忍者ブログ
Top*Admin

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  通りすがりさん (2017-02-21 11:28:53)
べっぴんさん (第117回・2/21) 感想

もう何が何だか… 子どもだからダメなのか、と訴えるさくらの言葉と履歴書を押し込ませるという行動の矛盾はなんなの?だったら正々堂々と履歴書を出して書類審査で落ちたらその文句を面と向かって言えばいいのに。

それに、すみれも親族コネであれだけバイトをさせておきながら、入社試験では門前払いしようとするなんてこちらも矛盾だらけ。 脚本家は能無しなのか?そうなのか?…という感じです。笑

↓ここから管理人返信↓

支離滅裂でしたね。身元不明の未成年の妊婦は自宅でかくまって出産までさせたり、営業中の店に乗り込んで娘を取り戻そうとした人間が、その娘が自分のことを頼って来たのに突き放す。すみれの言動の規範が全く一定でないのです。だめですね。


[拍手投稿]  ししびーさん (2017-02-21 11:35:48)
べっぴんさん (第117回・2/21) 感想

不快な回でした。 誰が考えても、書類選考の正式な手続きを踏まず不正を働いたふたりが失格なのは明らかで、中西も人事部長失格で厳罰に処されるべきですね。すみれはなにも悩むことはありません。 こういう描き方を選んだ(ほほえましいエピソードだとでも思ったのでしょうか?)脚本家、それを通した制作陣の見識を疑います。

↓ここから管理人返信↓

だから、以前から言っていたのです。「キアリス」の企業規模をきちんと描けって。あくまで親族経営のこじんまりした会社のままなのか、皇室御用達をきっかけに社外取締役など入れて総合店になっているのか、親族経営のおままごとのまま大企業になろうとしているのか。

それが全く描かれぬまま、20周年で麻屋靴店の隅っこから移転したり、新人クンが人事部長になったり、少しは過程を描けってことですよね。そもそも、紀夫が社長としても父親としても夫としても、ここ最近へらへらしているのが腹が立つのですが…


[拍手投稿]  かえるさん (2017-02-21 11:53:20)
べっぴんさん (第117回・2/21) 感想

久しぶりにちゃんと視聴して、「お!すみれが正論言ってる!」と感激しました笑 さくらはただのわがまま娘(友達いなさそう)だし健太郎は尻に敷かれてるだけで自分が無いし。それこそあんたの人生の一大岐路なんだからもうちょっとしっかりしなさいよと言いたくなりました。

なんで話を面白くない方へ面白くない方へ持っていくんですかねぇ。逆にすごい。。みっきーさんがおっしゃるように、普通に時間経過でさくらと健太郎が結婚して後を継ぐために勉強中ですっていって入社しているところからスタートすればいいのにって素人の私でもわかるんですがなんでやらないんですかね。オスカーって怖い怖い。

↓ここから管理人返信↓

普通に、母と娘の二人三脚にしたら良かったですよね。その前に、夫婦の二人三脚が失敗しているのですから。余計に、普通に、朝ドラチックにしたら良かっただけですよ。大人の事情は怖いですね。


[拍手投稿]  人畜無害さん (2017-02-21 12:00:44)
べっぴんさん (第117回・2/21) 感想

意外性を出して劇的に見せようとしてるのでしょうか?あまりにも、常識を越えてますね。どうせ将来は、さくらも健太郎も何らかの形で会社を引き継ぐ立場にあるのだから、普通に親子で話せばええことなのに。

こういう場合、親しい同業他社に子供を預けるとか、伯父の経営するオライオンに入れてもらって修行させるとかでしょう。 さくらちゃんの顔も態度もきつくなったのが、鼻につきます。

↓ここから管理人返信↓

サプライズが逆効果になるってパターンでしょうね。自分たちの親の手を離れた上場企業ならともかく、まだ親族経営の会社のレベルですよね。だとしたら、「オライオン」もあるから、それこそ仲良し家族、仲良し親族な設定を活かした物語にする方が自然じゃないですかね。


[拍手投稿]  ちるちるさん (2017-02-21 12:07:24)
べっぴんさん (第117回・2/21) 感想

キアリス重役軍無能!さくら超やな女!以上! これに尽きませんか。

さくらが自分をネタに健太郎を強請ってくるあたり…なかなかここまで不愉快な物語を紡げませんよ。そもそもあの二人がなぜそこまでキアリスに入りたいのか…。社長か縁故採用などないと太鼓判押されたのにシレッと入ってくるわ、しかも性格最悪だわ。。ブラックすぎます

朝ドラの脚本家に抜擢されるって、その仕事をしている人にとってはとてつもなく大きな名誉であり大チャンスなはずです。大仕事が決まった時、どれほど晴れやかな未来を思い描いたことでしょう。しかし、大抜擢されようが大チャンスを掴もうが、自分にそれをやり遂げる力量がなければ、それこそオセロのように全てひっくり返ってしまう。

「才能と実力」で仕事をしている(したい)人たちにとって、避けて通れない現実を毎朝突きつけてきますね。「朝ドラ脚本家」という甘いお菓子がもらえたはずだったのに、自分が手にしたのはドーナッツの穴だけ。。ある意味、気の毒です

↓ここから管理人返信↓

さくらが悪役過ぎませんか?誰の目にも、素直に成長した社長令嬢には見えませんよ。まさか、ここからまた母と娘の対決でもやろうって言うんでしょうか。脚本の渡辺さんも、もう少し考えて仕事を請けるべきでしたね。誰かと共同執筆でも良かったような…


[拍手投稿]  ぷよぷよさん (2017-02-21 13:34:37)
べっぴんさん (第117回・2/21) 感想

何だかさくら役の子が可哀想になってきました。 どうしてこうも、ヒロインの娘をイヤなオンナに描くのでしょうね。人事部長に頼んで履歴書を滑りこませるって、一番やってはいけないことでしょう。 中西人事部長、スゴいゴマスリ…彼はこうやって偉くなってきたんでしょうね。出て行った西城君、まともな人だったとあらためて思いましたよ。

史実は、娘の光子さんの旦那さんを入社させるに当たって(光子さん本人ではなくて旦那様のようです)、身内を入社させることに坂野夫妻は反対したようですが、周りのブレーンが「優秀な人材なのだから」と説得したようです。現に、ご主人は他の会社で実績を上げられたようですし。何故、健太郎とさくらもそんな設定にしなかったのか…。

この脚本家さん、大手企業にお勤め経験があるらしいと小耳に挟んだのですが、大方さくらのようにコネを使って入ったのでしょう。そして、大して仕事もせず(させてもらえず)、定時に帰り、何となく脚本家っていいかも…と思って転職…と、さくら同様イージーモードで生きてきたんだろうな。違っていたらすみません。でも、彼女の作る作品観てたら一生懸命働いてる姿が思い浮かばなかったもので

↓ここから管理人返信↓

史実と比較するのは、もはや大変失礼なことなんですが…。それと、私の勉強不足で多少違っていたらごめんなさい。

ここから史実に触れます。知りたくない方はスルーして下さい。

さくらのモデル・坂野光子(岡崎光子)さんの父・紀夫のモデルである坂野通夫さんがファミリアの社長をしていた時代、通夫社長は馴れ合い体質を嫌って、身内を入社させないと公言していたと言うくだりが前提なのです。

また、既にファミリア入社前に光子さんの夫となっていた岡崎晴彦さんは、山崎豊子氏の小説『華麗なる一族』のモデルと言われる神戸を拠点とした財閥・岡崎財閥の御曹司。そして、既にアメリカの電気機器メーカーからの入社オファーを断り、インテリアデザインに興味を持ち、子供が出来てからはベビー用品に興味を持つようになってファミリアに入社したいと思った訳です。

が、通夫社長は晴彦さんの「入社したい」と言う言葉を冗談だと思って相手にしなかったのです。そこで晴彦さんは自分たちの結婚の仲人である東急百貨店の初代社長で、当時は東宝の社長であった大急百貨店の社長・大島保のモデルである清水雅さんと、繊維卸売業「佐々木営業部」(現在のレナウン)を創業した五十八のモデルである佐々木八十八さんに見出された尾上設蔵を父に持つ潔のモデルである尾上清さんの2人にファミリアの入社を相談し、根回しをしていたと言うのが史実。

ここから史実から離れます。

ですから、この史実を簡素化するなら、さくらと雄太郎は「入社したい」が親が反対するので、潔と大急の社長に相談すれば良いってことになります。まあ、現状では人間関係の描写が不十分なため、さくらが雄太郎を連れて、まずゆりに相談して、ゆりから潔、潔から紀夫と言う説得の流れが自然だと思います。

なのに、この話を、アメリカ留学して帰国した、世間知らずで好き勝手し放題の社長令嬢とその彼氏で英語かぶれの男が、親の部下である人事部長に根回しして縁故入社すると言うブラックネタに書き換えた訳です。普通、こんな改変(改悪)を思い付きますかねえ。

渡辺千穂の人となりは詳しく存じ上げないのでわかりませんが…


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[10回]

2017/02/1 07:57 記事更新

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  名無しさん (2017-02-20 10:19:410)
べっぴんさん (第116回・2/20) 感想

みっきーさん、もうあかんかもと言いながら、視聴&感想ご苦労様です。 私たちは何の苦行をしているのでしょう? 今朝のさくらは、まれツネコを超えました!超カンジワル! ところで東京五輪をすっ飛ばしたのは何故なんでしょう? 日本選手団の赤いブレザーはエイスが作ったのでは?

↓ここから管理人返信↓

[読書] つながる仏教 よりよく生きるブッダの教え、感じてみませんか? (井上 広法,大來 尚順,早島 英観,松本 隆行/著,松原 信樹,大竹 稽/監修,編集・ポプラ社) 感想』で紹介した本の中に、こんな文章があります。

ハワイにいらっしゃる天台宗の僧侶・荒了寛さんに名言があります。「苦しみがなくなるのではない。苦しみでなくなるのだ」ということばです。

この4カ月半、苦しみでなくなるのを待っているのですが、未だその境地に達しておりません。私の修業が足りないと言うことでしょうか(苦笑)


[拍手投稿]  ぷよぷよさん (2017-02-20 12:31:43)
べっぴんさん (第116回・2/20) 感想

「どう?敢えてツッコミ所作ってあげたわよ。さぁ、遠慮なく炎上させてちょうだい」という、脚本家ならびに制作側の高笑いが聞こえてくるような、今日のラストでしたね。みっきーさんも他の皆さんも何のことかよくわかってらっしゃるでしょうから書きません。もうそれすら相手の思うツボのような気がしますもん。

我が子の入社に、坂野さんは猛反対されたというのは実話のようですが、それを当時の人事部長か潔さんのモデルの方が「人として選ぶのだ」と説き伏せて採用に至ったとか。少なくともそれは書類選考での話ですよね?いきなり面接で初めて知ったって…何なのこの会社?多分明日になれば、あの人の良さそうな人事部長が「私個人の判断で」とか言うんでしょうね。あー、楽しみだなぁ(棒)。

さくらと健ちゃんのあわやキスシーン…脚本家はあれ、視聴者が喜ぶと思ったのでしょうか?誰も望んでないって(ー ー;)。今週の演出の安達もじりさんは、「カーネーション」や「あさが来た」では、いい仕事をされた演出家でした。そんな安達さんの力をしてももう無理でしょうね。いくら大工さんが優秀でも地盤がグラグラなんですもの。立派な家なんて建つわけありません(T ^ T)。

↓ここから管理人返信↓

もはや、脚本のデータをネット公開してくれないと、全てを突っ込むのは無理な状態になりました。先週から字幕も録画して見ていますが、書き起こすのが面倒なので。設計図が滅茶苦茶なんですから、大工の腕でやれる現場合わせで間に合うはずがありませんよ。


[拍手投稿]  りりさん (2017-02-20 15:32:05)
べっぴんさん (第116回・2/20) 感想

主役が誰かわからない上に、今日のオープニングでは何の番組かさえわからなくなりました。雑すぎる。あんなキスシーン見たくもない。付き合っている事を否定する父、母。こんな内容よりキアリスの成長を見たいだけなのに。残念

↓ここから管理人返信↓

ついに、「キアリス」は宴会場の吊り看板とスタジオセットでしか見られなくなりました。物語の中心は、ヒロインの娘の成長になったので。残念です。


[拍手投稿]  さとしさん (2017-02-20 15:54:410)
べっぴんさん (第116回・2/20) 感想

みっきーさん、こんにちは! 『東京の「日暮里繊維街」で急いで生地買って作ったような映像』って、それはいくらなんでも日暮里繊維街に失礼。そもそもブログ読者の殆どかわからない…と思ったら、最後にちゃんと解説があってウました(笑)

ちなみに、アマチュアで舞台をやる方もここで布を買って素敵な衣装を作ってますね。プロの美術が同レベル以下と言うのは残念過ぎです。

それと私もさくらのサングラスに唖然としました。キアリス本社も町店舗隅の小さな事務所がいきなりビル3フロア貸し切り。役員の子供が入社面接受けるのに事前報告しない人事部長。これはファンタジードラマの新ジャンルでしょうか?

↓ここから管理人返信↓

私、東京の家が日暮里に近いんですよ。それに、10代の頃に自主映画を製作する時、裁縫の得意な女の子に衣装を作って貰うのに、よく「日暮里繊維街」に材料を買いに行きました。当時は、ホラーやサスペンス映画を撮っていたので、殺人のシーンや死体が登場するので、既製品の服では予算オーバーするので手作りしてました(笑)

「ファンタジードラマ」と言うより「アンビリーバブルドラマ」としておきましょうか(苦笑)


[拍手投稿]  ヨッシーさん (2017-02-20 20:28:46)
べっぴんさん (第116回・2/20) 感想

会社の20周年記念のセレモニーという公の場、しかも社長がスピーチしている最中に遠慮もなしに扉を開けるって、さくらも健太郎も素晴らしい教育をされてますね。 トランクを引きずったままの普段着で、しかも片方はど根性ガエルルックと来た…。 いやぁ、親の顔が見てみたいわ。(あ、会場にいてはりましたか…)

紀夫さんも紀夫さんですね。 スピーチ中断したらアカンでしょう。 親子揃ってなってないわ?。 そもそも、あの一時帰国はいったい何のため? 祝賀パーティーのためなら、もっと余裕を持ってせめて前日には帰ってきなさいよ!! あ、それともあのラブシーン未遂のためですか? すでに二人は恋人同士なんでしょう!?

だったら、何もそんなところでそんな雰囲気にならんでも…。 親元離れて暮らしているんだしさぁ。 健ちゃん、お祖母様が見たら卒倒するよ。 今日は武ちゃんの鼻歌が聴けたのが、唯一の収穫だったでしょうか。 上手くなかったけど…。

↓ここから管理人返信↓

もはや、世間知らずでお金持ちのお話なので、どんな言動をしようと興味関心が薄れているのが、正直なところです。


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[14回]

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  ぷよぷよさん (2017-02-19 23:44:41)
真昼の悪魔 (第3話・2017/02/18) 感想

徹底的にあの二代目に冷たい態度を貫くかと思ったら、二代目をバカにしたライバルに天誅を下した。 あれで葉子のことを諦めようと思った二代目の心が戻りましたね。 「葉子って、本当はいい人なのかな」って一瞬思ったものの、父親が亡くなった後で、煎餅を齧りながら、父親の好きだったお笑い番組を観ながら大爆笑する葉子を見て、またわからなくなってきました。

今、中野信子さんの「サイコパス」という本を読んでますが、まさしく葉子って「サイコパス」そのもの。父親に向かって「どうしたら、悲しいという感情になれるのか」って叫んでたけど、サイコパスってこの共感能力や罪悪感といったものが著しく欠けてるとか。どうやったら、自分にそういう感情が芽生えるのか、人を傷つけることで試しているといったことが書かれてました。

遠藤周作さんがこの物語を書いた1980年には「サイコパス」って言葉はまだなかったけれど、そんな人間は、昔からいたんでしょうね。入院生活の長かった遠藤周作さん、ドラマの中村蒼さんのように怖い思いされたのでしょうか。

↓ここから管理人返信↓

私は、先日劇場公開された遠藤周作さん原作の映画『沈黙-サイレンス-』(感想)と同様に、カトリック作家の遠藤周作さんらしい、実はどんな人間にも潜む少しずつ溜まっていく悪魔が女医であると牙を?くことがあると言う、日常的な恐怖を非日常を舞台に描くエンターテインメント性を楽しんでいます。

従って、伊武雅刀さん演じる病院の近くにある教会の神父の役割や活躍に、今は一番興味関心があります。


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[3回]

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  あつろう・ゆうこ母さん (2017-02-19 00:19:43)
べっぴんさん (第115回・2/18) 感想

キアリスがどのようにして成長していったかを見せて欲しいのに、どうでもいいお話の影に隠れていつの間にか大きくなっていますね。ベビ用品ーの総合商社にしたいとか、その為に明美さんが英語の勉強をするとか尻切れトンボのままでよく平気で放送できますよね。視聴者をバカにするのもいい加減にして欲しいです。

今までこんなに空虚な張りぼてのドラマあったでしょうか。ドラマとしてでは無く、コントとしてみた方が精神衛生上よさそうだと最近思うようになりました。さて、どんなオチがまっているでしょう。

↓ここから管理人返信↓

そもそも、何度も言いますが、「キアリス」ってどう言う企業なのか、全体像が全く見えません。従って、社長が描く「キアリス」の未来像も見えませんし、「本店」で商品が売れているのかも分からない。人間そのものを描くことが “ドラマ” なのですが、描かれているのが脇役の人間ばかりだから、つまらないんだと思います。


[拍手投稿]  shinさん (2017-02-19 05:12:45)
べっぴんさん (第115回・2/18) 感想

いや~この一週間は凄かったですね!「自分探しの冒険世界旅行に出る高齢者独身カップル」とか「ジャズ喫茶でのお見合いに割り込んで突然、箇条書きにした男性の特徴を読み上げると去って行った中年女性」とか・・・あまりにもシュール過ぎて、一般常識と普通の日本人の感覚で生活している私には理解不能、ついていけませんでした。

我々が住む世界ではない何か別次元での物語の様な気分です。脚本・演出が下手という意見をよく目にしますがそうじゃない、きっと脚本家や演出家達は一般人とは違う、相当に変わった人達なのだ…と思うようになりました。

いよいよクランクアップも間近ですね。来週辺りには恒例の、次の朝ドラ・ヒロイン役との「バトンタッチ式」がマスコミ呼んで行われるのではないでしょうか?でも管理人さん、なんとか頑張って最後まで見届けて、感想書いてください!

↓ここから管理人返信↓

聞いてみたいですね。脚本家と演出家とNHKの上層部に。「これ、本気で視聴者が面白いと思って観てると思うか」って。時計の文字盤に叱られますが、もはや時計の文字盤の背景画のような存在で、毎朝習慣で見ている人が、視聴率を支えているようにしか思えません。最終回まで…がんばります。


[拍手投稿]  まりもさん (2017-02-19 09:08:14)
べっぴんさん (第115回・2/18) 感想

みっきーさん、こんにちは。 いやはや、誠にお粗末な「最終回」でした。 取って付けたように出て来た「裁縫箱」「刺繍」そして「べっぴん」!! そして、唐突に手作り洋服をプレゼント。 さくらの口からべっぴんが出てくるとはね…唖然としました。

話を回収してるつもりでしょうが、いくらなんでも無理がありますって。視聴者を馬鹿にしてる。 あんなお粗末な展開が、天下の朝ドラで許させるのが今更ながらに不思議。なんでこうなった? 送別会の会場がヨーソローなのもすごく違和感あリました。健全なファミリーが集まる場所か!?子供もたくさんいるのに…。いつものようにお店でやればいいのでは?

タケちゃんの婚約者を紹介した時のすみれの表情もおかしくない?お見合いさせておいて、そんなに驚くか?もう、芳根さんの演技が鼻について仕方ありません。 ところで、五月の赤ちゃんはすごく可愛い!!脇役の子供なのに、可愛い過ぎて目立ってますね(笑)

↓ここから管理人返信↓

流石に、脚本家は本作のタイトルを忘れてしまったと思っていたので、驚きました。覚えてたのなら、なぜ「べっぴんさん」の物語を描かないのでしょう?本当に理由が分かりません。場面と言うか場所がおかしいも続きますね。如何にも一度建てたセットでいっぺんにどれだけ撮影するかって競っているような。

五月の赤ちゃん、確かに可愛かったです。でも、二郎と五月は、今どんな生活をしているのでしょう?別に描いて欲しくないですが、もういい加減一気に子どもが大きくなるのは止めて欲しいです。


[拍手投稿]  りりさん (2017-02-19 11:48:11)
スーパーサラリーマン左江内氏 (第6話・2017/2/18) 感想

福田ワールドに欠かせないアドリブ。少しだけ俳優さんのプライベートが見えた気がして大好きです。今回の堤さんの笑いを我慢するところはなぜか見ている私も我慢してしまうという。深夜枠に比べると確かにもっとと感じるところはありますが、ゴールデンで充分にチャレンジしてくれていると思います。

↓ここから管理人返信↓

今回は、堤さんも小泉さんも “素” になっているカットが、そのまま「OKテイク」で本編に残ってましたね。ああ言うの、出演者のファンは堪らなく楽しいです。鬼嫁もちょっと素直な部分を出して来たり、左江内もスーパーマンに慣れてきたのも楽しいですね。もっと福田ワールドを出しちゃえば良いのに…ね。


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[6回]

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  ちるちるさん (2017-02-18 20:56:05)
べっぴんさん (第115回・2/18) 感想

「べっぴん」という言葉を聞いたのはいつ以来なのやら。。 忘れていたわけじゃないんだからね!という脚本家を始め製作陣のドヤ声が聞こえてくるようですが、いやいや今更ですて 「母から受け継いだ【べっぴん作り】という思いを娘に受け継ぐ。

そうやって思いのバトンを次世代に渡すのが【女の一生】・・・」 というのが本作のテーマなんだからね!と、ここ数回でいきなり「赤大文字」でアピールし始めているようですが、無駄あがきを超えて醜悪な辻褄合わせ、というのがバレバレですね! ここまで厚顔無恥にやられると感心・・・とはならずただただ薄ら寒い。

今回のハイライトは「すみれの味噌汁久しぶり」に尽きますね。いや、あなた最後に味噌汁byすみれ食ったのいつよ。ていうか食ったことあったの??とね。 喜代さんいなくなって坂東家の食生活が心配でなりません。嘘ですが

↓ここから管理人返信↓

脚本家自身の「復習」を視聴者が見せられているようなものですね。因みに日清の「カップヌードル」の当初の発売は1971年(昭和46年)9月ですから、だいぶ先です。紀夫とすみれは乾パンでも…?いや、大金持ちですから、カメラが回っていないところで、高級ケータリングを頼んでますよ。きっと…(苦笑)


[拍手投稿]  四つ辻さん (2017-02-18 22:05:42)
拍手コメントへ返信 (2017/2/18の分)

"文句を垂れる"は、みっきーさんへの言葉ではなく、余計なお世話ですが、視聴離脱したいと思いながら止められないひとに向けてのものですよ。 みっきーさんがドラマ愛から感想を書かれているのは理解していますし、自分とは感想が異なることもありますが、その切り口を楽しく時に感心しながら読んでいますので誤解のなきよう。

↓ここから管理人返信↓

分かってますよ。私の文章が感情的に読めちゃいましたかね。四つ辻さん 、ごめんなさい。


[拍手投稿]  ぷよぷよさん (2017-02-18 22:20:12)
嘘の戦争 (第6話・2017/2/14) 感想

ようやく録画分を見ることが出来ました。 いやぁ、ホント面白かったですね。 草彅剛君と市村正親さんのやりとりは見応えがありました。 1時間が短く1週間が長いですよね。

キムタクのドラマと比べて視聴率がどうのとかニュースになっていますが、視聴率=ドラマの良し悪しではありません。 視聴率良くても酷いドラマはあります(具体的な名称については、ここでは言いませんが…)。 千葉陽一さんのシーンには大笑いしてしまいました。 まさか正体がアレだったとは(^◇^;)。

まぁ、一番おかしかったのは、藤木直人さんの驚いた表情でしたが…。 市村正親さんは助かるのか?ってところで、「続く」となり、予告でも市村さんの姿がありませんでした。 彼はどうなったのでしょう…。 上手いですよね!

↓ここから管理人返信↓

もう、元SMAP対決みたいな報道は止めて欲しいです。こちらは、とっくに俳優として別人格で見ていますので。藤木直人さん、上手いですよね。そうそう、市村正親さんが…。気になりますね。何せ、『べっぴんさん』で散々な扱いをされたので、本作ではきっちり演技を見届けたいので…


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[7回]

* HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 困ったときの「モノの言い方」言い換え辞典
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 ルポ 同性カップルの子どもたち――アメリカ「ゲイビーブーム」を追う
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 Because I am a Girl――わたしは女の子だから
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 ずるい日本語
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 知識ゼロからの南無阿弥陀仏入門
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
おすすめ本 本当の仏教を学ぶ一日講座 ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 料理人のためのジビエガイド:上手な選び方と加工・料理
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
おすすめ本 病気になるサプリ 危険な健康食品
おすすめ本 [読書] 築地魚河岸 寿司ダネ手帖


その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[02/21 ゆりちゃん]
[02/21 きらら]
[02/21 さや]
[02/20 ゴンゾウ]
[02/20 さや]
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~さ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
美しき罠~残花繚乱~
ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
監獄学園
偽装の夫婦
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
金田一少年の事件簿N(neo)
グッドパートナー
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
結婚式の前日に
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメSeason4
孤独のグルメ5
ごめんね青春!
婚活刑事
[さ]
サイレーン
SAKURA~事件を聞く女~
サムライせんせい
残念な夫。
37.5℃の涙
Chef~三ツ星の給食~
地獄先生ぬ~べ~
下町ロケット
GTO[2]
死幣ーDEATH CASHー
獣医さん、事件ですよ
重版出来!
JKは雪女
新・刑事吉永誠一
深夜食堂[3]
水球ヤンキース
好きな人がいること
素敵な選TAXI
スペシャリスト
すべてがFになる
砂の塔~知りすぎた隣人
スニッファー嗅覚捜査官
スミカスミレ 45歳若返った女
青春探偵ハルヤ
聖女
せいせいするほど、愛してる
世界一難しい恋
セカンド・ラブ
銭の戦争
ゼロの真実~監察医・松本真央~
そして、誰もいなくなった
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/2/8に1,200万アクセス達成を致しました。(感謝の記事