忍者ブログ
Top*Admin

[2467]  [2466]  [2465]  [2464]  [2463]  [2462]  [2461]  [2460]  [2457]  [2458]  [2456

ヒア アフター

映画『ヒア アフター』(デジタル上映)公式)を、初日(2/19)鑑賞。初日の夕方の回で観客は40名ほど。

採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら55点。予告編での期待の仕方で、だいぶ評価が変わるように思う作品。

ざっくりストーリー

かつて死者の声を聞くことが出来る霊能力者だったジョージ(マット・デイモン)だが、今死後の世界との交信に疲れ、その能力に嫌悪感さえ抱いている。
フランスで有名なジャーナリスト・マリー(セシル・ドゥ・フランス)は、恋人と休暇中の東南アジアで津波にのまれ臨死体験し、不思議な光に捉われる。
イギリスで暮らす少年マーカス(フランキー・マクラレン)は、突然の交通事故で双子の兄を亡くし、いつか兄に再会したいと願う。
それぞれの“死”の体験によって人生が変わってしまった3人が、ある日、イギリスのとある場所に引き寄せられ、人生が交錯して行く…

今回は、ごく少人数向けのレビューでございます!

以前、「このブログは万人向けじゃない!」との苦言を頂戴したが、むしろ毎日四千近くのアクセスを頂き、困惑している位。あくまで、私の日記だから、共感して下さる方が一人でもいればそれで良い。今回はそんなレビューになる…

元霊能者が、人類や地球の未来を変える話ではありません!

(ごく少数かと思うが)「そうなの?」と思われた方は、まず本作をお薦めしない。予告編の見方によってはそう思うはず。しかし、本作は上記のように、「元霊能力者の男」と「臨死体験した女」と「双子の兄を亡くした少年」の3人が織り成す、生死や運命を扱う人間ドラマ。


【追記 2011-02-20 16:00】
本作のVFXのメイキング映像を見つけました。これを見てから劇場に行くのも悪くないと思います。
【当blog内リンク】
映画「ヒア アフター」のVFX(視覚効果)メイキング映像


今回も相当辛口の感想なので、出演者や監督はじめスタッフのファンの方や、最初から3点の採点に異論のある方は、読まないでください。
「意見には個人差があるから」と寛大なお心の方のみ、採点理由も含めて、詳細はネタバレが含まれますので、ご理解の上、“右下”よりお進み下さいませ。


ここからネタバレあります!














サントラが良い!

全篇に流れるちょっとレトロな雰囲気の物悲しいサントラが良い。ピアノやエレキギターのシンプルなメロディーに、わずかなバック演奏がついたアナログな音楽。サウンドトラックから映像が作れるような雰囲気。
実は、本作は感情の描写を抑え気味に作られている。また、ジョージ(マット・デイモン)の過去について、殆んど語られない。観客の「何があったんだ?」と言う問いに、「まあ、若いの、落ちつけよ」とこのサントラがイーストウッド監督の代弁をしているように聞こえた。

“スピリチュアル”や“あの世”を信じるなら楽しめる?

“スピリチュアル”や“あの世”を信じるなら楽しめる、とは言い難い。私はお墓参りは好きだし、先祖も敬うが、“スピリチュアル”も“あの世この世”を信じない。信じないから低評価、信じるなら高評価になるような作品でない。
なぜなら、本作がそれらの“完全な肯定派でない”から。肯定も否定もしない中間派。たぶん、最も人数が多い層向けに。興業的な成功を狙ったイーストウッド監督の裁量なのだろう。だから、私のレビューは超少数派と言うことだ(笑)

正直、アタマとケツは面白い。あとは引き延ばし過ぎ?

冒頭の津波のつかみは最高。期待感を膨らませる。そして、臨死体験をするフランスの女性、兄を失うイギリスの少年、死者と話せる元霊能力者のアメリカ男性が、描かれる。
この部分が、交互に入れ替えながら出会うまでが、妙に長く感じた。事前に知らなくても、流れで「出会う」のはわかるから、ちょっと引き延ばしすぎかも。
しかし、散々引き延ばしたラスト30分間は見応えがある。でも、最後の結末も、中間層向けの中途半端なエンディング。ちょっと残念。


今回もいつものように、予告編以外の情報は最小限で観に行きました。それが失敗だったと思います。“スピリチュアル”や“あの世”のお話です。観ようかお悩みの方は、あらすじを読んでから決めた方が良いと思います。

劇場内のあちこちから、序盤からすすり泣きが聞こえてきましたから、楽しめる方の方が多いと思います。一方、1時間を過ぎた辺りから、ざわついてきました。やはり中盤がちょっと間延びしているのが影響しているのでしょう。

クリント・イーストウッド監督作品としては、結構抑え気味の演出で、後半のヨーロッパ映画のような雰囲気は悪くありません。しかし、観客に解釈を委ねたエンディングは、本作においては、私の好みではありませんでした。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl  あとで読む
   

Hereafter: Original Motion Picture Score
あの世に聞いた、この世の仕組み [単行本]
体外離脱するサラリーマン―ヘミシンクで“誰でもできる”不思議体験 [単行本]
死ぬときに人はどうなる10の質問―あなたは考えたことがありますか? [単行本]

[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[11回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • TB有難うございました
シムウナ URL 2011/03/13(Sun)14:36:22 編集
相変わらずクリント・イーストウッド監督は
良質な作品を提供してくれます。
死後の世界はどうなるか?
生きている我々にとってこの先の命題かも
しれませんね。自分は無の世界だと
思ってます。ただ、死んだ人はこの世に
戻らないので精いっぱい、誰かを愛したいと
願う今日この頃です。
  • Re:TB有難うございました
みっきー 2011/03/13 14:39
☆シムウナさん
私にとっては複雑な感じもありましたが、面白い作品でした。
それに、冒頭の津波のシーン、今思い出しても怖いです…
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※なお、送られたトラックバックはブログ管理人が承認するまで公開されません。
  • 劇場鑑賞「ヒアアフター」
日々“是”精進! 2011/02/20(Sun)13:49:24
「ヒアアフター」を鑑賞してきました「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督とスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマ...
  • 『ヒア アフター』
こねたみっくす 2011/02/20(Sun)15:15:20
死を忘れるのではなく、受け入れて生きていく。 クリント・イーストウッドやスティーブン・スピルバーグの死生観の下、この映画を通して彼らが言いたいことは何となく分かるので ...
  • ヒア アフター
Akira's VOICE 2011/02/20(Sun)15:45:19
静かで前向きな物語。   
  • ヒア アフター / HEREAFTER
勝手に映画評 2011/02/20(Sun)16:03:31
齢80を超えて、まだまだ健在のクリント・イーストウッド監督作品。臨死体験という、非常に深いテーマを扱っています。 物語の冒頭、いきなり津波のシーンから始まります。2004年のスマトラ沖地震に依る大津波を彷彿させますが、定かではありません。その後、物語中盤で、...
  • ヒア アフター
佐藤秀の徒然幻視録 2011/02/20(Sun)17:19:11
丹波哲郎化したクリント・イーストウッド 公式サイト。原題:HEREAFTER(来世)。スティーブン・スピルバーグ製作、クリント・イーストウッド監督、マット・デイモン、セシル・ドゥ・フラ ...
  • ヒアアフター    まさに芸術だ
人間は死んだ後どうなるのか、それはもはや宗教の世界の問題になってくる。その問題に真正面から取り組んだのがすばらしい。2時間を越える上映時間に無駄なシーンはない。イースウッド監督の手腕はますます冴え渡り、映像としての芸術作品になっている。人間は死んだ後、生き
  • 映画:ヒア アフター 「死別」に苦しむ人々に降り注がれ続けるイーストウッドの眼差し。
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではなかった。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っていたが。 ところが、最近の「チェンジリング」でフまずァースト・ダウン...
  • ヒア アフター
小泉寝具 ☆ Cosmic Thing 2011/02/20(Sun)20:54:28
 アメリカ  ドラマ  監督:クリント・イーストウッド  出演:マット・デイモン      セシル・ドゥ・フランス      フランキー・マクラレン      ジョージ・マク ...
  • ヒアアフター
悠雅的生活 2011/02/20(Sun)21:03:32
野球帽。チャリングクロス駅。ディケンズの朗読。
  • ザ・タウン/ THE TOWN
我想一個人映画美的女人blog 2011/02/20(Sun)21:08:20
ランキングクリックしてね ←please click ベン・アフレック監督第二作目。東京国際映画祭クロージング作品。 ロンドンで、まだ〜むと「
  • 映画「ヒアアフター」感想
タナウツネット雑記ブログ 2011/02/20(Sun)21:20:10
映画「ヒアアフター」観に行ってきました。 クリント・イーストウッドが監督を、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮をそれぞれ担っている、マット・デイモン主演作品です。 映画「ヒアアフター」では、人の死と死後の世界をテーマに、それぞれ3人の人物にスポットを当てたストーリーが展開されます。 1.インドネ
  • 【映画】ヒア アフター
★紅茶屋ロンド★ 2011/02/20(Sun)23:50:04
<ヒア アフター を観て来ました> 原題:Hereafter 製作:2010年アメリカ ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 試写会にて鑑賞してきました。すごく見たかった作品だったので、嬉しいです。 現在80歳になる、クリント・イーストウッド監督の最新作です。私、「グラン・トリノ」くらいしか、イーストウッド作品(出演含めて)は知らないので… 今後、もっと昔の作品もチェックしたい!と思います。 今までの作品とはちょっと気色が違う雰囲気ですが、扱っているテーマこそアレですけど、訴えかけてくるものは「...
  • ヒア アフター
LOVE Cinemas 調布 2011/02/21(Mon)00:52:47
クリント・イーストウッド監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮という巨匠2人がタッグを組んだ作品。生とは何なのかに正面から取り組んだ意欲作だ。主演は『インビクタス/負けざる者たち』でもタッグを組んだマット・デイモン。共演に『シスタースマイル ドミニクの歌』のベルギー人女優セシル・ドゥ・フランス、ジョージ、フランキー・マクラレン兄弟。
  • 『ヒアアフター』(2010)/アメリカ
NiceOne!! 2011/02/21(Mon)00:56:43
原題:HEREAFTER監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ド・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア試写会場:ニッショー...
  • 「ヒアアフター」のラストは「ローマの休日...
映画と出会う・世界が変わる 2011/02/21(Mon)09:00:31
ともすれば、変な映画、オバカ映画の類になりがちな題材であるが、最後まで格調高いドラマ展開で観客をひっぱっていくその力量、そして、冒頭の迫力とリアル感に満ちたスペクタクル...
  • 「ヒア アフター」 HEREAFTER
俺の明日はどっちだ 2011/02/21(Mon)17:52:31
・ ウディ・アレン同様、老いてなお盛んとでも言うべきか、ここ最近はほぼ1年に1作のペースで次々と新作を発表し、今や巨匠と呼ばれるようになってしまったクリント・イーストウッド監督の新作である今回の作品、実は予告編を観る限りは、いささか苦手の分野に手を染め...
  • ヒア アフター
象のロケット 2011/02/21(Mon)20:07:51
死後の世界との交信に疲れ果てたアメリカの霊能力者ジョージ、死後の世界を見てしまったフランスのジャーナリスト、マリー、交通事故で亡くなった双子の兄との再会を願うイギリスの少年マーカス。 “死”に直面したことにより人生が変わってしまった3人がイギリスで出会う。 「人は死んでしまったら、いったいどこへ行くのだろうか?」 彼らが導き出した答えとは…? ヒューマン・ドラマ。
  • 「ヒアアフター」において霊能者も臨死体験...
映画と出会う・世界が変わる 2011/02/22(Tue)00:41:30
死後の世界とは映画の題材としては異色であり、際物と見られがちであるが、イーストウッド監督作品としては特長のひとつである。「荒野のストレンジャー」では、復讐の為に死神とし...
  • 『ヒア アフター』 ボーナスはないものと思え!
映画のブログ 2011/02/22(Tue)07:27:15
 私は世事にうといので、小田嶋隆氏のコラムではじめて「パワースポット」なるものがはやっていたことを知った。2010年のことである。  パワースポット――敢えて訳せば「力のある観光地」となるだろうか。パ...
  • 人生は必然で出来ている。『ヒア アフター』
水曜日のシネマ日記 2011/02/22(Tue)14:03:57
生と死を身近に体験した人間の物語です。
  • ヒア アフター  「割れ鍋に閉じ蓋」 か〜?英語で言や〜Every Jack has his Jillや〜(笑)
労組書記長社労士のブログ 2011/02/22(Tue)23:49:48
 この映画、2つの試写会に当選していたのだけど、どっちも行けなかった。 今の役職(書記長→執行委員長)になってから、様々なアポを空いている日にどんどん放り込んでいて、平日夜のあらかじめフリーな時間がほぼ皆無になっているせいだ。 正直、なんだかなあ〜って感じ...
  • 最初から最後まで起伏の少ない上品な映画「ヒアアフター」
てんシネ探検隊 2011/02/23(Wed)08:54:31
ちょっと、期待しすぎてしまいました。 冒頭、韓国映画のTSUNAMIを上回るプー
  • ヒア アフター【試写会】
★★むらの映画鑑賞メモ★★ 2011/02/23(Wed)12:49:45
作品情報 タイトル:ヒア アフター 制作:2010年・アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、マルト・ケラー、ティエリー・ヌーヴィック あらすじ:霊能力者としての才能にふたをして生きているアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)、津波での臨死体験で不思議な光景を見たフランス人のマリー(セシル・ドゥ・フランス)、亡くなった双子の兄と再会したいイギリスの少年マーカス。ある...
  • 映画「ヒア アフター」@ヤクルトホール
masalaの辛口映画館 2011/02/23(Wed)13:45:07
 客入りは7割くらい。試写会の主権はラジオ日本「イエスタデイポップス・ウィズ・シネマダイヤリー」さんだ。映画上映前に横山明日香さんのMCでスポンサー様からの商品案内と抽...
  • ヒア アフター
★★★★★ 雄花と雌花と蜜蜂 サンフランシスコとパリ。 遠く離れて生きる男女が出会うべくして出会う物語。 人は過去に囚われて生きている。 その過去とどう折り合いをつけて未来を見つめるか...
  • ヒア アフター
SUPER BLOG.JP 2011/02/27(Sun)20:01:15
「クリント・イーストウッドにハズレなし」 この言葉に?偽りなし。 今回も間違いなし、でした。 感服しました。 マイルス・デイヴィスが「俺は音楽を喰って生きているんだ」と言ったように。 クリント・イーストウッドも「映画を喰って生きているんだ」ろうと思う。 スティーヴン・スピルバーグが名を連ねてますけど何やったんだろう?と思って観たんですが。 作品が始まってすぐわかりました。 (ああ、、、、この津波
  • 「ヒアアフター」感想
狂人ブログ ~旅立ち~ 2011/03/04(Fri)19:47:21
 「グラン・トリノ」「インビクタス」のクリント・イーストウッド監督最新作は、双子の兄を亡くした少年、臨死を経験した女性キャスター、人の死に触れる事に疲れ果てた元霊能力者...
  • ヒア アフター
映画的・絵画的・音楽的 2011/03/05(Sat)22:35:15
 『ヒア アフター』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)本作品を監督したクリント・イーストウッド監督の映画は、最近では『インビクタス』や、『チェンジリング』、『グラン・トリノ』を見ているので、この映画も頗る楽しみでした。  本作品は死を巡るものといえま...
  • 『ヒア アフター』 映画レビュー
『 ヒア アフター 』 (2010)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、フランキー・マクラレン、ジ...
  • 映画「ヒア アフター」何より今が一番大切だということ
soramove 2011/03/12(Sat)10:44:13
「ヒア アフター」★★★☆ マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、 フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、 ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード出演 クリント・イーストウッド監督、129分、2011年2月19日公開 2010,アメリカ,ワーナー (原作:原題:HEREAFTER)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 今日の午後、名古屋でも激しい揺れを伴う 地震が...
  • ヒアアフター/HEREAFTER
ゴリラも寄り道 2011/03/13(Sun)02:18:16
<<ストーリー>>霊能力者としての才能にふたをして生きているアメリカ人のジョージ (マット・デイモン)、津波での臨死体験で不思議な光景を見たフランス人のマリー (セシル・ドゥ・フランス)、亡く...
  • ヒア アフター
だらだら無気力ブログ 2011/03/13(Sun)02:21:09
「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督と スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマン ・ドラマ。 死後の世界をテーマに、それぞれのかたちで死と向き合った三者の人生が 運命にいざなわれるがごとく絡み合っ…
  • 『ヒア アフター』
京の昼寝〜♪ 2011/03/18(Fri)20:14:40
  □作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッド       □脚本 ピーター・モーガン   □キャスト マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フラ...
  • 2.ヒア アフター
映画コンサルタント日記 2011/03/19(Sat)11:45:55
上映スクリーン数: 291オープニング土日動員: 14万2094人オープニング土
  • ヒア アフター
ヒア アフター'10:米◆原題:HEREAFTER◆監督:クリント・イーストウッド「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:マット・デイモン、セシル・ド・フランス、フランキー・ ...
  • 映画『ヒアアフター』を観て
kintyre's Diary〜Goo Version 2011/05/01(Sun)21:06:25
11-20.ヒアアフター■原題:Hereafter■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:アンゼたかし■鑑賞日:3月13日、渋谷シネパレス■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド□脚本・製作総指揮:ピー...
  • ヒア アフター マット・デイモン主演 クリント・イーストウッド監督
パリで活躍するジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、恋人と一緒に休暇で訪れていた東南アジアで、津波に遭遇。波に飲まれて生死の境を彷徨ったものの、何とか一命を取り留める。 一方、サンフランシスコでは、かつて霊能者として活躍したものの、死者との対話に
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 戦う君と読む33の言葉 「不安」「不満」「孤独」を乗り越え、折れない自信をつくる方法
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[07/27 名無しさん]
[07/26 平野政孝]
[07/26 そーたんばば]
[07/25 招き猫]
[07/25 hectickep]
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
犯罪症候群[1]
光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/5/17に1,300万アクセス達成を致しました。(感謝の記事