忍者ブログ
Top*Admin

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
映画「1917 命をかけた伝令(Dolby-ATMOS・TCX・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画『1917 命をかけた伝令(Dolby-ATMOS・TCX・日本語字幕版)』公式)を先日、TOHOシネマズららぽーと船橋にて「Dolby-ATMOS・TCX」で劇場鑑賞。

採点は、★★★★(最高5つ星で、星4つにギリギリ引っ掛かった感じ)。100点満点なら 70点にします。






【私の評価基準:映画用】
★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。
★★★★  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。
★★★☆☆  まあまあ。お金を払って映画館で観ても悪くない。
★★☆☆☆  好き嫌いの分岐点。無理して映画館で観る必要なし。
☆☆☆☆  他の時間とお金の有意義な使い方を模索すべし。


ディレクター目線のざっくりストーリー

第一次世界大戦真っ只中の1917年4月6日の朝、若きイギリス人兵士のスコフィールドとブレイクに、エリンモア将軍から重要な任務が命じられる。それは、「ドイツ軍が戦略的に後退している」ことを知らずに攻撃態勢に入っているデヴォンシャー連隊へ、明朝までに作戦中止を届けること。

進行する先には罠があり、更に1600名の味方の中にはブレイクの兄ジョセフも配属されている。2人は戦場を駆け抜け、伝令が間に合わせなければ、兄を含めた1600名の味方の兵士が全員命を落とし、イギリスは戦いに負けることになる。ブレイクとスコフィールドは、タイムリミットのある危険で困難なミッションに突入する…

TCXで"戦場最前線の緊張感を登場人物らと感じる"には成功

いつものように、事前情報は出来るだけ予告編だけの状態で劇場鑑賞。予告編にあった「全編ワンカット 戦場を駆け抜ける驚愕の臨場感」の文字に誘われて、敢えて「Dolby-ATMOS・TCX」を選択し、いつもより前の方に席を取って鑑賞した。

お陰で、恐らく本作のサム・メンデス監督が目指したであろう “戦場の最前線の緊張感を登場人物らと一緒に感じる” には成功したと思う。

緻密なカメラワークとCG合成による全編ワンカット風の映像は劇場向け

正直、予告編にあった「全編ワンカット」は偽りだ。緻密に計算されたカメラワークとCG合成技術によって(中盤以降は “暗転” も多用される)作られた所謂「全編ワンカット風」の映像だ。

具体的にどのような巧みなテクニックで「無編集」のように魅(見)せているのか気にはなるが、本作の凄いのは、その巧みな技術の品評会やお披露目会になっていなことだ。

戦場の最前線にいる登場人物と同じように “実時間” を共有し体験するための、合理的、且つ挑戦的な映像手法になっており、これは明らかに映画館の大きなスクリーンの前の方で観るための映画だ。それだけは間違いない。恐らく、家のテレビで観たらだいぶ印象が変わると思う。

「全編ワンカット風」が本作への評価の"諸刃の剣"になっている

そう思わせるのは、「全編ワンカット風」が本作への評価の “諸刃の剣” になっているから。確かに、臨場感や緊張感、緊迫感はスゴイ。「TCX」で観ると、まるでVR体験をしているような間隔さえ味わえる。しかし、この「全編ワンカット風」をやるために、まず、似たような映像が続いてしまうと言うのが最大の弱点。

最初の20分程は驚きの連続だが、30分もしてくると「こっちからカメラは回り込むよね」なんて思えて来る。また、ドラマとしては主要な登場人物が2人しかしないから会話劇の面白さに乏しい。まあ、「会話劇を楽しむ作品でない!」と言われれば、それまでだが。

また、ストーリーは、『走れメロス』と同様に、主人公がミッションを達成できるか? と言うのが主軸。いや、それしかない。だから、緊張の連続が過ぎて、エンターテインメントとしての緩急に乏しいのだ。もちろん、こちらも「戦争に緩急なんてあるか!」と言われれば元子も無いが。

"自然な時の流れ" の映像美は、本作ならではの醍醐味

ただ、映像そのものは、とても美しい。人間の目だけでなく、様々な視点を上手く利用して、戦場の広さと、戦地そのものの狭さ、人間と人間の距離感を丁寧に描写した上で、「全編ワンカット風」の映像が創り出す “自然な時の流れ” の美しさは、本作ならではの醍醐味だと思う。

あとがき

「全編ワンカット風」の映像が創出する、戦場の最前線にいるような疑似体験と、自然な時の流れを美しく描く本作の映像美は、音響設備の良い映画館の大スクリーンの前の方で観てこそ価値があると思います。予告編の「全編ワンカット」を意識せず、戦場に放り込まれたような臨場感を単純に体験するのが、本作を最も楽しめる鑑賞方法だと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
映画「1917 命をかけた伝令」オリジナルサウンドトラック(CD/輸入盤)
1917 命をかけた伝令【DVD化お知らせメール】 [Blu-ray]

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-11082.html


【"2020年4月期 / 春ドラマの期待度" を更新しました】
『2020年4月期 / 春ドラマの期待度』を、更新(2020/3/21)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【本家の忍者ブログの「Web拍手」が復旧しました】
2020年1月25日(土)~2月2日(日)まで表示不能等の不具合がありましたが、現在は復旧しました。また、動作が緩慢だった「Web拍手」が完全復旧し、コメントも書き込めます。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[6回]

映画「37セカンズ」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画『37セカンズ』公式)を先日、劇場鑑賞。

採点は、★★★★(最高5つ星で、星4つ)。100点満点なら 80点にします。

【私の評価基準:映画用】
★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。
★★★★  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。
★★★☆☆  まあまあ。お金を払って映画館で観ても悪くない。
★★☆☆☆  好き嫌いの分岐点。無理して映画館で観る必要なし。
☆☆☆☆  他の時間とお金の有意義な使い方を模索すべし。





ディレクター目線のざっくりストーリー

生まれた時に “たった37秒間” 呼吸が止まったため、手足を自由に動かせない脳性麻痺となった23歳の貴田ユマ(佳山明)は、親友の漫画家のゴーストライターとして働くが、自分の作品を世に出せない歯がゆさや寂しさで、毎日複雑な気持ちを抱いて暮らしていた。

また、シングルマザーでユマに対して過保護になってしまう母・恭子(神野三鈴)との閉ざされた生活にも息苦しさも感じていた。そこで自作の漫画を出版社に持ち込むが、女性編集長に「人生経験が少ない作家に、いい作品は描けない」と跳ね除けられ、その瞬間からユマの中で秘めていた何かが動き始める…※PG12指定

知人から「とんでもな映画があるから是非観るべき!」とメール…

知人から「とんでもな映画があるから是非観るべき!」とメールが入って、即劇場を探して観に行ったのが、2020年2月7日(土)から全国公開中の、この映画『37セカンズ』。「出来るだけ事前情報ゼロで観るべし!」ともあったから、公式サイトのストーリーも読まずに劇場へ。

お涙頂戴を徹底的に削除し赤裸々に"愛と性と生き様"を描く

うん、言われた通りの「とんでもない映画」だった。映像的には全ての事象に愛を感じる視点の丁寧な描写で、作品としてのインパクトは強烈で、障害者を描くドラマなのにお涙頂戴を徹底的に削除し、これでもかと言わんばかりに赤裸々に主人公を中心に全ての登場人物たちの “愛と性と生き様” を描いたと言っても過言ではない。その位に、とんでもなく良く出来た映画だ。

前半の「障害者の若い女性の性の問題」の描写も直球勝負!

前半は、今思うと生温い。いや、最初に観た時は衝撃的だった。障害者の若い女性の性の問題を、ここまでストレートに描くのか!と。そして、障害者の娘を溺愛する母親との確執も、そこらのサスペンスドラマなんか吹っ飛ばす位のリアルな演技と描写で見せて来る。「魅せる」なんて生易しいものでない、強烈な描写力で私の心に訴え掛けた。

ありのままの自分を受け入れる主人公の姿に心を打たれた!

これだけで、半ばノックダウンを食らいそうになったが、中盤からの展開には更に度肝を抜かれた。主人公が母親にとっての一人の娘から、一人の女性になるための自分探しの旅に出て、自分の手で掴み取った事実、そして、ありのままの自分を受け入れる主人公の姿に心を打たれた。

序盤から目が離せない演技とストーリー展開と映像の連続!

また、本作は “障害者の性” を一つのきっかけにして始まる主人公の人生は、理解者との出会いによって不思議な縁が次々と結ばれて紡がれていく、青春ロードムービーのような仕上がりにもなっている。

その意味で、ネタバレになるから書かないが、後味も余韻も実に爽やか。とにかく、序盤から目が離せない演技とストーリー展開と映像の連続だ。これを観ないのはもったいないと思う。

あとがき

「障害者」を、「身体障害・知的障害・精神障害(発達障害を含む)その他の心身の機能の障害があり、障害および社会との関わり方によって生活や仕事に制限を受けている人」とするならば、障害者で無い人は障害者とどう接して良いのか分からないことがあると思います。

それは決して差別ではなく、本当に分からないから、遠くから気遣うしか出来ないみたいな…。もちろん、個々の案件では「こうしたら良い」と言うお手本のようなものがあると思います。ただ、本作は障害を持つ人たちをどう見て、どう関わるべきかを、考えるきっかけをくれました。

この内容ならテレビのドキュメンタリー作品やドラマ化も可能だと思います。でも、映画と言うメディアだからこそ、劇場のスクリーンで大きく映し出させる主人公の生きる世界を観られた幸福感を味わえました。是非、近くの劇場で公開されているなら観て欲しい映画らしい映画です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
福祉は「性」とどう向き合うか:障害者・高齢者の恋愛・結婚
死ぬこと以外かすり傷
障がいのある人の性 支援ガイドブック

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-11059.html


【"2020年4月期 / 春ドラマの期待度" を更新しました】
『2020年4月期 / 春ドラマの期待度』を、更新(2020/3/21)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【本家の忍者ブログの「Web拍手」が復旧しました】
2020年1月25日(土)~2月2日(日)まで表示不能等の不具合がありましたが、現在は復旧しました。また、動作が緩慢だった「Web拍手」が完全復旧し、コメントも書き込めます。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[16回]

映画「Fukushima 50」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画『Fukushima 50』公式)を昨日、試写会にて劇場鑑賞。
なお、原作となった門田隆将著のノンフィクション書籍『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』は未読。
採点は、★★★★(最高5つ星で、星4つにギリギリ引っ掛かった感じ)。100点満点なら 70点にします。





【私の評価基準:映画用】
★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。
★★★★  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。
★★★☆☆  まあまあ。お金を払って映画館で観ても悪くない。
★★☆☆☆  好き嫌いの分岐点。無理して映画館で観る必要なし。
☆☆☆☆  他の時間とお金の有意義な使い方を模索すべし。


ディレクター目線のざっくりストーリー

2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7と言う日本の観測史上最大の地震が発生し、想定外の大地震に伴う巨大津波が福島第一原子力発電所を襲う。全電源喪失により原子炉の冷却が不可能となり、メルトダウン(炉心溶融)と言う最悪の危機が迫りつつあった。

1・2号機当直長の吉田(渡辺謙)は次々と起こる不測の事態へ第一線で厳しい判断を迫られた。そして、現場全体の指揮を執る所長の吉田(渡辺謙)を始め発電所内に留まった<約50名>の作業員たち。彼らが、家族や故郷を守ると言う使命感と郷土愛で未曽有の大事故に立ち向かう現場では何が起きていたのか?

原発事故後も残った"作業員約50名の闘いを描いた人間ドラマ

映画は、2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7と言う日本の観測史上最大の地震が発生する瞬間の、大きく揺れる地面、動く家具、鳴り響く警報音、そして事態を理解出来ずに動揺する人々から始まる。

内容は想定外の大地震に伴う巨大津波が襲った福島第一原子力発電所が、全電源喪失により原子炉の冷却が不可能となり、メルトダウン(炉心溶融)と言う最悪の危機が迫り、家族や故郷を守る使命感と郷土愛で、未曾有の大事故に立ち向かい、事故が発生した後も残った約50名の作業員、通称「フクシマ50」の闘いを描いたヒューマンドラマだ。

原発事故の裏にあった人間たちの生き様の記録としての価値

まず、感想の冒頭で書いておきたいのは、内容の真偽や是非云々を語る前に、このような原発の大事故が日本で起きてしまった事実、その大事故の裏で生まれた様々な人間の生き様があったことを、映画として記録し、後世に遺し伝える意味は大きいと思う。

精巧なスタジオセットと、迫力ある爆発シーンも見応え十分

映像的には、程良いバランスでCG技術の見本市になっておらず、人間ドラマを描こうと言う監督の強い意志が伝わった。また、CGでは描けない、メインの舞台となる1・2号機中央制御室と緊急時対策室のスタジオセットが実に精巧に出来ており、爆発シーンも丁寧に作り込まれており、迫力が半端なかった。

原発用語の説明不足で事故の全体像がやや見え難いのが残念

しかし、人間ドラマを強調するのは良いが、原発用語の説明不足が目立ち、原発事故の状況把握が劇中でし難いため、当時の原発事故報道を余程よく見て覚えている人でないと、少々難しく思えるのが残念。

原発用語は知らずとも緊迫感や緊張感は十分に伝わって来る

ただ、細かな用語は分からなくても、物語全体の緊迫感や緊張感は、俳優陣の演技力と存在感とチームワークが十分過ぎる位に補ってくれる。主役級から名バイプレーヤーまで多種多彩な俳優陣が緻密な演技で、物語をグイグイとけん引するし、私も現場にいるようなリアルさを感じ取れた。

政治色を感じさせない脚本と徹底的な写実主義の演出が良い

また、こう言う作品では「東電が正義の味方に描かれ過ぎる」とか「時の政府の愚かさが強調され過ぎる」とか「米軍の “トモダチ作戦” は必要か」などの声はあると思う。更に、原作者(原作は未読)がやや右寄りの門田隆将氏である割に…

前川洋一氏の脚本が人間の苦悩や悲しさや辛さを無駄に強調せずに、適度に人間の面白さや滑稽さを盛り込んでおり、あまあり政治色を感じない。

また、若松節朗氏の演出も、いつも通りの徹底した「リアリズム(写実主義)」を追求してた映像で、過剰な演出を極力排除して、あくまでも登場人物が物語を創出することに専念していたのにも好感が持てる。更に、豪華な奏者を集めた岩代太郎氏のサウンドトラックも、仰々しくなく且つ臨場感ある楽曲たちで良かったです。

あとがき

外側から報道等で見ていた「東日本大震災」で未曾有の原発事故の内側を、命懸けで大事故後も原発を守った後も残った約50名の作業員、通称「フクシマ50」の闘いを描いたヒューマンドラマ。

過剰や奇を衒った演出を排除し、俳優の演技と刻々と変わる事態を描写で、現場作業員たちの情熱を丁寧に描いた作品です。ちょっと怖くなる人もいるかも知れませんが、本作を劇場の大スクリーンで観て、忘れてはいけない人々の存在を目に焼き付け、心に刻むべきと思いました。

わたくし事ですが、2011年3月11日午後2時46分は、今回の試写会場となった映画館で映画『ツーリスト』を観ている真っ最中でした。突然、椅子が大きく揺れ、あちこちから悲鳴が聞こえ、スクリーンの映像も消え、一時は真っ暗になりました。

忘れられない映画館になった… 2011/03/14 (Mon)00:07:38

そして、偶然にも、今回の試写会中にも地震が起きました。記憶が蘇りました。震度は1でしたが、こんな偶然もあるのですね。

映画「Fukushima 50」 感想と採点 ※ネタバレなし

東日本大震災にて亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被災者の方々には心よりお見舞い申し上げます。

全国のTOHOシネマズにて、2020年3月6日(金)より公開!!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
映画『Fukushima 50』 オリジナル・サウンドトラック
小説 Fukushima 50 (角川文庫)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-11035.html


【"2020年4月期 / 春ドラマの期待度" を更新しました】
『2020年4月期 / 春ドラマの期待度』を、更新(2020/3/21)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【本家の忍者ブログの「Web拍手」が復旧しました】
2020年1月25日(土)~2月2日(日)まで表示不能等の不具合がありましたが、現在は復旧しました。また、動作が緩慢だった「Web拍手」が完全復旧し、コメントも書き込めます。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[9回]

映画「パラサイト 半地下の家族(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画『パラサイト 半地下の家族(2D・日本語字幕版)』公式)を昨日、劇場鑑賞。

採点は、★★★☆☆(最高5つ星で、星3つ)。100点満点なら 65点にします。

【私の評価基準:映画用】
★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。
★★★★  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。
★★★☆☆  まあまあ。お金を払って映画館で観ても悪くない。
★★☆☆☆  好き嫌いの分岐点。無理して映画館で観る必要なし。
☆☆☆☆  他の時間とお金の有意義な使い方を模索すべし。





ディレクター目線のざっくりストーリー

仕事も計画性もない楽天的な父キム・ギテク。気が強くて元ハンマー投げ選手の母チュンスク。大学受験に落ち続けるも能力を持て余す息子ギウ。美大を目指すが予備校に通う金も無い娘ギジョン。そんなキム一家は全員失業中で、内職で日々を食つなぎ “半地下住宅” で細々と暮らす4人家族。

ある日、息子ギウが友人の伝手で、IT企業のCEOを務めるパク氏の娘ダヘの英語の家庭教師の面接のために豪邸を訪ねる。パク氏の妻ヨンキョは、わんぱくな息子ダソンの育児に手を焼いていて、兄に続いて妹ギジョンもその家に足を踏み入れることになって…

"ストーリーが全て"みたいな部分は、大したことはない…

本作は、ストーリー、特に「中盤以降の展開からラストまでのストーリーが全て」みたいな作品だから、上記の「ディレクター目線のざっくりストーリー」以降の展開は敢えて書かない。また、これを言ったらネタバレになるかも知れないが、正直に言うと “ストーリーが全て” みたいな部分は大したことはない…とだけ書いておく。

『8時だョ!全員集合』みたいな日常を描くドタバタコメディ

さて、本作は、格差が年々拡大していく韓国社会を描いたコメディ映画だ。若い人には例えが古いかも知れないが、昭和に放送していたザ・ドリフターズの公開バラエティー番組『8時だョ!全員集合』みたいなドタバタコメディに近い。

『8時だョ!全員集合』では、公会堂の中のステージの上に、中身が見えるように建てられた巨大な家のセットがあって、その家への出入りを含めた日常を、観客は座席に座って見て笑うって形式。

本作も、それに似ている。主人公らが、やがて “パラサイト” する韓国の富裕層が済む豪邸は、開口部の広いガラスで中が丸見え。住居内もだだっ広くて、あちこちが丸見え。その中で韓国の超富裕層の家族と、底辺の貧困家族のバトルコメディだ。

今の韓国の格差社会は、日本が想像するより遥かに酷い!

前述で「大したことはない」と言ってしまったストーリーではあるが、やはりこれ以上は書かない。でも、感想だから、感想を書く。今の韓国の格差社会は、日本が想像するより遥かに酷い。

誰もが “いい生活” をしたいから、高学歴社会が進んでいる。誰もが “いい大学への進学” を求めて…なんて次元はとっくに超えていて、どの大学でも良いからソウルに行け!みたいな若者たちが増えている。でも、進学も就職も出来ない若者たちが増え、子どもに生活を託す親たちも益々貧困化が進む。

何をしても結果がついて来ない社会だから計画の意味がない

韓国には若者世代を「N放世代」と言う表現があって、「三放世代」が「恋愛」と「結婚」と「出産」を諦めた世代。その次が、「正規雇用(キャリア)」と「マイホーム」を諦めた「五放世代」。で、今は「人間関係」と「夢」を諦めた「七放世代」になっているそうだ。

だから、本作でも息子が父に何度も「プランはあるの?」と聞くが、父は「プランなんかないよ」と言う。要は、何をやっても結果がついて来ない社会だから、プランを練ったって意味がない訳だ。そのことが、切実に描かれているのは大いに認める。

展開は行き当たりばったりだが、韓国社会の切実さは伝わる

しかし、残念なのは、本作のストーリーそのものも、「プランなんかないよ」と言う感じを受けてしまうこと。

何となく、展開が行き当たりばったりで、ポン・ジュノ監督らしい、先が読めない展開やコメディと思いきやバイオレンスになったり…の “らしさ” はあるものの、ラストまで観ると、一体何を伝えたかったのだろう? と言う感じだった。

それでも、今の韓国の若者たちが次々と諦めざるを得ない「N放世代」である厳しさや、格差の拡大が止まらない韓国社会の切実さは、映画から十分に汲み取れる。

あとがき

全体の構造は『8時だョ!全員集合』みたいな中身が見えるように建てられた巨大な家で起こる日常を描いたドタバタコメディを客席から覗き見るようなカタチです。

でも、映画から放出される、今の韓国の若者たちが次々と諦めざるを得ない「N放世代」である厳しさや、格差の拡大が止まらない韓国社会の切実さは、えげつない程です。

私は、事前情報を出来るだけシャットアウトして観た方が良いとはあまり思いません。ニュートラルに韓国の格差社会を “覗き見る” くらいが丁度良いと思います。本作が好きなら映画『万引き家族』や映画『アス』の類似点が多いので、楽しめると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
万引き家族 通常版Blu-ray(特典なし) [Blu-ray]
万引き家族 通常版DVD(特典なし) [DVD]
アス ブルーレイ+DVD [Blu-ray]

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10962.html


【"2020年4月期 / 春ドラマの期待度" を更新しました】
『2020年4月期 / 春ドラマの期待度』を、更新(2020/3/21)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【本家の忍者ブログの「Web拍手」が復旧しました】
2020年1月25日(土)~2月2日(日)まで表示不能等の不具合がありましたが、現在は復旧しました。また、動作が緩慢だった「Web拍手」が完全復旧し、コメントも書き込めます。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[7回]

映画「フォードvsフェラーリ(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画『フォードvsフェラーリ(2D・日本語字幕版)』公式)を本日の劇場公開初日に、劇場鑑賞。

採点は、★★★★★(最高5つ星で、星5つ)。100点満点なら 90点にします。

【私の評価基準:映画用】
★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。
★★★★  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。
★★★☆☆  まあまあ。お金を払って映画館で観ても悪くない。
★★☆☆☆  好き嫌いの分岐点。無理して映画館で観る必要なし。
☆☆☆☆  他の時間とお金の有意義な使い方を模索すべし。





ディレクター目線のざっくりストーリー

アメリカの自動車社会を「大衆車」を大量に作って築き上げたフォード・モーター社だが、景気の良くなったアメリカ国民は「実用性重視の大衆車」でなく、「カッコいい車」を求め、フォード社の経営は不振だった。

そこで、「カッコいい車」を手作り生産しては世界中のスポーツカー人気を集め、カーレース界では常勝のイタリアのフェラーリ社に勝って、フォード社の名誉を復活させようと、24時間耐久レース「ル・マン」でフェラーリに勝利すると言う使命を受けたるのが、且つて有名なレーサーだったカー・エンジニアのキャロル・シェルビー。

フェラーリに勝つためのフェラーリを超える新車開発に励むシェルビーは、破天荒なイギリス人レーサー、ケン・マイルズに目をつける。限られた資金と時間の中で、シェルビーとマイルズは数々の難題を乗り越え、遂に1966年のル・マンで長年絶対王者として君臨しているエンツォ・フェラーリ率いるフェラーリ社に挑戦する…

現代の車に当時のボディを被せて本物のレース場で撮影した迫力

映画の冒頭から、現代の車では聞くこと出来ない60年代の物凄いエグゾースト音(排気音)で始まる本作。最近の映画のカーレースシーンは、殆どがCGを使っているのに、本作は現代の車に、60年代当時のボディーを被せて、本物のレース場で撮影したそうだ。従って、内容以前に、とにかく本物だから迫力が違う。

レース場や観客などの背景はCGだが、横転したり炎上したりする車は本当にやったのを撮影している。微妙なボディの振動も見応え十分だし、前述のエグゾースト音やエンジン音なども当時の車の音に差し替えられている。もう、これだけでも大きなスクリーンと大音量で観る価値あり。

ドラマの土台が「人vs人」でなく「会社vs会社」なのが面白い!

凄いのは映像だけでない。自動車大国アメリカをけん引してきたフォード社は、誰にでも買える「大衆車」を作り続けて来たが、時代と共に世の中ではカッコいい車が注目されるようになり、1963年に「マスタング」と言うスポーツカーを発売するが、「フォード=大衆車」のイメージがあるから売れない。

そこで、当時、レース界で常勝している「大衆車」とは真逆の超高級車しか作らないフェラーリ社を買収しようとするが、フェラーリの社長・ エンツォ・フェラーリに「ダサい工場で、ダサい車を作っているな」と言われた上に、裏でイタリアの自動車会社フィアット社の買収劇に利用されて、交渉決裂で失敗する。

だったら、フォード社は自社開発の車で、24時間耐久レース「ル・マン」で勝利して、フォード車の復権を企むと言う、まあ熱い話なのだ。そして、本作の基礎が「人間vs人間」でなく「アメリカの自動車会社vsイタリアの自動車会社」と言うのも実に面白い。

「会社vs会社ドラマ」の上に「人間ドラマ」被せた"熱血根性"映画!

しかし、その「会社vs会社」のドラマの上に、見事に「人間ドラマ」を被せて、「熱血根性映画」にするのに登場するのが、かつてル・マンを征した唯一のアメリカ人レーサーだったカー・エンジニアのキャロル・シェルビーと、破天荒なイギリス人レーサー、ケン・マイルズ。

2人とも才能と実力はあるが孤高の人。そんな2人が、大企業で労働組合もガッチガチのフォード社と上手く行くはずが無い。

だから、最初は『フォードvsフェラーリ』なのに、中盤から『フォードvsシェルビーとケン・チーム』になって行く。もちろん『シェルビーvsケン』も並行して描かれるから、3つの対峙構造が同時進行しながら、「人間ドラマ」は家族や同僚や仲間たちを巻き込み一体化して行き、「会社vs会社」のドラマの部分は、佳境のル・マンの結末で「うぅっ」って感じになって…

「★5」にした理由は、ドラマの無駄を削ぎ落した潔さと濃厚さ!

90点と私にしては “超” がつく高採点にした理由は、先に書いた通り、「会社vs会社」のドラマの上に、見事に「人間ドラマ」を被せて、「熱血根性映画」の仕上げたドラマの構成。特に、レースカーの開発のように、余計な説明や解説を徹底的に無くして、映像だけで観客を「153分」飽きさせない演出力と俳優陣の演技力だ。

あとがき

1960年代に実際にあった、アメリカのフォードという自動車会社とイタリアのフェラーリという自動車会社の対決を描いた映画。「会社vs会社」の骨格の上に、2人の男の人生の「人間ドラマ」を被せて、見事な「熱血根性映画」に仕上がっています。迫力のレースシーンも車はほぼCG無しで、振動で揺れる車のボディは必見です。

でも、決してカーレース映画ではなく、あくまでも車やカーレースを通して描かれる熱血根性人間ドラマ。寒い冬に熱い映画、是非劇場で。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フォードvsフェラーリ (オリジナル・サウンドトラック)
Ford V Ferrari (Various Artists) [Analog]
Ford versus Ferrari: The battle for supremacy at Le Mans 1966

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10958.html


【"2020年4月期 / 春ドラマの期待度" を更新しました】
『2020年4月期 / 春ドラマの期待度』を、更新(2020/3/21)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【本家の忍者ブログの「Web拍手」が復旧しました】
2020年1月25日(土)~2月2日(日)まで表示不能等の不具合がありましたが、現在は復旧しました。また、動作が緩慢だった「Web拍手」が完全復旧し、コメントも書き込めます。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[4回]

* HOME *  | Older  古い記事へ
  • 読者さまへお知らせ
NEW 2020/3/21 20:05更新】
2020年4月期 / 春ドラマの期待度』を更新。
  • 楽天市場広告
  • アーカイブ・ブログ内検索



  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映画原作派のためのアダプテーション入門
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 10秒でズバッと伝わる話し方
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 新版 大人の発達障害に気づいて・向き合う完全ガイド
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 形容詞を使わない 大人の文章表現力
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 心理学でわかる ひとの性格・感情辞典
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 ゼロから分かる! 図解落語入門
おすすめ本 産声のない天使たち
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
その他のおすすめ本の記事は、“こちら” から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[04/02 ゴンゾウ]
[04/02 初めまして]
[04/01 タイざいしゃ]
[04/01 パインル]
[04/01 タイざいしゃ]
  • 2020年4月期 / 春ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  SUITS/スーツ2(第1話)
テレ東 22:00  行列の女神~らーめん才遊記~(第1話)
火曜日
関テレ・フジ 21:00  竜の道 二つの顔の復讐者(第1話)
TBS 22:00  私の家政夫ナギサさん(第1話)
水曜日
TBS 22:00  ハケンの品格[2020](第1話)
テレ東 24:12  レンタルなんもしない人(第1話)
テレ東 24:52  きょうの猫村さん(第1話)
木曜日
テレ朝 21:00  BG~身辺警護人~[2](第1話)
フジ 22:00  アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋(第1話)
金曜日
NHK 22:00  ディア・ペイシェント~絆のカルテ~(第1話)
TBS 22:00  MIU404(第1話)
テレ東 24:12  浦安鉄筋家族(第1話)
土曜日
NHK 21:00  路~台湾エクスプレス~(第1話)
日テレ 22:00  未満警察 ミッドナイトランナー(第1話)
日曜日
TBS 2:00  半沢直樹[2020](第1話)
日テレ 22:30  美食探偵 明智五郎(第1話)
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  エール(第4回・2020/4/2)

【感想は途中で離脱】
現在は無し
  • 2020年1月期 / 冬ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  絶対零度[4]~未然犯罪潜入捜査~[2](AFTERSTORY)
テレ東 22:00  病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~(最終回)
火曜日
関テレ・フジ 21:00  10の秘密(最終回)
TBS 22:00  感想は離脱
TBS 25:28  死にたい夜にかぎって(最終回)
水曜日
テレ朝 21:00  相棒 season18(最終回)
TBS 22:00  感想は離脱
テレ東 24:12  僕はどこから(最終回)
木曜日
テレ朝 21:00  感想は離脱
フジ 22:00  アライブ がん専門医のカルテ(最終回)
金曜日
NHK 22:00  ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~(感想無し)
TBS 22:00  病室で念仏を唱えないでください(最終回)
テレ東 24:12  コタキ兄弟と四苦八苦(第12話/最終回)
土曜日
NHK 21:00  心の傷を癒すということ(最終話)
日テレ 22:00  トップナイフ ―天才脳外科医の条件―(最終回)
日曜日
TBS 2:00  テセウスの船(最終回)
日テレ 22:30  感想は離脱
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  スカーレット(第150回/最終回・2020/3/28)
rong>
ゲゲゲの女房:再放送(第156回/最終回・2020/1/10)

【感想は途中で離脱】
シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(第1話)
恋はつづくよどこまでも(第1話)
知らなくていいコト(第2話)
ケイジとケンジ 所轄と地検の24時(第1話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
Iターン
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
相棒 Season16
相棒 season17
相棒 season18
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
明日の君がもっと好き
明日の約束
あなたには帰る家がある
あなたのことはそれほど
あなたの番です
anone
A LIFE~愛しき人~ アライブ がん専門医のカルテ
アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
アンナチュラル
家売るオンナ
家売るオンナの逆襲
生田家の朝
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの雨がやむ日まで
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
いつまでも白い羽根
イノセンス~冤罪弁護士~
今からあなたを脅迫…
遺留捜査[4]
インハンド
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
オー・マイ・ジャンプ
おかしの家
掟上今日子の備忘録
奥様は、取り扱い注意
「おこだわり」、私にもくれよ!!
おっさんずラブ-in the sky-
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ高校
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
俺のスカート、どこ行った?
俺の話は長い
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[か]
カーネーション
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
崖っぷちホテル!
家政夫のミタゾノ
家政夫のミタゾノ[2]
家政夫のミタゾノ[3]
家族狩り
家族ノカタチ
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット
監獄学園
監獄のお姫さま
監察医 朝顔
カンナさーん!
偽装の夫婦
偽装不倫
貴族探偵
きのう何食べた?
義母と娘のブルース
きみが心に棲みついた
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
99.9-刑事専門弁護士-[2]
今日から俺は!!
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
緊急取調室[3]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金
グッド・ドクター
グッドパートナー
グッドワイフ
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
海月姫
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
グランメゾン東京
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
刑事ゼロ
ケイジとケンジ 所轄と地検の24時
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁ゼロ係[3]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
刑事ゆがみ
警部補・杉山真太郎
ゲゲゲの女房
下剋上受験
結婚相手は抽選で
結婚式の前日に
獣になれない私たち
健康で文化的な最低限度の生活
限界団地
恋がヘタでも生きてます
恋仲
恋はつづくよどこまでも
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ[1]
コウノドリ[2]
こえ恋
心がポキッとね
心の傷を癒すということ
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
後妻業
コタキ兄弟と四苦八苦
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
孤独のグルメ[7]
孤独のグルメ[8]
コード・ブルー[3]
この世界の片隅に
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
これは経費で落ちません!
婚活刑事
コンフィデンスマンJP
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(さ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[さ]
サイレーン
サイン―法医学者 柚木貴志の事件―
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
サギデカ
先に生まれただけの僕
SAKURA~事件を聞く女~
さすらい温泉 遠藤憲一
サムライせんせい
さぼリーマン甘太朗
残念な夫。
3人のパパ
37.5℃の涙
3年A組 今から皆さんは、人質です
G線上のあなたと私
Chef~三ツ星の給食~
視覚探偵 日暮旅人
シグナル 長期未解決事件捜査班
時効警察はじめました
地獄先生ぬ~べ~
下町ロケット
下町ロケット[2018]
GTO[2]
死にたい夜にかぎって
死幣ーDEATH CASHー
下北沢ダイハード
シャーロック アントールドストーリーズ
死役所
獣医さん、事件ですよ
就活家族~きっと、うまくいく~
集団左遷!!
10の秘密
重版出来!
重要参考人探偵
JKは雪女
女囚セブン
少年寅次郎
昭和元禄落語心中
知らなくていいコト
シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。
新・刑事吉永誠一
新宿セブン
深夜食堂[3]
SUITS/スーツ
水球ヤンキース
スカーレット
好きな人がいること
素敵な選TAXI
スーパーサラリーマン左江内氏
スキャンダル専門弁護士 QUEEN
ストロベリーナイト・サーガ
スパイラル~町工場の奇跡~
スペシャリスト
すべてがFになる
砂の塔~知りすぎた隣人
スニッファー嗅覚捜査官
スミカスミレ 45歳若返った女
住住(すむすむ)
正義のセ
青春探偵ハルヤ
聖女
せいせいするほど、愛してる
世界一難しい恋
セカンド・ラブ
セシルのもくろみ
セミオトコ
サバイバル・ウェディング
銭の戦争
絶対正義
絶対零度~未然犯罪潜入捜査~
絶対零度[4]~未然犯罪潜入捜査~[2]
セトウツミ
ゼロの真実~監察医・松本真央~
そして、誰もいなくなった
それぞれの断崖
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(た~な)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[た]
大貧乏
大恋愛~僕を忘れる君と
高嶺の花
戦う!書店ガール
玉川区役所 OF THE DEAD
民王
ダメな私に恋してください
探偵が早すぎる
探偵の探偵
小さな巨人
中学聖日記
デート ~恋とはどんなものかしら~
dele/ディーリー
デザイナー 渋井直人の休日
デジタル・タトゥー
デスノート
テセウスの船
出入禁止(デキン)の女
テディ・ゴー!
デッドストック
トップナイフ ―天才脳外科医の条件―
天使と悪魔
天皇の料理番
TWO WEEKS
東京スカーレット~警視庁NS係~
東京センチメンタル
東京タラレバ娘
東京独身男子
同窓生~人は、三度,恋をする~
透明なゆりかご
ドS刑事
時をかける少女
毒島ゆり子のせきらら日記
トクサツガガガ
ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~
ドクターX ~外科医・大門未知子~[3]
ドクターX ~外科医・大門未知子~[4]
ドクターX ~外科医・大門未知子~[5]
ドクターX ~外科医・大門未知子~[6]
ドクターカー
DOCTORS 3 最強の名医
Dr.倫太郎
特捜9
匿名探偵[2]
とげ~小市民 倉永晴之の逆襲~
ど根性ガエル
突然ですが、明日結婚します
とと姉ちゃん
トドメの接吻
隣の家族は青く見える
となりの関くんとるみちゃんの事象
トレース~科捜研の男~
ドロ刑 -警視庁捜査三課-
[な]
ナイトヒーローNAOTO
ナオミとカナコ
凪のお暇
なつぞら
ナポレオンの村
逃げるは恥だが役に立つ
ニッポンノワール-刑事Yの反乱-
ノーサイド・ゲーム
脳にスマホが埋められた!
信長協奏曲
信長のシェフ[2]
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~ま)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
バイプレイヤーズ2
バカボンのパパよりバカなパパ
白衣の戦士!
ハゲタカ(テレ朝)
ハケン占い師アタル
はじめまして、愛しています。
初めて恋をした日に読む話
花子とアン
花咲舞が黙ってない
花のち晴れ~花男 Next Season~
母になる
ハラスメントゲーム
ハル ~総合商社の女~
ハロー張りネズミ
半分、青い。
パーフェクトワールド
BG~身辺警護人~
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
病室で念仏を唱えないでください
病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~
ひよっこ
ひよっこ2
昼のセント酒
HERO[2014]
ファーストクラス[2]
FINAL CUT
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
不機嫌な果実
不便な便利屋
ブラックペアン
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
ブラックリベンジ
フリンジマン
フルーツ宅配便
べしゃり暮らし
ヘッドハンター
べっぴんさん
ペテロの葬列
Heaven?~ご苦楽レストラン~
保育探偵25時
ボイス 110緊急指令室
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
僕たちがやりました
ホクサイと飯さえあれば
僕とシッポと神楽坂
僕の初恋をキミに捧ぐ
僕のヤバイ妻
僕はどこから
僕らは奇跡でできている
ホテルコンシェルジュ
ホリデイラブ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
まだ結婚できない男
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔
ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
まんぷく
未解決の女 警視庁文書捜査官
みかづき
ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~
Missデビル人事の悪魔・椿眞子
南くんの恋人
民衆の敵
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
モトカレマニア
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~
問題のあるレストラン
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]


皆さまのおかげで、2020年2月8日に2,300万アクセス達成を致しました。(感謝の記事