忍者ブログ
Top*Admin

[2694]  [2693]  [2692]  [2691]  [2690]  [2689]  [2688]  [2687]  [2686]  [2685]  [2684

ブラック・スワン

映画『ブラック・スワン』公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演23時過ぎの割りに観客は約20名は多いと思う。

採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。

ざっくりストーリー

ニナ(ナタリー・ポートマン)はニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナ。技術は完璧で優等生タイプの女性。ニナを産み引退した、元バレリーナでステージママ的な愛情の持ち主の母親エリカ(バーバラ・ハーシー)と一緒暮らしている。
ある時、芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)が花形プリマ(主役)のベス(ウィノナ・ライダー)を新シーズンの『白鳥の湖』から降板させることを決め、ニナがプリマの第一候補として躍り出る。
しかし、優等生のニナが演じる「白鳥」は自他共に認められたが、官能的で強(したた)かな「黒鳥」を演じるには大きな壁が立ちはだかっていた…

人間の心に潜む様々な対極の世界を自由に行き来する!

久し振りに奇を衒わない映画らしい映画を楽しめた。人間の心の中に潜む様々な対極的な要素を見事に映像化していると思う。
もちろんキャスティングは良い。しかし、それ以上に監督の演出(特にカット割りと音楽の使い方)やキャメラも編集もCGも素晴らしい。
いずれも「明るい舞台と暗い舞台裏」、「舞台上の笑顔と日常の苦悩」と言った対極の世界の境界線を、自由に行き来する独特の感覚を創造している点も見逃せない。

名作だが、誰にでもおススメはできないのが残念…

まず、バレエが好きで、美しい『白鳥の湖』を演じるプリマが主役を射止めるまでのヒューマン・ドラマを期待しちゃダメ。また、お子様にバレエを習わせていて、親子で観ようと言う方はまず『R15+(15歳未満は観覧禁止)』だからお察しを。また、カップルで気軽にバレエ映画でも観ようか?と言うのも厳しいかも。
最後に、第83回アカデミー賞「主演女優賞 」の演技を見ようと思ってる人へ。私の左隣の50代のご夫婦と右隣の30代の男性二人組が、中盤から最後まで「わからない」を連呼して帰って行ったのを付け加える…


今回も相当辛口の感想なので、出演者や監督はじめスタッフのファンの方や、最初から4点の採点に異論のある方は、読まないほうが良いかも。
「意見には個人差があるから」と寛大なお心の方のみ、採点理由も含めて、詳細はネタバレが含まれますので、ご理解の上、“続きを読む”よりお進み下さいませ。


ここからネタバレあります!














事前にバレエ『白鳥の湖』を知っておくと楽しめる!

劇中でも解説されるが、バレエ『白鳥の湖』をご存じない方は、知っておくと特にラストの舞台のシーンをより楽しめるはず。そこで簡単にご紹介。ご存知の方はスルーで。

バレエ「白鳥の湖」のあらすじ…

昔々、ある森の湖に、美しい白鳥たちが住んでいました。実はその白鳥たち、悪魔ロットバルトによって、昼間は白鳥、夜は人間の姿に戻ると言う魔法をかけられた囚われの身でした。
ある晩、湖の近くに住む王子ジークフリートは、美しいオデット姫と出会い恋に堕ちます。そして、王子は姫は魔法をかけられていることを知り、魔法の解き方を聞きます。 その方法は、王子が姫に永遠の真実の愛を誓い、裏切らず結婚をすると言うもの。そして、王子は姫に永遠の愛を誓います。
翌日、お城で王子の婚約相手を選ぶ晩餐会が開かれます。ところが、王子は悪魔の魔法で姫そっくりに化けた女性オディール(悪魔の娘)に心を奪われてしまいます。
誓いを破られ絶望の淵に立たされたオデット姫は、自ら湖に身を投げ、王子もその後を追う…
※版によってハッピーエンドもある。例えば、王子が悪魔の企みに気づいて倒して魔法が解けたり、二人の愛の強さで悪魔が死んで魔法が解けたり。

重圧に耐えられず精神崩壊する過程を描いただけでない!

簡単に言えば確かに「プリマになる重圧に耐え切れずに、精神崩壊していく過程を描いたサイコ・サスペンス・ホラー」とでも言おうか。しかし、そんな簡単な作品ではない。一人の孤独なバレリーナの生き様を、最も美しく、最も難しく、最も怖く描いた作品だ。そして、その生き様をナタリー・ポートマンが見事に演じきる。
後日談でバレエのシーンは、ボディダブルの部分もあったと噂されるが、そんなことが吹き飛んでしまうくらいの狂気の世界に浸り、鑑賞後はどっぷりと疲れるのが、本作の正しい楽しみ方のように思う…

全てが白と黒の「対極」の世界に凝縮されている!

冒頭でも書いた通り、人間の心に潜む様々な対極の世界が描かれる本作。
名誉と恥辱、喝采と罵声、自由と束縛、享楽と禁欲、正気と狂気、受諾と拒絶、緩和と緊張、自己再生と自己崩壊、生と死、そして男と女など…
これらの「対極」の世界が、鏡やホラー映画的手法を上手く取り入れ、WHITE SWANとBLACK SWANに凝縮される。このメリハリ感とも曖昧さともどちらにも解釈できる脚本・演出・演技が素晴らしい。


久し振りに観た後に興奮しまして、上映後すぐに席を立てませんでした。私としては全体を通して「(予想以上の作品の良さに)やられたぁ」と言う爽快感と、主人公ナタリーの苦悩とラストでの恍惚の表情とも言える微笑が印象的でもあり、重く深く考えさせられました。

映画らしい映画を観たい方に、是非お勧めしたいです。少なくとも最近の全部セリフで説明しまくりの日本映画にうんざりしている方は、トウシューズの床と擦れる音などの微妙な効果音や洗練された音楽をじっくり楽しんではいかがでしょう。きっと満足するはずです。


blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl  あとで読む


レスラー スペシャル・エディション [Blu-ray] ダーレン・アロノフスキー (監督)
レオン 完全版 [Blu-ray] ナタリー・ポートマン (出演)
ブラック・スワン オリジナル・サウンドトラック
Soundtrack [Soundtrack, Import, from US]

[管理人からのお知らせとお願い]

【『2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』について】
2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』を投稿しましたので、秋のドラマライフの参考にして頂ければ幸いです。いつものように独断と偏見に満ち溢れていますが(苦笑)

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[141回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 無題
ゆきたか 2011/05/12(Thu)21:34:06 編集
こんばんは。CMで映像を見てこれは良さそうな作品だと思いました。久々に劇場で観てみようと思います。
  • Re:無題
みっきー 2011/05/12 21:50
☆ゆきたかさん
コメントありがとうございます。

是非とも楽しんで来てください。
鑑賞後の感想もお聞かせくださいませ。

私ももう一度観に行こうと思ってます。
  • 無題
おくやぷ URL 2011/05/17(Tue)17:42:25 編集
こんにちは
以前、ハクナマタタというブログから何度かTB送らせていただいていました
ブログ引っ越しに伴い、as soon asと改めましてTB送らせていただきました
よろしくお願いします

白と黒の対比
わたしはエンディングからエンドロールが一番好きなシーンでした

最後、彼女はエクスタシーに達したのだと思いました
自慰行為で得たエクスタシーであったのであの結末…ということでわたしは驚きより納得が大きかったです
  • Re:無題
みっきー 2011/05/17 17:49
☆おくやぷさん
おひさしぶり。コメントありがとうございます。

私も記事には書きませんでしたが、エンディングからエンド・クレジットは好きです。
特にあのエンド・クレジットのデザインや音楽、効果音の使い方は、
本編よりも洗練されていて、程よい読後感を演出していたと思います。
  • 無題
InTheLapOfTheGods URL 2011/05/20(Fri)23:07:48 編集
映画全体で表現された白と黒のコントラストは本当に美しかったですね。
今思い出してもため息が出る...
  • Re:無題
みっきー 2011/05/21 07:27
☆InTheLapOfTheGodsさん
コメントありがとうございます。
確かに、色だけでなく、すべてが対比であり、コントラストがすばらしかったです。
  • 無題
名無しさん 2011/07/02(Sat)09:53:23 編集
こんにちは^^
私も昨日観に行ったのですが…
「評判ほどではなかった」「よさがよくわからなかった」というのが
正直な感想でした。
けど、「良い」と評価する人の感想が知りたくて
検索したところここにたどりついた次第です。
ブログを拝見して、良さが分かった気がします。
ありがとう^^
  • Re:無題
みっきー 2011/07/02 17:45
☆名無しさん
コメントありがとうございます。

名無しさんが作品を観て感じた率直な感想で良いと思います。
ただ、私の記事で他の価値観もあることがわかって頂けたのでしたら嬉しいです。

実は私の感想は突飛なものかと思いましたが、
予想以上の「拍手」や共感を頂き驚いています。

これからもよろしくお願いします。
  • 2011年ベストシネマは・・・
子午線 2012/01/02(Mon)19:20:27 編集
『シャッター・アイランド』で大きく幻滅し、その後古い映画ばかり観ていた私を、もう一度今の映画に戻してくれた作品。
鑑賞後に思わずナタリー・ポートマンにひざまずきたくなりました。

ベストドラマは・・・迷います。

みっきーさん、今年もどうぞよろしくお願いします。
  • Re:2011年ベストシネマは・・・
みっきー 2012/01/03 06:32
☆子午線さん
コメントありがとうございます。

確かに良い映画でした。
ベストドラマ…
私は『デカワンコ』かな?

今年もよろしくお願いします。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※なお、送られたトラックバックはブログ管理人が承認するまで公開されません。
  • 映画「ブラック・スワン」 感想と採点 ※ネタバレあります
本家ブログのトラックバックURL http://director.blog.shinobi.jp/Entry/2689/ ↑TBとコメントは上記へ願います! クリックで本家記事へ飛べます!! 映画『ブラック・スワン』(公式)を、初...
  • ブラック・スワン / Black swan
我想一個人映画美的女人blog 2011/05/12(Thu)09:49:38
ランキングクリックしてね←please click まさに、このバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム」...
  • 映画レビュー「ブラック・スワン」
Soundtrack◆プチレビュー◆バレリーナの狂気を描く心理劇はまるでサイコ・ホラー。ナタリー・ポートマンの入魂の演技が最高だ。 【85点】 幼い頃からバレエ一筋に励んできた生真 ...
  • ブラック・スワン
Akira's VOICE 2011/05/12(Thu)10:37:08
羽化登仙の境地で舞う。それが私の生きる道。   
  • *ブラック・スワン*
Cartouche 2011/05/12(Thu)12:32:15
  ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だけでなく、邪悪で官能的な黒鳥も演じねばならないこの難役は、優等生タイプのニナにとってハードルの高すぎる挑戦であった         &...
  • 背中が全てを物語る。『ブラック・スワン』
水曜日のシネマ日記 2011/05/12(Thu)12:45:09
念願だった主役の座を手にした臆病なバレリーナの物語です。
  • ブラック・スワン
新・映画鑑賞★日記・・・ 2011/05/12(Thu)13:14:26
【BLACK SWAN】 2011/05/11公開 アメリカ R15+ 108分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… ニューヨーク・...
  • ブラック・スワン
一人二役で演じるバレエ作品に感情的な要素を強調したので、主人公のニナの精神が崩壊していく。ライバルとの競争、母の溺愛、コーチの過激な演出がニナの心の重圧になる。ニナは途中から精神的疾患にかかっていると考えられ、それを演じたナタリー・ポートマンの執念がすば
  • ブラック・スワン
象のロケット 2011/05/12(Thu)15:31:42
ニューヨーク・シティ・バレエ団の新シーズンのオープニング演目は「白鳥の湖」。 芸術監督ルロイは、キャスティング・オーディションを実施する。 可憐で繊細な白鳥だけでなく、自由奔放にして邪悪な黒鳥にもなりきらねばならないこの役は、極めて難易度の高い表現力を求められる。 プリマに抜擢されたニナは、「白鳥としては理想的」だと言われるのだが…。 心理サスペンス。
  • 「ブラック・スワン」誰も見たことのない、ナタリー。
シネマ親父の“日々是妄言” 2011/05/12(Thu)17:14:17
[ブラック・スワン] ブログ村キーワード  ナタリー・ポートマンが、“第83回アカデミー賞・主演女優賞”に輝いた話題作、「ブラック・スワン」(20世紀フォックス映画)。世界的に有名なバレエ「白鳥の湖」の中に登場する“黒鳥”を巡る心理スリラー物です。鬼気迫るナタリーの演技に、吾輩終始スクリーンに釘付けでした。  ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、長年憧れてきた名プリマのベス(ウィノナ・ライダー)が引退することを知りショックを受ける。しかし、演出家のルロワ(ヴァンサン...
  • ブラック・スワン
悠雅的生活 2011/05/12(Thu)21:28:29
抑圧と解放。清純と邪悪。白と黒。
  • ブラック・スワン
LOVE Cinemas 調布 2011/05/12(Thu)22:21:49
『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と最近では『抱きたいカンケイ』が日本公開中のナタリー・ポートマンのコンビが送る真理スリラー。本作でナタリーはアカデミー賞主演女優賞を獲得し、監督も監督賞にノミネートされている。「白鳥の湖」の主役に抜擢された主人公の精神が、好演初日にむけて追い込まれていく様子を克明に描いている。共演にヴァンサン・カッセルら実力派が出演。
  • ダーレン・アロノフスキー監督 『ブラック・スワン』
映画雑記・COLOR of CINEMA 2011/05/13(Fri)00:02:25
注・内容に触れています。「π」「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督による心理スリラー『ブラック・スワン』(Black Swan)。主演は本作でアカデミー賞主演女優
  • ブラック・スワン
Memoirs_of_dai 2011/05/13(Fri)00:56:12
人間の白と黒 【Story】 NYシティバレエ団に所属するバレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウ...
  • 映画レビュー 「ブラック・スワン」
ブラック・スワン  原題:Black Swan 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 バレエの世界を舞台に、白鳥の湖の新プリマの重圧から精神的に追い詰められていく様を描くサイコ・スリラー。...
  • 「ブラック・スワン」私の中の黒鳥
これはすごい! 圧倒的な演技力と見事なバレエ。 純粋で気品のある白鳥の奥深くに秘められていた、傲慢で凶暴で猥雑なダークサイドが羽を広げる瞬間を、見事に演じたナタリー・ポートマンに絶大な拍手を!
  • ブラック ・スワン
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だけでな...
  • ブラック・スワン
Recommend Movies 2011/05/13(Fri)16:27:38
純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… アカデミー賞・主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン見たさに劇場へ♪ ナタリーの迫力の演技に主演女優賞の座も納得! 美しく、可憐なバレリーナ・ニ...
  • ブラック・スワン
評価:★★★★【4点】(10) ワタシの持つ女優イメージのままのキャラだった!
  • 『ブラック・スワン』(アカデミー特集第三夜)
ラムの大通り 2011/05/13(Fri)23:04:04
(英題:Black Swan) ----これは大興奮で帰ってきた映画だよね。 「うん。クライマックスなんて、もうただただ唖然。 ぼくなんて、こういう瞬間を味わいたいがために 映画を観ているようなものだから、 立ちあがってブラボーなんて ガラにもないことをやりたかったくら...
  • ブラック・スワン / Black Swan
勝手に映画評 2011/05/14(Sat)17:13:46
2011年の第83回アカデミー賞でナタリー・ポートマンが主演女優賞を授賞。合わせてナタリー・ポートマンは、この作品で出会ったフランス人振付師との婚約・妊娠を発表しています。 繊細で、傷付き易い若きプリマ=ニナをナタリー・ポートマンが、非常に上手く演じています...
  • ブラック・スワン
風に吹かれて 2011/05/14(Sat)19:03:22
黒鳥を完璧に踊らなければ公式サイト http://movies2.foxjapan.com/blackswan監督:ダーレン・アロノフスキー  「レスラー」ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ナタリ
  • 『ブラック・スワン』
・*・ etoile ・*・ 2011/05/15(Sun)02:08:30
'11.04.28 『ブラック・スワン』(試写会)@朝日ホール これは見たかった! 全米公開当時から気になってて、ずっと待ってた。試写会もあんまりやってないみたいで、唯一応募したのもハズレ(涙) はずれてガッカリtweetしたら、お友達のともやさんから1人で行くから一緒に行く?と返信が! もちろん行きますぅ! 当日、共通のお友達のmigちゃんと猫目カメラマンのムラくんも合流して4人で鑑賞! *核心に触れる部分は伏せましたが、ネタバレありです! そして長文・・・(笑) 「ニューヨークのバレエ団に所属...
  • ブラック・スワン
to Heart 2011/05/15(Sun)13:11:29
純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… 原題 BLACK SWAN 製作年度 2010年 上映時間 108分 脚本 マーク・ヘイマン/アンドレス・ハインツ/ジョン・マクラフリン 監督 ダーレン・アロノフスキー 音楽 クリント・マンセル 出演 ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カ...
  • 『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由
映画のブログ 2011/05/15(Sun)13:14:45
 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...
  • ブラック・スワン
voy's room 2011/05/15(Sun)15:08:42
 第83回アカデミー賞「主演女優賞 」受賞!ニナ(ナタリー・ポートマン)はニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナ。既に引退した元バレリーナで、娘を熱心にサポートしている母親エリカ(バーバラ・ハーシー)と一緒暮らしていた。そんな折、芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)がプリマ(主役)・バレリーナのベス(ウィノナ・ライダー)を新シーズンのオープニング作「白鳥の湖」から降板させることを決め、ニナはプリマの第一候補に躍り出る。しかし・・・ニナには同じくトーマスを惹き付けた、新人ダンサー...
  • 「ブラック・スワン」 Black Swan (2010 FOXサーチライト)
事務職員へのこの1冊 2011/05/15(Sun)17:34:58
およそクラシックバレエほど縁遠い世界もない。あのチュチュがまずわからないし、つま
  • 映画『ブラック・スワン』
よくばりアンテナ 2011/05/15(Sun)18:45:54
心理描写がね、すごかったです〜〜 サスペンスですね、これは。 バレエ団の優等生ニナは、ベテランのベスが引退するのと交代で新しい振り付けの 『白鳥の湖』のプリマに抜擢される。 しかし、『...
  • ブラック・スワン
映画の話でコーヒーブレイク 2011/05/16(Mon)00:40:50
昨日「ブラック・スワン」公開初日のチケットをオンラインで取り、楽しみにしていたら・・・ 朝のワイドショー「スッキリ」でオープニング約7分半をノーカットで放送。 思わず見ちゃったけど、折角これから〜と楽しみにしているのに・・・どうなのこの宣伝方法? 映画を...
  • ブラック・スワン
SUPER BLOG.JP 2011/05/16(Mon)16:23:48
アカデミー賞のおかげで前評判がすごく高くなって。 超美人である。 ボクの期待も「かなり」高かった作品。 かなり観たかった…理由は… まず、監督がダーレン・アロノフスキーであること。 去年観て結構気に入った作品「レスラー」の監督ですな。 んで主演がなんといってもStar Warsの「パドメ女王」のナタリー・ポートマンであること。 パドメ女王って誰だっけ?っていうヒトに説明するには、一番早いのは「ダースベーダーの恋人」という説明が一番早いかな?もっと言うならルーク・スカイウォーカーとレイアの...
  • ブラック・スワン
as soon as 2011/05/17(Tue)17:36:30
純白の野心は やがて漆黒の狂気にかわる・・・ 一番好きなシーンはエンディングからエンドロール 白く輝く舞台に喝采がふりそそぎ、 やがて白から黒く染まる グレー域で過ごすものにとっ...
  • ブラック・スワン・・・・・評価額1700円
ノラネコの呑んで観るシネマ 2011/05/18(Wed)21:54:58
「ブラック・スワン」は、いろいろな意味で、ダーレン・アロノフスキーの前作「レスラー」の対になる様な作品である。 あの映画では主演のミッキー・ロークの人生を、主人公であるレスラーに被らせる事で、物...
  • 『ブラック・スワン』
シネマな時間に考察を。 2011/05/18(Wed)23:22:59
純白の心が生み出す暗黒の虚構が、 現実と妄想の境界を怪しげに溶かしてゆく。 鏡越しに映る混濁した世界は、 彼女の深い部分に眠る、正気と狂気の融解点。 『ブラック・スワン』 BLACK SWAN 2010年/アメリカ/101min 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタ
  • ブラック・スワン
だらだら無気力ブログ 2011/05/21(Sat)00:52:21
「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー 監督が、野心と嫉妬渦巻くバレエの世界を舞台に描く異色の心理スリラー。 バレエに全てを捧げるヒロインが、新プリマの座を巡って自分とは対照的な 勝気な新人ダンサーと熾烈な競争を繰り広げる…
  • 映画「ブラック・スワン」
FREE TIME 2011/05/21(Sat)06:45:17
映画「ブラック・スワン」を鑑賞。
  • 映画「ブラック・スワン」
FREE TIME 2011/05/21(Sat)06:50:46
映画「ブラック・スワン」を鑑賞。
  • 映画「ブラック・スワン」ナタリー・ポートマンという女優の成長とシンクロする傑作!
soramove 2011/05/22(Sun)08:55:50
「ブラック・スワン」★★★★★満点 ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、 ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、 ウィノナ・ライダー出演 ダーレン・アロノフスキー監督、 110分 、2011年5月11日公開 2010,20世紀フォックス映画 (原作:原題:BLACK SWAN)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← ナタリー・ポートマンがアカデミー主演女優賞を獲得した作品 「バ...
  • ■映画『ブラック・スワン』
ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲るであろうともっぱらの評判の映画『ブラック・スワン』。 この映画、確かにすごい完成度…。 ダーレン・アロノフスキー監督の作品があまり得意ではない私ですが、この作品はかなり楽しめました。 白対黒、善対悪、秀才
  • 映画:ブラック・スワン Black Swan  今年有数の1作 (ただしホラー映画として)
ナタリー・ポートマンがオスカーを獲得した今作が、やっと日本登場。 まず、やはり彼女の素晴らしさを褒めないわけにはいかない。 主役に抜擢されたものの、精神的に追いつめられていくサマがキリキリ迫ってくる。 だいたい、バレエはやや自虐的な芸術だと認識している...
  • カ・ン・ペ・キ〜『ブラック・スワン』
真紅のthinkingdays 2011/05/25(Wed)10:13:37
 BLACK SWAN  NYのバレエ団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、新作舞台「白鳥の湖」 のプリマに抜擢される。幸福の絶頂も束の間、彼女の精神は次第にバランスを失 ってゆく。  ...
  • ブラック・スワン/BLACK SWAN
映画感想つれづれ日記 2011/05/26(Thu)12:52:05
演技に引き込まれるだけの映画というのは、そう多いものではない。
  • 「ブラック・スワン」感想
 「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督最新作。バレエ「白鳥の湖」の主役を演じることになったバレリーナが、清楚なホワイトスワンと、官能的なブラックスワン、二つの役の間で苦悩するうち、徐々に内なる衝動に支配され、役に取り込まれていく様を描く。  もう巷
  • ブラック・スワン  BLACK SWAN
俺の明日はどっちだ 2011/05/26(Thu)19:43:48
圧巻の演技というのはこういうのを指すのであろうナタリー・ポートマンの演技を超えた渾身の演技にすっかり魅せられたサイコ・ホラーの衣をまとった成長物語。 そもそも映画の大きな背景となるバレエ作品「白鳥の湖」は、チャイコフスキーの音楽はもちろん、代表的な場...
  • 追いつめられて・・・
笑う学生の生活 2011/05/27(Fri)20:54:07
22日のことだが、映画「ブラック・スワン」を鑑賞しました。 大役である「白鳥の湖」のプリマを演じることになった ニナ しかし、白鳥は完璧でも黒鳥が上手く演じられずにいて・・・ バレエ映画とは一概には言えぬ まさに 心理スリラーというべきか コーチの要求、黒鳥...
  • ブラック・スワン;レビューⅠ
ゆるっとヴァカンスな日々 2011/05/28(Sat)09:21:33
「BLACK SWAN」 ≪アロノフスキー監督に完敗!(乾杯!!)≫ 何てことをしてくれたんだ・・・・・..
  • ブラック・スワン
映画的・絵画的・音楽的 2011/05/29(Sun)21:44:50
 『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作品で披露される、ナタリー・ポートマンの渾身の演技を見るだけでも、映画館に行く価値があると思いました。  ただ、映し出される映像が随分と錯綜した印象を観客に与えるものの、始めてプリマドン...
  • シネトーク61『ブラック・スワン』●ナタリーの“鳥演”に“トリハダ”が立った傑作ドラマ
ブルーレイ&シネマ一直線 2011/05/30(Mon)13:10:08
三度のメシぐらい映画が大好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「スクリーンがビスタからシネスコになる時、上下が狭まると損した気分になる」 シアター61/『ブラック・スワン』 監督:
  • ブラック・スワン
食はすべての源なり。 2011/05/30(Mon)20:45:13
ブラック・スワン ★★★★★(★満点!) 優等生バレリーナのに主人公が、官能的な黒鳥を演じるプレッシャーから追い込まれていく心理スリラー。 ひっさしぶりに疲れた映画でした。重かった~。 【R15+】って、エグイのかと思ってたらエグイしエロいね・・・ 観てるだけなのに、すっごい疲れました。。。 でも「さすがっ」と思える内容でした。感嘆。 カメラワークがアップで撮影されているので、第3者的に見てないのも疲れた。 そして前半、一番怖いのは、過保護なマミー・・・ ...
  • ダーレン・アロノフスキー監督 「ブラック・スワン」
どうしようかなぁ〜? 観たいとは思ってたけど… 公開から日にちが経っちゃうと、なんとなくDVDがレンタルするようになってからでも良いか?って でもやっぱ、いろいろ評判も良いし、当ブログへコメント下さった方々も「お薦め!」って言ってたので、やっと観てきま...
  • ブラック・スワン
ブラック・スワン'10:米◆原題:BLACK SWAN◆監督:ダーレン・アロノフスキー「レスラー」「ファウンテン 永遠につづく愛」◆出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・ ...
  • ブラック・スワン
ゴリラも寄り道 2011/06/04(Sat)04:32:14
<<ストーリー>>ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、 ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。 芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形の...
  • 『ブラック・スワン』
京の昼寝〜♪ 2011/06/05(Sun)21:38:30
□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダ...
  • [映画『ブラック・スワン』を観た(短信)]
☆遅ればせながら観て来ました。  評価の高かった『レスラー』の監督の、これまた評判のいい最新作だ。  『レスラー』では、一人のプロレスラーのかつての栄光と、その後の悲哀を見事に描ききっていた。  今回は、クラシックバレエの世界を舞台に、「白鳥の湖」のプ...
  • 「ブラック・スワン」
或る日の出来事 2011/06/11(Sat)22:37:14
これは、すごいものを観た。
  • ブラック・スワン ナタリー・ポートマン
  ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレニーナ・ニナは、純真で繊細な“白鳥”と、妖艶に王子を誘惑する“黒鳥”の二役を踊る「白鳥の湖」のプリマドンナに大抜擢される。しかし優等生タイプのニナにとって“白鳥”はともかく、悪の分身である“黒鳥”に変身することは大きな
  • ブラック・スワン
映画、言いたい放題! 2011/06/22(Wed)14:57:28
予告編を見て、絶対に観たいと思いました。 ナタリー・ポートマンのバレエ映画、 かなり面白そうです。 ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナのニナは、 元ダンサーの母親・エリカの監督のもと、 人生の全てをバレエに捧げていた。 芸術監督のトーマスは、
  • ブラック・スワン 怖かった〜妄想も女性も・・・
労組書記長社労士のブログ 2011/06/29(Wed)15:02:57
 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が...
  • 映画「ブラック・スワン」
itchy1976の日記 2011/06/29(Wed)21:35:24
ブラック・スワン - goo 映画 映画『ブラック・スワン』公式サイト ブラック・スワン - Wikipedia ブラック・スワン(映画.com) ブラック・スワン@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画) 監督 ダーレン・アロノフスキー 製作総指揮 ブラッドレイ・ジェイ・フィッシャー ア...
  • 狂気に狂喜。【映画】ブラックスワン
【映画】ブラックスワン(BLACK SWAN) ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞受賞。 【あらすじ】 ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・
  • 映画『ブラック・スワン』〜アカデミー賞受賞作品を観て
kintyre's Diary 新館 2011/07/03(Sun)14:24:17
11-37.ブラック・スワン■原題:Black Swan■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■鑑賞日:5月22日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督:ダーレン・アロノフスキー□脚本:マーク・ヘイマン、アンドレ・ハインズ、ジョン・...
  • 映画:ブラック・スワン
よしなしごと 2011/07/07(Thu)00:19:52
 前評判も上々。劇場公開も始まって、見た人からは大絶賛の声が。ツイッターでも衝撃的、見てない人がうらやましい。あの衝撃をこれから味わえるのだから。といったつぶやきがちらほら。かなり期待の作品です。と言うわけでブラック・スワンです。
  • ブラック・スワン
いやいやえん 2011/09/07(Wed)16:29:53
ナタリー・ポートマンは凄かった。苛烈なバレエの世界で生き抜くニナの狂気や重圧、嫉妬、妄想や抑圧された心理を巧みに表現していたと思う。 念願のプリマの座を手にしたのはつかのま、「白鳥の湖」は白鳥と黒鳥という相反する二面性を表現しなければならず、黒鳥を演じ切れない彼女は次第に精神が不安定になっていく。 主人公の尋常でないプレッシャーが画面いっぱいに迫ってきて、息苦しくなる、その心理がメインだと思う。ストーリーは平坦なものの、ニナの優等生的な堅い「自分」という殻がずる剥けていく様は現実のナタリー・ポ...
  • ブラック・スワン
銀幕大帝α 2011/09/09(Fri)23:05:41
BLACK SWAN/10年/米/108分/サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー <ストーリー> N.Y.のバレエカンパニーに所属する...
  • 2011年上半期No1 ブラック・スワン 妄想の終着駅(最後までネタバレ満載)
【福知山シネマ初日(7/2)】チェンマイ帰りの飛行機のなかで見て、大興奮の ブラック・スワン。それ以来劇場でみ見たく見たくてこの日を心待ちにしており ました。珍しく、会社の同僚と野郎3人で入場。実はこの3人で行くのは スターウォーズ3以来で、あの映画もナタリー...
  • 2011年5月14日 『ブラック・スワン』 TOHOシネマズ錦糸町
気ままな映画生活 2011/09/11(Sun)16:36:35
本日は、珍しく妻と 『ブラック・スワン』 を鑑賞してきました。 ナタリーの演技は本物、ニナの人生そのものでした。 【ストーリー】  ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウィノナ・ライダー)を降板させ、新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を行うことを決定する。そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされるが、気品あふれる白鳥は心配ないものの、狡猾(こうかつ...
  • 「ブラック・スワン」 自己抑制と開放
はらやんの映画徒然草 2011/09/11(Sun)19:25:09
ダーレン・アロノフスキー監督自身が言っているように、本作は「レスラー」と対をなす
  • 『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ日劇1で観て熱狂しない男ふじき☆☆☆☆(ネタバレなので映画観てから)
ふじき78の死屍累々映画日記 2011/09/11(Sun)21:34:13
五つ星評価で【☆☆☆☆よく出来てるけど熱狂はしない】 ネット、ツイッター、初日興収1億突破、 なんて話題からハードルが上がってしまったのか、 ムチャクチャ打ちのめされ ...
  • ブラック・スワン
ダイターンクラッシュ!! 2011/09/12(Mon)15:51:27
2011年5月22日(日) 18:45~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 『ブラック・スワン』公式サイト 予告編を見ていれば誤解することはないと思うが、単純なサクセスストーリーでない。狂気の映画だ。 本作の監督は、「レスラー」との2部作構想があったそうだが、意外にオーソドックスな「レスラー」に対して、これは寧ろ「レクイエム・フォー・ドリーム」にテイストが近い。異論は認める。 俺にとって、本作は「タクシー・ドライバー」のような...
  • 映画「ブラック・スワン」を見ました(サイコホラーと聞いていたが官能映画?)
翼のインサイト競馬予想 2011/09/18(Sun)15:18:08
映画「ブラック・スワン」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思いま
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 読者さまへお知らせ
NEW 2017/9/21 14:00更新】
2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』を更新。
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 98歳現役医師の“元気に長生き”の秘訣
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[09/22 匿子]
[09/22 さら]
[09/22 ブロリー]
[09/22 抹茶 外郎]
[09/22 抹茶 外郎]
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
犯罪症候群[1]
光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/9/2に1,400万アクセス達成を致しました。(感謝の記事