忍者ブログ
Top*Admin

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
2017/09/19 21:00 記事更新

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  かえるさん (2017-09-19 10:14:18)
ごめん、愛してる (第10話/最終回・2017/9/17) 感想

宇多田さんの歌声を聴くため、長瀬さんのお顔を拝見するために見ていたドラマ、ただそれだけという感じでした。1周まわってギャグっぽくて面白いと感じたところは多々ありましたけど。(都合のいい発作とか、奇跡的に心臓適合とか、いかにも韓国テイストな部分…)

↓ここから管理人返信↓

「1周まわって」と言うのは分かります。でも、こんな作品を見たいのではなかったのに…と言う思いが強く残った作品でした。宇多田ヒカルさんの曲は良かったです。


[拍手投稿]  かえるさん (2017-09-19 10:31:21)
ハロー張りネズミ (第10話/最終回・2017/9/15) 感想

最後の野田さん登場からのエンディングの流れもオシャレでいい感じでした。深田さんって不思議な女優さんですね、そこにいるだけで謎が漂うような不思議な雰囲気のある役(今回のような)もできれば、思いっきりラブコメに振り切った太陽のような役(ダメ恋のような)もできる。でも両方ともとても深田さんらしい。

正直、ずっと「フカキョンは『フカキョンの演技』しかできない(=下手)」って思ってましたけど、それすら深田さんの魅力なんだと気付きました。 瑛太さん、森田さんはもちろんですが、蒼井優さん、山口智子さん、(ゲストですが)橋本マナミさん。女優さんたちの活躍も光るドラマでしたね。解散の危機も免れたことだし、ぜひ続編を!

↓ここから管理人返信↓

続編を見たいですね。何となく、やりそうなエンディングでしたよね。


[拍手投稿]  翡翠さん (2017-09-19 10:50:03)
ごめん、愛してる (第10話/最終回・2017/9/17) 感想

同感です。長瀬君が出ているからこそ、最終回まで見たのですが本当に無駄遣いとしかいいようがない。彼のような逸材を 生かしきれないのが歯がゆいです。勿体ない。 今後、彼にもっといい役が来るように祈るばかりです。

↓ここから管理人返信↓

長瀬智也さんのように役にのめり込みつつ冷静な部分がきちんとある俳優さんは貴重なので、つくり手は作品はしっかりと選んで欲しいです。その意味では、ジャニーズ事務所にも同じことは言えますが。


[拍手投稿]  まるさん (2017-09-19 11:23:41)
コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON (第10話/最終回/30分拡大・2017/9/18) 感想

百回くらい拍手したいです! 終わり方も何だか締まらなかったですね。 映画化の文字を見た瞬間「はぁっ?!」と声を上げてしまいました。

役者さん達は皆さん何にも悪くないと思うんですが、 私はこのシーズンを通して冴島というキャラクターと比嘉さんという女優さんを汚されたという気持ちが一番強く残りました。映画では絶対にフォローしてあげてほしいものです。

↓ここから管理人返信↓

比嘉愛未さんは『DOCTORS 最強の名医 シリーズ』の時も、偶然にロケ現場でお見かけしましたが、とても素敵な女性でした。おそらく、比嘉さんご自身も「?」と思いながら演じておられたのではないでしょうか。その意味で、『劇場版』では比嘉さんも冴島も救って欲しいですね。


[拍手投稿]  msrさん (2017-09-19 12:29:26)
ひよっこ (第146回・9/19) 感想

はじめまして、いつも拝見しております。 もうホンモノの「ひよこ」を投入するしかない かな…。NHKなんで。 ここ最近は、3倍速再生で済ませているので、どんな最終回になるのかだけが楽しみです。

↓ここから管理人返信↓

msrさん、初めまして。3倍速はかなりのものですね。でも、大した内容でないので問題なさそう…では、困るんですが。


[拍手投稿]  あおばさん (2017-09-19 17:01:47)
コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON (第10話/最終回/30分拡大・2017/9/18) 感想

感想お疲れ様でした。 毎回たまる一方のフラストレーションをみっきーさんの感想や皆さんのコメントを読んで何とかやり過ごしてきました…。ありがとうございました。 最終回、なんかもう…一体なんだったんでしょう…。

映画化といわれて不安しかないってどうなのかと思いつつ、これからも応援はしたいと思います。 本当どうしてこうなってしまったのか…。

↓ここから管理人返信↓

ここに集まるみんながお互いに「コード・ブルー愛」を救命し合ったと言うことでしょうか。それはそれで良かったです。劇場版は2018年公開のようですから、『3』とは違った方向に進むことを祈ります…

2017/09/19 19:20 記事更新

[拍手投稿]  舞子さん (2017-09-19 18:06:24)
ひよっこ (第146回・9/19) 感想

みね子と世津子の話の続きは明日もあるのでしょうね?だとしたら、3話に分ける意味が分かりません。みね子の不満そうな表情だけが印象に残っていて、何かモヤモヤします。

前回の月時計の早苗のみね子達への説教ぽい話や、恋バナは無しにして、1話でみね子と世津子の話にして欲しかったです。もちろん月時計で邦子のフォローは絶対必要てすよね。ただ、最終回間近の今やらなくてもよい話だった気もします。

結局引き出しに入りきらない世津子と雨男の話そのものが失敗であったことが、改めて良くわかりました。

↓ここから管理人返信↓

そうなんです。そもそも引き出しに入りきらない「世津子と雨男の話」は、何をどうやっても畳めるはずないのです。風呂敷より大きいんですもん(苦笑)。だって、もし世津子と実が「一線を超えていません」と言ったら、何が目的で “2年半” も「不適な関係」を続けたのか、説明できませんよね。

普通に「助けた人」と「助けられた人」だけの関係と考えれば、雨男の素性を捜すのが世津子の役目であり、実もそれをしたいと思うはず。。もし実が自分が犯罪を犯しているかもしれないと思っているとしたら、益々「助けた人」は警察に届けるべきになりますから。でないと、世津子は犯人隠匿の罪にもなりかねません。

これをあっさり、世津子は「寂しかったから自宅にかくまった」とし、雨男は「警察に捕まりたくなかった」とし、でも「一線は超えていない」としたらどうでしょう?これもおかしい話ですよね。世津子は犯罪者を隠していた事実は変わりませんから。

で、もしもその後2人は「一線を越えて男女の関係になった」としたらどうでしょう?世津子が警察に届けないのも、実が家に連絡しないのも納得できますよね。だって、不倫関係ですから。と言う訳で、「いい人」ばかりの本作に、世津子と実の「2年半」はいずれにしても大き過ぎると言うことです。


[拍手投稿]  匿子さん (2017-09-19 18:08:52)
ひよっこ (第146回・9/19) 感想

ミッキーさんがおっしゃるように、人生の先輩である邦子さんが若いみね子に女心を教える場面があれば良かったのに、と思います。そこから次の恋に繋がるのに…至極残念です。

二年半のこと。世津子さんが語りたくないと言い、実さんは話したいと言い、美代子さんは聞きたくないと言いました。要するに、二年半の中身は永遠に闇の中。

世津子さんと実(雨男)さんの気持ちが遠くなったのはわかりましたが、美代子さんの心情は理解に苦しみます。実さんにぞっこんで、彼が誰かとイチャついていたとしても目を瞑り、『信じて』この日を待っていたということでしょうか。

もし微塵も実さんを疑わなかったのなら、上京したあの日に実さんを奥茨城の家へ連れ帰ったはず。不倫を疑っていのに違いないのに。 今日は余韻などではなく苛立ちが残りました。せっかくの奥茨城が…。

↓ここから管理人返信↓

そもそも、「世津子さんと実(雨男)さんの気持ちが遠くなった」のが解せないのです。2人はどう言う関係だったのか明らかになっていないのですから。

上↑の舞子さんのコメント返信にも書いたように、「世津子と雨男が男女の関係」だったら説明がつくのです。でも、ただの同居人だったら2人の気持ちが離れること自体も、美代子があの日に奥茨城に連れ帰らなかったのも、おかしい話なのです。


[拍手投稿]  Mさん (2017-09-19 18:56:22)
コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON (第10話/最終回/30分拡大・2017/9/18) 感想

いろいろとつっこみどころがあるのですが いちばん違和感があったのは、白石が藤川のところに行こうとした時に、藍沢がまた1話と同じ話を白石にしたところです 最終回が藍沢が助けられる側にならなかったのは幸いでしたが 結局、3は何が描きたかったんでしょうね 映画版の脚本は林さんに書いてもらいたいですね

↓ここから管理人返信↓

ですから、“「慣れ合いが最高」と言うお話で終わった” と書いたのです。カッコよく言えば「同じ価値観の人間が集まると最高の仕事が出来る」的な捉え方も出来ますが、いろんな価値観の人が切磋琢磨するから、良い仕事が出来るのでは?「慣れ合い」と「チームワーク」は違うと思うのですが…


[拍手投稿]  翔香さん (2017-09-19 20:36:11)
コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON (第10話/最終回/30分拡大・2017/9/18) 感想

こんにちは。以前「今回の3rdシーズンも1stや2ndが面白かったから…と期待して見始めたのですが…」と送った名無しの者です。 あれから録画したまま結局見ず、管理人さんのコメで納得してました。 昨日の話もちらっと見て、Twitterで映画化を知りましたが、もう怒りしかありません!

ネットでも結構「脚本家を変えて」という声が多いです… 実は私も遭遇はしてないのですが、地元がロケ地になりました(第2話です) だから余計に期待してたし楽しみにしてたのですが、今シーズンで全て台無しです。

映画も元の脚本家さんに戻してくれるなら見に行くかもしれませんが(そもそも地元の映画館でやるかわかりませんが)今のままなら絶対行きません! とに途中で送ってしまいすみません。 最後に一言だけ… とにかく管理人さんに激しく同意します!!

↓ここから管理人返信↓

翔香さん、結局録画したままですか。地元がロケ地になると嬉しいですよね。第2話だと、銚子とか市原、旭町あたりの千葉県ですかね(勝手な想像ですが)。

映画化の発表が世間で賑やかなのを、フジテレビは喜んでいるそうですね。これで、映画の予告にテレビドラマがなったってことで、視聴率云々やDVDの販売より、映画関連の方が儲かりますから。ホント、フジには困ったものです。これからも、別のドラマでもよろしくお願いします。


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[7回]

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  匿子さん (2017-09-18 14:36:28)
ひよっこ (第145回・9/18) 感想

今日は1.5倍速でも長いと感じる内容のない話でした。 早苗さん、前に月時計での女子会の間に、突然抜け出して走って誰かを探しにいき、小一時間戻ってこなかった話には触れませんでした。人違いだったのかさえ。

挙げ句のはてに世津子さんは雨男さんとの二年半の事は絶対に語らないから、と念を押されました。もはやみね子と世津子さんが同居する意味がありません(もともと意味はありませんでしたが)。

奥茨城編の最初の頃と今のひよっこは、まるで違うドラマを観ている気持ちになります。脚本家さん、息切れするのが早すぎでは…。

↓ここから管理人返信↓

「バー月時計」で誰かを追い掛けて行ったくだり、確かにありましたよね。あれは、元カレでも見かけたのかと思ったのですが、今回のエレベーターの話とは無関係と言うことで処理して良いのか???

世津子とみね子の同居も、結果的に何の意味も無いことになりそうですね。最初の1か月良過ぎただけだったのでしょうか…


[拍手投稿]  まりもさん (2017-09-18 14:48:20)
拍手コメントへ返信 (2017/9/18の分)

みっきーさん、こんにちは。 早苗の退屈な恋バナ、私はてっきり、早苗がいつか店を飛び出した夜に、そのドラマーに再開していて、いま実は恋してる…って話になるのかと思ってました。最後まで聞いて、ガクッときた。 そんなことに割いてる時間ないはずですよね、本作。

世津子の宣言にもびっくり。それじゃ同室になった意味がない。そもそも、そんなこと語り合わせる早苗の提案も変なのだが…。もともと、あかね荘に連れ込むみね子も変。変な登場人物ばっかりで、感情移入できませんね?。

↓ここから管理人返信↓

早苗の話は、これまで描かれたことにも、恐らくこれから描くことにも、全く無関係な孤立した恋バナだったんでしょうか?世津子の設定も全く意味不明。だから、そもそも実が記憶喪失で世津子と「不適切な関係」が不要だったと言うことですよ。


[拍手投稿]  たんぽぽさん (2017-09-18 16:17:09)
ごめん、愛してる (第10話/最終回・2017/9/17) 感想

結局、なんで長瀬智也がこんなドラマに出ているんだろう?という違和感だけで終わってしまいました。 原作の韓国ドラマも心に残る作品だったので、とんでもなく雑にリメイクされて悲しいやら悔しいやら・・・ TBSよ、いい加減にして!!

↓ここから管理人返信↓

原作をご存じなんですね。結局、脚本のリメイクが失敗していると言うことですよ。普通のプロなら、こう言う仕上がりになるのは、第1話の脚本の第1稿を読めば分かりそうな気がしますが…。だって、幾度も書き直した決定稿があの第1話なのですから。


[拍手投稿]  LUNAさん (2017-09-18 18:13:49)
ごめん、愛してる (第10話/最終回・2017/9/17) 感想

みっきー様、はじめまして。 長瀬さんの無駄使い、仰るとおり!膝を打つとはまさにこのことと溜飲が下がりました。 長瀬さんのファンなので、何とか最終回まで見ましたけれど、初回からのやっつけ感と視聴者を置き去りにした最終回に『ごめん、もう勘弁』と泣きたくなりました。 最近の日本のドラマに夢がなくなっています…

↓ここから管理人返信↓

LUNAさん、初めまして。「様」は要りませんよ。放送前から結構期待をして、制作現場の映像なども注意深く見ていたので、放送直前までは「韓国ドラマのリメイク」に対する不安だけで、ドラマとしては大丈夫だと思ったのですが。結局、妙な人間関係を描くのに注力し過ぎて、肝心の律のことを描くのが疎かになりましたね。長瀬智也さんの渾身の演技に期待しただけに、無駄遣いに腹が立ちました。


[拍手投稿]  塩うにさん (2017-09-18 21:12:33)
ひよっこ (第145回・9/18) 感想

お久しぶりです。もう目を覆わんばかりの惨状を呈しておりますね(涙)レビューお疲れさまです。 みっきーさんや皆さんと同じく「嫌です!!」とTVに向かって(私は)実際に声を出しておりました。こういうのが観たかったんじゃない、当時「金の卵」と呼ばれた方たちの汗と涙と笑いの成長物語を観たかったし、期待もしていたのに残念でなりません。私の中では向島電機の豊子の反乱がピークで、最終回。赤坂編はスピンオフ作品と思うことにしました

↓ここから管理人返信↓

全く「ひよっこ」が育っていません。と言うか、「ひよっこ」がより「ひよっこ」になったって感じ。成長の無いヒロインの朝ドラは久し振り、と言うか『あまちゃん』以降は出会ってません。『まれ』もそれなりに成長していましたから。


[拍手投稿]  chikuさん (2017-09-18 23:26:05)
ごめん、愛してる (第10話/最終回・2017/9/17) 感想

こんばんは。 ラスト、いろいろ消化不良だし雑すぎて、見なければ よかったと思うレベルでした。律が不憫すぎ… 本当に、母親からの「ごめん、愛してる」が見られたら よかったです。

↓ここから管理人返信↓

なぜ、あんな中途半端なエンディングにしたんでしょう?


[拍手投稿]  舞子さん (2017-09-18 23:27:58)
浅田次郎ドラマスペシャル「琥珀」 (2017/9/15) 感想

物語が動き出すのが遅かったですね。その後また琥珀会議で、また同じピアノの曲が耳について少々イライラしました。3人ともパートナーに不倫されてという設定が何だかなでしたね。何より、罪を犯した動機に共感出来なかったので残念でした。

↓ここから管理人返信↓

ネット上では、意外と「良作」の判断が多くて驚きました。


[拍手投稿]  舞子さん (2017-09-18 23:54:08)
ひよっこ (第145回・9/18) 感想

イタリアンレストランの席替えの気持ちとても共感します。ひよっこレストランを楽しみに来たのにつまらない女子会は観たくありません。興味のない恋バナは聞きたくないですね。

それから、小さい引き出しに押し込むという表現ですが上手いこと言いますね!全くその通りです。世津子と雨男引き出しに押し込めないですよ。言わない事が逆効果で世津子の素直な気持ちを語れば良かったのに。男女の関係について連想させる事は、聞きたくないですが…。

↓ここから管理人返信↓

イタリアンレストランに限らず、たまーにありますよ。席替えをお願いするの。それと、お褒め頂いた「小さい引き出しに押し込む」と言う表現ですがいろいろ比喩を考えた末の表現でしたので、気に入って頂けると考えた絵画あってうれしいです。言わないのが逆効果、そうなんですよね。


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[5回]

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  さとこさん (2017-09-18 09:49:24)
ひよっこ (第145回・9/18) 感想

同感です。私も「嫌です」と言いました。心で。せめて回想シーンが少しでも入れば。今さら早苗さんの恋を口先だけで聞いても。

↓ここから管理人返信↓

実写での回想シーンが難しければ、イラストや、漫画家コンビの漫画の一コマでも良いので、エレベーターに閉じ込められた状況を視聴者に見せれば、少しは興味がわいたのに。板書(古いですかね?)をしない先生の授業と同じで、こちらは集中力を失い睡魔との戦いになりますよね。


[拍手投稿]  Feinさん (2017-09-18 10:30:01)
ひよっこ (第145回・9/18) 感想

朝から早苗サンの話を長々と聞かされて 銀座のデパートでエレベーターで男と二人きりで5時間? 大事故だし、そもそもエレベーターガールはどこに行った?? せめて映像で見せてくれ 矛盾だらけだから この数回、早苗サンの論理も理解できないし 感動もワクワクもドキドキも無く 淡々と消化されて行く感じです。

↓ここから管理人返信↓

早苗の話ですが、早苗が元々 “話を盛って喋る人” の設定があれば、“みね子よりお節介” と合わせて、それはそれで「高子」無き今は、代理キャラとして輝いたかも知れませんね。でも、スタートが “クールなOL” だったので今さら…ですが。論理的にも思い出話もハズシまくる早苗さんへのイメージダウンがスゴイです…


[拍手投稿]  通りすがりさん (2017-09-18 12:25:00)
ひよっこ (第145回・9/18) 感想

あの時代、百貨店のエレベーターで二人きりってありえないでしょう。必ずエレベーターガールのような人がいましたから。…ってツッコミすら面倒臭くなるような陳腐な15分でした。

どうしてこんなに時間を無駄使いするんでしょうか。それだけ時間があるなら、会話劇もどきじゃなく芝居で見せてくれればいいのに。というか、3年じゃなく10年描けばいいのに、と思うのはワガママでしょうか。

↓ここから管理人返信↓

私、こう見えて(見えていないか?)、日本橋三越の2004年に開催された『デパートメントストア宣言から100年』の記念イベントの映像のディレクターをやったのです。その時、三越だけでなく銀座と日本橋のデパートの歴史を調べまくりましたので、デパガ(デパートガール)やエレガ(エレベーターガール)には詳しいです(笑)

劇中で早苗は「百貨店」に行ったと言ってましたが、当時の多くの人は「デパート」と呼んでいたはずです。実は「デパート」と言う言い方は、1904(明治37)年12月に日本橋三越が「デパートメントストア宣言」と言うのを発して、日本初の百貨店になりました。

従って昭和40~50年代は、「百貨店」より「デバート」がオシャレで高級感があって使われていたんです。今は「デパート」が古臭く感じますが。まあ、早苗が岩手県一関市出身の出身なので「百貨店」しか身近になかったと言う推測は出来ますが。特に東京に憧れていたなら早苗の年齢を考えても「デパート」と呼ぶのが自然だと思います。

そして、エレベーターの件ですが、昭和41年でしたら、恐らくエレベーター機内に1名、各回のエレベーターホールに1名以上のエレガ(エレベーターガール)が常時いたはずです。当時のエレベーターは人が操作しないと動きませんでしたから。エレベーターガールを廃しされ始めたのは1990年代です。でも、昭和50年代初期には既に、「屋上直通」だけエレガが乗らないエレベーターはありました。

従って、早苗が男性と2人切りで「かご(籠)」の中に閉じ込められることはなかったと思います。それに5時間も止まっていたら営業になりませんし、そもそも他のエレベーターガールや店員が気付くはずです。すべて、おかしな話に聞こえました。せめて、2人切りで閉じ込められた1カットの回想シーンがあれば、説得力を持ちますが…

そして、興味の無い脇役の昔話やらを描くなら、みね子が結婚して子どもを出産し、世津子と実の問題も解決して、みね子は東京で暮らしながら、休みには奥茨城に帰ると言う幸せな生活を続けています…を描いて欲しかったです。


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[18回]

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  空さん (2017-09-17 23:15:11)
ひよっこ (第144回・9/16) 感想

同じ岡田脚本の「琥珀」を観ました。舞台となっている喫茶店で主要人物三人が話す場面が多かったです。身の上話をする、他愛もない話をする。「ひよっこ」の女子会や会議を思い出すような場面が多くありました。だけど照明なのか演出なのか飽きさせることなく最後まで見せた佳作だったと思います。

ベテラン三人と「ひよっこ」たちを比べるわけではないですが確かに同じ脚本でも見せ方によって物語に深みが増すということがよくわかりました。

↓ここから管理人返信↓

折角、Web拍手とコメントを頂きましたが、ドラマ『琥珀』を「佳作」と言うご意見には賛同できません。わざわざ感想を書く必要があるかと思っているくらいです。共感できなくてすみません。


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[6回]

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  ある常連客さん (2017-09-16 07:36:52)
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON (第8話/最終回・2017/9/15) 感想

はじめまして。 いつも興味深く読ませていただいてます。最後の「月9に見習って欲しい」に著しく同感です。このドラマ枠は地味で(ごめんなさい)最近まで知りませんでしたが、たまたま見始めるとコミカルなやりとりもシリアスなところも程よい感じで、出演者たちの演技も含めてイライラなしに安心して楽しめるドラマでした。

ファーストシーズンを知らなかったのが悔やまれます。 華やかながら大人の事情に縛られてそうな月9枠とは違い、製作者が純粋に良いものを作れるのでしょうか。 初コメントで長文、大変に失礼しました

↓ここから管理人返信↓

ある常連客さん、初めまして。どんな作品の制作現場には大人の事情がありますよ。問題はその “大人の事情” を良い方向へ利用する心意気があるか、落胆に捉えやっつけ仕事になるかみたいな差ではないでしょうか。どんな仕事でも、“思いや考え方次第” だと思います。


[拍手投稿]  パスカルさん (2017-09-16 15:42:39)
ハロー張りネズミ (第10話/最終回・2017/9/15) 感想

あーとうとう終わってしまいましたね(T_T) 私も深夜での続編を希望する一人です。 ポケットから大判小判が出てくるところ、予想通りで、やっぱりこうでなくっちゃ?って思わず声に出してしまいました(笑)(笑) 夏のドラマの中で一番好きなドラマになりました。私もブルーレイボックス買っちゃおうかな(^o^)

↓ここから管理人返信↓

予定調和がここまで面白く描けた連ドラは、最近では久しぶりでした。是非、Blu-ray Box をお買いになって下さい!


[拍手投稿]  まりもさん (2017-09-16 18:02:29)
ハロー張りネズミ (第10話/最終回・2017/9/15) 感想

みっきーさん、こんばんは。 最終回も面白かったですね。後味がとっても良かった。本作は登場人物に好感が持てたし、4人の息もピッタリ、と感じました。赤塚探偵事務所が実在していそうなくらいに、自然体で素敵な俳優さんたち。私も続編を切望します☆

↓ここから管理人返信↓

最終回らしい最終回でしたよね。最後の最後まで作品の世界観が崩壊することなく、常に昭和テイストを活かしつつ、リアルな平成の板橋区下赤塚の街に探偵事務所が息づいていましたね。続編、見てみたいですね。


[拍手投稿]  zakiさん (2017-09-17 00:11:480)
ひよっこ (第144回・9/16) 感想

純真無垢の田舎出の少女が不器用の中にも一生懸命に世の中を生きていく。のような最初のイメージがずっと続くことを願いつつわくわくの新しい朝を楽しみにしていた頃が懐かしく感じられる今日この頃です。

向島電機のあたりまでは何とか許せますが、最近はミッキーさんの指摘通りみね子が別人化してどたばたのつまらない朝ドラになってしまいました。不思議なもので、私が良いと思っていた頃の視聴率が低く、がっかりしている現在の方が高いという現象が理解不能です。一般の視聴者と私の感じ方が乖離しているのでしょうか。

東京に出てきたみね子がどういう風におとうさんを探し出すのか、そんな期待をしていた頃が思い出されます。それなのに大女優に囲われていたなんていう残念なストーリーも受け入れられません。

また時子がツイッギーそっくりさんに優勝したとしても、それは女優としての始まりでもなんでもありません。そっくりさんが女優への道のような描き方は俳優を目指す方に対しても失礼です。。本当に返す返すもこのたびの朝ドラが残念でなりません。

↓ここから管理人返信↓

私、最近人気の若手のお笑いを全然面白いと思えないのです。中には1人2人はいますが、基本的に全く面白いと思えない。しかし、若い人に限らず年配の人まで結構人気があって、私は見ないお笑いの決戦番組も視聴率が高いですよね。

私が思うに、「2-6-2の法則」なんですよ。最初に流行をけん引するのは世間の2割、それに追従するのが6割、見向きもしないのが2割。

「べっぴんさん」の後で大した期待もされずに始まった『ひよっこ』に、最初の「奥茨城編」に面白さをいち早く感じて楽しんでいた人は2割。それがだんだん増えていったのが「向島電機編」で辺りで、全体の半分、5割くらいになった。そして、もう半分の人が見ているのですから残りの1割が「赤坂編」で上乗せ。

これで、見向きもしない2割以外は視聴者になる。そうなれば何をやっても最終回まで見ますよ。「流行の中にいるのは楽」ですから。zakiさんのように、自分の価値観を大切にして、作品を楽しむのが良いと思います。


[拍手投稿]  くくのちさん (2017-09-17 00:18:33)
ひよっこ (第144回・9/16) 感想

みっきーさん、こんばんは! お仕事大変なのに、今日中に感想ということで無理されて、でもがっかりな内容で、本当にお疲れ様です。 私も、ここまで来たからには、最後まで見ようと思いつつ、がっかりが多い毎日です。

月時計会議は、ご指摘の通り、演出の工夫がなかったですね。「みね子たちの顔写真をくり貫いた画像を、あかね荘の2階の間取り図の上で動かす」というのは、なんか楽しそうです。 松下さん登場で、向島編の回想が入りましたが、改めて落差を感じました。

さて、昨日、岡田さんの脚本の「琥珀」を見ました。これは浅田次郎さんの原作があり、オリジナルものでないので単純比較はできないですが、こちらは良かったように感じました。 もしかすると岡田さんは異常にプレッシャーに弱い方で、長いドラマだと途中でやられちゃうのかなぁと好意的に思ってもみたりしました。

↓ここから管理人返信↓

私は、「向島電機編」の回想シーンの選び方にも懐疑的な考え方です。なにか「あの頃のひよっこは良かった」を押し付けているみたいで。そもそも、松下の登場を楽しめる人は全部知ってる視聴者です。無理に回想を入れる必要なんて無かったと思うんですが。『琥珀』は見てません。録画はありますが。


[拍手投稿]  アキさん (2017-09-17 00:23:00)
ひよっこ (第144回・9/16) 感想

アキです。みっきーさん本当に本当にお疲れ様です。深夜の投稿ありがとう御座います。 今回も大した話ではなかったですね。早苗の大きなおせっかいをしただけ・・が残念でした。早苗のミステリアスなキャラも潰されたし、みね子の人物像も何だか軽くて、嫌いになってきました。

みっきーさんのいう、実と世津子の二年半を視聴者にだけ分かるように回想で少し入れるとかは想像しましたが、そういう細かい演出が足らないのですね;納得!

↓ここから管理人返信↓

みね子は、実の頭(身体)の病気的な部分を心配するならともかく、両親の夫婦関係まで悩ませるのは、二十歳そこそこの娘には酷に思えるんですよ。でも、私はあの「不適切な関係」にきちんとけじめをつけてもらわないと、このまま実の記憶が戻らないままハッピーエンドになるのは納得いきません。

世津子と実が、きちんと関係を清算することが、大風呂敷を畳むことですよね。みね子が世津子と同室になっても「不適切な関係」の話をするとは思えませんし。でも、今のお節介で図々しいみね子なら「2人はどんな生活をしていたんですか?」と聞いてしまうかも。なんのデリカシーもなく…


[拍手投稿]  shinさん (2017-09-17 03:27:18)
ハロー張りネズミ (第10話/最終回・2017/9/15) 感想

最終回も楽しかったですね!何より大根監督自身がメッチャ楽しみながら演出しているのが目に見えるようで思わず可笑しくなりました(笑) 管理人さんと同じく私もぜひ、ぜひシーズン2を希望します。

お涙頂戴人情ものから身の毛もよだつホラーまでエンタテイメントになるなら何でもこなす探偵ドラマ、これで終わらすのは余りにも勿体無いじゃないですか!TBSのプロデューサーさん達に、かつて「ドラマのTBS」と呼ばれていた自負心が少しでもあるのなら、視聴率が多少低くても「張りネズミシーズン2」は絶対つくるべき、と強~く思います。だって大人が楽しめるTVドラマ、もっともっと見たいですからねえ。

↓ここから管理人返信↓

連ドラの視聴率を支えているのは、殆ど大人ですけどね(苦笑)。それでも、大人の鑑賞に堪えうるような品質のドラマは増えて欲しいです。そうでないと、どんどん日本のドラマの質が下がるだけですから。続編も良いですが、『コード・ブルー3』の例もあるので、若くて斬新な才能の作品も深夜枠でなく放送して観たら良いのに…と思ったりします。


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[5回]

* HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 98歳現役医師の“元気に長生き”の秘訣
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[09/19 名無し]
[09/19 平野政孝]
[09/19 いっしー]
[09/19 ガンジー]
[09/19 名無し]
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
犯罪症候群[1]
光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/9/2に1,400万アクセス達成を致しました。(感謝の記事