忍者ブログ
Top*Admin

[10026]  [10025]  [10024]  [10023]  [10022]  [10021]  [10020]  [10019]  [10018]  [10017]  [10016
連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第11週『あかね荘にようこそ!』『第62回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


初出勤の日。すずふり亭の裏にある広場で、みね子(有村架純)が秀俊(磯村勇斗)や元治(やついいちろう)と一緒に野菜の皮むきをしていると、中華料理屋の五郎(光石研)と妻・安江(生田智子)、和菓子屋の柏木一郎(三宅裕司)と息子・ヤスハル(古舘佑太郎)らがやってくる。年始の挨拶もそこそこに、みんなが真剣な顔で店の仕込みをしている姿を見て、みね子は楽しくなってくる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「東京」も「季節感」も、今一つ物足りない…

どうして冒頭の東京タワーの尺があんなに短いのだろう。今までみね子(有村架純)は向島に住んでおり、東京タワーがあの距離で見られると言うのは、かなりの感動の朝のはず。なのに、窓を開けて東京タワーに目もくれず洗顔。もっと、東京と言う雰囲気を序盤で視聴者に叩き込んで欲しい。

その意味では、季節感も物足りない。先日奥茨城の実家では、みね子は裸足で板の間を歩いてたし、今回のアパートの部屋も暖房器具はないし、コートも前を閉めない。鞄1つで引っ越したのに、布団と枕とカーテンがあったのだから、ストーブくらい置いたらいいのに。もちろん、視聴者の好意的な解釈に頼らずに “言い訳” を添えて。

※昨日投稿した↓の記事。まだ読んでない方は是非読んでみて下さい。
「ひよっこ」は視聴者の“好意的な解釈”に頼らないで欲しい

制服を支給される場面を入れたら良かったのに…

みね子(M)「お父さん…。髪型を変えてみました」

さて本編。みね子がこの↑モノローグで言った通りに髪型をポニーテールに変えた。それは良い。お金がかからないから(リボン代は別にして)。そして、制服も着用。ここで残念に感じたのが「似合ってますか?」だけで終わってしまったこと。なぜ、新たな職場で制服を支給される場面を挿入しなかったんだろう?

新しい制服、それもこれまでの女工さんの制服から女の子らしい制服になるのだから、前回でおせちなんて食べるくだりを入れるなら、鈴子(宮本信子)と省吾(佐々木蔵之介)から制服を支給されるシーンを入れて、その喜びと緊張感を描いておけば、断然に今回の髪型と制服のお披露目が輝いたはずなのに…

脚本家さん、分かってるなら前回でやってよ

みね子「今年も…あ…今年はよろしくお願いします」

今回は言ったね↑。見習いコックの秀俊(磯村勇斗)に新年の挨拶をする時、前回の感想で私が指摘した「今年も」をちゃんと言い換えた。脚本家さん、分かってるなら前回でやってよ。シェフより見習いコックに気を遣ってる妙なみね子に映っちゃうじゃないか。みね子はそう言う人物設定じゃないでしょ。

なぜ、今回は序盤の4分間で2度も後出し?

みね子「あっ、昨日もらって、何か嬉しくて…エヘヘ」

ほら、やっぱり前日に貰ってたんだ。それも「嬉しくて」まで言わせて。視聴者の好意的な解釈に頼らず、台詞で説明したのは良いことだが、やはり映像で見せた方が明らかに「みね子の仕事始め」の雰囲気が華やかになったはず。なぜ、今回は序盤の4分間で2度も後出しをやるんだろう。「一話入魂」じゃないの?

米を運ぶ "三男の2秒のインサートカット" は良かった

ここまで、いいとこ無しの第62回だが、ここで良い表現が登場した。お米のくだりで、きちんと三男(泉澤祐希)のカットを2秒インサートしたこと。こう言うのが大事。三男登場ついでに書くと、時子(佐久間由衣)とみね子が連絡を取り合ってるのかも気になるが、一切の描写無し。なんか寂しい…

「一話入魂」でも話の繋がりは、もう少し考えて欲しい

省吾「で、私服とコック、どっちがいい男だ?」

あー、悔やまれる。省吾がみね子の “初制服姿” を頭の先から足の先まで見てOKサインまで出し、その上で↑の台詞まで言わせることが分かっているなら、何度も蒸し返すようだが、省吾が制服を支給する場面を入れなかったって。いくら「一話入魂」でも前後の話の繋がりはもう少し考えて欲しいものだ。

当然、そのあとの鈴子の高子(佐藤仁美)の体型とみね子を比較しての、すっごく楽しい制服の台詞が、もっともっと面白くなったのは、言わずもがなだ。

2度目で既にクドイと感じたのに、今回で3回目

で、またやるんだ。今回で3回目。2度目で既にクドイと感じたのに。おっと、それはすずふり亭の裏の広場でのご近所さんたちのやり取りのこと。直前の元治(やついいちろう)と秀俊のやり取りは自然だったのに、ご近所さんのくだりになった途端にコミカルな劇伴を付けて…どうしてもやりたいようだ。

確かに、芸達者な光石研さんや三宅裕司さんが登場すると画面がパッと華やぐし、鼻歌含めてかなりの部分が彼らのアドリブ芝居で成り立ってるから悪くはない。何度も同じような場面を登場させて「また来た!」みたいな面白さを醸し出そうとしている意図も分からなくもない。

いっそ三宅裕司さん仕切りで大笑いのコントにしたら…

しかし、残念ながら俳優の印象も俳優が演じるキャラクターも印象に残らない。まあ、脇役たちの日常もそれなりに描いてるってことなのだが、ホント描いてる内容が普通過ぎちゃって。この際思い切って、三宅裕司さんに仕切って貰って、この裏の広場のくだりを大胆に大笑いできるコントにしちゃえば良いのに、とさえ感じてしまった。

それに、裏の広場での開店前の準備作業が工場での仕事と同じで好きで嬉しいとみね子が言っていたが、この裏の広場と工場の中庭で雰囲気が似ていて好きで 嬉しいのでは無かったことに、ちょっと驚き。まあ、開店準備を工場に例えたかったのだろうが、少々無理があるような…そんな第62回だった。

あとがき

省吾がみね子を呼び捨てにするくだりなんて、とても良かったんですが、今回の15分、やはり前回で制服支給のシーンを入れておけば、最後の高子ご本人登場もきっちりオチになって笑えたのに…って思いました。会話のテンポ感なんかは、「すずふり亭編」らしいものがあって良いと思います。ただ、季節感はもっと欲しいですね。

最後に。前回の「駄目出しばかりの感想」に74回、「視聴者の“好意的な解釈”に頼らないで」の記事にも49回ものWeb拍手を頂き、ありがとうございました。折角、赤坂の洋食店が舞台なのですから、もっと「東京」と「季節感」があったら映像的に楽しさが増すはずなので期待します。。という訳で、当blogは、引き続き本作を応援します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


           

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 若い広場 (NHK出版オリジナル楽譜シリーズ)
三丁目の夕日の時代 ’64(昭和39年)篇―写真と資料で読む昭和39年大図鑑!! (C&L MOOK)
NHK人形劇クロニクルシリーズVol.2 劇団ひとみ座の世界~ひょっこりひょうたん島~ [DVD]
朝ドラ~NHK連続テレビ小説テーマ集~

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8360.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/450818750.html




【これまでの感想】
[妄想] 「ひよっこ」の昭和40年と言う時代設定に、再び“名作の予感”(2017/05/04)
[訂正] 「ひよっこ」第36回で、みね子がビーコロを食べたのは "初任給" でした(謝)(2017/05/14)
「ひよっこ」を2か月間観終えて、今思うこと…(2017/05/28)
「ひよっこ」の“青天目澄子”と演じる女優・松本穂香に注目してみた(2017/06/05)
「ひよっこ」は視聴者の“好意的な解釈”に頼らないで欲しい(2017/06/12)

第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』
1  2  3  4  5  6
第2週『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』
7  8  9  10  11  12
第3週『明日(あす)に向かって走れ!』
13  14  15  16  17  18
第4週『旅立ちのとき』
19  20  21  22  23  24
第5週『乙女たち、ご安全に!』
25 26 27 28 29 30
第6週『響け若人のうた』
31 32 33 34 35 36
第7週『椰子(やし)の実たちの夢』
37 38 39 40 41 42
第8週『夏の思い出はメロン色』
43 44 45 46 47 48
第9週『小さな星の、小さな光』
49 50 51 52 53 54
第10週『谷田部みね子ワン、入ります』
55 56 57 58 59 60
第11週『あかね荘にようこそ!』
61


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[83回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 無題
mm 2017/06/13(Tue)14:13:47 編集
制服支給の下りがあったらよかったのにというご指摘、なるほどと感じ入りました。確かにその方がストーリーに軸が入るように感じます。

季節感がないというご指摘ですが、これは今作に限らず朝ドラ全体に言えることだと思います。どの作品でも夏らしさはわりと感じられるのですが、底冷えのする冬らしさを、作り手がライトで暑いスタジオ内で想像するのは難しいのかもしれません。にしても、本作で一番季節感がないと感じるのは、茨城の家で冬でも建具が開けっ放しという点です。普通はあの茶の間だけ建具を全部閉めて暖を逃さないようにするでしょう。夏は建具を全部開け、冬は閉める。土間の台所と行き来する時は寒そうにする。それだけでも季節感が表現できるのですが、そこには気づかないのかな?と思います。

ただ、「ストーブくらい置いたらいいのに」は変です。たいていの集合住宅ではストーブ(灯油)禁止ですから、特に都会は。私も下宿では電気こたつのみ使用可でした。
  • Re:無題
みっきー 2017/06/13 14:41
mmさん
コメントありがとうございます。

屋外ロケならともかく、スタジオセットなら、
意外と季節感って出し易いと思いますが。

>ただ、「ストーブくらい置いたらいいのに」は変です。たいていの集合住宅ではストーブ(灯油)禁止ですから、特に都会は。私も下宿では電気こたつのみ使用可でした。

電気とかガスストーブと書けば、良かったですかね。
流石に、石油ストーブとは言いませんよ(苦笑)
かい巻きあたりが無難でしょうか?
  • 無題
マミ 2017/06/13(Tue)21:03:25 編集
わたしも季節感のなさは気になりました。

みね子が顔を洗うシーンで、「うー冷たっ」とか独り言を言わせるか、手がかじかむ仕草を入れるだけでも違うとおもいます。

ぺらぺらのお布団も...
乙女寮で着ていたドテラ?を、掛け布団に重ねがけしてる様子など出せば、まだお金ないもんね...ストーブ買うにもお金いるよね...と、好意的に脳内補完するのになあ。

それでも、見習いコックのヒデくんの下ごしらえのシーンが見応えあったので、ひよっこにはまだ期待してます。

前作は、お絵かきしてちょっとチクチクしたら、あっというまにお洋服ができちゃってましたからね...
  • 未練がましいですが
ゴンゾウ 2017/06/14(Wed)01:59:20 編集
連日の書込み失礼致します。

どうしても急なストーリーの転換に気持ちが
ついて行けません。私の中には「向島電機編&
乙女寮」への未練が残っているからです。

やはり「すずふり亭編」へ移行するなら、愛子への別れを「けじめ」としてきちんと描いて欲しかった所です。(「乙女寮」への別れは、二人が
取り壊し前にも関わらず、大掃除をした時点で
伝わりました)
岡田さん自身が「すずふり亭編」に前のめりに
なり過ぎて、愛子さんへの気持ちが疎かになった
様に感じました。

そこに奥茨城への帰省やあかね荘のインパクトが重なって、あわただしさ且つ雑な印象になった
のは残念です。
  • Re:未練がましいですが
みっきー 2017/06/14 06:27
☆ゴンゾウさん
コメントありがとうございます。

やはり、愛子との別れのシーンは必要ですよね。
5人の仲間との別れを描いたんですから、
一番世話になった人とみね子がどう分かれたのか?

それで、みね子の心情が更に描かれるのに…って思います。
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 読者さまへお知らせ
NEW 2017/6/11 04:54更新】
2017年7月期 / 夏ドラマの期待度』を更新しました。
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 戦う君と読む33の言葉 「不安」「不満」「孤独」を乗り越え、折れない自信をつくる方法
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 ずるい日本語
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
おすすめ本 本当の仏教を学ぶ一日講座 ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 昭和40年代ファン手帳
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
おすすめ本 病気になるサプリ 危険な健康食品 その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
偽装の夫婦
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメSeason4
孤独のグルメ5
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
早子先生、結婚するって…
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
火の粉
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
増山超能力師事務所
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/5/17に1,300万アクセス達成を致しました。(感謝の記事