忍者ブログ
Top*Admin

[2778]  [2777]  [2776]  [2775]  [2774]  [2773]  [2772]  [2771]  [2769]  [2767]  [2766

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(字幕版)

映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション(字幕版)』公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演24時過ぎの割りに観客は約50名近く。『ブラック・スワン』の2倍以上で、流石『X-MEN』人気と言った感じだ。

採点は、限り無く★×3.5に近い、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点。

ざっくりストーリー

裕福な家に生まれ、名門大学に通うチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)は、強力なテレパシー能力を持ち、自分と同じような特殊能力を持つ者達・ミュータントの存在に気付き、探し始める。
一方、少年時代に母親と引き裂かれた辛く悲しい過去を持つエリック(マイケル・ファスベンダー)は、あらゆる金属を強力な磁力で操る能力がある。やがて、二人は出会い親友となる。
二人は、CIAから悪のミュータント軍団の人類滅亡計画を阻止するよう依頼されるが、敵のリーダーはエリックの母親の仇だった…

退屈しない131分間。既作品未見なら予習した方が楽しめる!

全体にテンポも良いしお色気もあり、131分間退屈しなかった。私はシリーズ全作劇場鑑賞済みで、好きなシリーズだから、いろんなパーツが既作品に繋がっているのが見えてくるから楽しめた。
だが、既作品を未見の方は予習を勧める。迷うなら『X-MEN 1』を見ておけばOK。『1』がダメなら無理する必要ないし、予習時間が無いなら、若きチャールズとエリックの友情と絶交のお話に注目して見れば楽しめるはず。

所々詰めは甘いが、それはシリーズ共通だから…

本作で残念だったのは、キャッチコピーにもある『起源を目撃せよ』と言いつつも、主要登場人物の掘り下げ方が中途半端なこと。
特に、なぜチャールズがテレパス(言葉を使わずに他人と通信する能力を持つ者)になったのか、なぜ少年エリックが母親を○れた怒りをショウ(ケヴィン・ベーコン)でなく兵士に向けたのか、成人エリックが人類に憎しみを持ったのか、その辺りが曖昧。
まあ、これは本シリーズ共通だし、あくまで超能力と言う「飛び道具」を音楽と映像で楽しむ映画だから、言うのも野暮なのだが…


今回も相当辛口の感想なので、出演者や監督はじめスタッフのファンの方や、最初から4点の採点に異論のある方は、読まないほうが良いかも。
「意見には個人差があるから」と寛大なお心の方のみ、採点理由も含めて、詳細はネタバレが含まれますので、ご理解の上、“続きを読む”よりお進み下さいませ。


ここからネタバレあります!














冒頭から『X-MEN』らしい中途半端さが炸裂の面白さ!

先にも書いたが、冒頭のシリアスな場面。囚われた少年エリックが、「超能力を見せろ」と言うショウ(ケヴィン・ベーコン)の言うことを聞かず(この時点では能力を自己制御できない)、ショウは母親を銃殺する。そこでエリックは怒りと悲しみで兵士二人を殺すが、「おいおい、殺るならショウだろ!」と言う具合で始まるから、その後のエピソードも既作品から導き出した後出しジャンケンさは否めない。
本作では数名のミュータントが登場するが、それらの超能力がこれまた違い過ぎる。確かに「人類からの突然変異による進化」なのだが、都合良く違った能力が集まり過ぎって感じ。まあ、これが『X-MEN』らしさであり、面白さなのだが(笑)

ある意味、最初から最後までミスティークとホワイト…

実は本作で解決(後出しジャンケン?)する3つのことがある。この理由を知りたければ、是非本作を観て欲しい。
●なぜプロフェッサーXが車椅子なのか?
●なぜマグニートは変なヘルメットを被ってるのか?
●なぜミスティークがマグニート側なのか?
しかし、こんな疑問がすっ飛んでしまうほど、ミスティークいや演じるジェニファー・ローレンスのお色気が凄い。どこまで映画『アバター』を意識したのだと思うくらい青い肌。それもムチムチ。明らかにお色気では『アバター』越え確実。特に劇中では大活躍しないが、男性諸氏の観客動員には大活躍しそう。
更に、ジャニュアリー・ジョーンズ演じるホワイト・クイーンも負けずのお色気。何せロシアの将軍がエア・セ○○スしちゃうほど(笑)。この二人の女性ミュータントで★一つ追加

元祖超能力映画『スキャナーズ』の、あの悪役が出演!

後半のミュータント軍団を米露の戦艦が総攻撃をするシーンで、合衆国海軍司令官を演じていたマイケル・アイアンサイドに目を奪われた。彼は元祖X-MENとも言える映画『スキャナーズ(1981)』で、思考するだけで人間を破壊する悪役ダリル・レボックを演じた。新旧の超能力者対決と言った楽しみ方も出来る。


「この感想のどこが★4つなんだ?」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、細かいことさえ気にしなければ本当に面白いです。1962年のキューバ危機と公民権運動を背景に、人類とミュータントの対立構造を人種問題や宗教観に照らし合わせながらの脚本はアイデアに溢れています。ただ、各キャラの設定の浅さなどが…ってだけです。

1962年の米露冷戦状態がベースですから、ジェームズ・ボンドを意識しているのでしょうか、ミュータントたちがかなり国際色溢れてますし、シリーズの若返りがかなり意識されていて、これはこれで新シリーズと割り切るのが、本作の正しい楽しみ方かもしれません。


blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl  あとで読む
   

X-MEN 1&2 DVDダブルパック
X-MEN:ファイナルディシジョン [DVD]
X-MEN トリロジー ブルーレイ・コンプリートBOX (ボーナスディスク付) 〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
スキャナーズ DVD-BOX デジタルニューマスター版

【"2019年4月期 / 春ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年4月期 / 春ドラマの期待度』更新(2019/5/5)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[13回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 疑問に関して
あもん 2011/06/13(Mon)15:07:10 編集
チャールズがテレパスになった理由ですが、そもそもどのキャラもミュータントになったのは遺伝子変異としか言われていないので、そこに疑問を持つのもおかしな話だと思います。
ショウに危害を加えなかった理由は第一にそもそも力のコントロールが出来ていない、第二に他の兵士と違って身の危険になる勤続を所持していないと言うところではないでしょうか
最後の人類に対して憎しみをもったのかはホロコーストをモロに経験していればしっくり来る流れではないかと思います
  • Re:疑問に関して
みっきー 2011/06/13 16:04
☆あもんさん
コメントありがとうございます。
私の言葉が足りなかったようです。

キャッチコピーの『起源を目撃せよ』から、
すべての起源を単純に「遺伝子の突然変異」で片付けるのでなく、
例えば、映画『ハエ男の恐怖』のような突然変異の過程自体も
もう少し描かれるのかと期待したのです。

与えられた情報だけで作品を楽しむのも良いですが、
「疑問を持つのはおかしい」と思うのは個人の自由だと思いますけれど。

エリックがショウをなぜ殺さなかったのか?
理由は、その後の物語のためですよね。
しかし、エリックの能力を表現するために兵士を殺すシーンを作った。
そう言うことだと思うんです。

母を○したショウへの怒りと、兵士(戦争)への怒り、人類への憎悪は、
いずれも似て非なるものだと思いますが、
そこが私には曖昧に見えてしまったので、
3つの怒りや憎悪がきちんと明確に描かれるシークエンスが欲しかった、
そう言う意味です。

あもんさんがおっしゃるように

> 第二にの兵士と違って身の危険になる勤続を所持していない

ならば、脚本で金属を持たせればよいわけですよ。
すべて作り手の意思によって創造できるのですから、
描いて欲しい…と勝手に思ったのです。

そう。ちっぽけな観客からの、作り手への思いを綴ったのです。
  • こんばんは
おくやぷ URL 2011/06/14(Tue)19:58:29 編集
自分はシリーズを観てなくて予備知識なくみたのですが、楽しんで観れました
観てた方がもっと楽しいのでしょうね^^
これからシリーズを観ようと思います

わたしも最初のエリック少年が能力発動させたとき、なぜこの所長をやらないのかな?と思ってみてたのですが、
後からショウがこの所長だったとわかって、あの能力を吸収しちゃってたってことなのかとおさまりました
でもX-MENシリーズをみてないのであってるのかどうなのか
自分はいろんなことに気づいていなさそうです

とにかく面白かったですこれ
起源から観るという、時系列的には逆行してないんだけどシリーズ的には逆行しながらこれから観たいと思います
  • Re:こんばんは
みっきー 2011/06/14 20:04
☆おくやぶさん
コメントありがとうございます。

私のように捻くれてなければ、必ず楽しめる作品だと思ったので、
★4つを付けたは正解だったようですね。

様々な方がレビューを書かれていますが、
あくまでアメリカンコミックが原作ですから、
あれこれ言わずに作品の世界にどっぷり浸かるのが良いと思いますし、
おくやぶさんは、初見だったの世界観を楽しめたのだと思います。

過去の作品も面白いですし、
本作は三部作になるとの噂もありますから、
これから「X-MEN」の世界にハマってください!!!
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※なお、送られたトラックバックはブログ管理人が承認するまで公開されません。
  • 映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります
映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション(字幕版)』(公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演24時過ぎの割りに観客は約50名近く。『ブラック・スワン』の2倍以上で、流石『X-MEN...
  • X-MEN ファースト・ジェネレーション / X-MEN FIRST CLASS
我想一個人映画美的女人blog 2011/06/12(Sun)15:13:24
ランキングクリックしてね ←please click 遺伝子の突然変異により超人的パワーに目覚めたミュータントたちの葛藤と活躍を描いた“X-MEN”シリーズ 日本で最初にX-MENが公開されたのが2000年。 10年以上経って、まだ続きが観られ...
  • 劇場鑑賞「X-MEN ファースト・ジェネレーション」
日々“是”精進! ver.A 2011/06/12(Sun)15:27:16
X-MEN、誕生の瞬間・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106110003/ Soundtrack posted with amazlet at 11.06.06 X-Men: First Class Pid (2011-06-14) 売り上げランキング: 98073 Amazon.co.jp で
  • X-MEN:ファースト・ジェネレーション
プロフェッサーXと人類に敵対するマグニートーの子供時代から青年期までの歩んだ道を丁寧に描いていておもしろい。キューバ危機をからめたミュータント同士が戦うシーンは迫力満点だ。ショウ率いるヘルファイヤークラブとそれを阻止しようとする二人のミュータント率いる集団
  • X-MEN:ファースト・ジェネレーション
佐藤秀の徒然幻視録 2011/06/12(Sun)18:28:10
公式サイト。原題:X-MEN:First Class。マシュー・ヴォーン監督、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ケヴィン・ベーコン、ジェニファー・ローレンス、ジャニュアリー ...
  • 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 1962年に何があったのか?
映画のブログ 2011/06/12(Sun)19:08:25
 世界で最も売れているマンガ、それが『X-メン』シリーズである。[*]  だからそのファンは全世界におり、なまなかな映像化では納得しないだろう。  だが、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』なら、...
  • X-MEN:ファースト・ジェネレーション
LOVE Cinemas 調布 2011/06/12(Sun)20:21:50
大人気の「X-MEN」シリーズ最新作。今回では若き日のプロフェッサーXとマグニートーの出会いから別離、そしてX-MEN誕生の秘話に迫る。主演は『つぐない』のジェームズ・マカヴォイとマイケル・ファスベンダー。共演にケヴィン・ベーコン。『キック・アス』のマシュー・ヴォーンが監督を務めたほか、シリーズ1,2作目の監督ブライアン・シンガーも製作として復帰した。
  • 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション ( X-Men : First Class )』
映画雑記・COLOR of CINEMA 2011/06/12(Sun)21:08:19
注・内容に触れています。「X-MEN」が人間社会との共存「X-MEN2」が人間との全面対決「X-MEN : ファイナル ディシジョン」が治療薬キュアを巡っての最終戦争を描いてきた。そして本作はX-ME
  • X-MEN:ファースト・ジェネレーション
新・映画鑑賞★日記・・・ 2011/06/12(Sun)22:13:22
【X-MEN: FIRST CLASS】 2011/06/11公開 アメリカ 131分監督:マシュー・ヴォーン出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ケヴィン・ベーコン、ローズ・バーン、ジャニュアリー・ジョーンズ、オリヴァー・プラット、ジェニファー・ローレンス、ニコラ...
  • [映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』を観た(短信)]
☆これなんだよ!  超能力合戦の大好きな私の見たかった「?−MEN」はこれなんだよ!  多種多様な超能力者が、敵味方に分かれて、サイキック・ウォーズを縦横無尽に繰り広げる。  それぞれの能力者が、それぞれの能力・個性を「適材適所」とし作品を進めていく。 ...
  • X-MEN ファースト・ジェネレーション
象のロケット 2011/06/12(Sun)22:33:17
裕福な家に生まれ、名門大学に通うチャールズは、強力なテレパシー能力のあるミュータント(新人類)。 彼はモイラというCIAの女性エージェントから、セバスチャン・ショウが率いる邪悪なミュータント軍団ヘルファイヤークラブの人類滅亡計画を食い止めるように依頼される。 その任務の途中で、チャールズは強力な磁力を発生させ、あらゆる金属を操ることのできるエリックと出会うのだが…。 SFアクション。
  • 可愛さ余って憎さが百倍。『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』
水曜日のシネマ日記 2011/06/12(Sun)22:53:22
『X-MEN』シリーズの最新作。これまでの作品の起源となるミュータント第一世代のドラマを描いた作品です。
  • 映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」感想
タナウツネット雑記ブログ 2011/06/13(Mon)00:16:49
映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」観に行ってきました。 アメリカのマーベル・コミックのアメコミ「X-MEN」シリーズのスピンオフ作品。 歴史上の事件であるキューバ危機を舞台に「X-MEN」に登場するプロフェッサーXとマグニートーの若き日の活躍を描いた物語となります。 ただ私の場合、過去の「X-MEN」シリ
  • 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」X-Men: First Class (20世紀FOX)
事務職員へのこの1冊 2011/06/13(Mon)18:47:39
“新種”としての自分に懊悩し、旧人類からの差別に一方は共存の道をさぐり、一方は破
  • 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」
★ Shaberiba  2011/06/13(Mon)21:17:30
X-MEN エピソ−ド0的作品。惹きこまれました----!!
  • X-MEN:ファースト・ジェネレーション
Akira's VOICE 2011/06/14(Tue)17:39:36
興奮した。そして泣いた。  
  • X-MEN:ファースト・ジェネレーション
as soon as 2011/06/14(Tue)19:59:40
X-MENシリーズ 起源となる、若かりしプロフェッサーXとマグニートー ということですが、 わたしはこのシリーズ どれも観ていません ゆえに、これが初めて観たX-MENのシリーズ 面白か...
  • X-MEN:ファースト・ジェネレーション
そーれりぽーと 2011/06/15(Wed)00:16:50
『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』よりもさらに前、プロフェッサーXとマグニートーが出会いX-MENが出来るまでを『キック・アス』のマシュー・ヴォーンが描いた『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』を観てきました。 ※今回タイトルに“ファースト”と付いているけど、前作“ZE...
  • 「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」感想
教授の目付きが悪過ぎる(^^; 予告編を見た時から気になっていたのですが・・ もっと温和な顔の俳優の方が良かったのでは? プロフェッサーXとマグニートー、ミスティーク等との出会いと、何故袂を分か...
  • X-MEN: ファースト・ジェネレーション (ネタバレなし)
青いblog 2011/06/16(Thu)10:13:57
解説 監督: マシュー・ヴォーン - 出演者: アレックス・ゴンザレス, ジェニファー
  • X-MEN:ファースト・ジェネレーション
だらだら無気力ブログ 2011/06/17(Fri)01:58:56
遺伝子の突然変異により超人的パワーに目覚めたミュータントたちの葛藤と 活躍を描いた“X-MEN”シリーズ。本作はこれまで語られることの なかったプロフェッサーXと宿敵マグニートーの若き日にスポットを当て、 X-MEN誕生にまつわる知られざる物語を壮大なスケ…
  • 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』’1...
あらすじ裕福な家に生まれ、名門大学に通うチャールズと母親と引き裂かれた悲しい過去を持つエリックが出会い・・・。感想主演が『ウォンテッド』の若手実力派のジェームズ・マカヴ...
  • 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」感想
 「キックアス」のマシュー・ヴォーン監督、「ウォンテッド」のジェームズ・マカヴォイ主演。  人気シリーズ「XーMEN」の前日譚にして、若き日のチャールズ(プロフェッサーX)とエリック(マグニートー)、そしてXメン結成秘話を描く。  配給元の20世紀フォッ
  • シネトーク63『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』●3部作の見方が変わるプリクエルの傑作
ブルーレイ&シネマ一直線 2011/06/22(Wed)02:41:00
三度のメシぐらい映画が大好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「携帯を見るのはエンドロールの時じゃなくて場内が明るくなってからにしてくれ」 シネトーク63 『X-MEN:ファースト・ジェネレ
  • X-MEN:ファースト・ジェネレーション ミュータントと妖怪の違いって?
労組書記長社労士のブログ 2011/06/27(Mon)13:10:39
 今朝の朝日新聞トップの署名記事、「与党からも野党からも押し寄せてくる退陣要求を無視して、私たちの国の首相は今、権力の座にしがみついている。」という書き出しだが・・・。 震災からの復旧で忙しいときになんでトップの首のすげ替えか、と訝しがる国民が多いのに、そ...
  • みんな大好きベーコンさん。【映画】X-MEN:ファースト・ジェネレーション
【映画】X-MEN:ファースト・ジェネレーション (原題:X-MEN: FIRST CLASS) 【あらすじ】 裕福な家に生まれ、名門大学に通うチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)は強力なテレパシーを使うことができるミュータントだったが、自分と同じような能力を持つ者の存在に気付
  • 映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション 」特殊能力ならどんな能力がいいか考える
soramove 2011/06/29(Wed)23:18:22
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション 」★★★★ ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、 ケヴィン・ベーコン、ジェニファー・ローレンス、 ジャニュアリー・ジョーンズ、ニコラス・ホルト、 ジェイソン・フレミング出演 マシュー・ヴォーン 監督、 131分 、2010年12月18日, 2010,アメリカ、イギリス,カルチュア・パブリッシャーズ (原作:原題:X-MEN:First Class )                     →  ★映画のブログ★          ...
  • X-MEN:ファースト・ジェネレーション
映画的・絵画的・音楽的 2011/07/03(Sun)06:32:45
 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』を渋東シネタワーで見てきました。 (1)これまで『X-MEN』のシリーズを何も見ていなかったので、本作品は当然のことながらパスしようと思っていたところ、どうも頗る評判がよさそうで、かつまたこれまでのものを見ていなくても...
  • 「X-MEN ファースト・ジェネレーション」(2011)
INUNEKO 2011/07/03(Sun)07:47:59
131分、長く感じなかった。 そして、X-MEN本編が無性に見たくなった! ということは、この映画は前日譚としては実に良い仕事をしたのでは? 幼いレイブンが「もう盗まなくていいんだよ」と言われてうかべる青い笑顔。 エリック自身も忘れていた母との幸せな記憶を共有して同じように涙を流すチャールズとエリックの、あの瞬間、これ以上ありえないだろう友情。 あぁ、もう皆こんなに仲が良いのに…後々あんなことにと、涙が来ましたよ。 ストーリー的にもキューバ危機のまさに瀬戸際を舞台に、対峙する米ソ艦隊に雨霰と降り注ぐミ...
  • 映画 X-MEN ファースト・ジェネレーション 感想
荒野の出来事 2011/07/04(Mon)17:56:12
 映画 X-MEN    ファースト・ジェネレーション  感想  X-MEN ファースト・ジェネレーション 公式サイト  さすがにこのタイミングじゃあ  来場者は少なかったですねえ…。   他に見た映画   ・映画 スーパー8 感想  ・映画 マイティ・ソー 感想  次のページへ
  • X-MEN ファースト・ジェネレーション
X-MEN:ファースト・ジェネレーション'11:米◆原題: X-MEN: FIRST CLASS◆監督:マシュー・ヴォーン「キック・アス」◆出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ケヴィン・ ...
  • マシュー・ヴォーン監督 「X−MEN:ファースト・ジェネレーション」
6月30日、公休の日に観てきましたが… その後、夏バテ&夏風邪でPCの前に座るのも辛く、レビューのアップ、やりかけたまま放置、申し訳ありませんでした m(__)m http://movies2.foxjapan.com/xmen-fg/ 【あらすじ】 1944年。ナチス・ドイツ占領下のポ...
  • X-MEN:ファースト・ジェネレーション
悠雅的生活 2011/07/16(Sat)21:09:47
進化した人類。能力の解放。道を違える2人。
  • 映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」
MOVIE レビュー 2011/07/30(Sat)01:14:46
この映画はこれまで公開されていた「X-MEN」シリーズ3作品のスピンオフとして、X-MENの草創期を描いた映画です。でも、今まで一度もX-MENシリーズを観ていない人が、「この映画がX-MENの草創期だから初めにこの映画から見ればいいのか!?」と思って観たら、余り説明セリ...
  • 映画:X-MEN:ファースト・ジェネレーション
よしなしごと 2011/08/03(Wed)09:20:21
 昨年末に見たキック・アス。単館系でありながら日本でも口コミで上映館が増え、DVDが発売されたあともまだ映画館で上映し、人気を博している映画です。そのマシュー・ヴォーン監督が手掛けたのが、人気シリーズX-MENの最新作を手掛けました、そうX-MEN:ファースト・ジェネレーションです。  ちなみに、2011年劇場映画50本目です!
  • X-MEN:ファーストジェネレーション(感想204作目)
別館ヒガシ日記 2011/08/14(Sun)11:26:36
X-MEN:ファーストジェネレーション は劇場で鑑賞も 結論は色々と判明し納得する所が多くて凄い良かったよ
  • 別館の予備(204作目 X−MEN:ファーストジェネレーション)
スポーツ瓦版 2011/08/14(Sun)11:27:25
8月14日 X−MEN:ファーストジェネレーション TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10984088412/d47ba270
  • X-MEN:ファースト・ジェネレーション
銀幕大帝α 2011/09/28(Wed)01:15:06
X-MEN: FIRST CLASS/11年/米/131分/SFアドベンチャー・アクション/劇場公開 監督:マシュー・ヴォーン 製作:ブライアン・シンガー 製作総指揮:スタン・リー 原案:ブライアン・シンガー 脚本:マシュー・ヴォーン 出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル...
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映画原作派のためのアダプテーション入門
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 10秒でズバッと伝わる話し方
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 新版 大人の発達障害に気づいて・向き合う完全ガイド
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 形容詞を使わない 大人の文章表現力
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 心理学でわかる ひとの性格・感情辞典
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 ゼロから分かる! 図解落語入門
おすすめ本 産声のない天使たち
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
その他のおすすめ本の記事は、“こちら” から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[05/23 名無しさん]
[05/23 べーかん]
[05/22 イサ]
[05/22 megumi]
[05/21 megumi]
  • 2019年4月期 / 春ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~(第7話)
テレ東 22:00  スパイラル~町工場の奇跡~(第6話)
火曜日
関テレ・フジ 21:00  パーフェクトワールド(第5話)
TBS 22:00  わたし、定時で帰ります。(第6話)
水曜日
日テレ 22:00  白衣の戦士!(第6話)
木曜日
テレ朝 21:00  緊急取調室 第3シーズン(第6話)
フジ 22:00 
金曜日
TBS 22:00  インハンド(第6話)
テレ朝 23:15  家政夫のミタゾノ[3](第5話)
テレ東 24:12  きのう何食べた?(第7話)
土曜日
NHK 21:00  デジタル・タトゥー(第1話)
日テレ 22:00  俺のスカート、どこ行った?(第5話)
テレ朝 23:15 
日曜日
TBS 21:00  集団左遷!!(第5話)
日テレ 22:30 
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  なつぞら(第46回・2019/5/23)

【途中で離脱】
東京独身男子(第2話)
あなたの番です(第2話)
ストロベリーナイト・サーガ(第3話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
相棒 Season16
相棒 season17
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
明日の君がもっと好き
明日の約束
あなたには帰る家がある
あなたのことはそれほど
anone
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
アンナチュラル
家売るオンナ
家売るオンナの逆襲
生田家の朝
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの雨がやむ日まで
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
いつまでも白い羽根
イノセンス~冤罪弁護士~
今からあなたを脅迫…
遺留捜査[4]
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
オー・マイ・ジャンプ
おかしの家
掟上今日子の備忘録
奥様は、取り扱い注意
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ高校
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[か]
カーネーション
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
崖っぷちホテル!
家政夫のミタゾノ
家政夫のミタゾノ[2]
家族狩り
家族ノカタチ
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット
監獄学園
監獄のお姫さま
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
義母と娘のブルース
きみが心に棲みついた
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
99.9-刑事専門弁護士-[2]
今日から俺は!!
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金
グッド・ドクター
グッドパートナー
グッドワイフ
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
海月姫
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
刑事ゼロ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁ゼロ係[3]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
刑事ゆがみ
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚相手は抽選で
結婚式の前日に
獣になれない私たち
健康で文化的な最低限度の生活
限界団地
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ[1]
コウノドリ[2]
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
後妻業
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
孤独のグルメ[7]
コード・ブルー[3]
この世界の片隅に
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
コンフィデンスマンJP
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(さ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(た~な)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
バイプレイヤーズ2
バカボンのパパよりバカなパパ
ハゲタカ(テレ朝)
ハケン占い師アタル
はじめまして、愛しています。
初めて恋をした日に読む話
花子とアン
花咲舞が黙ってない
花のち晴れ~花男 Next Season~
母になる
ハラスメントゲーム
ハロー張りネズミ
半分、青い。
BG~身辺警護人~
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひよっこ
ひよっこ2
昼のセント酒
HERO[2014]
ファーストクラス[2]
FINAL CUT
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
不機嫌な果実
不便な便利屋
ブラックペアン
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
ブラックリベンジ
フリンジマン
フルーツ宅配便
ヘッドハンター
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
僕たちがやりました
ホクサイと飯さえあれば
僕とシッポと神楽坂
僕の初恋をキミに捧ぐ
僕のヤバイ妻
僕らは奇跡でできている
ホテルコンシェルジュ
ホリデイラブ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔
ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
まんぷく
未解決の女 警視庁文書捜査官
みかづき
Missデビル人事の悪魔・椿眞子
南くんの恋人
民衆の敵
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~
問題のあるレストラン
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
[や]
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ユニバーサル広告社
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
THE LAST COP/ラストコップ
ラストチャンス 再生請負人
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~
陸王
リスクの神様
リバース
リピート ~運命を変える10か月~
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
私のおじさん~WATAOJI~
わにとかげぎす
わろてんか
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2019年3月7日に2,000万アクセス達成を致しました。(感謝の記事