忍者ブログ
Top*Admin

[6868]  [6867]  [6866]  [6865]  [6864]  [6863]  [6862]  [6861]  [6860]  [6859]  [6858
マッサン

NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』公式
【全150回/全25週】の感想。

【注】完全に個人の好みと愚痴です。意見の違う方はスルーして下さい。

まえがき

本放送が終わって丸1日が経ちましので、私の総括なんて改めて読みたい方はいないと思います。でも、放送直後は感情に任せた総括になってしまったことや、お酒好きの私として『マッサンとリタ』について、全150回の感想では書けなかったことがあるので、備忘録として書いておこうと思います。
と言うわけで、いつも通りに俳優の演技力には言及せず、長文です(謝)

いっそ “国際結婚の夫婦のイチャイチャ” を微笑ましく描くだけで良かったかも?

   結局、国際結婚した夫婦のイチャイチャぶりを見せられ、
   マッサンも最後の最後まで、
   かかあ天下で女々しい男に描かれちゃいました。

最終回の「あとがき」に、こんなことを書きました。でも、第1週と最終週を改めて観て直してみると、実は本作は、国際結婚した夫婦の50年間のイチャイチャぶりに特化して描けば良かったのでは?と思えたのです。

タイトルは「亀山エリーは、わしの妻」で良かった?

天真爛漫で気まぐれで、落ち込んだ人を見てはいつも歌っては周囲を明るくし、日本語が片言のスコットランド娘・エリー。ボンボン育ちの呑気者で、気が小さくて女々しくて、亭主関白とは正反対の明治男らしからぬ優しい男・マッサン。

そんな性格も生まれも育ちも全く違う2人が、当時まだ珍しい国際結婚をして、日本で波乱万丈の人生を送った話で良かったのではと思うんです。因みにモデルとなった政孝さんは几帳面で勤勉な職人気質、リタさんは思いやりと合理主義を兼ね備え、完璧主義的な面は似たもの夫婦だったそうです。

ウイスキー云々は絡めずに描いたら、本作のメインビジュアル、そうマッサンとエリーがおでこをくっつけ合って微笑んでいるあのイメージにピッタリじゃないですか。「広島編」なんて、正にそんな感じでしたよね。こう考えると、タイトルは第119回でエリーが特高に連行されそうになった時のマッサンの台詞『亀山エリーは、わしの妻です』がハマっていたように思います。

国際結婚の夫婦話なら、片言の日本語が活かせたかも?

でも、実際にはニッカウヰスキーの創業者で「日本のウイスキーの父」と言われた竹鶴政孝さんとその妻・ジェシー・ロバータ・カウン(通称リタ)さんをモデルにして、日本初の本格的ウイスキー誕生と言う史実をベースに、フィクションの物語を創り上げました。これが大きな失敗の原因だったように思います。

単純な“国際結婚の夫婦のイチャイチャ”のお話なら、エリーの日本語はいつまでも片言で良かったのです。いや、おかしな日本語で喋った方が人情喜劇の要素にはむしろ大きく役に立ったと思います。

実在の人物をモデルにしなければ良かっただけ?

しかし、本作は、“国際結婚の夫婦のイチャイチャ”と“日本初の本格的ウイスキー誕生秘話”を、人情喜劇とシリアス路線に分けてしまいました。

更に、“日本初の本格的ウイスキー誕生秘話”はきちんと経過を描きつつ一定の結論まで描かなくてはなりません。一方の“国際結婚の夫婦のイチャイチャ”は単純に時間経過を描くだけで済みます。

この本来なら荷車の両輪のように一緒に進まなくてはいけないのに、荷車「マッサン号」は片輪が動くともう1つは止まってしまう。だから、その場でクルクル回ってしまう。

それではいけないから、誰かが強引に「マッサン号」をある地点まで引っ張る。すると、車輪は外れなくとも擦れたり歪んだりして、ハの字のままヨレヨレと進むことになる。これが、全体の迷走ぶりの原因だと思います。

荷車の両輪がバラバラに回り出したらダメでしょ

その場でクルクルと回っている時は、それなりの面白さがありました。第1週の「広島編」での日本文化を知らないエリーをマッサンが手助けするくだりや、「大阪編」でのご近所さんとのやりとりも。ウイスキーが本格的に動き出すまではそれで良かったのです。

でも、ウイスキーの話になるとどうしてもエリーは蚊帳の外になります。そこで「マッサン号」は片輪ずつ進み出すのです。史上初の外国人ヒロインを活かそうと徐々にエリー側の車輪だけ力強く回り出します。そうなるとマッサン側の車輪は地面から浮いたり引き摺られたりします。

やがて、エリー側にはキャサリンやエマ、最後は主治医までどんどん応援団が増えます。一方、マッサン側の応援団は次々と登場しては退場します。このバランスの悪さが、「日本のウイスキーの父」の影を薄くしてしまいました。

“マッサンとリタがモデル” に期待し過ぎた私が悪かった…

「政孝さんとリタさんをモデルにしなければ良かった」と書いておいて矛盾しているのですが、更にお酒好きに言わせれば、最終回に登場した「スーパーエリー」が、最愛の妻エリーを失った失意のどん底からどうやって銘酒を創り出したのを観たかったです。

竹鶴さんはリタさんの葬式の準備も親戚に任せ、2日間部屋に籠ったのも事実。火葬場にも行きませんでした。そして余市蒸留所を見下ろす墓地にリタさんの墓を建てました。その時、竹鶴さんは自分の名前も一緒に墓石に刻んだのです。あとは日付を入れれば良いようにして。

そして、人生最大の悲しみから立ち上がった政孝さんは、息子と一緒に余市にあるすべての原酒をチェックして創り上げた最高のジャパニーズ・ウイスキーが「スーパーニッカ」なのです。言わば、「スーパーニッカ」は政孝さんとリタさんの愛の結晶なんです。

ですから、個人的な思いとしては、「マッサンとリタ」をモデルにしたドラマなら、「スーパーエリー」はもっとしっかり描いて欲しかったです。

あとがき

情けなさと虚しさと怒り。これが本作への気持ちです。番宣に大きな期待をして裏切られた情けなさ、観ているだけで不愉快になったり虚しくなる物語や描写、そして、何を作ってもそれなりの高視聴率を獲得できるからと言って胡坐をかいた制作陣への怒り。
せっかく高視聴率が約束されているのだから、手抜きせず誠意を以って番組作りに臨んで頂きたいです。

最後に、この長文を最後まで読んで下さった皆さん、そして6か月間に亘り感想を読んで下さった皆さん、本当にありがとうございました。特に、Web拍手やコメントを頂いた読者さまには、貴重なお時間の中でパワーを注入して頂き感謝しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     
     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
マッサン メモリアルブック (NHKウイークリーステラ臨時増刊4/30号)
連続テレビ小説読本 Vol.2 (洋泉社MOOK)
連続テレビ小説 マッサン 完全版 ブルーレイBOX1 [Blu-ray]
連続テレビ小説 マッサン 完全版 BOX2 [Blu-ray]
連続テレビ小説「マッサン」オリジナル・サウンドトラック
連続テレビ小説「マッサン」オリジナル・サウンドトラック2―北海道・余市編―
ゴンドラの唄 Single, Maxi シャーロット・ケイト・フォックス
連続テレビ小説 マッサン Part1 (NHKドラマ・ガイド)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-6032.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/416447232.html




【これまでの感想】
第1週『鬼の目にも涙』
1 2 3 4 5 6
第2週『災い転じて福となす』
7 8 9 10 11 12
第3週『住めば都』
13 14 15 16 17 18
第4週『破れ鍋に綴じ蓋』
19 20 21 22 23 24
第5週『内助の功』
25 26 27 28 29 30
第6週『情けは人のためならず』
31 32 33 34 35 36
第7週『触らぬ神に祟りなし』
37 38 39 40 41 42
第8週『絵に描いた餅』
43 44 45 46 47 48
第9週『虎穴に入らずんば虎子を得ず』
49 50 51 52 53 54
第10週『灯台下暗し』
55 56 57 58 59 60
第11週『子に過ぎたる宝なし』
61 62 63 64 65 66
第12週『冬来たりなば春遠からじ』
67 68 69 70 71 72
第13週『急いては事をし損じる』
73 74 75 76 77 78
第14週『渡る世間に鬼はない』
79 80 81 82 83 84
第15週『会うは別れの始め』
85 86 87 88 89 90
第16週『人間到る処青山有り』
91 92 93 94 95 96
第17週『負うた子に教えられる』
97 98 99 100 101 102
第18週『遠くて近きは男女の仲』
103 104 105 106 107 108
第19週『万事休す』
109 110 111 112 113 114
第20週『夏は日向を行け 冬は日陰を行け』
115 116 117 118 119 120
第21週『物言えば唇寒し秋の風』
121 122 123 124 125 126
第22週『親思う心にまさる親心』
127 128 129 130 131 132
第23週『待てば海路の日和あり』
133 134 135 136 137 138
第24週『一念岩をも通す』
139 140 141 142 143 144
第25週/最終週『人生は冒険旅行』
145 146 147 148 149 150


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[30回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 無題
知幸 2015/03/29(Sun)17:01:39 編集
みっきーさん、半年間お疲れ様でした。
私にとって、今作は好きでも嫌いでもなく「凡作」でした。
確かに不愉快・不潔な場面もありましたが、それ並に面白い・感動する場面もありました。
残念だったのは、連続性が無く、ストーリーに重みが無かったこと。
「夫婦物語」や「ウィスキー」のテーマが纏まってなかったのも否めません。
個人的に、これ位の内容なら、3ヶ月ドラマの方が良かったかも。
まあ、前2作程イライラ感・不潔感がありませんでしたし(最後の1ヶ月の盛下がりぶりは驚きでしたが)、前作と違い一様「フィクション」として扱ったのが、それ並みの救いだったと思います。

まあ、みっきーさんと違い、放送前にそれ程期待がありませんでしたが(前2作のため)、もうちょっとどうにかならなかったのかと思います。
色々とポテンシャルがあったのに、惜しまれる作品でした。
キャッチフレーズの「冒険」物語と言っても、「迷走」っぽかったです(笑)。
結局、この物語は製作側の頭の中の「冒険」と解釈したほうが良さそうです。

総合的に演技力は良かったです。
エリーを演じたシャーロットさんは、日本語力はイマイチでしたが、近年のヒロインとしては、かなり努力・善戦したと思います(少なくとも前2作のヒロインよりは)。
日本語はイマイチで、ミスキャストだったのが否めませんが、努力は認めます。
けど、「初の外国人主役」などのプッシュが重すぎでした。
今後、舞台に復帰するそうで、今回の経験を活かして欲しいです。

主人公・マッサンを演じた玉山さんは、残念ながら地味な存在でした。
タイトルにも関わらず、余りパッとしなかったのが否めません。
個人的に、余り好きな役者ではないので、脇役で十分だったと思います。
やっぱり、堤(鴨居)さんが、マッサンを演じた方が良かったです。

玉山さん、シャーロットさん、お疲れ様でした。
今後の活躍を、心から見守ります。

脇役も、近年では一番魅力的に描かれましたが、主役にもっと力を入れて欲しかったです。

BGM・テーマ曲は美麗でした。

次回作『まれ』についてですが、何度もおっしゃるとおり、期待が殆どありませんが、予告・番宣を見る限り、なんとなく『あまちゃん』っぽい感じがします(まあ、久しぶりの平成(現代)設定だからか)。雰囲気がちょっと似てますし。
久しぶりにタイトルの最後に「ん」がついてないので、何らかの変化球がありそう。
パティシエと言うテーマ自体が初めてだそうで、ちょっと興味があります。
主役を演じる土屋太鳳さんは、一昨年、パン屋のテーマの連続ドラマに出演されてますし、面白い偶然です。
大泉洋と常盤貴子などの豪華キャストが出演しますし、一様、第一週は様子見です。

それでは~
  • Re:無題
みっきー 2015/03/29 18:19
☆知幸さん
コメントありがとうございます。

『マッサン』、本作がアルコール関連でなければ、
前2作ほど、悪いとは思わなかったと思います。

あとは、エリーと言うか、シャーロットさんへの好みが出たかも。
私も、それなりに頑張ったと思いますよ。
悪いのは、企画ですから。

『まれ』どうなんでしょう。
先日、特番的なものを放送してましたが、
『あまちゃん』のパティシエール版なんですかね。
意外とこじんまりした話になるのかな?
その方が、のんびり楽しめそうな気もします。
  • 全面的に同意見です
シカ URL 2015/03/31(Tue)20:10:16 編集
私は国際結婚して夫の国に住んでいる、エリーの立場の者です。見終わって脱力感を覚えるのは、このドラマを作った人たちが「実は、ウィスキーの味は分からなかったのです。国際結婚のことも、竹鶴夫妻のことも、スコットランドのことも、当時の日本のことも、アメリカとイギリスの違いも、気品と下品の違いも、わからなかったのです。ただ、視聴率が夢」だったからです。監督も脚本家も演出家も俳優も、わけのわからない世界でただサバイバルしたために妙な連帯感が生まれて内輪で抱き合っているパニック映画のようです。
  • Re:全面的に同意見です
みっきー 2015/03/31 20:32
☆シカさん
コメントありがとうございます。

国際結婚でご主人の国に住んでいらっしゃるんですね。
実は、私の遠縁の叔母が、戦後間もないころから
アメリカ人と結婚し暮らしています。
それはたいへんな生活だったと聞いています。

そんなこともあって、本作にはお酒以外の部分、
特に、国際結婚した夫婦の描き方に苦言を呈したのです。

結局、話題づくりのための、マッサンとエリーの設定。
ホント、この作品が世界中で観られると言うことを
制作陣は真面目に考えるべきだったと思います。
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 読者さまへお知らせ
NEW 2017/6/11 04:54更新】
2017年7月期 / 夏ドラマの期待度』を更新しました。
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 戦う君と読む33の言葉 「不安」「不満」「孤独」を乗り越え、折れない自信をつくる方法
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 腰の脊柱管狭窄症が革新的自力療法痛みナビ体操で治った!手術を回避!―長く速く歩けた!笑顔が戻った!
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
おすすめ本 病気になるサプリ 危険な健康食品 その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
偽装の夫婦
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメSeason4
孤独のグルメ5
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
早子先生、結婚するって…
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
火の粉
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
増山超能力師事務所
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/5/17に1,300万アクセス達成を致しました。(感謝の記事