忍者ブログ
Top*Admin

[2268]  [2265]  [2264]  [2263]  [2261]  [2260]  [2259]  [2258]  [2257]  [2256]  [2255

映画「ロビン・フッド」

映画『ロビン・フッド(デジタル上映)』公式)を、本日(12/12)鑑賞。観客は30名ほど。

採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。
『ヤマト』で惨敗したので、私の好きなリドリー・スコット監督の出番ってとこで、監督以外の情報は、予告編だけで観たのですが、ロビン・フッドを意識しなかったのが正解だったように思います。

因みに、マイケル・カーチス監督の『ロビンフッドの冒険(1938)』、ディズニー・アニメの『ロビン・フッド(1973)』、ショーン・コネリーの『ロビンとマリアン(1976)』、ケビン・コスナーの『ロビン・フッド(1991)』の4作は観ていますが、なるべく本作単独の感想を書きます。

ざっくりストーリー

舞台は12世紀末。無能なイングランドのジョン王(オスカー・アイザック)を良いことに、仏軍が侵略戦争を仕掛ける。イングランド軍の弓の名手:ロビン(ラッセル・クロウ)は、運命の女性:マリアン(ケイト・ブランシェット)たちと仲間と仏軍を倒すべく立ち上がる…。
そう、これはロビン・フッドが英国伝説史上最大のヒーローになるまでの物語だ。

ロビン・フッドの固定概念を捨てられる人には、是非おススメの歴史スペクタクル!

ロビン・フッドと言えば、“シャーウッドの森に住む無法者(アウトロー)集団の首領”のイメージが一般的だと思うし、ケビン版を観たならその印象が強いと思う。
しかし、本作はロビン・フッドと言う伝説の男が誕生する前の、イングランド軍の弓矢の名手:ロビン・ロングストライドの戦争での活躍と数奇な運命を描いた歴史スペクタクル作品だ。
だから、従来のロビンの固定概念を捨てて、一人の英雄“ロングストライド”の物語を楽しめそうなら、是非おススメしたい一本。


今回は、4点とは言え、それなりに辛口の感想なので、「意見には個人差があるから」と寛大なお心の方のみ、右下からどうぞ。
採点の理由も含めて詳しい話はネタバレがありますので、ご注意ください。


ここからネタバレあります!






全編に余裕を感じる安定した画づくりが楽しめる!が、間延びを感じるかも?

私は、リドリー・スコット監督が好きだ。特にモブシーン(群衆を描いた場面)を超ロングショット(引きの画)とアップ(寄り)を巧みに組み合わせた客観性と臨場感の絶妙な表現方法は、本作の戦闘シーンでも健在。
画角(キャメラのアングルやサイズ)も奇をてらうことなく、基本に忠実な安定感は、キャメラマンのジョン・マシソン(映画『グラディエーター(2000)』の撮影監督)による。
しかし、観る人によっては、演出、キャメラ、編集は、間延びして感じるかもしれない。特に、冒険大活劇を期待していくと、似たような風景で、似たような決闘シーンが続くし、今風の超短いカットの連続つなぎ的な編集もあまりない…

脚本も配役も初心者向けに、わかりやすい。が、個性的かというと?

私のように歴史に詳しくない人でも、登場人物の紹介方法や順番が工夫された脚本だから、特に困ることは無いと思う。また、キャラクター設定も善悪がわかりやすいから、ほぼ大丈夫。何より、大自然を背景に見せる壮大な戦闘シーンに、勝手にロビンを応援したくなる。そんな作品。
しかし、引っかかる点が二つ。
一つは主役二人のお年頃感。46歳のラッセル・クロウと、41歳のケイト・ブランシェットが、これから伝説を作るにしてはちょっと歳をとってるかなと。もちろん、演技力は素晴らしいものがあるから、差し引きゼロだが。でも、やっぱり30歳代中盤までが雰囲気か?(苦笑)
もう一つは脚本のブライアン・ヘルゲランド。この人、最近では『「サブウェイ123 激突』も書いているが、「これをやりたい」と決めたら、そこしか目に入らない。脚本家に重要な客観性を時々大きく失う。今回は「ロビンの弓矢を書きたい」と決めたのか、弓さえ射れば良い様なほどに、似たような戦闘シーンの連続。他の脚本家はいなかったのだろうか…

ベテラン監督の余裕と貫禄を感じる!

とにかく演出に迷いが無い。強めで細かいメリハリをあえて避けて、大きな強弱のうねりを作って、ロングストライドの数奇な運命を描いているように思う。人物の感情表現もさりげなく、わかりやすく丁寧に描かれていて、ベテラン監督ならではの余裕と貫禄を感じた。
しかし、見方を変えると、2時間20分を長く感じる人もいるはず。何せ、戦闘シーンと言っても、鉄砲や大砲のドンパチは無し、シュッっと静かに射られた弓矢で、バタッっと倒れるだけ。お色気シーンも無いし、派手な山場が幾つもあるわけじゃないから…


久しぶりの4点なので、褒め殺ししようと思いましたが、やはり辛口になっちゃいました。やはり、100点満点の作品なんてあるわけないし、無いからこそ次の作品を観る楽しみがあるってことですよね、きっと。

この作品のポイントは2時間20分と言う上映時間だと思います。これまで書いたように、良い所だけ見れば、あっと言う間に過ぎてしまいます。逆、に欠点が気になり始めたら、特に前半の1時間は退屈でしょうがないはずです。その辺が、観て楽しめるかどうかの分岐点だと思います。参考になれば、良いのですが…

一通り物語が終わって、スクリーンがブラックアウト(暗転)しても席を立たないように。実は、本作中で一番カッコいいエンドクレジットのアニメーションがあります。これは必見です。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl  あとで読む
   

ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]
グラディエーター 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]
ロビン・フッドの冒険 スペシャル・エディション [DVD]
ロビン・フッド [Blu-ray] ケビン・コスナー (出演)

[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[6回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※なお、送られたトラックバックはブログ管理人が承認するまで公開されません。
  • 劇場鑑賞「ロビン・フッド」
日々“是”精進! 2010/12/12(Sun)16:36:33
「ロビン・フッド」を鑑賞してきました「グラディエーター」のリドリー・スコット監督が、再びラッセル・クロウを主演に迎え、伝説の義賊“ロビン・フッド”の物語を映画化したスペ...
  • ロビン・フッド
Akira's VOICE 2010/12/12(Sun)16:37:18
ロビンの名を借りた英国奮起ドラマ。   
  • 『ロビン・フッド』
こねたみっくす 2010/12/12(Sun)16:41:15
オッサンとオバハンの年齢不相応の色恋沙汰をジィさんが撮った、既視感だらけの時代活劇。これって正直どうなん?という感想しか出てこない映画でした。 本当にリドリー・スコッ ...
  • ロビン・フッド / Robin Hood
勝手に映画評 2010/12/12(Sun)17:41:34
12世紀の伝説の人物、ロビン・フッドを描いた映画。 ロビン・フッド自身は、その実在性が疑われている人物ですが、言い伝えられている伝承を下に上手く描かれています。劇中では、ロビン・フッドはロビン・ロングストライドと呼ばれていますが、何故ロビン・ロン...
  • ロビン・フッド(2010)
佐藤秀の徒然幻視録 2010/12/12(Sun)19:14:59
公式サイト。原題:Robin Hood。リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート、マーク・ストロング、マーク・アディ、オスカー・アイザッ ...
  • ロビン・フッド
LOVE Cinemas 調布 2010/12/12(Sun)22:11:09
伝説の義賊、ロビン・フッドの物語を『グラディエーター』の巨匠リドリー・スコット監督が壮大に描くスペクタクル大作だ。主演は同作でアカデミー賞に輝いたラッセル・クロウ。共演に『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のケイト・ブランシェット、『シャーロック・ホームズ』のマーク・ストロングといった豪華キャストが揃う。壮絶な戦闘シーンは興奮で手に汗握る。
  • ロビン・フッド
映画鑑賞★日記・・・ 2010/12/12(Sun)22:13:00
【ROBIN HOOD】 2010/12/10公開 アメリカ 140分監督:リドリー・スコット出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ウィリアム・ハート、マーク・アディ、オ ...
  • [映画『ロビンフッド』を観た]
☆仕事の後のレイトショーで見て、上映前まで多少の眠気があったのだが、すぐに吹っ飛んだ。  燃える男の作品だった。  私は、いわゆる「ロビンフッド」の定番の流れを知らなくて、この作品ではじめて知ったのだが、今回のリドリー・スコット監督版が...
  • 映画レビュー「ロビン・フッド」
Robin Hood - O.S.T.◆プチレビュー◆伝説的義賊の誕生秘話を虚実を巧みに絡めて描く歴史アクション。肉食系オヤジヒーローに注目だ。 【65点】 12世紀末。イングランドの十字軍遠征の ...
  • ロビン・フッド
だらだら無気力ブログ 2010/12/13(Mon)00:28:44
『ワールド・オブ・ライズ』『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・ スコット監督が同じく『ワールド・オブ・ライズ』『アメリカン・ギャング スター』のラッセル・クロウを主演を迎え、イギリスの伝説の義賊“ロビン・ フッド”の誕生を描いた歴史スペクタクル大作…
  • ロビン・フッド
イングランド北部のノッティングガム、シャーウッドの森にいたとされる弓の名手ロビン・フッドの伝説と12世紀末の歴史上の人物とうまく融合した歴史アクション映画になっている。戦闘シーンは迫力満点で、フランスとイギリスの領土争いやマグナ・カルタまで取り込んだ脚本が
  • 映画:ロビンフッド Robin Hood 運命的にヒーローになる男の姿。すぐにでも続きが見たい(笑)
2時間20分もあるというので、実は、ちょっと焦っていた。 (最近、ちょっと根性ない) のだが、 始まって早々に悟る。 リドリー・スコット印で「つまらない訳ないじゃない」と! ストーリー構成が見事。 物語を紡ぐベースとな...
  • 「ロビン・フッド」感想
姫君には、騎士(ナイト)も夜(ナイト)も大切だ。セピア色とブリティッシュグリーンの背景、主人公の馬は白、姫君は青いドレス、衣装も鎧も色彩の組み立てもキャラクターの設定も...
  • 映画「ロビン・フッド」感想
タナウツネット雑記ブログ 2010/12/14(Tue)23:08:58
映画「ロビン・フッド」観に行ってきました。 12世紀末のイギリスを舞台に伝説上の無法者(アウトロー)にして弓の名手とされるロビン・フッドの活躍を描いた作品。 物語は、十字軍で有名なイングランドのリチャード獅子心王が、フランスのシャールース城を攻撃しているところから始まります。 主人公であるロビン・フ
  • 『ロビン・フッド』 歴史が生み出すヒーロー像の違いとは?
映画のブログ 2010/12/17(Fri)00:28:21
 ユーラシア大陸の西端と東端に、それぞれちっぽけな島国がある。  12世紀末、東端の島では源頼朝が征夷大将軍になり、武家政権を確立していた。  同じころ、西端の島では十字軍と称して大陸へ侵攻してい...
  • 「ロビン・フッド」 Robin Hood (2010 ユニバーサル)
事務職員へのこの1冊 2010/12/17(Fri)22:05:34
ロビン・フッド?  確か悪代官と対決する弓の名人だよな。シャーウッドの森にいるん
  • ロビン・フッド
象のロケット 2010/12/17(Fri)22:11:56
12世紀末。 十字軍の兵士としてフランスで戦っていたロビンは、イングランドの騎士ロバート・ロクスレーの暗殺現場に遭遇。 ロバートの遺言を聞き入れ、彼の父でノッティンガムの領主であるサー・ウォルターに剣を届ける役目を引き受ける。 頼まれてロバートの身代わりになったロビンは領民たちの人気を集め、ロバートの未亡人マリアンとも心が通いあっていくのだが…。 アクション・アドベンチャー
  • 映画「ロビン・フッド」
FREE TIME 2010/12/20(Mon)22:47:55
映画「ロビン・フッド」を鑑賞。
  • Robin Hood / ロビン・フッド
我想一個人映画美的女人blog 2010/12/21(Tue)11:32:08
暴れん坊、ラッセル・クロウ×リドリー・スコット、5度目のタッグ よっぽど好きなのね
  • 映画『ロビン・フッド』劇場鑑賞
続・蛇足帳〜blogばん〜 2010/12/22(Wed)19:33:20
 久しぶりに映画館へ行きまして、リドリー・スコット監督&ラッセル・クロウ主演の『ロビン・フッド』を観て来ました。  舞台は12世紀末のイングランド。  弓の名手のロビン・ロングストライド(ラッセル...
  • ロビン・フッド
ゴリラも寄り道 2010/12/23(Thu)01:12:51
<<ストーリー>>12世紀末、ロビン(ラッセル・クロウ)は十字軍の兵士として フランスでの戦闘に加わっていた。ある日、イングランドの騎士ロバートの暗殺現場に居合わせた彼は その遺言を受け、ロバー...
  • ロビン・フッド
悠雅的生活 2010/12/25(Sat)20:32:07
幾度でも立て。子羊が獅子となるまで。
  • ロビン・フッド
映画的・絵画的・音楽的 2010/12/25(Sat)23:11:54
 きっと痛快無比な映画に違いないという予感がして、『ロビン・フッド』を見に、TOHOシネマズ日劇に行ってきました。こうした冒険活劇を見るなら、大画面を備えた劇場に限ると思ったものですから。...
  • シネトーク45『ロビン・フッド』●ロビン・フッドになったと思ったら話が終わっちゃったよ
ブルーレイ&シネマ一直線 2010/12/26(Sun)07:25:40
? 映画バカコンビ てるお と たくおの ぶっちゃけシネトーク 映画好きな2人が話題作を斬る!・・・・ほどでもないシネマトーク シアター45/『ロビン・フッド』の回 監督・製作:リドリー・スコット 製作・出演:ラッセル・クロウ 出演:ケイト・ブ
  • ロビン・フッド■反体制ゲリラのすすめ
映画と出会う・世界が変わる 2010/12/26(Sun)19:07:05
ロビン・フッドといえば、シャーウッドの森の義賊ということでスポーティーなイメージなのであるが、ここでは全く違う。重く、肉食系のヒーローである。ケビン・コスナーの軽量級ロ...
  • ロビン・フッド Marionよ、そこに来たらあかんやろ!ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ
労組書記長社労士のブログ 2010/12/27(Mon)11:01:12
【{/m_0167/}=56 -16-】 年末年始になって、観たい映画目白押しなのに、自分自身が忙しくて観に行けない!(ノ_<。)ビェェン 年末年始に掛けて精力的に見なければ!p(。・_;。)qガンバルッ  12世紀末。イングランドの獅子心王リチャード1世率いる十字軍遠征隊に参加していた弓の名手、ロビン・ロングストライド。フランス軍との戦闘でリチャード王が落命して間もなく、仲間と共に部隊を離れたロビンは、リチャード王の王冠を持ち帰る使命を帯びた騎士ロクスリーが闇討ちされる現場に遭遇する。瀕死のロク...
  • ロビン・フッド
ロビン・フッド'10:米、イギリス◆原題:ROBIN HOOD◆監督:リドリー・スコット「グラディエーター」「プロヴァンスの贈りもの」◆出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、ウィ ...
  • 映画:ロビン・フッド
よしなしごと 2011/01/07(Fri)02:37:55
 キック・アスを観に行ったら最前列3列しかあいていないと言われ、翌日のチケットを購入。そのまま帰るのもしゃくなのでロビン・フッドを観てきました。2010年に鑑賞したのですが、レビューアップは年を越えてしまいました(汗)。  しつこいようですがこの映画も株主優待&ポイントカードで、無料で鑑賞できました。こんな良い映画がプレミアシートで無料で見られるなんて、幸せ(笑)。
  • 映画『ロビン・フッド』を観て
KINTYRE’SDIARY 2011/01/24(Mon)23:35:28
10-79.ロビン・フッド■原題:RobinHood■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:140分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:12月11日、渋東シネタワー(渋谷)■料金:1,600円...
  • Blu-ray:ロビンフッド Robin Hood ディレクターズ・カット版の感想
公開時「2時間20分もあるというので、実は、ちょっと焦っていた」 が、始まって早々に「リドリー・スコット印で「つまらない訳ないじゃない」と悟った。 結果、極私的 2010年 映画鑑賞 ベスト10!(アップ)  の上位に食い込んだ。 この作品のDVD...
  • ロビンフッド
HEAVEN INSITE's Blog 2011/04/16(Sat)16:39:28
 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆」  我々の要求は陛下…自由です。法が認める自由です。  いや~長い!長いけどよくストーリーがまとめられている!すごい。普通ならドチャ
  • ロビン・フッド (Robin Hood)
Subterranean サブタレイニアン 2011/04/20(Wed)16:08:46
監督 リドリー・スコット 主演 ラッセル・クロウ 2010年 アメリカ/イギリス映画 156分 アクション 採点★★★★ なんとも当たり前の事なんですが、伝説の人物って、その伝説の部分が面白いから人気があるんですよねぇ。実在の人物の伝説であっても、本当か嘘かを…
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 戦う君と読む33の言葉 「不安」「不満」「孤独」を乗り越え、折れない自信をつくる方法
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[08/18 名無しさん]
[08/18 あき]
[08/17 鉄の女]
[08/17 ちはな]
[08/17 てる]
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
犯罪症候群[1]
光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/5/17に1,300万アクセス達成を致しました。(感謝の記事