忍者ブログ
Top*Admin

[11922]  [11921]  [11920]  [11919]  [11918]  [11917]  [11916]  [11915]  [11914]  [11913]  [11912

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  匿名さん (2018-09-30 08:05:43)
半分、青い。 (第156回/最終回・9/29) 感想

ミッキーさん、こんにちは。 オープニングでいきなり7月になっていたのにまずビックリ!扇風機の部品調達から製造までがすべてカット!スズメが頑張る姿が描かれないのに、なぜかスズメのお手柄。スズメはお金も出していないよね。発明も、営業も、製造もしていないよね。

なぜ岐阜で発表会??投資家の人を招いて、東京でやらないの?そこには津曲もいなかったし。 スズメはいつまで実家にいるの?扇風機を作ったら終わりじゃないよね。これから忙しくなるはずなのに。 何から何まで現実味がなく、何を訴えたいのかもわからない、まったく心に響かないドラマでした。

ただ、「今日はどんなひどい展開なのだろう」と、恐いもの見たさでみてしまい、毎回ツッコミを入れていました。視聴率とドラマの質は、必ずしも一致しないのかもしれませんね。

↓ここから管理人返信↓

炎上商法と言う言葉が普通になりました。それによって「見ている人数=作品の質」の理論は崩壊してますね。


[拍手投稿]  舞子さん (2018-09-30 09:37:07)
半分、青い。 (第156回/最終回・9/29) 感想

舞子です。  やっと終わりましたね。半年間の感想ブログありがとうございました。 半分でも良い感想が書ける作品でしたら良かったのですが゛良いとこ半分もなかったですね。毎日モチベーションを保っていく事はかなりの苦行だったのではないですか?  私は流し観でしたから(途中から切ることもありましたが)

もう何も感想ない感じですね。 ただ困った事に、次回作への期待感がまだ湧かないことなんです。笑てんかが終わったときは、もっと楽しみにしていいたと思います。 次回作も感想ブログは楽しみにしていますので宜しくお願いします。

↓ここから管理人返信↓

私も、『まんぷく』への期待感がどんどん低下中です。PR番組を見たり聞いたりしておりますが、私のイメージと全然違うんですよ。何て言うのかな? 作りものはとても当時を再現しているのに、登場人物や俳優さんたちがどう見ても平成時代って感じ。これ『わろてんか』と同じ傾向なのです。だから、心配。

妻は、「もう朝ドラの感想は止めたら?生活が楽しくなるよ」と言っています。


[拍手投稿]  ゆきこさん (2018-09-30 10:21:51)
半分、青い。 (第156回/最終回・9/29) 感想

こんにちは ゆきこです ブログお疲れ様でした このドラマを見てよかったなぁと思うことは、無意識にちゃんと演出とか細部をみてたんだなぁ 好き嫌いはあれこそ、半分青いのようなストレスを感じずに観られてたドラマの製作者さんありがとう…と思いました 好き嫌い以前のプロの創作物って初めて出会った気がします

↓ここから管理人返信↓

物語に視聴者を引き込んで、脚本や演出を感じさせないのが良作だと思います。


[拍手投稿]  匿子さん (2018-09-30 11:34:30)
母親の愛情に癒されるってこと、ありませんか?

心に残る話でした。ありがとうございます! 私はまだ子育て中の身で頭の大半は我が子のことでいっぱいの日々を過ごしております。常々思っていることを書かせてください。

時々「親はなくとも子は育つ」という言葉を聞きます。もちろんこれは親のネグレクトを容認する言葉ではありません。一方、現代は両親共働きの若い家庭が多く、子どもを保育園や学童または親戚に預ける親御さんが大勢いらっしゃり、子どもと共に過ごせる時間を持つことが本当に難しい世の中になっています。

思うように時間を取れず十分に子育てできていないと心を痛めている方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。そんな方々にお伝えしたいのは、子どもは親だけが育てているのではないと言うことです。保育士さんや先生、周辺の大人達、親族、本当にたくさんの手と気遣いによって守られて育っているのだと感じております。

それなので、大人としてできることの一つとして周囲の子ども達に気を配ろうと心がけています。我が子もたくさんの周囲の方々に助けていただいているので。話が反れてしまいました。すみません(汗

↓ここから管理人返信↓

「対 他人の子ども」と言う意味では、今は難しい時代になりました。昭和の頃は、他人の子どもでも危ないことやいけないことをすると “叱ってくれる大人” がいました。しかし、今は何か注意をしようものなら “干渉してくる敵” って見られることが多くなりました。だから私も、次第に見て見ぬふりをするように…

やはり、地域と個人のコミュニケーションがもっと密になるようにしないといけませんね。でもまた、ちょっとやり過ぎると「プライバシー侵害」と言われますし。せめて、親子の関係だけは素直になりたいものです…


[拍手投稿]  ちょもさん (2018-09-30 13:06:23)
母親の愛情に癒されるってこと、ありませんか?

いつも楽しく読ませていただいています。 記事を読み、CMを見て(私も気になっていたCMです)なんだか涙が出てきました。 母の愛、わかります。 私、50を過ぎているのに実家から帰る時は「夜道は危ないから」と、母は駅まで私を送ろうとします。徒歩で(笑)

いやいや、あなたをまた送り返さないといけなくなるから、と丁重にお断りしますが。 歩きながらなんだか泣けてきてしまって。 私にも娘がいますが同じことをしてしまいそうです。

このCM、お母さんの表情が好きで。 大げさな励ましではなく、静かに見守っていて。でも心配で。そして子どもの成果を見て涙する。ドラマを見るように見てしまいます(笑) 子役さんもとてもいい。好きなCMです。

↓ここから管理人返信↓

いつまでも、母と子どもの関係って変わりませんね。父と子どもは結構変わるような気がしますが。

因みに、娘役を演じているのは、「笹川 椛音(ささかわ かのん)」ちゃんで、2009年10月19日生まれの 8歳 (小2)です。
http://news-enter.com/profile/sasakawa-kanon/
下記のMVにも出演されています。


[拍手投稿]  通りすがり子さん (2018-09-30 14:12:11)
半分、青い。 (第156回/最終回・9/29) 感想

爽快感溢れるゴールとはなりませんでしたが、何はともあれ、完走なさったことは素晴らしい。 お疲れ様でした。 私も明日から視聴再開したいと思います。 面白いといいな。

「半分、青い」が終わったことで、ドラマや脚本家へのヨイショ記事を目にしなくなると安心していたのですが、今朝のYahoo!ニュースにまだ出てました。 でもこれもせいぜい一週間くらいですよね。 出来るだけ観ないようにはしたいと思いますが。

↓ここから管理人返信↓

土曜日の夕方から、提灯記事がわんさかと書かれていましたよ。何せ、AmazonのDVDや関連本のレビューを読むと、かなり売れていないことは容易に分かりますから、NHKからお達しが出たのでしょう。


[拍手投稿]  丸さん (2018-09-30 15:44:54)
半分、青い。 (第156回/最終回・9/29) 感想

丸です。 みっきーさん、半年間本当におつかれさまでした! 私はこのブログ記事を楽しみたいが為に頑張って最終回まで見てきました。 何一つ心に残らないドラマでしたね。 これを伝えたい、という確固としたものが脚本家にもスタッフにもなかったのだと思います。

漠然としたイメージしかなくて、なんとなく耳心地の良いポエムは思いつくのでそれは使いたい、みたいな。 いつも思うんですけど、みっきーさんみたいな視点を持った方は朝ドラの制作陣には入れないのでしょうか? 結構本気でみっきーさんプロデュースのドラマを見てみたいです。 とりあえずまんぷくの感想も楽しみにしています。

↓ここから管理人返信↓

私の仕事はテレビとは違いますが、私がディレクターとして思うように活躍出来る時は、相性の良いプロデューサーがいないとダメですね。クライアントは「こうして欲しい」と言いますが、私は「こうしたらもっと良くなる」と言い、その間で緩衝材になってくれるような。『まんぷく』もどうなるやら、『半分、青い。』の直後では不安しかないです…


[拍手投稿]  はむ太郎さん (2018-09-30 17:02:56)
母親の愛情に癒されるってこと、ありませんか?

みっきーさん、半年間の苦行、お疲れさまでした。 我が家では妻がとても楽しく視聴しており、 ギャップを明らかにもできず、それこそ二重の苦行でした。 どうかNHK様ならびにスタッフ様には、奇をてらうのではなく、それなりに万人受けする朝ドラをお願いしたいものです。 なにはともあれ、重ねて本当にお疲れさまでした。

↓ここから管理人返信↓

奇を衒わずに、普通に作れば良いだけだと思うのですが…


[拍手投稿]  翡翠さん (2018-09-30 21:22:59)
母親の愛情に癒されるってこと、ありませんか?

母は私が52歳の時に亡くなりました。 生きているときはよく喧嘩もしたし、この人とは気が合わん!と 泣いたこともありました。 しかし、亡くなってからその存在の大きさをあらためて 痛感している次第です。勿論、生きている間に 恩返しをしたい、と心では思っていたし、 自分にできる限りのことはしてきたつもりなのですが、 心配ばかりかけていたようにも思います。

今でも母が生きていてくれたら、と思うことが 幾度もあります。 いつまでも母を頼りにしている気持ちが 抜けないんだな、と気づきます。 生きていてくれるだけでどれだけ心の支えになっていたのか、 嫌というほど感じています。

↓ここから管理人返信↓

特に、「母と娘」は “同じ女性” として、親子としても「母と息子」とは違う感情があるでしょうね、


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


【"2019年4月期 / 春ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年4月期 / 春ドラマの期待度』更新(2019/5/5)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[13回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映画原作派のためのアダプテーション入門
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 10秒でズバッと伝わる話し方
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 新版 大人の発達障害に気づいて・向き合う完全ガイド
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 形容詞を使わない 大人の文章表現力
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 心理学でわかる ひとの性格・感情辞典
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 ゼロから分かる! 図解落語入門
おすすめ本 産声のない天使たち
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
その他のおすすめ本の記事は、“こちら” から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[05/27 さら]
[05/25 ゴンゾウ]
[05/25 ひろし]
[05/23 なっちゃんママ]
[05/23 名無しさん]
  • 2019年4月期 / 春ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~(第7話)
テレ東 22:00  スパイラル~町工場の奇跡~(第6話)
火曜日
関テレ・フジ 21:00  パーフェクトワールド(第5話)
TBS 22:00  わたし、定時で帰ります。(第6話)
水曜日
日テレ 22:00  白衣の戦士!(第6話)
木曜日
テレ朝 21:00  緊急取調室 第3シーズン(第6話)
フジ 22:00 
金曜日
TBS 22:00  インハンド(第7話)
テレ朝 23:15  家政夫のミタゾノ[3](第6話)
テレ東 24:12  きのう何食べた?(第8話)
土曜日
NHK 21:00  デジタル・タトゥー(第2話)
日テレ 22:00  俺のスカート、どこ行った?(第6話)
テレ朝 23:15 
日曜日
TBS 21:00  集団左遷!!(第6話)
日テレ 22:30 
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  なつぞら(第49回・2019/5/27)

【途中で離脱】
東京独身男子(第2話)
あなたの番です(第2話)
ストロベリーナイト・サーガ(第3話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
相棒 Season16
相棒 season17
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
明日の君がもっと好き
明日の約束
あなたには帰る家がある
あなたのことはそれほど
anone
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
アンナチュラル
家売るオンナ
家売るオンナの逆襲
生田家の朝
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの雨がやむ日まで
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
いつまでも白い羽根
イノセンス~冤罪弁護士~
今からあなたを脅迫…
遺留捜査[4]
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
オー・マイ・ジャンプ
おかしの家
掟上今日子の備忘録
奥様は、取り扱い注意
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ高校
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[か]
カーネーション
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
崖っぷちホテル!
家政夫のミタゾノ
家政夫のミタゾノ[2]
家族狩り
家族ノカタチ
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット
監獄学園
監獄のお姫さま
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
義母と娘のブルース
きみが心に棲みついた
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
99.9-刑事専門弁護士-[2]
今日から俺は!!
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金
グッド・ドクター
グッドパートナー
グッドワイフ
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
海月姫
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
刑事ゼロ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁ゼロ係[3]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
刑事ゆがみ
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚相手は抽選で
結婚式の前日に
獣になれない私たち
健康で文化的な最低限度の生活
限界団地
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ[1]
コウノドリ[2]
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
後妻業
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
孤独のグルメ[7]
コード・ブルー[3]
この世界の片隅に
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
コンフィデンスマンJP
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(さ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(た~な)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
バイプレイヤーズ2
バカボンのパパよりバカなパパ
ハゲタカ(テレ朝)
ハケン占い師アタル
はじめまして、愛しています。
初めて恋をした日に読む話
花子とアン
花咲舞が黙ってない
花のち晴れ~花男 Next Season~
母になる
ハラスメントゲーム
ハロー張りネズミ
半分、青い。
BG~身辺警護人~
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひよっこ
ひよっこ2
昼のセント酒
HERO[2014]
ファーストクラス[2]
FINAL CUT
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
不機嫌な果実
不便な便利屋
ブラックペアン
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
ブラックリベンジ
フリンジマン
フルーツ宅配便
ヘッドハンター
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
僕たちがやりました
ホクサイと飯さえあれば
僕とシッポと神楽坂
僕の初恋をキミに捧ぐ
僕のヤバイ妻
僕らは奇跡でできている
ホテルコンシェルジュ
ホリデイラブ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔
ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
まんぷく
未解決の女 警視庁文書捜査官
みかづき
Missデビル人事の悪魔・椿眞子
南くんの恋人
民衆の敵
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~
問題のあるレストラン
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
[や]
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ユニバーサル広告社
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
THE LAST COP/ラストコップ
ラストチャンス 再生請負人
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~
陸王
リスクの神様
リバース
リピート ~運命を変える10か月~
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
私のおじさん~WATAOJI~
わにとかげぎす
わろてんか
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2019年3月7日に2,000万アクセス達成を致しました。(感謝の記事