享に稚拙な犯罪者のレッテルを張ったのか

制作陣の意図は百歩譲ったとして、果たしてカイトの退場は犯罪者と言うバカヤローにするしか描けなかったのか。そこに大きな疑問が残る。享は以下の3点の大きなミスを犯した。

[1] 親友に成り代わって敵を討ち、親友を目覚めさせるために犯罪者になった。
[2] どうにも太刀打ちできない右京への腹いせに犯罪者になった。
[3] 秘密の暴露によって右京に簡単に見破られた。

[1]については、なぜ享をこんな子供みたいな軽率な発想の人物にした立ててしまったのかと思うし、[2]については、亀山薫と神戸尊との差別化とは言えこれも些か短絡的過ぎる。[3]については、享も散々見てきた右京(水谷豊)の犯人にボロを出させる手口にまんまと引っ掛かる学習力の無さを見せた。

結局、享がいつまでも父親との不遇な関係を引きずった痛いキャラの延長線上に「ダークカイト」を作り上げたのだろうが、流石に唐突に享がバカヤローになり過ぎる。これでは折角3シーズンに亘って描いてきた甲斐享のキャラが最終回で完全に崩壊。せめて稚拙なカイトでない方法を模索して欲しかった。

享のインスタントな正義感は『相棒』には似合わない

今回の最大の問題点は、享に施した上記の3つの後出しジャンケン的条件をこれまで利用してこなかったこと。エンドクレジットで取って付けたように、そんなカットをインサートしていたが。

この形での退場が決まった時点(いつか解からないが)からでも、“享の正義感”を魅せたら良かった。そして事ある毎に右京と向き合えば良かった。そうすれば、“右京の子分”や“右京の相づち係”にならずに済んだと思う。

結局、ぽっと出のインスタント正義感では、本来の『相棒』の正義は描けないのは制作陣も解かってるはず。なのに、なぜ最終回に無理矢理に後出しで、享に稚拙な犯罪者のレッテルを張ったのか解からないし、残念で仕方ない。

あとがき

何とも後味の悪い最終回でした。「杉下右京、特命係は人材の墓場」に帰着するストーリーとすれば『相棒』の原点に基づく重要な話でもあった訳で、その結末がカイトがずっと前から犯罪者だったと言うオチは納得し難いです。せめて今回だけだけなら…

『相棒Season14』はあるのでしょうか?あるとしたら、甲斐峯秋の言葉「君は自分の思っている以上に危険な人物かも知れないよ」にもあるような“モンスター右京”を何とかしないとダメかなと思います。是非とも、『新生・相棒』を観てみたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒 season 12 ブルーレイBOX (6枚組) [Blu-ray]
相棒 season12 上 (朝日文庫)
相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ 豪華版Blu-ray BOX(初回完全限定生産)
相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 (期間限定出荷) [DVD]

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-6002.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/415872981.html

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話(元日SP) 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話


[管理人からのお知らせとお願い]

【『2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』について】
2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』を投稿しましたので、秋のドラマライフの参考にして頂ければ幸いです。いつものように独断と偏見に満ち溢れていますが(苦笑)

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[37回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 無題
そーたんばば 2015/03/19(Thu)14:54:54 編集
昨日は急用で観ることも録画もできず…。なのでこちらのブログでどんなふうに書かれてるかなぁ、と。甲斐さんが殉職なんてイヤだなぁと思ってましたが、まさか犯罪者として去っていくとは。奇をてらったのでしょうか?3年前の甲斐さん登場の時に決まっていたのでしょうか?
シーズン14で新しい相棒が登場するなら、いっそのこと周辺の刑事さん鑑識さん花のさとなどはそのままで、(相棒)の二人を二人とも入れ替えたらどうでしょう。そしてアッと言わせて貰いたいですね(笑)
  • Re:無題
みっきー 2015/03/19 15:12
☆そーたんばばさん
コメントありがとうございます。

カイト登場の時から決まっていたとしたら、
もっと上手くカイトの活躍場面を作っておくべきだったでしょうね。

Season14があるなら、総入れ替えが妥当かも知れません。
  • 無題
知幸 2015/03/19(Thu)15:01:00 編集
この最終回は、今季のドラマでは、一番「衝撃的」な結末でした。
今まで観てきた長期連続ドラマでは、初めての経験なので、かなり複雑な気分です。
どんな答えを出せば良いのか、暫く考えさせる内容でした。

まあ、良い意味でも悪い意味でも、「衝撃的」と言う言葉に相応しい結末でした。
ネットでは「ドラマ史上最悪の結末」、「賛否両論」、「大炎上」などの感想がなど目にしてますが、私自身はどう反応して良いのか、正直戸惑ってます。
去年、話題になった『BORDER』とは違う意味で、衝撃的な最終回でした。もしかしたら、製作側はそれを狙ってたかも(まあ、内容的には、あっちの方が上でした)。

享は『卒業』と言うよりも、『退学』と言った感じでしょうか、余り納得しませんでした。
海外ドラマっぽい展開で、内容自体は構いませんが、なんの伏線もなく、唐突過ぎたのが残念。
恐らく、享の卒業の意味(相棒を辞めた理由)は、純粋過ぎる右京さんの「正義」にあてられ、歪んだ「正義」を実行したためだと思います。
今後、享のシーズン(11~13)の再放送をどう観ればいいのやら。
まあ本来、享は2年間の予定でしたが(Season 12で卒業)、水谷や制作陣の申し出により1年延長してもらったそうで、仕方が無いのですが、もうちょっと、どうにかならなかったかと思います。
そもそも、卒業発表自体が、ほぼ突然のようなもんでしたので、不安があり、それ並に覚悟がありましたが。
噂とされてた殉職は一様覚悟してましが、まさかこんな結末になるとは、ホント予想外でした。
これだと、今後の再登場は、無理かも。まあ、瀬戸内も逮捕され、服役中でも登場されたので、可能性はあるかも。
『殉職のほうがマシ』だと言うコメントを目にしましたが、なんとなく理解できます。
でもそれだと、右京はもっと責任を追われ、免職・退職され、そこでシリーズは終わるかも。
恐らく、次の相棒に取っておいてるかも?

甲斐 享についてですが、歴代の相棒では、かなり地味な扱いでした。
年齢の差からか、どうも右京の相棒としては、若過ぎた印象があり、余りパッとせず、それ程成長出来なかったのが残念。個人的には、捜査一課の新メンバーで十分だったかも。    三浦が依願退職したので、芹沢の後輩の方が向いてるかも。

総合的に、今シーズンは全体的に、唐突過ぎて、とても中途半端でした。
『13』は不吉な番号なので、残念ながら、最後はそれに相応しい内容になってしまい、世間からはかなり非難を浴びる結果になりました。
もうそろそろ、ネタ切れ・マンネリ化になっていき、限界に近づいたそうです。
まあ、15年近くもやってれば、避けられない事ですが。
もし続ければ、この調子だと、後2~3年、長くても5~6年持つと思います(流石に10年は無理)。

Season 14についてですが、恐らく次の相棒(4代目)・10人目の部下(亀山の前に6人)こそが、「最後の相棒」になると思います。右京さんも、年齢的に厳しくなってるので、今度の相棒こそ「右京の暴走を止める」人物になると思います。
因みに、OPのタイトルロゴは、相棒が変わるごとに、2人の間がドンドン離れてます。
これも伏線なのでしょうか?
やっぱり、亀山時代の方が相棒の絆が深かったです。

4代目は、仲間由紀恵(社 美彌子)が有力だそうです。
そろそろ、女性相棒が登場しても良い頃だと思いますが、個人的には、小池栄子さんにやって欲しいです。。
私の予想ですが、恐らくSeason 14は、「最終章」の幕開けだと思います。『14』を第1部として、2~3部(『15』、『16』)は続くと思います。
今回の最後を見る限り、それらしい伏線でしたし。
内容はどうあれ、Season 14はどんな展開になるのか、とても気になります。

とりあえず、甲斐享を演じた成宮寛貴さん、3年間お疲れ様でした。
スタッフの皆さんも、お疲れ様でした!

それでは~
  • Re:無題
みっきー 2015/03/19 15:21
☆知幸さん
コメントありがとうございます。

『BORDER』は数話前から、きちんと前フリがあっての最終回だったので、
まだ納得できましたし、そもそも死んだ人を見られるってお話ですから、
そんなにリアルを追及する必要もないかなと。

しかし、『相棒』は正義を売りにしているドラマです。
だからこそ、ただの謎解きとは違う面白さがある。
そして、二人組の刑事が絶妙なチームワークで事件を解決する楽しさも。

この最終回は、いつもの「歪んだ正義」のパターンを極端にして、
相棒の二人の仲で構築しちゃった。
そりゃ、一人は犯罪者になるしかないですよ。
まだ、汚職刑事ならともかく、ダークナイトは…

なんか、甲斐享と言う登場人物が全否定された感じもしますし、
せめてドラマの中の刑事くらいは、正義の味方であって欲しかった。
そんな後味の悪い最終回だったのが残念です。
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 98歳現役医師の“元気に長生き”の秘訣
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[10/19 南高卒]
[10/19 naraku]
[10/18 His]
[10/17 にんじん]
[10/16 ゴンゾウ]
  • 2017年10月期 / 秋ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  民衆の敵
火曜日
フジ 21:00  明日の約束(第1話)
TBS 22:00  監獄のお姫さま(第1話)
水曜日
テレ朝 21:00  相棒[16](第1話)
日テレ 22:00  奥様は、取り扱い注意(第3話)
木曜日
テレ朝 21:00  ドクターX[5](第1話)
フジ 22:00  刑事ゆがみ(第1話)
日テレ 23:59  ブラックリベンジ(第2話)
金曜日
テレ東 20:00  ユニバーサル広告社
TBS 22:00  コウノドリ[2](第1話)
テレ朝 23:15  重要参考人探偵
土曜日
日テレ 22:00  先に生まれただけの僕(第1話)
日曜日
TBS 21:00  陸王(第1話)
日テレ 22:30  今からあなたを脅迫…(第1話)
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  わろてんか(第16回・10/19)
【途中で離脱】
新宿セブン(第1話)
セトウツミ(第1話)
オトナ高校(第1話)
フリンジマン(第2話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
遺留捜査[4]
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
僕たちがやりました
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
コード・ブルー[3]
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
ハロー張りネズミ
犯罪症候群[1]
光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひょっこ
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
わにとかげぎす
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/9/2に1,400万アクセス達成を致しました。(感謝の記事