忍者ブログ
Top*Admin

[10506]  [10505]  [10503]  [10504]  [10502]  [10501]  [10500]  [10499]  [10498]  [10497]  [10496
連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第26週『グッバイ、ナミダクン』 『第156回/最終回』の感想。


 本作は、9/4 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


実(沢村一樹)がお土産にもらったカツサンドを食べ、「いつかみんなで行きたい」と話した稲刈りの時から、かれこれ4年。みね子(有村架純)たちはついに家族そろって、念願だった赤坂・すずふり亭を訪れる。鈴子(宮本信子)や省吾(佐々木蔵之介)らがあたたかく迎え入れ、かつて実が感動したハヤシライスを、心を込めてふるまう。奥茨城の家族と東京の家族。みんなの笑顔に囲まれたみね子は、幸せな気持ちでいっぱいになる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

予想していた以上に "全てが箇条書き" で驚いた!

なぜ、由香は制服でなく私服で店を手伝っていたのだろう?とか。宗男より長く「あかね荘」に住んでいた実に、省吾たちがあまり “久し振り感” を出さなかったのは気を遣ったのか?とか。ハヤシライスだとは先日から [妄想] していたが、みんなでカツサンドのお礼も言って欲しかったな?とか。

更に、愛子はいつの間にか「妻」になっているし、なぜハンドバッグを持っているのだろうとか。などなどあれこれ思っていたら、いつの間にか食後のコーヒータイム。そして、まるで、折角すずふり亭に両親が来店するなら…と言う感じで、秀俊が結婚の挨拶をしちゃうし。しかも、こんな↓台詞で。

秀俊「必ず 僕ら 幸せに生きます。
   幸せになることを諦めません、絶対。
   お願いします」

みね子と秀俊の結婚に至る過程に紆余曲折あって、何度も別れなければいけないような悲劇や困難があり、「そんな事ばかり続く男とは結婚させない」と実に言われたなら、この台詞も納得できるが、なんの障害もなく視聴者ですら「結婚するのは早すぎない?」と思う展開でこれを言われても、ちっとも心に響かないのだが…

なんか、予想していた以上に全てが箇条書きで驚いてしまった。これが、あの「奥茨城編」と同じ作品か?と、疑いながらずっと見てしまった。従って、本当に感想が思い浮かばない。とにかく、目の前で描かれていることに驚くばかりだから…

結局、「重箱」も「記憶喪失」も中途半端なまま終了…

そして、突然に重箱が登場。よくもまあ都合よく “重箱だけ” を思い出したものだと考えてしまったが、この描写で実の「記憶喪失」がまだ続いていたことを脚本家自ら認めたことになる訳で、結局、最終回に存在したのは “実を演じている雨男” と言うことになった。

この締め方、どうだろう?ここまで、何でもありの箇条書きで済ませる最終回ならば、いっそのこと、重箱を見て、すべてを思い出しても良かったのでは?桑田さんの主題歌をバックにやれば、それなりに見られたと思う。

それをやらないなら、やはり、重箱を見ても何も思い出さずに “うやむや” で終わった方が、スッキリしたような…。矛盾した感想だが。

あとがき

最初の1か月の「奥茨城編」が素晴らしかっただけに、本当に残念です。あとの言いたいことは、これまでたくさん書いてきたので、最終回の感想は、「終わったので良し」としておきます。それに、もう私がくどくど書いてもしょうがないですから。どうぞ、皆さんの本作に関する感想や感想の感想などもお聞かせ下さい。

本当の最後に。前回の愚痴ばかりの感想に 81回も。そして、これまで半年間に数え切れない程たくさんの Web拍手とコメントを頂き、本当にありがとうございました。途中で離脱しそうになりましたが、皆さんの声に励まされて何とか半年間を完走できました。

さて、『ひょっこ』は終わりましたが、また他の作品で皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。半年間、愚痴にお付き合い下さり、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     
   
   
     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ BOX1(全巻購入特典:「すずふり亭」看板 [A5サイズ・ブリキ風]引換シリアルコード付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ BOX2(全巻購入特典:「すずふり亭」看板 [A5サイズ・ブリキ風]引換シリアルコード付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD BOX1(全巻購入特典:「すずふり亭」看板 [A5サイズ・ブリキ風]引換シリアルコード付)
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD BOX2(全巻購入特典:「すずふり亭」看板 [A5サイズ・ブリキ風]引換シリアルコード付)
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD BOX3(全巻購入特典:「すずふり亭」看板 [A5サイズ・ブリキ風]引換シリアルコード付)
連続テレビ小説 ひよっこ ファンブック (洋泉社MOOK)
ひよっこ メモリアルブック (ステラMOOK)
1964年の有村架純 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」愛蔵版フォトブック (新書企画室単行本)
連続テレビ小説「ひよっこ」 オリジナル・サウンドトラック
連続テレビ小説「ひよっこ」オリジナル・サウンドトラック2
がらくた (初回生産限定盤A)
がらくた (通常盤) 桑田佳祐

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8671.html




【これまでの感想】
[妄想] 「ひよっこ」の昭和40年と言う時代設定に、再び“名作の予感”(2017/05/04)
[訂正] 「ひよっこ」第36回で、みね子がビーコロを食べたのは "初任給" でした(謝)(2017/05/14)
「ひよっこ」を2か月間観終えて、今思うこと…(2017/05/28)
「ひよっこ」の“青天目澄子”と演じる女優・松本穂香に注目してみた(2017/06/05)
「ひよっこ」は視聴者の“好意的な解釈”に頼らないで欲しい(2017/06/12)
ひよっこ 総集編(前編) (2017/7/8) 感想
奇跡のコラボ 「ひよっこ」の三男が「コード・ブルー2」に出演していた (2017/07/12)
「ひよっこ」のオープニング映像が、後半戦から一部変わってます (2017/07/20)
SONGS「SONGSスペシャル 桑田佳祐」 (2017/8/24) 感想
NHK「うたコン」での桑田佳祐さんとひよっこのコラボ (2017/08/29) 感想
「ひよっこ」“異例”の9月ズレ込みでクランクアップ やはり騒動は現場でも起きていたのか?(2017/09/04)
「ひよっこ」 最終週前に脚本家の愚痴?を公開するのは反則!(2017/09/21)
「ひよっこ」 最終週は? 脚本家「登場人物みんなが少し幸せになっている」(2017/09/25)
「ひよっこ」ロスでない人専用 : 脚本家・岡田惠和氏「冒頭何週間分か書いたところで、10年の話は撤回しました」 (2017/09/30)
「ひよっこ」期間平均視聴率発表 辛うじて前作0.1%超え(2017/10/03)

第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』
1 2 3 4 5 6
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』
7 8 9 10 11 12
第3週『明日(あす)に向かって走れ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『旅立ちのとき』
19 20 21 22 23 24
第5週『乙女たち、ご安全に!』
25 26 27 28 29 30
第6週『響け若人のうた』
31 32 33 34 35 36
第7週『椰子(やし)の実たちの夢』
37 38 39 40 41 42
第8週『夏の思い出はメロン色』
43 44 45 46 47 48
第9週『小さな星の、小さな光』
49 50 51 52 53 54
第10週『谷田部みね子ワン、入ります』
55 56 57 58 59 60
第11週『あかね荘にようこそ!』
61 62 63 64 65 66
第12週『内緒話と、春の風』
67 68 69 70 71 72
第13週『ビートルズがやって来る』
73 74 75 76 77 78
第14週『俺は笑って生きてっとう!』
79 80 81 82 83 84
第15週『恋、しちゃったのよ』
85 86 87 88 89 90
第16週『アイアイ傘とノック』
91 92 93 94 95 96
第17週『運命のひと』
97 98 99 100 101 102
第18週『大丈夫、きっと』
103 104 105 106 107 108
第19週『ただいま。おかえり。』
109 110 111 112 113 114
第20週『さて、問題です』
115 116 117 118 119 120
第21週『ミニスカートの風が吹く』
121 122 123 124 125 126
第22週『ツイッギーを探せ!』
127 128 129 130 131 132
第23週『乙女たちに花束を』
133 134 135 136 137 138
第24週『真っ赤なハートを君に』
139 140 141 142 143 144
第25週『大好き』
145 146 147 148 149 150
第26週『グッバイ、ナミダクン』
151 152 153 154 155 156(最終回)


【"2018年10月期 / 秋ドラマの期待度" を投稿しました】
『2018年10月期 / 秋ドラマの期待度』を投稿しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

Yahoo!基金
一人一人が出来ることから、やりませんか。
平成30年北海道胆振東部地震 緊急災害支援募金(Yahoo!基金)
https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630037/


拍手[147回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • お疲れ様でした!
るなるな 2017/09/30(Sat)10:11:18 編集
みっきーさん、こんにちわ!

放送が始まったころに、何気ない日常が素敵に描かれていて、毎朝ワクワクしていたころを思い出します。
奥茨木から上京し、向島電機編で少し中だるみした感じがし、
それでも赤坂編になれば面白くなるだろうと希望をもっていたら・・・
一度も盛り上がりませんでしたね。
正直、誰が主役の物語だったのであろうか?
まぁ、みね子が主役なのですが、みね子の苦労、葛藤、幸せ、そんなものが上っ面だけの、箇条書き程度のものにしか感じられませんでした。
なんで、奥茨木の実家とみね子をもっと絡めなかったのか・・・。
残念でなりません。
父親をみつけてからの「お父さん・・・・」というみね子の心の声も
何で、記憶の戻っていないお父さんに語りかけるんであろう?
と、しらけてしまっていました。

最後の方は、観たり観なかったりの状態でしたが、みっきーさんの感想は
毎日、拝見させていただいておりました。
ドラマよりも何倍も楽しかったです。

最終回までの感想、本当にお疲れ様でした。
  • Re:お疲れ様でした!
みっきー 2017/09/30 19:06
☆るなるなさん
コメントありがとうございます。

結局、この朝ドラは、視聴者に何をつたえたかったのでしょうか?
未だに、よく分かりません。

とにかく、始まって数週間後には、
ちよ子と進役の子役を変えないと決めて、
10年間から4年間に方向転換したのは、
間違いないようですから(岡田氏のインタビューで)、
まとまりの無い展開に成らざるを得なかったのでしょうね。

半年間、ありがとうございました。
  • 私も心残りです
ゴンゾウ 2017/09/30(Sat)10:44:50 編集
やはり岡田恵和氏は脚本進行のペースを間違えたのだと思います。「みね子の十年」で書き始めて
「起・承」までは素晴らしかったのに、
「転」の雨男登場でおかしくなり、
「転・結」の大幅修正・短縮で終了したのは
一視聴者として残念に思いました。

出来得れば朝ドラ「ちゅらさん」の様に、
別時間枠で続編を岡田氏に書いて欲しいと
願います。
「みね子の十年」を観なければ、私個人としても
気分が晴れないのです。

前半が素晴らしい出来映えだっただけに
不思議と嫌悪感は無いのです。
只々「完全版が観たい」と思うだけです。


  • Re:私も心残りです
みっきー 2017/09/30 19:05
☆ゴンゾウさん
コメントありがとうございます。

https://otocoto.jp/column/asadolife-5/

上↑の記事を読んでみてください。

放送開始から数週間後には、
ちよ子と進役の子役を変えない方針に転換し、
10年間から4年間に方向転換させたそうです。

要は、「奥茨城編」が終わった時点で、
物語は崩壊に向かっていたようなものです。

だって、出演者は契約済みなんですから。
いやはや、何ともです。

半年間、ありがとうございました。
他のドラマでも、宜しくお願いします。
  • やっと終わってくれました...
ブロリー 2017/09/30(Sat)15:39:00 編集
やっと終わりましたね~
この半年間最後まで脱落せずに鑑賞できた自分を
褒めてあげたいです(苦笑)

はぁー、しかし後半が序盤の奥茨城編と向島電機編と同じドラマだとはどうしても思えませんでした。
確か岡田さんって「一話入魂!!」がモットーで「この昭和の時代はよく『いい時代だった』『楽しいじだいだった』と美化されがちですが、実際は今よりも酷かったり汚かったりな事が多かった。だからこの作品ではこの時代の綺麗な側面だけ描かず厳しい現実を描いてご都合主義なハッピーエンドで終わらせないような作品に仕上げたい!」ってな発言をインタビュー語っていましたけどね~?
その上でこの有様ですか・・・
向島電機編までは確かにそうでしたが、それ以降は岡田さんが危惧していた「美化された昭和とご都合主義なハッピーエンド」になり下がってましたね~ww
結局、みね子は大した苦労もせずトントン拍子で幸運に上り詰めてハッピーエンドを迎えましたね。
これが岡田さんが望んでいた結末なんでしょうか・・・
結局、岡田さんも前作の「べっぴんさん」の二の舞に堕ちてしまったのが残念ですよ。

岡田さんは一から脚本家を勉強しなおした方がいいですよ!

冗談じゃなくみっきーさんにひよっこを書かせたら傑作になっていたと思います!!
  • Re:やっと終わってくれました...
みっきー 2017/09/30 19:11
☆ブロリーさん
コメントありがとうございます。

ゴンゾウさんの返信にも書きましたが、この⬇記事を読んでみてください。

https://otocoto.jp/column/asadolife-5/

真面目に見ていたのが、馬鹿馬鹿しくなるような…

でも、なんか奥歯に物が詰まったような言い方なのです。
恐らく、言えない大人の事情があったと推測します。

次回の岡田氏の作品は、気をつけて見ます。

半年間、ありがとうございました。
  • なんだコレ
すーゃん 2017/10/02(Mon)00:42:38 編集
子役さんを交代させないと云うのは
プロデューサからの圧力ではなく
脚本家の意思だったんですね
酷いなぁ!
確かに あの子達は 良い雰囲気をもってますが
時間の進まないドラマを見せられてる身にも
なって欲しかったです

続きを書きたいなら どうぞ ご自由に

絶対に 見ないから! と
作者、言うてやりたいです
  • Re:なんだコレ
みっきー 2017/10/02 05:34
☆すーゃんさん
コメントありがとうございます。

言っていることが真実とは限りませんよね。
もう、信用できませんもん。

>絶対に 見ないから! と
>作者、言うてやりたいです

同感です。
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 朝ドラの55年 全93作品完全保存版
おすすめ本 「朝ドラ」一人勝ちの法則
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 98歳現役医師の“元気に長生き”の秘訣
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 死体鑑定医の告白
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 ブラックペアン1988 新装版
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[10/19 かわうそ]
[10/18 宇崎三郎]
[10/18 ぶたくま]
[10/18 ゴンゾウ]
[10/18 naraku]
  • 2018年10月期 / 秋ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  SUITS/スーツ(第2話)
テレ東 22:00  ハラスメントゲーム(第1話)
火曜日
フジ 21:00  僕らは奇跡でできている(第2話)
水曜日
テレ朝 21:00  相棒 season17(第1話)
日テレ 22:00  獣になれない私たち(第2話)
木曜日
テレ朝 21:00  リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~(第2話)
金曜日
NHK総合 22:00  昭和元禄落語心中(第1話)
TBS 22:00  大恋愛~僕を忘れる君と(第1話)
テレ朝 23:15  僕とシッポと神楽坂(第1話)
土曜日
日テレ 22:00  ドロ刑 -警視庁捜査三課-(第1話)
フジ 23:40  結婚相手は抽選で(第2話)
日曜日
TBS 21:00  下町ロケット[2018](第1話)
日テレ 22:30  今日から俺は!!(第1話)
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  まんぷく(第17回・10/19)
月~金 (連続テレビ小説/再放送)
NHK 16:20  カーネーション(第139,140回・2018/10/19)
【途中で離脱】
中学聖日記(第1話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
崖っぷちホテル!
家政夫のミタゾノ
家政夫のミタゾノ[2]
家族狩り
家族ノカタチ
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
監獄のお姫さま
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
義母と娘のブルース きみが心に棲みついた
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
99.9-刑事専門弁護士-[2]
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッド・ドクター グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
海月姫
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁ゼロ係[3] 警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
刑事ゆがみ
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
健康で文化的な最低限度の生活 限界団地 恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ[1]
コウノドリ[2]
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
孤独のグルメ[7]
コード・ブルー[3]
この世界の片隅に ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
コンフィデンスマンJP
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
バイプレイヤーズ2
バカボンのパパよりバカなパパ ハゲタカ(テレ朝) はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
花のち晴れ~花男 Next Season~
母になる
早子先生、結婚するって…
ハロー張りネズミ
犯罪症候群[1]
半分、青い。 FINAL CUT
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
BG~身辺警護人~
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひよっこ
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
毒島ゆり子のせきらら日記
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
ブラックペアン
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
ブラックリベンジ
フリンジマン
ヘッドハンター
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
僕たちがやりました
ホクサイと飯さえあれば
僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
ホリデイラブ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔
ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
未解決の女 警視庁文書捜査官
Missデビル 人事の悪魔・椿眞子
南くんの恋人
民衆の敵
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~
問題のあるレストラン
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
[や]
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ユニバーサル広告社
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラストチャンス 再生請負人 ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
陸王
リスクの神様
リバース
リピート ~運命を変える10か月~
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
わにとかげぎす
わろてんか
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2018年9月16日に1,800万アクセス達成を致しました。(感謝の記事