忍者ブログ
Top*Admin

[8288]  [8287]  [8286]  [8285]  [8284]  [8283]  [8282]  [8281]  [8280]  [8279]  [8278
連続テレビ小説「あさが来た」

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』公式
最終週『柔らかい心』『第156回/最終回』の感想。
なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。
また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一しています。


あさ(波瑠)とはつ(宮崎あおい)は、ふたりで話し合う。今までふたりが歩んできた道のりを振り返る、あさとはつの思いとは…。宜(吉岡里帆)が久しぶりに加野銀行を訪れる。多くの娘に囲まれている千代(小芝風花)と再会した宜は、あさについて話をする。そして、あさは、女子大学校の学生や宜、千代たちとピクニックに出かける。あさがこれまで自分が見て、感じたことを集まったみんなに語りかける。すると…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

良くも悪くも、姉妹を魅せた

あさ(波瑠)とはつ(宮崎あおい)が向かい合って座るシーン。朝と言う設定の中でもいつも以上に明るい朝日。それも手元付近だけを明るくしているのが、このシーンの照明演出の特徴。また、その照明と巧みにリンクしているのがカメラと編集。

前半はあさとはつをダイアローグカット(台詞を話している人物を映す)編集で意図的に単調にしておき、はつの “姉が妹を労う” ポイントの台詞「そやかて、あんたかて、そうやったやんか」の後に、無言で微笑むあさを入れることで単調さを断ち切り雰囲気を変え、更に引きの2ショットになって少し老いたはつの全身動作を見せることで、顔のアップでは描きにくい “老い” を表現。

更に更に、中庭の奥の軒の瓦が光ることで奥行き感を出しつつ、はつを 逆光気味にして白装束のあさを映えさせるって計算。二人は薄ら明かりで家族と姉妹の絆の証である「御守り」を魅せることに重点を置いた最終回らしい演出だ。

ただ、ここまで姉妹を対等に(あさサゲ、はつアゲ)描く必要があるのかについてはもう語らない。

はつをここまで描く必要があるのか疑問だか…

その上で敢えて書く。先のシーンのラストもそうだったが、和歌山に戻ってきたはつが天を見上げる時も背景は緑の草木。地味なセットでのシーンが多かったはつを、ラストカットは生き生きとした緑の前でと言うのは清々しくて良かった

蘇った新次郎の “約2秒” のインサートが良かった

6年後。わざわざ? 風の強い屋外ロケで撮影されたラストシーン。春の勉強会の場所があさの別荘と言うのが、突然に現れた新次郎(玉木宏)にしっくり来たと思えたのは、新次郎がただの白い背景でなく、きちんと崖? の上と言う実景に立っていたからだ。

メルヘンチックな表現でなく、あさの深層心理下なのか全くの夢なのか、そのインサートカットを僅か2秒程度にしたのが実に巧いと思う。本来なら、3秒程度あると視聴者があれこれ想像出来るのだか、敢えて短い尺にすることで状況設定を考える間を与えず、グイグイと不思議な世界へラストまで引きずり込むような編集に思えたからだ。

まあ、最後の最後までヒロインは中途半端に描かれたとも言えなくもないが。

オーラスは “カットアウト” で正解だと思う

杖をついて歩く姿から、若かりし頃のように走り出すあさ。また、新次郎も若い姿。そして、最後の最後は妻を優しく労る夫と、それに素直に頷く妻で、見事に夫婦の物語に帰着したと思う。

また、夫婦のラストカットは新次郎ナメのあさのアップを、潔くカットアウト。ホワイトアウト(徐々に白くなって終わる)などを使わず、妙な余韻を引っ張らないことが最後の最後まで女傑らしさを魅せてくれた、と言うことにしよう。

半年間の総括… 評価したいこと

さて、半年間の総括。平均点は70点。前半は中々良くて80点平均で時々満点もあった。年明けから60点平均で時々及第点ギリギリもあったかなって感じ。

評価したいのは、「廣岡朝子さんと言う江戸から明治を跨ぐ “時” を生きた女性」を原案にしたことと、「貧しくないヒロイン」と言う2つの新しいことにチャレンジしたこと。また、巨大セットの今井家ならでの広さと奥行き感ある映像を見せてくれたこと。そして、女傑と呼ばれた女性実業家のパイオニアとそんな妻を支えて応援した夫との愛の夫婦の物語を “何とか” 描き切ったこと。

半年間の総括… 残念だったこと

残念だったのは、一部のスタッフの思い入れと世間の評判を受けて、脇役のエピソードを必要以上に膨らませ、結果的にヒロインの物語をブツ切れのように見せてしまったこと。本作への不満はこれに尽きる。

しかし、この作戦のお陰で本作は賞賛の声で一杯になり、視聴率も上がった。NHKも多くの視聴者はそれで良いと思うが、もし本作の構成のまま全10話の連ドラだったら…と考えても朝ドラの感想記事では意味無いか。

あとがき

波瑠さんの肝っ玉の座った演技、玉木宏さんのしなやかな仕草、宮崎あおいさんの存在感等々、私なりの新発見がたくさんあった半年間でした。

脚本はもっと脇役の出番を控えめにして、ヒロインの部分に集中して欲しかったです。でも、俳優さんたちの演技に見応えがあったのと、演出が全体的に良かったので、終わり良ければすべて良し…と言うことにします。半年間、当blogにお付き合い下さり、ありがとうございました。

「上から偉そうに」と何度もお叱りのコメントを頂きましたが、そうして半年間を支えて下さった読者の方々にも感謝します。

[読書] 「暮しの手帖」とわたし (大橋 鎭子/著・花森 安治/イラスト・暮しの手帖社) 感想 ※平成28年度前期 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ,大橋鎭子の自伝

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


                     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 『 あさが来た 』 玉木宏 白岡新次郎と生きた軌跡(仮)
あさが来た 白岡あさ・新次郎語録
日本製 ダイイチ 「あさが来た」 パチパチはんそろばん PCH-24
連続テレビ小説 あさが来た ファンブック (洋泉社MOOK)
文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)
あさが来た 白岡あさ・新次郎語録
あさが来た メモリアルブック (ステラMOOK)
連続テレビ小説 あさが来た 完全版 ブルーレイBOX1 [Blu-ray]
連続テレビ小説 あさが来た 完全版 ブルーレイBOX2 [Blu-ray]
連続テレビ小説 あさが来た 完全版 ブルーレイBOX3 [Blu-ray]
連続テレビ小説「あさが来た」オリジナル・サウンドトラック Vol.1
連続テレビ小説「あさが来た」オリジナル・サウンドトラック Vol.2

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-7124.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/436101083.html




【これまでの感想】
[読書] 小説土佐堀川 女性実業家・広岡浅子の生涯 新装改訂版 (古川 智映子/著・潮出版社) 感想 ※平成27年度後期 連続テレビ小説「あさが来た」 の原案
第1週『小さな許嫁』
1 2 3 4 5 6
第2週『ふたつの花びら』
7 8 9 10 11 12
第3週『新選組参上!』
13 14 15 16 17 18
第4週『若奥さんの底力』
19 20 21 22 23 24
第5週『お姉ちゃんに笑顔を』
25 26 27 28 29 30
第6週『妻の決心、夫の決意』
31 32 33 34 35 36
第7週『だんな様の秘密』
37 38 39 40 41 42
第8週『京都、最後の贈り物』
43 44 45 46 47 48
第9週『炭坑の光』
49 50 51 52 53 54
第10週『お姉ちゃんの旅立ち』
55 56 57 58 59 60
第11週『九転び十起き』
61 62 63 64 65 66
第12週『大阪一のおとうさま』
67 68 69 70 71 72
第13週『東京物語』
73 74 75 76 77 78
第14週『新春、恋心のゆくえ』
79 80 81 82 83 84
第15,16週は “五代さまウィーク”、その後は “はつが来た” で「あさロスが怖い」視聴者対策をするNHKをどう思う?
第15週『大阪の大恩人』
85 86 87 88 89 90
[備忘録] 自分の「あさが来た」の感想がブレる理由
第16週『道を照らす人』
91 92 93 94 95 96
第17週『最後のご奉公』
97 98 99 100 101 102
第18週『ようこそ!銀行へ』
103 104 105 106 107 108
第19週『みかんの季節』
109 110 111 112 113 114
第20週『今、話したい事』
115 116 117 118 119 120
第21週『夢見る人』
121 122 123 124 125 126
第22週『自慢の娘』
127 128 129 130 131 132
第23週『大番頭のてのひら』
133 134 135 136 137 138
第24週『おばあちゃんの大仕事』
139 140 141 142 143 144
第25週『誇り高き人生』
145 146 147 148 149 150
最終週『柔らかい心』
151 152 153 154 155


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[44回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 無題
そーたんばば 2016/04/02(Sat)22:02:20 編集
半年間お疲れ様でした。楽しませて頂きました!最初の頃は宮崎あおいさんが苦手な女優さんだったのに、すっかりその演技力に魅了されてしまい…はつ夫婦の愛情の深さにも何度も泣いてしまいました。そして新次郎さん、立ち居振舞いの美しかったこと、それは近藤正臣さんにも言えることですが、品位というのはなかなか表しにくいもので、もって生まれたものもあると思います。今回の朝ドラはがさつな汚ない言葉も所作もなく最後までキレイな和服にも楽しませて貰いました。また継ぎあてがあっても凛としたはつさんには惹かれましたね。
今回の朝ドラはここ何作かでは圧倒的に観ているひとが周囲に多かったです。4才の孫も大きな声で主題歌を毎日歌ってました!
  • Re:無題
みっきー 2016/04/02 23:09
☆そーたんばばさん
コメントありがとうございます。

実は、本作での一番の収穫は
苦手だった宮崎あおいさんの魅力に気づいたことです。
それゆえに、はつアゲへの嫌悪感が意外と減ったのもあって、
終わってみれば…って感じになりました。

半年間、ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。
  • お疲れ様でした〜
ルナ 2016/04/02(Sat)22:20:06 編集
ついに終わりましたね。
はつが最終回にもがっつり出てきて、Wヒロインだったのだなやはり、、、とちょっと複雑ではありました(お守り描写は篤姫のときの篤姫と小松帯刀と同じじゃないかと。佐野Pの好み?)。しかも最終回は次男だし、あれだけ描いていた長男は最後までちっとも成長した感じがなかったし、和歌山は何だったのかと。今更ですけども。

わたしは前半あたり、長男は千代の結婚相手ではなく、白岡家の養子にでもなり絡んでくるのでは?と予想しておりました。妾設定はNHKだから最初から無いと思いましたし、縁者だから現代の視点からも長男と千代の結婚もないだろうと見ていました。
で、異様なはつが来た描写!に、はつを絡ませるならば、加野屋は事業を大きくするのだから、男子が必要だろうから、この長男は加野屋に行く設定で、そこで史実に影響しない程度に、仕事を頑張る設定くらいかな?とそう期待もしていました。それくらいにするなら、はつが絡むのも、まぁアリかなと考えたりしていました。

しかし、、、和歌山の描写はちがっていき、アレアレ?と。だから和歌山描写になると尺の長さを気にしてしまっていました(^^;; ちなみに、我が夫も”あさの仕事と新次郎が見たいよ”とよく呟いていました。

事業の部分や大学を、それを支える新次郎、加野屋の様子をほんとに、もう少し、描いて欲しかったと、わたしの中ではそれに尽きます。あさと新次郎の夫婦の物語はほんとにたのしませて頂きました。麗しい夫婦でした。
個人的には、年齢を敢えて感じさせない美和さんが好きでした。あさと新次郎にも大事な位置づけだったから、もう少し見たかったです。

あさイチに出演した波瑠さん、なかなかしっかりとした女優さんだなと、すっかりファンになりました。今後応援したいなと思います。

長くなってすみません。みっきーさんの切り口、たのしみです。みっきーさんの記事読み、録画見直しなどよくしましたよ。ありがとうございました。
156話レビューお疲れ様でした!!!
次も視聴されるのでしょうか?また、これからもみっきーさんの切り口を楽しみにしています。
  • Re:お疲れ様でした〜
みっきー 2016/04/02 23:14
☆ルナさん
コメントありがとうございます。

放送中はあれこれ書きましたが、
最終回を迎えてしまうと、どうでも良くなってしまうと言うか…

私がそうなんですが、
何かを創造するってことは前を見るってことだと思うんです。
だから、つくっている時は、振り返るし反省もしますし、耳も貸しますが、
終わったら次を考える、でないと前に進めないので。

その意味では、自分が最後まで観たと言うことは、
私にとって一定の満足感はあったと思っています。

と言うことで、次の『とと姉ちゃん』ですが、
モチーフの小説も読んでますし、観ます。
多分、感想も書くと思います。

まずは、半年間ありがとうございました。
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 戦う君と読む33の言葉 「不安」「不満」「孤独」を乗り越え、折れない自信をつくる方法
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[07/29 みい]
[07/29 るなるな]
[07/29 パインル]
[07/29 パインル]
[07/29 mm]
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
犯罪症候群[1]
光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/5/17に1,300万アクセス達成を致しました。(感謝の記事