忍者ブログ
Top*Admin

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
連続テレビ小説「べっぴんさん」

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』公式
第21週『新世界へ、ようこそ』『第117回』の感想。
なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


「キアリス」の新入社員採用面接を実施していたすみれ(芳根京子)たちだったが、候補者の中に娘のさくら(井頭愛海)や君枝(土村芳)の息子・健太郎(古川雄輝)の姿を見つけ驚く。すみれや紀夫(永山絢斗)、君枝は「身内を入れれば会社に悪い影響を与える可能性がある」と反対するが、人事部長の中西(森優作)は、「一人の人間として会社に有益であるかどうかを判断したい」と主張する。さくらと健太郎の採用試験の結果は…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回も、さくらの横暴さとゴリ押しを見せられるのか

本作を観始めて4カ月半になるが、今朝は初めて前回の録画を観直してから、今回の視聴に臨んだ。なぜなら、前回があまりにも状況説明が多過ぎて、きちんと各人の設定の変化が頭に入らなかったことと、ヒロインの存在を隠してしまう程の “さくら吹雪” の横暴さとゴリ押しに閉口するしかかなったから、確かめるためだ。

さて、前回のラストでの驚愕のシーン、面接官である役員らが、我が子が入社試験を受けることを知らぬまま一次面接当日を迎えると言う、爆音目覚まし時計並みに日本中のお寝坊さんを叩き起こした迷珍場面で始まったアバンタイトル。前回であれだけ状況説明されたが、やはり「キアリス」の実態は一切分からない…

就活生の阿部君が、一番まともな登場人物では困る

主題歌明け。またしても迷珍場面が。面接を受けに来た阿部(上川周作)の自己紹介と得意なことの紹介での、阿部君のこの台詞だ。

阿部「キアリスで 大勢の赤ちゃんやお母さんたちを笑顔にして
   社会の役に立ちたいです」

あのー、前回での潔(高良健吾)と紀夫(永山絢斗)とすみれ(芳根京子)の挨拶よりも「キアリス」の本質や「キアリス」で働く意義を明確に発言してるってどう言うこと?そして、この阿部君の言ったことこそが、本作のテーマでありヒロインの存在価値を示している。私が役員ならこれだけで一発合格させるが…

ついに、ドヤ顔で周囲を蹴散らす「さくら吹雪」が始動

こんな端的で明瞭な台詞がまだ書ける余力があるにもかかわらず、君枝(土村芳)の息子・健太郎(古川雄輝)のドヤ顔英語や、すみれの娘のさくら(井頭愛海)ドヤ顔自慢。凄いね。1か月半も続いた「さくらの乱」の次は、ドヤ顔で周囲を蹴散らす「さくら吹雪」が始まるとは想定外。

脚本家は、これが視聴者にとってのサプライズと認識して書いているのだろうか。演出家は、これが視聴者にとって微笑ましい家族の再会と認識して映像化しているのだろうか。私にとっては春一番の翌日の寒さよりお寒い場面でしかないのだが…

"家族が結集して" と言う流れは悪いとは思えぬが…

そして、事前にすみれたちが受験者名簿に目を通していなかったのではなく、さくらが2人の面接資料を親に黙って当日の資料に挟み込むことを、人事部長の中西(森優作)に依頼したと言う暴露話。もう、どうしよもうないね。完全にさくら自身が “社長令嬢” であることを過剰に意識し行動しちゃってる。

中西人事部長もクズだが、さくらはもっとクズ。おまけにさくらに依存体質の雄太郎も同じ穴の狢。そして、突然に正義感を翻して、さくらたちにお説教するすみれは、数年前のナイトクラブ「青い月」での営業妨害したくだりを思い出させる不快感。それにすみれが「ルール違反」を言うのも、過去の挿話から何様って感じだし。

史実は別にして、これまでの一連の流れの中で、すみれたちが我が子を入社拒否させる理由が見当たらない。それに、そもそも仲良し4人でスタートし、家族や知人らに支えられて20周年を迎えたのが、今の「キアリス」とすれば、むしろ本作の正当な流れとして、家族が再結集して…と言う流れは悪くないのでは?

どうせ数日後には入社するんだから、さっさと大阪万博へ

後半の役員らが面接結果を審議するシーンも、なんか、なんかなぁって感じ。納得できたのは、阿部君の一発採用だけ。

「理屈っぽい」と言う理由だけで「不採用」と言い放った明美(谷村美月)も安定のキャラ変だし。その明美に反論したタケちゃん(中島広稀)は成長したってことか? 更に。もはや私には中西人事部長の発言なんて何の説得力も無いのだが、「言葉のあや」って?自己弁護に見えたのは私が腹黒い人間だからだ、きっと。

まあ、どうせ数日後の放送回で入社しているのは間違いないだろうから、こんな茶番劇はさっさと止めて、脚本家お得意の時間経過で、大阪万博開幕まで一気に進んだら良いのに。いや、月曜日が昭和44年(1969年)で「キアリス」の20周年で、火曜日が昭和45年(1970年)でさくらと雄一郎は新入社員で良かっただけ…

あとがき

ここまでして、「さくらの乱」「さくら吹雪」を描くなら、今年に入ってから、すみれとさくらが二人三脚で「キアリス」を…って描写を入れておいてくれたら良かったのに。そう、『あさが来た』の終盤でのあさ(波瑠)と千代(小芝風花)、そして千代の夫・啓介(工藤阿須加)みたいな雰囲気とか関係性で…

結局、今年に入ってから「キアリス」の物語らしい物語が無い所へ、今週から唐突に「キアリス」の社内事情を描いてる上に、“すみれ推し”すら無かった所への鼻につくレベルを遥かに超えた “さくら推し” が、違和感や不快感を増幅しちゃってる。真似だろうがパクリだろうが『あさが来た』から学べば良かったのに…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫)
ファミリア創業者 坂野惇子 - 皇室御用達をつくった主婦のソーレツ人生
坂野惇子の人生 (MSムック)
上品な上質---ファミリアの考えるものづくり
時空旅人別冊 “べっぴんさん"坂野惇子の生涯: サンエイムック
連続テレビ小説 べっぴんさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」オリジナル・サウンドトラック

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8025.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/447211416.html



[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[39回]

突然ですが、明日結婚します

フジテレビ系・月9『突然ですが、明日結婚します』公式
第5話『女の実家で鉢合わせ』の感想。
なお、宮園いづみ氏の漫画「突然ですが、明日結婚します」は未読。



神谷(山崎育三郎)に翻弄(ほんろう)されたあすか(西内まりや)は、怒りと動揺が収まらず、小野(森田甘路)の部屋では皆が奇妙に思うほどはしゃいでしまう。2人の様子を目撃してしまった名波(山村隆太)も、内心穏やかでない。数日後、上司から神谷がいる証券会社との共同プロジェクトへの参加を打診されたあすかは、婚期が遠のくとちゅうちょする。一方、名波は小野から、あすかとの時間をもっとつくるべきだと助言される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

王道ラブストーリーから、軽めのラブコメ群像劇へ変化

いやぁ、ビックリした。何が驚いたって、前回まではベタで王道なラブストーリーで攻めまくって来たのに、今回は全体のテイストを軽めにした上で、ラブコメに舵を切って来たから。それも、恋バナとしての “月9らしさ” は残したまま。

私にとってはかなりの英断だと思われる方向の軌道修正。記録的な低視聴率のために、公式サイトに掲載のない4人目の演出家が投入されたかと思ってしまった。しかし、クレジットには第2話担当の石井祐介氏の名前が。これで2回目の驚き。

『SUMMER NUDE』風は、賢明な判断かもしれない…

これまで投入された3名の演出家で、ラブコメを得意としているのは第1,3話担当で本作メインの並木道子氏だけ。しかし、その並木氏は小泉今日子さんと中井貴一さん主演の『最後から二番目の恋』みたいな大人の会話劇ベースのラブコメが得意。この類の若者たちのラブコメで成功例が無い。

そして、石井氏。彼の成功作は山下智久さん主演の月9『SUMMER NUDE』。決してラブコメではないが、若者の群像劇としては良く出来ていた。どうやら、今回はこの『SUMMER NUDE』風な男女の三角関係を描いていく明るくて切ないラブストーリーにしようとしているとしたら、意外と賢明な判断かもしれない…

西内まりやさんへのキャッチライトを減らしたのは正解

とにかく、過去の4話の(映像的な)演出での一番の変化は、ヒロイン・あすか(西内まりや)のアップの撮り方。前回までの感想でも書いてきたが、ファンの方には申し訳ないが西内まりやさんの演技は決して上手いとは言えない。しかし、一昨年の『ホテルコンシェルジュ』より良くなってるのは確か。

しかし、まだ目線の芝居が不安定(に見える)のだ。その理由は、彼女の大きな瞳と照明とカメラ目線にある。ラブストーリーではヒロインの瞳を輝かせるために、よくキャッチライト(人物の顔写真を撮影する際、瞳に映りこませる光)を使って、生き生きとした輝きのある表情が演出することが多い。

西内さんがカメラ目線を嫌うようなカット割りも正解

しかし、この技法は演者の目の演技力にスゴク左右される欠点がある。それを、この第5話では徹底的に排除してきたのだ。更に、キスや抱擁シーン、その他の顔がアップになるカットを極力真正面から横向きに変えて、西内さんの目線がカメラ目線を嫌うようにカット割りされていた。

そのお蔭で、西内さんの演技に不自然さが無くなり、更に微妙にだが自然体での演技になってきた名波を演じる山村隆太さんとのバランスが良くなった。カップルがカップルに見え易くなったと言えば良いだろうか。これは、折り返しの第5話としては朗報と言えよう。

あとは、脚本で登場人物たちに人間的な魅力を吹き込め!

変わって来たのは、演出や俳優だけでない。脚本もこれまで以上にあすかと名波を中心に登場人物たちの “公と私” と “表と裏” をきちんと描いているために、今までぼやけていたドラマの方向性が見えてきたって感じ。あすかの実家を描いたり、専業主婦を目指してる風も感じ取れたし。

全体的には、これまでで一番良く出来た回だった。完成度が高いとまでは言い難いが、それでもカタチになっていたのは確か。ただ、面白いかどうかと問われれば微妙と言わざるを得ない。なぜなら、登場人物たちに人間的な魅力が乏しいのだ。もっと興味関心が持てるキャラになれば、まだまだ可能性はある…

あとがき

演出部に西内まりやさんの瞳のことが伝わったんですかね(そんなことないですね)。でも、明らかに違ってましたから、意図的に変えたのは間違いないでしょう。こう言う風により良い作品を作ろうと、これまでやって来たことを破壊するのは良いことです。この調子で、次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】Motion(DVD付)(カードカレンダー付)
【早期購入特典あり】Motion(カードカレンダー付)
<突然ですが、明日結婚します 1 (フラワーコミックスアルファ)
突然ですが、明日結婚します コミック 1-5巻セット (フラワーコミックスアルファ)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8024.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/447206819.html


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[5回]

2017/02/20 15:46 記事更新
連続テレビ小説「べっぴんさん」

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』公式
第21週『新世界へ、ようこそ』『第116回』の感想。
なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


昭和44年4月。株式会社「キアリス」は、創業二十周年を記念してパーティーを開いていた。社員数は大きく増え、専門知識を持った若い社員も働くように。会社の成長に深い感慨を得るすみれ(芳根京子)、明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)。ちょうどその時、海外留学中のすみれの娘・さくら(井頭愛海)と君枝の息子・健太郎(古川雄輝)が帰ってくる。二人はある決意を固めていて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

嘘ばかりの潔の挨拶で、新章の幕開けだ

前回のラストが大学合格だから、昭和38年(1963年)春で、週明けの月曜日は昭和44年(1969年)。昭和39年(1964年)開催の東京オリンピックはスルーして始まった、放送残り6週間の月曜日。長々と大阪万博の資料映像と「世界の国からこんにちは」の歌と、嘘ばかりの紀潔(高良健吾)の挨拶で、新章の幕開けだ。

現状の状況説明をするわ、するわ…

しかし、何だろうね。この残念感、無力感、脱力感。朝から良い所が見当たらない。どうやら、流石に今回の8年分の “大規模時間経過” に脚本家は罪の意識でも感じたのだろうか。現状の状況説明をするわ、するわ。だが、こんなのは土曜日中に公式サイトに掲載しておいてくれたら、事前に読んでスルー出来るレベル。

昭和44年らしさは、衣装やメイクが野暮ったくなっただけ

これで、すみれ(芳根京子)も45歳になった訳だが、登場人物全員の衣装やメイクがただ野暮ったくなっただけで、全然昭和44年らしさが伝わってこない。何だろな、このしょぼさ、チープさ、やっつけ感は。東京の「日暮里繊維街」で急いで生地買って作ったような映像で、「ファミリア」を描こうと言うのだから腹が立つ。

大した努力もしないで成功したお金持ちたちの話が加速

本編の内容はと言うと。前回の感想で書いたように、 “来週では益々「大して努力もしないで成功しているお金持ちたちの話」が強調される” が見事に的中。

中でも強烈なインパクトで寝ぼけた私に強烈パンチを食らわせたのが、留学先から一時帰国したすみれの娘・さくら(井頭愛海)。『ど根性ガエル』のひろし級の頭にかけた大きなサングラスで偉そうに登場した場面では、どれだけ多くの視聴者の嫌悪感が増しただろうか。NHKの炎上作戦、大成功と言わざるを得ない。

最後まで、脇役や脇役の脇役の現状報告ばかりで終了

その後も描かれるのは、脇役や脇役の脇役の現状報告ばかり。悪いが、これは「キアリス」の現状でなく、登場人物の現状報告だから、多くても2,3分で済ませるべき内容。特に坂東家の裕福さと世間ずれをこれでもかと描写し続けたのには、むしろ脱帽したほどだ。

そして、やっと「さくらの乱」に目途がついたと思ったら、いよいよ「さくらのゴリ押し」が本格化。さくらの恋バナやスタジオ見学なんてどうでも良いのに。本当、いつになったら溜飲が下がるのだろうか。いや、本作を見て朝から溜飲が下がるなんて日々がやってくるのだろうか。

潔も栄輔も宙ぶらりんのまま、時間経過しちゃった

そして、すみれ関係者の脇役とそのまた脇役の現状報告に、潔(高良健吾)も栄輔(松下優也)も入っていない違和感も…。まっ、それ以上に6年前の「大急百貨店」と「オライオン」と「エイス」の話も宙ぶらりんで、時間経過したのが信じられん。「キアリス」が総合店を目指したくだりを思い出したのは、私だけではなかったろう。

あとがき

これで、ヒロイン・すみれの人生は、9歳から44歳までの35年間が描かれたことになります。その中で良くも悪くも印象に残ってるシーンが幾つありますか?

私は、麻田靴店でべっぴんさんづくりを学んだあの夜、母親とべっぴんさんづくりを約束した母との最期の思い出、戦地からの夫の帰還を待ち望んで泣いたあの山の上、あとは先日のジャズ喫茶で娘とヒステリックに親子ゲンカし営業妨害したシーンくらいです。

明美(谷村美月)はともかく、良子(百田夏菜子)と君枝(土村芳)に至っては、ほぼ皆無と言って良い。そんな状態で「四つ葉のクローバー」のエピソードを入れたって、これからリスタート的な “のろし” としてはお粗末過ぎます。先日のshinさんへの拍手コメントの返信にこう書きました。

時計の文字盤に叱られるかも知れませんが、
もはや時計の文字盤の背景画のような存在で、
毎朝習慣で見ている人が、
視聴率を支えているようにしか思えません。

これが、事実でないことを祈るばかりです。

【注意書き】
文中に登場した東京・荒川にある「日暮里繊維街」は素敵な所です。手芸や洋裁をする方からは "聖地" とも呼ばれています。今回は衣装さんたちのセンスの悪さの例えに引用しましたが、正に利用者のセンス一つで活かせる生地や小物の宝庫です。誤解のありませんように…
見てるだけでわくわく。手芸・ソーイングの夢広がる「日暮里繊維街」 | キナリノ
繊維街公式ホームページ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫)
ファミリア創業者 坂野惇子 - 皇室御用達をつくった主婦のソーレツ人生
坂野惇子の人生 (MSムック)
上品な上質---ファミリアの考えるものづくり
時空旅人別冊 “べっぴんさん"坂野惇子の生涯: サンエイムック
連続テレビ小説 べっぴんさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」オリジナル・サウンドトラック

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8022.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/447171392.html



[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[36回]

視覚探偵 日暮旅人

日本テレビ系・新日曜ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』公式
第5話『消えた音楽家探し』の感想。
なお、原作:山口幸三郎氏の『探偵・日暮旅人』シリーズは未読。2015年11月20日に「金曜ロードSHOW!」枠で放送された番組と2017年1月17日に放送された映画天国「連続ドラマ化御礼!『視覚探偵 日暮旅人スペシャルドラマVer.』」も鑑賞済み。


榎木(北大路欣也)から、旧友の娘・静香(三吉彩花)が大ファンだというミュージシャン・犬飼(吉田栄作)の捜索依頼が舞い込む。旅人(松坂桃李)は耳が不自由な静香と手話で会話。そして雪路(濱田岳)と亀吉(上田竜也)は、麻薬売買の元締め・リッチー(北村有起哉)と遭遇し、犬飼がその配下の売人だと知る。一方、増子(シシド・カフカ)は、リッチーの配下の別の売人・川村(三浦貴大)の体内から検出されたあるドラッグに注目して…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ついに、『セカムズ』の演出・菅原伸太郎氏が登板

旅人(松坂桃李)が耳の不自由な静香(三吉彩花)と手話で会話するシーンの演出が、これまでには本作で見たことのない演出や演技の素晴らしさだった第5話。クレジットを見たら『世界一難しい恋』で見事な演出を見せた菅原伸太郎氏だった。もちろん、本作はこれが初担当。

これぞ、匂い・感情が目で視える探し物探偵の物語だ

お蔭で、シリアスな部分の完成度はかなりの完成度。これぞ、匂い・感情が目で視える探し物探偵の物語。ラストで、ミュージシャン・犬飼(吉田栄作)が歌う「ラ、ラ、ラ」で旅人が視た犬飼の感情の映像表現も、これまでのものとは一線を画す上手さ。やっと、こう言うのが観たかったと言う放送回に巡り合えた。

あとがき

探偵仲間と刑事の “笑いあり” の部分が多過ぎるのでは? メインの探偵の部分も良く出来てるし、旅人のフラグもぎりぎり謎めていていい感じ。演出家の役割の重要さを再認識させてくれた1時間でした。次回に期待が繋がりました…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


       

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
探偵・日暮旅人の探し物 (メディアワークス文庫)
探偵・日暮旅人の失くし物 (メディアワークス文庫)
探偵・日暮旅人の贈り物 (メディアワークス文庫)
探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)
視覚探偵 日暮旅人 [DVD]

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8021.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/447169611.html


第1話 第2話 第3話 第4話


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[5回]

A LIFE~愛しき人~

TBSテレビ系・日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』公式
第6話『究極のモンスターペイシェント』の感想。



沖田(木村拓哉)の告知の前に、深冬(竹内結子)が自分の脳腫瘍のことを知ってしまう。壮大(浅野忠信)は動揺して沖田を責め立てる。一方、深冬は沖田に、腫瘍のことを虎之介(柄本明)には黙っていてほしいと頼む。そんな中、病院の顧問弁護士である実梨(菜々緒)の父・榊原が病院に運び込まれる。榊原は15年前に妻と実梨を残して別の女性の元に走り、以来音信不通だったという。榊原を憎む実梨は、彼の手術への同意を拒む。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

深冬が脳腫瘍のまま医療行為を続ける違和感は払拭された

「医者が限界を決めちゃいけない」と言う天才外科医が、最善の手術方法を模索している内に医師の理屈には無関係に “患者の命の限界” があることをすっかり忘れている主人公を描き続けて来た本作。

しかし、やっと前回で、沖田(木村拓哉)の告知の前に、深冬(竹内結子)が自分の脳腫瘍のことを知ってしまったことで(これがドラマとして面白いかは別にして)、深冬が医師として病気を抱えながら患者に医療行為を続ける違和感が払拭されたのは、本作にとって朗報だ。

井川を成長させる物語は、もっと丁寧に作って欲しかった

で、このまま深冬の病気の一件を中心に進むかと思いきや、図らずも病院の顧問弁護士である実梨(菜々緒)の父の放送回。それも、実梨との間にワケありの父・達夫(高木渉)は、パチンコ屋で倒れて運ばれてくると言う陳腐な設定で登場。まさか、すべての脇役にスポットを当てる訳ではないと思うが…

ただ、女性の脇役がメインの放送回は、オペナース・由紀(木村文乃)の不発っぷりの記憶が強く残る。その反面、男性の脇役がメインの放送回では、井川(松山ケンイチ)の “神回” の記憶が新しい。それだけに、井川を活躍、成長させる放送回は、もっと丁寧に作って欲しかった。

沖田の医師としての判断力の魅せ方が、間違ってない?

まず、実梨が沖田へのあてつけで井川を指名したくだりの状況説明が、視聴者の好意的な脳内補完をあてにし過ぎて不足気味。井川が術中にフリーズしたのはお約束としても、これまたそれ以上のお約束で、沖田が患者の命を危険にさらして井川に貴重な経験をさせる患者軽視の流れで終了。

毎回気になってしょうがないのが、本作は医師の技量の魅せ方、特に沖田の医師としての判断力の魅せ方が、間違っているように見えてしまうこと。確かにドラマチックではあるのだが、まず既視感があり過ぎるのを何とかしつつ、天才外科医ならもっと別な方法で沖田らしい解決法(患者も同僚も救う)を見せて欲しい。

あとがき

上ではマイナス面を中心に書きましたが、深冬への告知を済ませたことで、これまでで一番沖田が物語の最前線から若干後退して、病院関係者の群像劇になったって感じ。まあ、ここまで弁護士の個人的な事情を詰め込む必要があったかどうかは別にして。

今回を見て改めて悔やまれるのは、第1話か第2話で深冬への告知を済ませておけば、沖田の「自分で限界を作らない」と言うポリシーを物語の中心に据えて、井川や由紀の成長物語と、沖田と深冬と壮大(浅野忠信)の関係をサイドストーリーにして、かなり見応えのある作品になったのでは?ってことです。

“俳優・木村拓哉” の応援団としては残念だし、もったいないとしか言いようがない。あれっ?予告編では次回で深冬がまだ医療行為を続けてる!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」オリジナル・サウンドトラック

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8020.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/447169083.html


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[12回]

* HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 困ったときの「モノの言い方」言い換え辞典
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 ルポ 同性カップルの子どもたち――アメリカ「ゲイビーブーム」を追う
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 Because I am a Girl――わたしは女の子だから
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 ずるい日本語
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 知識ゼロからの南無阿弥陀仏入門
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
おすすめ本 本当の仏教を学ぶ一日講座 ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 料理人のためのジビエガイド:上手な選び方と加工・料理
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
おすすめ本 病気になるサプリ 危険な健康食品
おすすめ本 [読書] 築地魚河岸 寿司ダネ手帖


その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[02/21 ゆりちゃん]
[02/21 きらら]
[02/21 さや]
[02/20 ゴンゾウ]
[02/20 さや]
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~さ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
美しき罠~残花繚乱~
ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
監獄学園
偽装の夫婦
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
金田一少年の事件簿N(neo)
グッドパートナー
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
結婚式の前日に
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメSeason4
孤独のグルメ5
ごめんね青春!
婚活刑事
[さ]
サイレーン
SAKURA~事件を聞く女~
サムライせんせい
残念な夫。
37.5℃の涙
Chef~三ツ星の給食~
地獄先生ぬ~べ~
下町ロケット
GTO[2]
死幣ーDEATH CASHー
獣医さん、事件ですよ
重版出来!
JKは雪女
新・刑事吉永誠一
深夜食堂[3]
水球ヤンキース
好きな人がいること
素敵な選TAXI
スペシャリスト
すべてがFになる
砂の塔~知りすぎた隣人
スニッファー嗅覚捜査官
スミカスミレ 45歳若返った女
青春探偵ハルヤ
聖女
せいせいするほど、愛してる
世界一難しい恋
セカンド・ラブ
銭の戦争
ゼロの真実~監察医・松本真央~
そして、誰もいなくなった
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/2/8に1,200万アクセス達成を致しました。(感謝の記事