忍者ブログ
Top*Admin

[7588]  [7587]  [7586]  [7585]  [7584]  [7583]  [7582]  [7581]  [7580]  [7579]  [7578
朝ドラ まれ

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』公式
第26週『希空ウエディングケーキ』『第156回 / 最終回』の感想。

なお、当記事は、受信料を支払ってるだけでモノ言わぬのもしゃくなので、愚痴と重箱の隅突きなっております。
楽しくご覧になっている方や愚痴や重隅突きはウザいと思う方は、読まない方が良いです。


8月10日の当日、希(土屋太鳳)たちの前に現れた訪問者は、匠(小山春朋)、歩実(横山芽生)、徹志(高橋來)を見つけると、3人を抱きかかえる。その後、村の一同は桶作家に集まり、皆の思いがこもった特別な会が盛大に行われる。宴もたけなわになった頃、能登で家族のように接してきた一同を前に、希は自分の夢についてゆっくりと語り始める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

やっと終わった

ふーっ、やっと終わった。その一言に尽きる。そして、敢えて付け加えるなら、この脚本家は本作で一体自分自身の中の何を描きたかったのかも、視聴者に何を伝えようとしたのかも、最後の最後まで解らなかった。以上である。

これでで、終わっては、本作への興味関心を失っても、視聴から離脱しても、当blogを訪問して下さった読者の皆さんに申し訳がないから、総括的な愚痴で締め括ろうと思う。

最後の「まれ」ないいとこ探しコーナー

この珍コーナーの最後を飾る「いいとこ」は、圭太夫妻と希の結婚式(儀式的な意味の)を描かなかったことだ。ここへ来て『あまちゃん』のパクリをやられてもこちらは不愉快なだけだし…

そもそも、9年間の結婚生活すら断片的にしか観ていない夫婦から無理矢理に結婚式の招待状が届いたようなサプライズはありがた迷惑ってものだ。今回の「ほぼ決意表明」程度でもお腹いっぱいだか、最後だから「いいとこ」にしておく。

一番工夫も無く面白くない着地点に強引に帰結した

結局、本作は「夢=一般的な幸せ」と言う何とも工夫もないし面白くもない着地点に強引に帰結した。では、あれだけ騒いでいた「世界一」は最終回で何処に消えてしまったのだろう。と同時に、今日の希の決意表明を聞く限り大きな疑問が生じた。

希はパティシエになったのか?

それは、希はパティシエになったのか?と言う一点。どうも本作は言葉の定義か曖昧なことが多い。その究極が「パティシエ」だ。プロの洋菓子職人のことなのか、女性はパティシェールでないのかとか、シェフとの違いはとか、都度都度適当に使っているみたいではっきりしない。

今日の決意表明らしき物言いでは、今日から本物の「パティシエ」を目指すように聞こえたが。今更どうでも良いが、最後までモヤモヤさせる作風だ。

先週末で終わっていたら…

最後の最後に。先週末で終わっていたら、さぞ今よりはマシな後味の作品になったと思う。

大悟とロベール幸枝が「ケーキとは何か」「パティシエとは何か」「食べた人を幸せにするとはどう言うことか」の教えを説き、希が「世界一のパティシェとは何かを追求する」とでも括って終われば良かった。そして、圭太と一緒に「本物とは何か?」を模索しますで良かったのだ。

しかし残念ながら結果的に、最後の希の決意表明も何を言ってるのかチンプンカンプン。大事なものを得るには大事なものを捨てるのか、今からパティシェになるのか、何がオッパイで失敗なのか、全く理解できない。

いくらお菓子の話でも、おかしなことばかりで、後味もサイテーなら、先週で終わりにする勇気をNHKも脚本の篠﨑絵里子氏も持つべきだった。特にその判断を下さなかったNHKの経営陣は考えを改めるべきだ。誰のお金で朝ドラが創れるのか。そこを考えれば、絶賛の記事や記者だけ相手にしているようでは、お先真っ暗と言わざるを得ない。

あとがき

記事のアップが遅くなりました。先ほど仕事から帰宅し、録画を観たところです。半年間、全156回の放送がやっと終わりましたって感じです。全話、時々、たまに、思い付いた時、当blogの感想を楽しみにして下さった読者の皆さん、ありがとうございました。皆さんのお陰で、最終回まで感想を書き終えることが出来ました(涙)

しかし、本作ってなぜ途中で軌道修正しなかったんでしょう。「能登編 第2章」なんて描かずに、「横浜編」できっちり師弟関係を描けば盛り返すチャンスはあったと思います…。また、落ち着いたら本作へのツッコミ記事を書くかもしれませんので、その節はよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
まれ メモリアルブック(NHKウイークリーステラ 臨時増刊10月31日号)
NHK連続テレビ小説 まれ 写真集 (教養・文化シリーズ)
連続テレビ小説 まれ ファンブック (洋泉社MOOK)
NHK連続テレビ小説 まれ お菓子レシピブック (生活実用シリーズ)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-6541.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/426764199.html





【これまでの感想】
第1週『魔女姫バースデーケーキ』
1 2 3 4 5 6
第2週『告白シュークリーム』
7 8 9 10 11 12
第3週『卒業ロールケーキ』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら桜もち』
19 20 21 22 23 24
第5週『情熱ミルフィーユ』
25 26 27 28 29 30
第6週『母娘キャロットケーキ』
31 32 33 34 35 36
第7週『横浜激辛プチガトー』
37 38 39 40 41 42
第8週『危機的クリスマスケーキ』
43 44 45 46 47 48
第9週『再出発エンゲージケーキ』
49 50 51 52 53 54
第10週『逆転一発パンケーキ』
55 56 57 58 59 60
第11週『泥沼恋愛チョコレート』
61 62 63 64 65 66
第12週『官能カスタードクリーム』
67 68 69 70 71 72
第13週『運命カカオ64%』
73 74 75 76 77 78
第14週『絶体絶命メッセージプレート』
79 80 81 82 83 84
第15週『下克上駄菓子ケーキ』
85 86 87 88 89 90
第16週『絶縁コンビニスイーツ』
91 92 93 94 95 96
第17週『究極選択パリブレスト』
97 98 99 100 101 102
第18週『親心ロールケーキ』
103 104 105 106 107 108
第19週『潮時じゃがいもガレット』
109 110 111 112 113 114
第20週『男たちのウィークエンド』
115 116 117 118 119 120
第21週『復活マルジョレーヌ』
121 122 123 124 クランクアップ 125 126
第22週『出産クッサンベイビー』
127 128 129 130 131 132
第23週『いっぱい失敗タルトタタン』
133 134 135 136 137 138
第24週『女たちのジレンマムース』
139 140 141 142 143 144
第25週『秒読みコンクールケーキ』
145 146 147 148 149 150
第26週『希空ウエディングケーキ』
151 152 153 154 155


[管理人からのお知らせとお願い]

【『2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』について】
2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』を投稿しましたので、秋のドラマライフの参考にして頂ければ幸いです。いつものように独断と偏見に満ち溢れていますが(苦笑)

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[87回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 無題
なゆた 2015/09/27(Sun)00:11:40 編集
スピーチの中では、「お母さんを捨てなさい」の意味が解らなかったです。だったら、父親に捨てられたぐらいで怒らなくても良いんじゃ……って思われるのがオチだと思う。
結婚式は、他人の家の畳をヒールで歩くという斬新な演出でした。

土屋さんはブログやインタビューでボロを出すタイプですね。
最後のコンテストの放送日のブログで、「作業の演技は私がやりました」って書いてました。半年放送して、代役無しを書かれても今まで何してたの?と。メレンゲをあらかた泡立てた物とか、型に生地を流した物とか、飴細工の花びらや魔女姫のマジパンとかは誰かが用意したんでしょうけど。
アサイチでお菓子を作ったか聞かれても、お母様が作ってくれた事を言ったり。特技を聞かれて、「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」って言ったり。女優さんがそんな事を言ったら、別の意味に取られかねない……。
週刊ステラでは、「時間がなかったのでイメトレで乗り切りました」とか。

色々と疲れるドラマでした。
  • Re:無題
みっきー 2015/09/27 20:03
☆なゆたさん
コメントありがとうございます。

脚本や演出だけでなく、ヒロイン役にも、いろいろ疲れるドラマでした。
  • 無題
すーゃん 2015/09/27(Sun)00:30:30 編集
今日の放送は つまらなかったので
途中から よそ見をしてしまいました
(^_^;)
横浜の 弥生さんを
もっと仕事の出来る凄い子 という設定にしておいたら
うかうかしてたら追い抜かれる と 緊張感が生まれて もう少し面白くなってたんじゃないかな?と思ってました
もっと仕事を ケーキを描いて欲しかったです
こじれた お父さんとの関係は
こんなところで出して欲しくなかったです
  • Re:無題
みっきー 2015/09/27 08:49
☆すーゃんさん
コメントありがとうございます。

結局、「横浜編」を単なる希の腰掛け仕事にしかしなかったのが悔やまれます。
だって、あそこで修行や練習、プロ意識を描かないから
希夫婦と徹夫婦の話しか軸が無くなったのですから。
  • お疲れ様でした
りゅう 2015/09/27(Sun)03:38:22 編集
初めましてコメントさせていただきます、りゅうと申します。
半年もの間、このヘンテコなドラマの感想、本当にお疲れ様でした。私の職場では昼休みにNHKを付けているのですが、横浜編で色恋始まった辺りからテレビに目を向ける人が減り、今じゃはだーれも見ていない、そんな状況でした。
そんな私も早々に離脱したうちの一人でしたが、それでも嫌でも耳に入ってくるまれの音…。少しでも気を紛らわしたい想いで「客観的にまれはどう思われているんだろう?」と思って辿りついたのが、こちらのブログでした。まれの記事では共感することがとても多く、離脱したもののBGM的に耳に入ってくる音を聞きながら、『あ〜、ブログで触れていたシーンだな』と思う日々でした。
また、こちらのドラマ期待度を参考にさせていただき見始めた『民王』、ホント最高でした。恐らくこちらで拝見していなければ、見逃すところでした。そういった点では、皮肉にもまれのおかげなのかも知れません(笑)

私自身朝ドラは『ごちそうさん』からハマった、歴の浅い新参者ですが、次の朝ドラは楽しいものだといいですね。今後もお世話になります。どうぞ、お体に気を付けて、これからもよろしくお願いします。
  • Re:お疲れ様でした
みっきー 2015/09/27 08:54
☆りゅうさん
コメントありがとうございます。
そして、初めまして。

いろんな記事を書いていると様々な読者の方に出会えます。
私は、『あまちゃん』から朝ドラを観始めていますが、
朝ドラの記事を書くようになって、
読者の皆さんの幅が広がったように思います。

それだけ、朝ドラは他の連ドラとは違う「何か」があると思います。
しかし、本作はその「何か」にあぐらをかいてしまった。
もっと、連ドラとしてのドラマ性を重視すべきだったと思います。

これからもよろしくお願いします。
また、身体を気遣って頂きありがとうございます。
今日はこれから、また披露宴の仕事です。行って来ます。
  • 打ち切りじゃなかったけど打ち切りみたいな
ゆき 2015/09/27(Sun)05:51:20 編集
長い間お疲れ様でした!
私は早々に離脱し半ばはたまにこちらのブログを拝見し、最後2週間だけ視聴しました。
特に何が達成されたわけでもなく終わるのってよく少年誌などで打ち切りになった作品が「まだまだ旅はこれからだ」みたいな終わり方して
⚪︎⚪︎先生の次回作をお楽しみに!!
みたいだなぁ、と思いました。
なんでウエディングドレスと紋付袴??
なぜバラバラ??凄く不思議でした。
着物着てる人もいるかと思えば藍子は普段着だし。
ひとつだけ良かったと思ったのはタオちゃんはいつもの変な髪型よりスッキリ髪をあげたアップスタイルの方が可愛いなぁ、と思いました。
何はともあれ私は次の朝ドラが楽しみです。
篤姫以来の宮崎あおいファンなので^^

  • Re:打ち切りじゃなかったけど打ち切りみたいな
みっきー 2015/09/27 09:00
☆ゆきさん
コメントありがとうございます。

記事では一度も触れなかったのですが、
本作は「少年漫画」的な描写が度々ありました。
漫画を読まない私は詳しくないので触れませんでしたが。

特に、冒険漫画的な、場所を次々と変え、
希は次々と襲ってくる敵(悩みや苦労)と闘い、
もはや生きていくことが最大の目的となって…みたいな。
最終回もそんな雰囲気はありましたね。

ただ、ビジュアル的に違和感だらけですし、
今さら宣言されても…
大きな模造紙にでも書いて貼り出せば連ドラっぽかったのに…
  • おつかれさまでした。
しろっぷ 2015/09/27(Sun)08:11:34 編集
何の余韻もない最終回でした。確かにこの作品で何を伝えたかったのかわかりませんね。
最終回は多くの登場人物が映りましたが、いい俳優さんたくさんいたのに、全然生かしきれてなかったな、と改めて思いました。
それにしても、このまれと言う作品の156回もの記事、本当におつかれさまでした。
ある意味苦行だったのではないでしょうか。
またブログ読ませていただきますね。
  • Re:おつかれさまでした。
みっきー 2015/09/27 09:02
☆しろっぷさん
コメントありがとうございます。

何も心に残らない朝ドラでした。
俳優さんたちも悪くないのに、
脚本や演出のために嫌悪感すら抱くようになった俳優さんまでいます。

やはり、途中で何とか軌道修正するべきでした。
残念。

これからもよろしくお願いします。
  • 無題
ふゆ 2015/09/27(Sun)09:33:08 編集
みっきーさん、お疲れ様でした(涙)
ストレスのたまる長〜い半年間だったと思います。
秋から始まるドラマはもう少しマシなものであることを祈ります。
他のドラマの感想も楽しみにしております。
又、どこかのドラマのコメント欄でよろしくお願いします!


  • Re:無題
みっきー 2015/09/27 10:21
☆ふゆさん
コメントありがとうございます。

ふゆさんたち、皆さんのお陰で完走出来ました。
来期もよろしくお願いします。
  • ありがとうございました
2015/09/27(Sun)09:49:13 編集
半年間ありがとうございました。
ドラマはなんどか途中脱落しましたがレビューはずっと読ませていただきました。
書くためにはしっかり見なければならないと思うので大変だったと思います。
パティシエの場面ではせめてもう少し清潔であって欲しかったです。
父との再会がこのドラマで一番書きたかったこと、そのためにはまず行方不明にしなければならなかったとしても、もう少し納得のいくかたちであって欲しかったです。
そしてそれをパティシエより優先して欲しくはなかったです。
おつかれさまでした。
合唱部のドラマ最終回すごくよかったです。
こちらのブログを読んでなかったら見逃すところでした。
ありがとうございました。


  • Re:ありがとうございました
みっきー 2015/09/27 10:22
☆空さん
コメントありがとうございます。

朝ドラ、突っ込んだら、まだまだありますね。
気合と暇があったらやろうかな。

>合唱部のドラマ最終回すごくよかったです。
>こちらのブログを読んでなかったら見逃すところでした。
>ありがとうございました。

最終回は良かったですね。
真琴と離婚騒動を上手く最終章だけにしたら、
もっと良く仕上がったドラマになったような…
>
>
>
  • 無題
mm 2015/09/27(Sun)13:38:04 編集
ご無沙汰しております。今回の朝ドラ、駄菓子ケーキの辺りで脱落しました。今までの朝ドラなら、批判的に見ていても文句の言い甲斐がありましたし、こちらのブログを拝読して溜飲を下げるということもしていたのですが、そういう気にすらなりませんでした。たまにチャンネルの切り替えでドラマが目に入ってくるのですが、見たい気になりません。あの「純と愛」ですら、一度は脱落したものの、最後2ヶ月くらいはまた見ていたのに…。
作品世界全体に不快感がありました。物語のテーマは見えてこないし、キャラクター設定も不気味な人ばかり、ケーキもどれもまずそうなものばかりでした。
  • Re:無題
みっきー 2015/09/27 19:31
☆mmさん
コメントありがとうございます。

駄菓子ケーキ、ありましたね。
遥か昔に。

話がモタモタし始めた頃ですね、多分。
離脱した気持ち、わかります。
  • お疲れ様でした。
すみお 2015/09/27(Sun)15:38:59 編集
みっきーさん、お忙しい中最終回まで本当にお疲れ様でした。

横浜編で軌道修正出来たかも、、、
わたしはその横浜編の最初の店の前での野宿、変なダンス、へたくそな絵、不潔極まりない主人公のふるまい、、、等々で嫌悪感を感じ、それでも「もしかしたら」と思いつつ見続けましたが、めちゃくちゃな展開の連続で朝の気分を害するくらいなら、と40年続けた視聴をやめました。
とはいえ、こちらもブログは毎日拝見していたので少しでも盛り返したらまた再開しようと考えていました。

結局、盛り返すことはありませんでしたね。
一応長い朝ドラファンとして最終回の最後の数分だけチャンネルを合わせたら、、、、まさかの紙芝居。
最終回の最後で紙芝居で主人公の軌跡を語らせるって、テレビドラマのやることですかねぇ。
そして、びっくるするくらい手付きの悪いメレンゲの泡立てシーン。
よくぞここまで視聴者を馬鹿にしたドラマ(それも朝ドラ!)を垂れ流してくれたものだと、呆れ返りました。

NHKはもうまともな感覚の持ち主が居なくなってるとしか思えませんが、明日からはまた朝のニュースからチャンネル変えずに済むかと思うとホッとします。

今後ともよろしくお願いいたします。
  • Re:お疲れ様でした。
みっきー 2015/09/27 19:41
☆すみおさん
コメントありがとうございます。

「横浜編」の出だしって、妙な気合いが入ったアレですよね。
無理矢理「能登編」やらオープニングやらとリンクさせようとして失敗したアレですよね。

あんなことせず、素直に修行を描けば…

時既に遅しですが。

これからもよろしくお願いします。
  • 無題
知幸 2015/09/27(Sun)17:13:59 編集
終わった。
やっと終わりました!
悪夢から解放しました!!
みっきーさん、お疲れさまでした!!!

今回の内容は、言うまでも無く、結婚式エンドでした。
結局、まれは世界一になれませんでしたね~。
まあ、全然期待してませんでしたが。
いや~、ホント聳え立つ糞のドラマに相応しい終わり方でした。
朝ドラでは、史上最低最悪の最終回だったと思います。
世間で批判された、『純と愛』を上回る酷さだと思います。

放送前は、『あまちゃん』以来の平成設定で、完全オリジナルフィクションの内容なので、それ並みの期待がありましたは、見事に裏切られました。近年の朝ドラの集大成で、色々とパクられ、とても違和感がありました。

一体、何を伝えたかったのか、全然分かりませんでした。
ホント、謎・疑問が残る作品でした。
とても酷かったです。
毎週、ツッコミだらけで、とてもウンザリしました。
パティシエや漆の良さが、全く伝わりませんでした。
「地道にコツコツ」とは、なんだったのやら。
最後まで、まれのケーキは、美味しそうに見えませんでした。
寧ろ、このドラマを見て、「ケーキを食べたい」「ケーキが美味しそう」だとは、一度も思いませんでした。まあ、まれ以外が作ったケーキ(大悟シェフ)などは、まだマシだったと思いますが。肝心な主役のケーキに関心が持てないようじゃ、全く話になれませんでした。

恐らく、篠崎(呼び捨て)が執筆された作品では、最低最悪だったと思います。
今後、2度(一生)とNHKには、関わって欲しくないです。
私が人生見てきた、朝ドラでは、史上最悪を更新されました。

因みに、私の朝ドラワースト5。

1位:まれ
2位:純と愛
3位:ウェルかめ(2009年)
4位:つばさ(2009年)
5位:瞳(2008年)


まれを演じた、土屋太鳳さんもとても気の毒でした。
去年、『花子とアン』で「もも」を演じた時は、魅力があり、期待がありましたが、今作で見事に裏切られました。これまで、土屋さんが演じた役では、最低だったと思います。
個人的に、歴代朝ドラ主役では、最悪だったと思います。
最初から最後まで、全く好きになれなかった主役なのが、とても残念です。
個人的ですが、全く可愛らしさが感じられる、寧ろ、話が進むに連れ、段々不潔になった印象が否めません。これまでの朝ドラ主役では、最も魅力が無かったと思います。
前作のエリーや、前々作の花子の方が、まだマシだったと思います。

結局、あの魔女姫人形は、このドラマの「悪夢の根源」だったと、思います。
まあ、アレがなければ、ドラマはもっとマシになったのかは、別として。
全く可愛くなかったですし、寧ろ、まれがコンテストに勝てない原因は、アレのせいだと、過言ではないです。
見てて気持ち悪かったです。

まだまだ、言いたい事は山ほどありますが、これ以上追及しても、キリが無いので、この辺までにします。


さて、次回作の『あさが来た』ですが、予告を見る限り、期待できそうですが、とりあえず、先ずは様子見です。
NHKも、そろそろ、炎上商法に頼らず、まともなドラマを作って欲しいです。
今年見てきたドラマで、ちゃんと面白い・印象に残る作品があるのだから、それが出来る筈なんです。
今度こそ、本当の「朝」が来てほしいです。
半年間、お疲れさまでした。

それでは~
  • Re:無題
みっきー 2015/09/27 19:46
☆知幸さん
コメントありがとうございます。

謎と疑問だらけの作品でしたね。
『あさが来た』は過大な期待せず観ます。
ただ、原作を読んだので、脚本家の手抜きは見破りますよ。
  • やっと終わりましたね
うさこ 2015/09/27(Sun)18:02:25 編集
これで本当の最後になってほしいですが。
年末の紅白でドタバタ劇場現れないかと、余計な心配も(笑)

みっきーさん、お疲れさまでした。こちらの記事のおかげで、毎朝の不快感を共感し少しでも軽減出来たと 思っています。
私はいつもは視聴後にこちらにきてましたが、いままだ最終回見ずにおじゃましました。見る必要なさそうですね。最後の最後まで、本当に酷い朝ドラだったのですね。

まれロスはなくスッキリとした週明けをむかえられます。ロスの対義語って何かしら?
次の朝ドラでは、毎朝 気分よく過ごせるドラマだと良いですね♪

  • Re:やっと終わりましたね
みっきー 2015/09/27 19:54
☆うさこさん
コメントありがとうございます。

やっと終わりましたよ、『まれ』が。
「まれロス」の心配は一切ありませんが、「まれの二の舞」の恐怖感はあります。
だって、半年間も洗脳されましたから。

明日から、まっさらな気持ちで見られるか、不安です…
  • 無題
モリゾウ 2015/09/28(Mon)06:35:01 編集
脱まれしてからずっとこちらのblogでお世話になってました。あぁ、自分の感じている違和感を言葉にしてくれてる人がいる…って感じで…。

希のダメさはいろいろあると思うんですが、やはり脚本のダメさが際立ってたと思います。

そもそも希にとって故郷、能登への愛がみえなかったと思う。(あまちゃんと比べて)

ケーキよりも素材そのまま食べた方がうまいとか言われたり、職人の子供ということでいじめを受けたり、能登はひどいところという印象しかありません。帰りたい場所としての能登が絶対的に弱いんです…

そのうえ希が途中、取って付けたように能登の食材へのこだわりを見せはじめるけど、あれの唐突感も半端ありませんでしたね。自分のケーキにオリジナリティをだすために本来はいれない素材を無理にいれたというか、まるで観光地の土産物みたいにしか思えませんでした。

例えば横浜編で師匠大悟を尊敬しつつも、大悟の創るケーキと自分の目指すケーキとが違っていることに気付き悩むシーンとかあれば、後半の展開に少しは説得力あったかもしれません。

あと、この作品では職人の仕事へのこだわりを描こうとした節が(大悟しかりガンジしかり、夫である圭太しかり)ありますが、肝心の希に職人の誇りの欠片もなかったのが痛すぎました。圭太との結婚話も、自分には修行がある、いっぱしのパティシエになる目標があるからやっぱり結婚できない!となって、お互いよき理解者として遠距離恋愛しながら支えあうという展開なら少しは納得できたかな?と思います。何もあのタイミングで急いで結婚する意味がわからない…。

夫である圭太の描きかたも稚拙でした。あれじゃ単に幼なじみというだけで、イラチの自分本位の男にしかみえませんでした。朝ドラの出来はヒロインの愛する男性の魅力も大切だと思います。花子の鈴木亮平さん、カーネーションの綾野剛さん、ごちそうさんの東出まさひろさん、みんな魅力的な男性としてしっかり描かれてました!

この半年間のガッカリ感は凄まじいものがありますね。他にも聞いてほしいことはまだまだありますけど、キリがないのでこの辺にします。最後にこれだけの駄作に主演した土屋さんの今後が心配ですね…





そして大悟のもとで修行を続けた希は、ついに「自分の本当に作りたいケーキ」をみつけて、
  • Re:無題
みっきー 2015/09/28 09:04
☆モリゾウさん
コメントありがとうございます。

『まれ』の最初の頃に書いたことですが、
こんな話になるなら、始めから、
圭太と希は幼馴染で初恋相手でスタートして、
圭太は金沢の和菓子屋の跡取り息子、
希は東京でフランス菓子職人を目指す少女で、
互いを恋の相手であり、職人のライバルでもある。

そして…
恋愛に、修行に、職人気質に、結婚に、家族に葛藤しつつ、
最後は、能登で和菓子とフランス菓子のコラボの店を開き、
日本中からお客が訪れてめでたしめでたしでよかったのでは?

世界一とか、漆とかあちこち風呂敷を広げた割には、
身近な幸せを大事にしたいって帰結しちゃった。
スタート地点とゴールが違い過ぎたと思います。
  • 無題
honey 2015/09/29(Tue)08:43:43 編集
はじめまして♪

まれの感想を検索して、こちらへたどり着きました!

残念な朝ドラでしたよね…
観ることが習慣になってる者からしたら、イラっとする朝が続きました(笑)

波留さん主演の朝ドラ、ちょっと期待が高まります(*^^*)
宮崎さんが出演されるとは思いませんでした(((^^;)

私の朝ドラは、カーネーションから始まりました。
その後のウメちゃん先生も面白かったし、あまちゃんは最高!!
もちろん あまロスでしたよ~
そして、もちろん まれロスは皆無です(爆)

みっきーさんは、あまちゃんからなんですね?
カーネーションは観られてないのですよね?
カーネーション、もう素晴らしい脚本でしたよーー!!
あまちゃんを朝ドラの傑作と言うなら、カーネーションは神作と言ってた方がいましたが、まさに!!
渡辺文さんの優れた脚本に最終回は鳥肌でした!
あまちゃんが大好きな私ですが、最終回は今まで観た朝ドラの中で、カーネーションがダントツに一番です!!
…と、まれ記事から脱線してスミマセン(((^^;)

みっきーさん…お仕事大変そうですが、お体には気を付けて下さいね~
共感できる記事に出会えて楽しかったです☆
ありがとうございました!
  • Re:無題
みっきー 2015/09/29 09:39
☆honeyさん
コメントありがとうございます。
そして、初めまして。

『カーネーション』は未見なので、機会があったら見てみますね。
それにしても、honeyさんも「まれロス」は全く無いようで良かったです(苦笑)
  • おつかれさま
wonkai 2015/10/01(Thu)20:26:43 編集
「やっと終わった」の一言、全く同感です。「いくらお菓子の話でも、おかしなことばかり・・・」ってみっきー様、上手すぎ。最終回まで「まれ」を見続けてしまったみなさま、本当におつかれさまでした。
  • Re:おつかれさま
みっきー 2015/10/01 20:52
☆wonkaiさん
コメントありがとうございます。

やっと終わりましたね。
不思議なくらいに、過去のことになってます…

これからもよろしくお願いします。
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 98歳現役医師の“元気に長生き”の秘訣
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[10/17 にんじん]
[10/16 ゴンゾウ]
[10/16 His]
[10/16 鉄の女]
[10/16 ふぁる代]
  • 2017年10月期 / 秋ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  民衆の敵
火曜日
フジ 21:00  明日の約束(第1話)
TBS 22:00  監獄のお姫さま(第1話)
水曜日
テレ朝 21:00  相棒[16] 
日テレ 22:00  奥様は、取り扱い注意(第2話)
木曜日
テレ朝 21:00  ドクターX[5](第1話)
フジ 22:00  刑事ゆがみ(第1話)
日テレ 23:59  ブラックリベンジ(第2話)
金曜日
テレ東 20:00  ユニバーサル広告社
TBS 22:00  コウノドリ[2](第1話)
テレ朝 23:15  重要参考人探偵
土曜日
日テレ 22:00  先に生まれただけの僕(第1話)
日曜日
TBS 21:00  陸王(第1話)
日テレ 22:30  今からあなたを脅迫…(第1話)
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  わろてんか(第14回・10/17)
【途中で離脱】
新宿セブン(第1話)
セトウツミ(第1話)
オトナ高校(第1話)
フリンジマン(第2話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
遺留捜査[4]
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
僕たちがやりました
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
コード・ブルー[3]
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
ハロー張りネズミ
犯罪症候群[1]
光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひょっこ
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
わにとかげぎす
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/9/2に1,400万アクセス達成を致しました。(感謝の記事