忍者ブログ
Top*Admin

[12203]  [12202]  [12201]  [12200]  [12199]  [12198]  [12197]  [12196]  [12195]  [12194]  [12193
僕らは奇跡でできている

関西テレビ制作・フジテレビ系・『僕らは奇跡でできている』公式
第10話/最終回『好奇心は終わらない!』の感想。



樫野木(要潤)に「悪影響」「消えてほしい」と言われた一輝(高橋一生)は、講義も休んで森へ。一輝が大学を辞めると知った新庄(西畑大吾)や琴音(矢作穂香)達は驚き、一輝を引き留めようと育実(榮倉奈々)に説得を頼む。そこで育実は、歯の治療に来た一輝に辞める理由を尋ねる。そんな中、一輝の辞職を巡って、育実や学生達、講師の沼袋(児嶋一哉)までもがそれぞれ行動を起こし…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:橋部敦子(過去作/フラジャイル、A LIFE~愛しき人~)
演出:河野圭太(過去作/HOPE~期待ゼロの新入社員~) 第1,2,5,8,最終
   星野和成(過去作/あいの結婚相談所、ハゲタカ) 第3,4,6,9
   坂本栄隆(過去作/脳にスマホが埋められた!) 第7
音楽:兼松衆、田渕夏海、中村巴奈重、櫻井美希
オープニングテーマ:Shiggy Jr.「ピュアなソルジャー」
主題歌:SUPER BEAVER「予感」

アバンから、一気に現実から本作の世界観に惹き込まれる

本作を見るのが最終回が “初めて” と言う人以外は、前回から日常生活を送っての1週間振りのショッキングな “前回の終盤” で始まったアバンタイトルに、一気に現実から本作の世界観に惹き込まれる。

そして、やはり一輝(高橋一生)は大学に来ず、授業は休講。そこで、まず「最初の軌跡」が起こる。一輝の教え子で内向的な桜(北香那)が教室から出て行こうとする生徒たちを引き留め、自分たちだけで自習をしようと言い出した。それに驚く同級生たち。そして、桜がリーダーとなり自習が始まる。

いつもの山田の口調よりも若干 "一輝に寄せた" 演技指導

次は、出勤しなかった一輝を心配して沼袋(児嶋一哉)が一輝の家にやって来る。当然一輝は留守なのだが、留守対応をした山田(戸田恵子)がキュウリを持参敷いた沼袋に言う「ありがとうございます」の言い回しが、いつもの山田の口調よりも若干 “一輝に寄せて” 演技指導されているように感じた。

変わりたい巧と、変わったことを後悔する一輝の対比

そして、学食での一輝の教え子の巧(広田亮平)が桜に何気なくこんな一言を言う…

巧「いいよな 尾崎は変われて」

この直後の、一輝が祖父・義高(田中泯)の家の外でボーッとしている場面では、2人のこんなやり取りが続く。

一輝「光をおおきくしたら
   嫌なことまで入ってきて つらくなっちゃって」
義高「そうか 良かったな」

その後に挿入された一輝の過去のシーンでは、一輝が自分に起こった全ての事柄を “奇跡的な体験” として捉えるように、一輝が何かを勝手にやろうとした時は相手の気持ちを考えるように、義高や鮫島教授(小林薫)が幼少期から一輝に接して来たこと、その教えが今では一輝自身にしっかりと根付いていることが描かれた。

一輝の "奇跡" によって変化した人たちの話で終わらない…

そして、一輝はカメのジョージを森に連れ出して「ジョージ 今 幸せ?」と自問自答して天を仰ぐ。で、自分のお腹の上によじ登って来たジョージにこう言う…

一輝「つらい気持ちだって 光だから。
   これからも 僕の中の光を広げてく」

まあ、映像通りに「光」の意味を解釈すれば「光=可能性」となる。そして、先の沼袋や、このあとの新庄(西畑大吾)や琴音(矢作穂香)らが、一輝を引き留めようと育実(榮倉奈々)に説得を頼みに行くくだりは、一輝の “奇跡” によって変化をもたらされた人たちとなる。しかし、本作はそこで留まらない。

今を生きる人たちへの「応援賛歌」へとシフトして行く…

それは、中盤での鮫島教授の授業の中で始まる。鮫島が樫野木(要潤)の言葉を受けて、一輝がいつも持っている “缶” の話を始める。一輝が缶の中身に対して思っていることを、こうして学生たちに説く…

鮫島「(アイスの木の)スプーンが他のものと比べて
   何ができるとか できないとかじゃない。
   ただ そのものを生かしきること」

実は、これまでの本作は「光」「予(預)言者」の意味合いなどを含めて、とてもキリスト教的な思想に基づかれて描かれていた印象が強かった。脚本家自身が意識をしているかどうかは不明だが、神々しい存在を “奇跡” と置き換えて人間性を語る…みたいな。

しかし、この「そのものを生かしきること」と言う鮫島の台詞から、本作がそのような宗教的な壮大且つ神秘的な物語を突き詰めて行くのではなく、実はとても現実的な、敢えて言うならば今の日本の社会やそこで生きる人たちへの「応援賛歌」へとシフトして行くのが分かった。

一輝の変幻自在の思考が、カオスにも奥深い哲学にも見えて来る

また、一輝と鮫島教授の会話の中では、「光=可能性」に続いて、「光が無健大になる=僕の中に宇宙も入る」、そして「だから僕は宇宙に行くんです」と言うように一輝の思考が次々と展開して行く。僕の光の中に宇宙があるのに宇宙に行くと言うのだ。

もはや、一輝の言っていることは、支離滅裂か哲学か? そんな一輝を諭す鮫島教授。「時間を無くしたい」と言う熊野事務長(阿南健治)の台詞を含めれば、カオス状態でもあり更に奥深い哲学にも見えて来る。

鮫島教授が言った「そのものを生かしきる」と言う言葉…

そして、一輝は「宇宙に行くこと=フィールドワーク」として新たな研究の旅に出た。終盤で描かれた樫野木や育実、虹一(川口和空)の母・涼子(松本若菜)も一輝の存在によって “変化” をもたらされた登場人物たちだ。その他にも多くの登場人物が一輝の存在によって “変化” をもたらされた。

そして、一輝自身は彼ら彼女らから “進化” をもたらされた。中盤で鮫島教授が言った「そのものを生かしきる」と言う言葉。「生かしきる」とも「活かしきる」とも「使いきる」とも捉えることが出来ると思う。

「そのものを生かしきる」に込められた "光" と "愛" を…

それらは、捉えようによっては、とても厳しく冷たい言葉にも感じるが、「そのものを生かしきる」と言う考え方には、とても “愛” を感じた。自分でも気づかず、他人にも気付かれないで心の奥底に眠っている “可能性” を、一輝と言う “光” に触れ当たることで、ちょっとした意識改革が芽生えて目覚めさせることが出来た人たち。

そして、その人たちが自分の構成要素だと考え、自分が変えた人たちによって変化した自分を前向きに捉えて前進したのが一輝。講師の沼袋の口癖を借りれば、一輝の「グッジョブ」が周囲の人たちの「グッジョブ」を生み、それが一輝にフィードバックして、それがまた周囲にフィードバックする。

"普通" を「大人が楽しめるファンタジー」にした本作がグッジョブ!

決して人間は孤独ではなく、意識しなくても自然と繋がりを持って生きている。そんな普通のことを、普通に描いただけの本作。

しかし、ちょっと変わった “相河一輝” を通して “普通” を描くことで、心や身体に病を抱えている人や性的マイノリティに悩む人や、高齢化社会に於ける働き方など、その人の持っているポテンシャルを生かしきることの大切さと、そもそもその人の個性をしっかりと見抜き捉えることの大切さを教えてくれた。

決して他人事ではない “普通” を「大人が楽しめるファンタジー」にして丁寧に優しく作り込んだ本作こそ、キャストやスタッフを生かしきり、そして視聴者たちに “光” を射してくれえたと思う。本作にこそ、「グッジョブ」を捧げたい…

あとがき

改めて私が私自身を「生かしきれていない」ことを再認識させてくれた本作。そして、自分と違うものを安易に “異分子” として排除せず、“個性” として受け入れることで自分も周囲の生活や職場も “光” や “可能性” に満ち溢れると言うことを教えてくれたように思います。

クセのある作風でしたが、素晴らしい人間ドラマでした。是非、連ドラでの続編を観たいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む







★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】僕らは奇跡でできている Blu-ray BOX(クリアファイル(B6)付)
【早期購入特典あり】僕らは奇跡でできている DVD-BOX(クリアファイル(B6)付)
カンテレ・フジテレビ系ドラマ「僕らは奇跡でできている」オリジナル・サウンドトラック
僕らは奇跡でできている (上) (扶桑社文庫)
僕らは奇跡でできている (下) (扶桑社文庫)
【Amazon.co.jp 限定】僕らは奇跡でできている SPECIAL BOOK 特製 相河一輝2019卓上カレンダー付

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-9879.html

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話


【"2019年4月期 / 春ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年4月期 / 春ドラマの期待度』更新(2019/5/5)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[66回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • インクルーシブな思考の最先端
タイ在住の者です 2018/12/12(Wed)14:07:26 編集
みっきーさん
このドラマをここまで詳しく書いていただき、誠にありがとうございました。
一輝とその周りの人々との関わり。
それはまさに現代社会が直面しているマイノリティとされる人々とその他の人々との関わりの象徴だと感じます。
他人から見るとどうかしている、と思われる言動の人たち、LGBTという言葉で一括りにされがちないろいろな趣向・特徴を持つ人たち、それを差別するか受け入れるか。
教育の分野などで使われる「インクルーシブ」という言葉がありますが、それはまさに一輝のいう「光」ですべてを包むことです。
様々な違いを受け入れ、痛みもありながらもそれを包み込むことですべての人々が成長できる。
そう、「僕ら」は奇跡でできている、なんです。
障害に限らず、周りとの不適合の問題を抱えているのは人々も同じ。
私たち地球に住む者は、互いの違いを認め合い、光で包み合うことで真の共生にたどり着くのです。
大学という教育の場がこのドラマの舞台ですが、それぞれの職場、家庭、国などどこにでも共通するテーマがあります。
それを民放のこの枠で形にしてくれたことに感謝です。

一点だけ、一輝が宇宙飛行士になった場面は、ちゃちなCGではなく僕らの想像力に任せる形が良かったのかな?と私は感じました。
みっきーさんはその点いかがでしたか?

まぁ、この素晴らしいドラマのごく一部に過ぎないので、さほど問題ではないと思いますが、ご意見お聞かせいただければ幸いです。
  • Re:インクルーシブな思考の最先端
みっきー 2018/12/12 18:53
☆タイ在住の者ですさん
コメントありがとうございます。

ラストシーンの是非ですよね。
想像に委ねると言うことは、「無し」ってことですか。

お金を払って観る映画であれば、「無し」でも余韻を残せたかも知れません。
いや、余韻を楽しむ時間を作ったり出来るので。

しかし、テレビドラマは普通リアルタイムで観ますよね。
(私は、録画でも見直しますが)
だとしたら、何らかの映像があった方が親切かなと思います。

私は、意外と大胆な映像だなと思いました。
誰かの夢や妄想に見える訳でも無く、
本当に宇宙旅行しているように見える訳でも無い、
良くも悪くも “チープな映像” に仕上げたこそ、
大人が楽しめるファンタジーに於ける「奇跡」みたいな雰囲気。

例えば、あれなら、続編を作る際にどうにでも出来ますよね。
実は「あれは、山田さんの妄想だった」とか
「あれは、一輝の夢だったとか」とか、
虹一君が描いた絵にオーバーラップするとか。

余韻と言うより、幅を持たせたと言う意味で、
本作らしい “優しさ” があったと思います。
  • お返事ありがとうございました
タイ在住の者です 2018/12/12(Wed)19:22:08 編集
なるほど、あえて幅を持たせたという解釈もできますね!
私はこの作品はまるで映画のように見ていたので、ラストはあえて描かずに・・・という方向に傾いていました。
ファンタジーの一つとしてあのラストシーンを見てみます。
同じ回を録画で何回も見たくなるドラマですね。
続編があってもなくても構いませんが、育実と一輝がその後どうなっていくかなど、あえてそこは描かない優しさを感じました。

お返事ありがとうございました。
またこのようなドラマに出逢いたいですね。
  • Re:お返事ありがとうございました
みっきー 2018/12/12 19:55
☆タイ在住の者ですさん
コメントありがとうございます。

一輝と育実は、平行線状態で良いと思います。
互いが互いを “面白い存在” と思える関係も悪くないです。

じっくりと楽しめる大人のファンタジー。
こんな作品が、1クールに1本あると良いなって思います。
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映画原作派のためのアダプテーション入門
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 10秒でズバッと伝わる話し方
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 新版 大人の発達障害に気づいて・向き合う完全ガイド
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 形容詞を使わない 大人の文章表現力
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 心理学でわかる ひとの性格・感情辞典
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 ゼロから分かる! 図解落語入門
おすすめ本 産声のない天使たち
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
その他のおすすめ本の記事は、“こちら” から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[05/23 なっちゃんママ]
[05/23 名無しさん]
[05/23 べーかん]
[05/22 イサ]
[05/22 megumi]
  • 2019年4月期 / 春ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~(第7話)
テレ東 22:00  スパイラル~町工場の奇跡~(第6話)
火曜日
関テレ・フジ 21:00  パーフェクトワールド(第5話)
TBS 22:00  わたし、定時で帰ります。(第6話)
水曜日
日テレ 22:00  白衣の戦士!(第6話)
木曜日
テレ朝 21:00  緊急取調室 第3シーズン(第6話)
フジ 22:00 
金曜日
TBS 22:00  インハンド(第6話)
テレ朝 23:15  家政夫のミタゾノ[3](第5話)
テレ東 24:12  きのう何食べた?(第7話)
土曜日
NHK 21:00  デジタル・タトゥー(第1話)
日テレ 22:00  俺のスカート、どこ行った?(第5話)
テレ朝 23:15 
日曜日
TBS 21:00  集団左遷!!(第5話)
日テレ 22:30 
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  なつぞら(第46回・2019/5/23)

【途中で離脱】
東京独身男子(第2話)
あなたの番です(第2話)
ストロベリーナイト・サーガ(第3話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
相棒 Season16
相棒 season17
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
明日の君がもっと好き
明日の約束
あなたには帰る家がある
あなたのことはそれほど
anone
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
アンナチュラル
家売るオンナ
家売るオンナの逆襲
生田家の朝
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの雨がやむ日まで
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
いつまでも白い羽根
イノセンス~冤罪弁護士~
今からあなたを脅迫…
遺留捜査[4]
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
オー・マイ・ジャンプ
おかしの家
掟上今日子の備忘録
奥様は、取り扱い注意
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ高校
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[か]
カーネーション
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
崖っぷちホテル!
家政夫のミタゾノ
家政夫のミタゾノ[2]
家族狩り
家族ノカタチ
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット
監獄学園
監獄のお姫さま
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
義母と娘のブルース
きみが心に棲みついた
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
99.9-刑事専門弁護士-[2]
今日から俺は!!
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金
グッド・ドクター
グッドパートナー
グッドワイフ
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
海月姫
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
刑事ゼロ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁ゼロ係[3]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
刑事ゆがみ
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚相手は抽選で
結婚式の前日に
獣になれない私たち
健康で文化的な最低限度の生活
限界団地
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ[1]
コウノドリ[2]
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
後妻業
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
孤独のグルメ[7]
コード・ブルー[3]
この世界の片隅に
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
コンフィデンスマンJP
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(さ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(た~な)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
バイプレイヤーズ2
バカボンのパパよりバカなパパ
ハゲタカ(テレ朝)
ハケン占い師アタル
はじめまして、愛しています。
初めて恋をした日に読む話
花子とアン
花咲舞が黙ってない
花のち晴れ~花男 Next Season~
母になる
ハラスメントゲーム
ハロー張りネズミ
半分、青い。
BG~身辺警護人~
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひよっこ
ひよっこ2
昼のセント酒
HERO[2014]
ファーストクラス[2]
FINAL CUT
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
不機嫌な果実
不便な便利屋
ブラックペアン
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
ブラックリベンジ
フリンジマン
フルーツ宅配便
ヘッドハンター
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
僕たちがやりました
ホクサイと飯さえあれば
僕とシッポと神楽坂
僕の初恋をキミに捧ぐ
僕のヤバイ妻
僕らは奇跡でできている
ホテルコンシェルジュ
ホリデイラブ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔
ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
まんぷく
未解決の女 警視庁文書捜査官
みかづき
Missデビル人事の悪魔・椿眞子
南くんの恋人
民衆の敵
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~
問題のあるレストラン
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
[や]
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ユニバーサル広告社
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
THE LAST COP/ラストコップ
ラストチャンス 再生請負人
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~
陸王
リスクの神様
リバース
リピート ~運命を変える10か月~
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
私のおじさん~WATAOJI~
わにとかげぎす
わろてんか
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2019年3月7日に2,000万アクセス達成を致しました。(感謝の記事