忍者ブログ
Top*Admin

[10098]  [10097]  [10096]  [10095]  [10094]  [10093]  [10092]  [10091]  [10090]  [10089]  [10088
2017/07/4 08:41 記事更新
映画「忍びの国」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『忍びの国』公式)を本日公開初日の夕方、劇場鑑賞。採点は、★★★★(最高5つ星で4つ)。100点満点なら70点にします。
なお、原作小説:和田竜氏の『忍びの国』は未読。

私の評価基準(映画用)

※当blogは、原則的に原作と映像作品は比較しない立場です。

ディレクター目線のざっくりストーリー(ちょい長め)

戦国時代。天下統一に向けて諸国を次々と攻め落とし、あの織田信長でさえも攻め入らなかった唯一の国が伊賀。そこには、超人的な戦闘能力を持ち、人を人とも思わぬ忍者たちが暮らしていた。

その中の一人・無門(大野智)は、虎狼の族(ころうのやから)と呼ばれる伊賀忍者たちの中では超凄腕だが、普段は無類の怠け者で、女房のお国(石原さとみ)の尻に敷かれている。

また、無門に弟を殺されて伊賀への復讐を果たそうとする下山平兵衛(鈴木亮平)や、盗賊・石川五右衛門に忍術を教えたとされる伊賀の伝説の忍者・百地三太夫(立川談春)や平兵衛の父で伊賀の武将・下山甲斐(でんでん)らの忍者たち内部の争いに、無門も巻き込まれていく。

そんな中で、天正7年9月、信長の次男・織田信雄(知念侑李)が父の命令に背いて、伊賀討伐に乗り出す。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の大軍。伊賀は武力や兵力で到底敵うはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍勢は想像を絶する秘策で織田軍に抗戦する…

大野智さん中心の "お祭り的アイドル映画" の一面はある…

『のぼうの城』等が人気の作家・和田竜の小説『忍びの国』を実写化した戦国エンターテインメント・アクション時代劇映画『忍びの国』。伊賀一の忍者なのに女房には頭が上がらない無門が、伊賀の最大のピンチを救うべく秘策の頭脳戦で織田軍に立ち向かう姿を壮大なアクションで描きつつ、命の大切や忍びの愛も描かれる…

演出は、『ジェネラル・ルージュの凱旋』『予告犯』等の中村義洋監督。主演は、中村監督作/映画『怪物くん』等のアイドルグループ「嵐」の大野智さん。衣裳は、巨匠・黒澤明の長女で数多くの黒澤作品の衣裳も手掛けた黒沢和子さん。音楽は、映画『図書館戦争シリーズ』の高見優さん。

脇役陣もバラエティーに富んだ俳優や芸人さんやタレントがわんさか登場。一種のお祭り的映画と言っても過言でない。更に、ナレーションが名優・山崎努さんなのだが、最後の最後に…言えない。もちろん、番宣で話題の大野さんと鈴木亮平さんとの「川」と呼ばれる1対1の決闘は見応え十分だ。

私の「伊賀の忍者」のイメージとは違う "忍び" が描かれる

原作は未読だが、原作と脚本が同じ和田竜氏だから、原作の設定の斬新さや新鮮さが小説より活かされているのだろう。やはり、物語として面白いのは、一般的な「伊賀の忍者」のイメージ “ストイックに修行をしご主人様のために命も投げ出して命を果たす” 的な007のようなカッコいいスパイみたいな忍者が出て来ないこと。

社会風刺はチラリズムで、誰もが楽しめる王道アイドル映画

そして、お金のためなら雇い主が誰でも構わず、任務のためなら人をと人も思わず、大人子どもも関係なく訓練する。それ以前に “忍び” はあくまでもお金のための “労働” と言う設定が新鮮だし興味深い。この設定なら、容易に現代風刺的作品に仕立てられるし、その方が “アイドル映画” のレッテルも貼られずに済むはずだ。

また、途中の戦国時代の日本地図なんてオジサン世代には懐かしい「カノッサの屈辱」風描画だから、オトナ世代向けのテイストをもっとふんだんに取り入れても良いのに、社会風刺は終盤にチラリと編集効果で魅せるだけ。最後の最後まで徹底的に大人も子どもも楽しめるアイドル映画の体を崩さずに、描き通したのはお見事だ。

"ジャニーズ" と言う色眼鏡を掛けて観るのは勿体ない

私はこう言う括り方をしたくないのだが、敢えて言うなら “ジャニーズタレント” と言う色眼鏡を掛けている人は見ても楽しめない作品に仕上がってる。なぜなら、監督の「いつもの大野さんで」の指示通りに、スクリーンの中で動く主人公「無門」は『VS嵐』で貼り切ってる大野さんの延長線上だから。

その上、戦国時代が舞台なのに信長が登場せず、話の中心は信長の次男・信雄と無門の対立構造で、その重要な信雄役が知念侑李(Hey! Say! JUMP)さんだから、トップツーがジャニーズってことになる。そのせいもあって、初日3回目の上映回でも400席中300席は埋まっていた。集客能力、映画ビジネスには大事なことだ。

伊勢谷さん相手にデリケートで難しい役柄を演じた知念さん

知念さんは、『必殺仕事人シリーズ』や『超高速!参勤交代』などの時代劇風映画に出演されているせいもあるだろうが、本作の信雄は演技の素人の私が見えても立川談春さん演じた百地三太夫よりも明らかに複雑な役。そんな役を伊勢谷友介さん相手に演じ切ったのはきちんと評価しないと。

「いつもの大野さん」が創出した,憎めない "ダーク・ヒーロー"

また、大野さんに話を戻せば、監督の「いつもの大野さんで」の真意は、自分が興味関心を抱いた事柄は徹底的にやり、そうでない部分は意外と手を抜くみたいなところでないかと(私はテレビや絵画やDVDでしか知らないが)。それが、「無門」と言う一風変わった “ダーク・ヒーロー” に反映されているのは、監督と俳優の秀逸さだ。

残念なところもある…

残念なところもある。まず、上映尺が125分と少々長い。出来れば95分位だとビールとポップコーンまで楽しめる。また、お国のバックボーンの描写が少ないから、折角石原さとみさんが、ぶりっこ演技を抑えて演じてる鬼嫁風の “無門の想い女” と、無門との純愛がちょっと薄っぺらに見えてしまった。

また、忍び同士の騙し騙されの心理戦で、誰が誰をどう騙し(呪い?)ているのか分かり難かった。「十二家評定衆」ももう少し説明があっても良かったような。

あとがき

人を騙し殺して任務を遂行し、金を貰って密かに生きる「悪」である忍びの心にも悲しみがあり、それ故に女を一途に愛したり、忍びの生活から逃げ出したい気持ちとの葛藤があると言うお話。そして、登場する善と悪のそれぞれにプライドや苦悩があり、善と悪も実は不確かな価値観であることを、鑑賞後に改めて考えさせられました。

これぞ、戦国エンターテインメント・アクション時代劇映画です。出演者のファンでなくても、十分に楽しめます。壮大なモブ(群衆)シーンも見応えあるので、是非大きいスクリーンを選んだ方がお得です。


“俳優・大野智” の最近の連ドラに関する当blogの人気記事一覧

【ドラマ『世界で一番難しい恋』の感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 最終回
  ※ 演出担当の中島悟氏から頂戴したコメントもあります!
『世界一難しい恋』の記事に、たくさんのWeb拍手をありがとうございます(2016/05/19)
「世界一難しい恋」演出担当の中島悟氏から、Web拍手とコメントを頂戴しました!(2016/06/16)
今度は「世界一難しい恋」演出の中島悟氏から「本物宣言」コメントを頂戴しました!(2016/06/17)
「世界一難しい恋」最終回の感想に、1,000回を超えるたくさんのWeb拍手とコメントをありがとうございます(2016/06/18)

【ドラマ『死神くん』の感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 最終回

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
映画「忍びの国」オリジナル・サウンドトラック
忍びの国 オリジナル脚本
シアターカルチャーマガジン T No,35 (忍びの国フライヤー付き)
シアターカルチャーマガジン T No,35 【忍びの国 ポストカード付き】
つなぐ(初回限定盤)(DVD付)
つなぐ(通常盤)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8405.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/451416459.html


[管理人からのお知らせとお願い]

【『2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』について】
2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』を投稿しましたので、秋のドラマライフの参考にして頂ければ幸いです。いつものように独断と偏見に満ち溢れていますが(苦笑)

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[75回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 無題
まこと 2017/07/02(Sun)18:39:19 編集
原作は読んでたので、ファーストデー1100円で見てきました。
原作の無門はめっちゃ痩せたひょろひょろのおっさんってイメージ(漫画はイケメン仕様になってますが)だったので大野さんどうなのか…と思ったんですが、ビジュアルも野暮ったくしてて逆にこれ大野さんファン大丈夫か?とも心配になりました。

かなり主要人物削られてて、最後まで見終わって「信長まで削られたか…」とちょっと残念。
和田先生も上映時間の問題で泣く泣く登場人物カットしたらしいので仕方ないんでしょうが…
ラストも原作と違う終わり方なのですが、この終わり方も好きでした。

最後の殺陣は申し分なく大満足。

ちなみに、ストイックに修行をしご主人様のために命も投げ出して命を果たすというのは甲賀の方らしく、
伊賀は常に派遣社員的な働き方が主流だったらしいです。

もし機会があったら原作も読んでもらいたいです。
  • Re:無題
みっきー 2017/07/02 19:16
☆まことさん
コメントありがとうございます。

>ちなみに、ストイックに修行をしご主人様のために命も投げ出して命を果たすというのは甲賀の方らしく、
>伊賀は常に派遣社員的な働き方が主流だったらしいです。

基本的に、説明不足なんですよね、本作は。
そこに原作者として脚本に関わったのだから、
もっと客観性が欲しかったです。

知ってる人は知ってる…じゃだめですよ。

>もし機会があったら原作も読んでもらいたいです。

うーん、ごめんなさい。多分、読みません。
映画は、もう一回見ようと思います。
  • 無題
ちはな 2017/07/03(Mon)13:29:56 編集
みっきーさん、見に行っていただけたんですね。
私は原作も漫画化された作品も読んで映画を見に行きました。
見に行った後の感想は、正直ガッカリしたというものでした。
みっきーさんのおっしゃる通り説明不足なんです。
お国や無門の行動には十二家評定衆の術があるのですが、そこに触れないから唐突に思えてしまう。
また主要人物を削ったがために、大膳が勘が良すぎる人間になっている。
場面転換も流れが良くなく感じて、見終わった後、期待値が高かっただけにすごく凹んでしまったくらいでした。
演技については、私も監督からの「大野さんのままで」指示が良くなかったとは思います。
いろんな口コミ見ても、大野さんが演技していないようにとられているし、やはり普段の姿が浮かんで無門に見られないという意見もありました。
とはいえ、私個人としてはしっかりひょうひょうとした演技をしていたと思いますし、ラストの鬼気迫る演技に心打たれました。
他の役者さんも皆素晴らしい演技で、それぞれのシーンはすごく良かったです。

初日を見た翌日もう一度この映画を見に行ってきました。
話の流れについては頭に入っているので役者さんの演技や細かい部分を注視してみたら、すごく面白かったです。
初回で気づかなかった伏線などにもようやく気づいて純粋に楽しめました。
なので、映画として良いかどうかは別として、複数回見に行って面白さが伝わる映画なのかもしれません。
私ももう一度(3回目)見に行こうと思っています。

私は映画見る前は山崎努さんが信長としてナレーションするのかと期待してました。
原作では信長が最後にも登場するからてっきり出てくると思ったんですけどね。
  • Re:無題
みっきー 2017/07/03 15:53
☆ちはなさん
コメントありがとうございます。

私の30年来の友人で、大野智大ファンの女性がいて、
「行くよね」的に言われたので、慌てて初日に行きました。
もちろん、見に行くつもりではあったんですけどね。

やはり、説明不足ですよね。
やっぱりなぁ。
ホント、勿体ないですよ。

大野智さんについては、
監督の演出も相まってですが、
忍者の動きにダンス風を取り入れたり、
時代劇なのにポップでリズミカルな映像が、
大野さん演じる無門に合っていて、
テンポが良い作品に仕上がって良かったです。

私も、今週中にもう一度見てみようと思います。
その節は、また感想を書くかもしれません。。。
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 朝ドラの55年 全93作品完全保存版
おすすめ本 「朝ドラ」一人勝ちの法則
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 98歳現役医師の“元気に長生き”の秘訣
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[11/20 ネロ]
[11/20 なあちゃん]
[11/20 ごろんた]
[11/20 カズキラママ]
[11/18 shin]
  • 2017年10月期 / 秋ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  民衆の敵(第4話)
火曜日
フジ 21:00  明日の約束(第5話)
TBS 22:00  監獄のお姫さま(第5話)
水曜日
テレ朝 21:00  相棒[16](第5話)
日テレ 22:00  奥様は、取り扱い注意(第7話)
木曜日
テレ朝 21:00  ドクターX[5](第6話)
フジ 22:00  刑事ゆがみ(第6話)
日テレ 23:59  ブラックリベンジ(第7話)
金曜日
テレ東 20:00  ユニバーサル広告社(第5話)
TBS 22:00  コウノドリ[2](第6話)
テレ朝 23:15  重要参考人探偵(第5話)
土曜日
なし
日曜日
TBS 21:00  陸王(第5話)
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  わろてんか(第43回・11/20)
【途中で離脱】
新宿セブン(第1話)
セトウツミ(第1話)
オトナ高校(第1話)
フリンジマン(第2話)
先に生まれただけの僕(第2話)
今からあなたを脅迫…(第4話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
遺留捜査[4]
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
僕たちがやりました
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
コード・ブルー[3]
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
ハロー張りネズミ
犯罪症候群[1]
光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひょっこ
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
わにとかげぎす
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/9/2に1,400万アクセス達成を致しました。(感謝の記事