忍者ブログ
Top*Admin

[1020]  [1019]  [1018]  [1017]  [1016]  [1015]  [1014]  [1013]  [1012]  [1011]  [1010
映画『劔岳 点の記』を観て来ました。採点は初監督って事でご祝儀込みで、★★★☆☆(5点満点中3点)です。

最初に書いておきますが、私は撮影者・木村大作さんの大ファンです。以前、『「情熱大陸/撮影・監督・木村大作」を観ました。』にも木村さんに対する思いは書きました。

それゆえに期待しすぎていたのかもしれませんが、映画監督・木村大作、そして映画『劔岳 点の記』を採点するとなると簡単に満点は出せないほど突っ込みどころがありました。もちろん、撮影者・木村大作が大スクリーンに映し出す大自然の情景は素晴らしい。しかし。。。

採点の理由も含めて詳しいお話はネタバレがあるので、右下からどうぞ。

◆高齢者の山登りブームにピッタリ企画。若者は夜の回へ行こう◆
平日の昼間にもかかわらず、かなりの観客がいました。それも殆どが50歳代後半以上の高齢者の男女80名程度。40代以下なんて数名しかいませんでした。登山帽被ってリュック背負ってる見るからに登山グループもいました。今、お金に余裕があって、「きれいな山の映像を観たい」って客層を上手につかんでいると思いました。ただ、皆さん上映中もぺちゃくちゃ喋りっぱなしでマナーは最悪。若い方は夜遅くの回をお勧めします。

◆それでも139分は長すぎます◆
高齢者には座りっぱなしの139分は酷ですね。途中で中腰で観てる人もいましたから。それに、これは私如きが言えることではありませんが、無駄なカットが多い。冒頭間もなくの柴崎芳太郎(浅野忠信)が古田盛作(役所広司)邸を訪問する際、奥さんにお土産を渡しますが、いきなり役所さんの弓を射るカットにスパッと入った方が良かったと思います。また、似たような情景カットが結構ふんだんに登場します。もっと選別しても上映時間を短くする努力もして欲しかったです。

◆監督の言いたい事は解る。でも登場人物たちからは伝わらない◆
エンディング間近に宇治長次郎(香川照之)が自分が初登頂にならないように命綱?を渡すシーンやエンドクレジットの「仲間たち」を観れば、監督が言いたい事は痛いほど良く解るし共感もできる。しかし、登場人物たちの人生観や生き方の部分が、手紙やモノローグや手旗信号で処理されたのが残念。特に最初は測量隊と対立していた日本山岳会の面々が最後に「仲間たち」になる下りがもっと描かれていると良かったと思います。まあ、俳優さんの演技にも「これ明治の話だよね」って突っ込みたい部分はありましたが。

◆撮影者・木村大作は超一流に変わりなし◆
やはり尾根に沿ってのパン(水平方向に旋回させながら行なう撮影)や、岩場になぞってズームする時の安定感はサスガ。数カット、パン頭でチラッとブレていたような気もしますが、止め(カットの終りの部分の映像)寸前から止めまでの納まりが最高でした。あんなに気持ちよくスッキリと画角が決まった日本映画を久しぶりに観ました。超ロング(望遠)のサイズも良いし。ああいうロングショットを使える日本の監督って少ないような気がします。

◆70歳の監督の次回作に期待◆
この映画がヒットすれば次回作もあるのでしょうか。私は次回作に期待します。こう言う一見無骨で、ラブシーンも決闘シーンも派手なカーチェイスもないだけれど、背骨のビシッと通った日本映画をもっと観たいです。

人気blogランキング 共感して下さったら、「左のボタン」をポチッとお願いします!(嬉)

   

[管理人からのお知らせとお願い]

【『2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』について】
2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』を投稿しましたので、秋のドラマライフの参考にして頂ければ幸いです。いつものように独断と偏見に満ち溢れていますが(苦笑)

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[1回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 無題
Horus URL 2009/06/23(Tue)19:24:49 編集
はじめまして こんにちは
あなたの悩みを取り除く電話占いができました

http://cmizer.com/movie/49666

2年以上続いている老舗の占いサイトだから安心安全
たくさんの占い師達があなたの悩みを解決します
  • 無題
ゆきたか 2009/06/23(Tue)19:37:56 編集
こんにちは。
先日僕も観てきましたが、確かに年齢層高目でした。
作品は、自然メインという気がしてもうちょっと人間像掘り下げてくれても、という気もしましたが…
確かに要らないなっていうカットも結構ありましたね。
  • Re:無題
みっきー 2009/06/23 21:10
☆ゆきたかさん
私が最大に木村監督に期待したのが『自分が生命をかけて撮影したカットを
冷静にカット(使わない)できるかって事だったのです。

私と比較しては罰が当たりますが、
私も自分で撮影した時は冷酷に削除できず残しちゃいます。
だからプライベートでしかキャメラを回しません。

仕事ではディレクターに徹します。
映像制作ってそう言う純粋なものだと思います。
その意味では木村監督も一人の人間だってことなのですけど。
  • 無題
ふのじ 2009/07/01(Wed)21:35:17 編集
確かに、山の厳しさや、晴れた時の景色を中心にした映画になってましたね。原作では、過酷な命令に従わねばならなくなった柴崎と、その夫を支える新妻:葉津よの物語としても描かれているのですが。折角、国民的人気女優の宮崎さんを起用できたのですから、もう少しドラマ的に仕上げれば良かったのにと思います。でも稀に出てくる宮崎さんが癒しと感動を与えてました。特にラスト付近で、笑顔に一筋の涙を浮かべながら歌うシーンには、涙が止まらなくなりました。(あおいちゃんのファンだとばれたかな(・・;)
  • Re:無題
みっきー 2009/07/02 11:19
☆ふのじさん
コメントありがとうございます。
人間同士のドラマがもっと描かれていないと、せっかくのキャスティングがもったいないです。

今回の浅野忠信さんと宮崎あおいさんの夫婦の描き方って、映画「おくりびと」の本木さんと広末さんととても似ています(ご覧になりましたか?)。夫婦なのですが、表面的な部分しか描かれない。愛をはぐくむシーン(性描写とは限らないが)が(ギャラなどの)契約によってNGなのかとても薄っぺらい。あおいさんも、その辺を演じられる女優さんだと思うのですが。

また、お越しください。
  • TBありがとうございました
シムウナ URL 2010/02/20(Sat)17:11:45 編集
TB有難うございました。
この映画を見ていると、自分の生き方
人生について自問自答してしまいました。
何をしたかではなく、何のために…
映画で語られる言葉も胸に突き刺さりました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
  • Re:TBありがとうございました
みっきー 2010/02/20 17:26
☆シムウナさん
確かにこの作品で人生のいろんな事を考えました。
特に監督の映画への思い入れ。
それが前面に出ている作品でしたね。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※なお、送られたトラックバックはブログ管理人が承認するまで公開されません。
  • 「劔岳 点の記」映画感想
Wilderlandwandar 2009/06/23(Tue)20:09:56
新田次郎の同名小説を『八甲田山』『火宅の人』などの名カメラマン、木村大作が初メガホンを取った作品。 元々原作も読んでいて
  • 【映画】劔岳 点の記
新!やさぐれ日記 2009/06/23(Tue)20:27:19
▼動機 景色がキレイだったので ▼感想 DVDに付くであろう特典映像を見たい ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ 明治40年、日本地図完成のために立山連峰、劔岳への登頂に挑む、陸軍測量手の柴崎芳太郎(浅野忠信)ら7人の測量隊。山の案内人、宇治長次郎(香川照之)や助手の生田信(松田龍平)らと頂への登り口を探すが、生田が足を滑らせけがを負ってしまう。大自然の厳しさを見せつけられた測量隊だったが、柴崎と宇治はある言葉を思い出す。 ▼コメント 満足度がおいときなのは、mixiに書...
  • 劔岳 点の記
[剣岳] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年61本目(56作品)です。 上層部から「陸軍の威信にかけて、劔岳の初登頂と測量を果たせ」という厳命を受けた陸軍陸地測量部の柴崎芳太郎(浅野忠信)。 明治40(1907)年。..
  • 劔岳 点の記
LOVE Cinemas 調布 2009/06/24(Wed)02:38:08
『八甲田山』や『鉄道員』など数え上げたらきりがないほどの作品を手がけてきた名カメラマン・木村大作の監督初挑戦作品。原作は新田次郎の同名小説。出演は最近では『鈍獣』が記憶に新しい浅野忠信、「20世紀少年」の香川照之を中心に、『ハゲタカ』の松田龍平、モロ師岡、 宮崎あおい、役所浩司など他にも超豪華かつ実力派がずらりと顔を並べています。本物に拘った映像は近年の日本映画界でもまれに見る迫力でした。
  • 劔岳 点の記
象のロケット 2009/06/25(Thu)13:02:00
明治39年、陸軍は国防のため日本地図の完成を急いでおり、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手・柴崎芳太郎に、劔岳の初登頂と測量を命じる。 かつて多くの優秀な測量部員たちが挑戦し果たせなかった劔岳は、立山信仰の霊場としても知られる、あまりにも険しい山だった…。 実話にもとづく、日本地図最後の空白地点を目指した男たちの記録。 ≪誰かが行かねば、道はできない。≫
  • 「劔岳 点の記」日本映画の王道。コレは本物!
シネマ親父の“日々是妄言” 2009/07/10(Fri)20:14:30
[剣岳] ブログ村キーワード  CG、デジタル全盛のこの時代に、敢えて“人間力”で挑んだ本作「劔岳 点の記」(東映)。力技の感じられる、正に“本物の映画”でしたよ。  明治39年。日露戦争に勝利した日本は、更なる国防の必要性を痛感。そのために、完全なる日本地図の完成を急いでいた。陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎(浅野忠信)は、日本地図最後の空白地である、立山連峰の劔岳への初登頂と測量を命じられる。未踏峰である劔岳への登頂は困難を極め、過去幾度かの挑戦も、その険しさに跳ね返されていた。...
  • 劔岳 点の記
Akira's VOICE 2009/07/11(Sat)11:44:45
ご苦労様です!  
  • 劔岳点の記 映画
粋な提案 2009/07/14(Tue)15:57:56
我が国最高の撮影監督といわれる木村大作が自らメガホンをとった、映画化作品。 出演:浅野忠信、香川照之、松田龍平、仲村トオル 見渡す...
  • 「劔岳 点の記 」真夏には涼しい140分、撮影が大変そうだった。
soramove 2009/08/08(Sat)08:55:16
「劔岳 点の記 」★★★☆ 浅野忠信 、香川照之 、松田龍平 、宮崎あおい 、仲村トオル 主演 木村大作 監督、140分、2008年                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 「明治40年、柴崎芳太郎は、陸軍上層部から 日本地図最後の空白地点、劔岳の初登頂を 目指すように命令を受ける、 過酷な使命を受けた男たちの物語を見ていると 美しい山の...
  • 映画:劔岳 点の記
よしなしごと 2009/08/11(Tue)11:01:10
 ネットでの評判が結構良かったので、観ようかどうしようか迷っていたのですが観てきました。劔岳 点の記を観てきました。
  • 映画「劔岳 点の記」
おそらく見聞録 2009/09/09(Wed)01:30:26
監督:木村大作(巨匠キャメラマン) 出演:浅野忠信(◎)香川照之(すばらしい!)松田龍平 出演:仲村トオル 宮﨑あおい 役所広司 夏八木勲    明治時代、軍の命令で日本地図唯一の空白地点だった未踏峰、 富山県にある剱岳の測量を行った測量士たちの物語です
  • 劔岳 点の記
映画、言いたい放題! 2009/09/12(Sat)00:34:02
ブログネタ:私が泣くのはこんなとき 参加中 「八甲田山 」のカメラマン、木村大作氏の 初監督作品です。 予告編を映画館で観て 絶対に映画館で観たい!と思いました。 明治40年、 参謀本部陸地測量部の測量官・柴崎芳太郎に 剱岳への登頂と測量の命令が下っ
  • 「劔岳 点の記」
山々の神々しいまでの美しさ!
  • No.204 劔岳 点の記
気ままな映画生活 2010/02/18(Thu)22:26:18
日本地図を完成させるため、未開拓の剱岳を目指す男たちのドラマ。 日本地図といえば、中学生のときに記憶に残っているのは 伊能忠敬だったかな・・・そんな記憶を辿りながら 当時の測量技法について関心深く、観賞しました。
  • 劒岳 点の記(2008)
1970年代から日本映画のカメラマンとして活躍してきた木村大作が監督しているので、現地でロケをした迫力ある映像が圧巻だ。山岳シーンは当時の測量隊が歩んだ行程をそのまま撮影していて、自然の美しさと厳しさを実感できる。特に感動するのは、山岳会と陸軍測量隊が小旗信
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 「朝ドラ」一人勝ちの法則
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 98歳現役医師の“元気に長生き”の秘訣
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
  • 2017年10月期 / 秋ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  民衆の敵
火曜日
フジ 21:00  明日の約束(第1話)
TBS 22:00  監獄のお姫さま(第1話)
水曜日
テレ朝 21:00  相棒[16](第1話)
日テレ 22:00  奥様は、取り扱い注意(第3話)
木曜日
テレ朝 21:00  ドクターX[5](第2話)
フジ 22:00  刑事ゆがみ(第2話)
日テレ 23:59  ブラックリベンジ(第3話)
金曜日
テレ東 20:00  ユニバーサル広告社(第1話)
TBS 22:00  コウノドリ[2](第2話)
テレ朝 23:15  重要参考人探偵(第1話)
土曜日
なし
日曜日
TBS 21:00  陸王(第1話)
日テレ 22:30  今からあなたを脅迫…(第1話)
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  わろてんか(第18回・10/21)
【途中で離脱】
新宿セブン(第1話)
セトウツミ(第1話)
オトナ高校(第1話)
フリンジマン(第2話)
先に生まれただけの僕(第2話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
遺留捜査[4]
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
僕たちがやりました
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
コード・ブルー[3]
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
ハロー張りネズミ
犯罪症候群[1]
光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひょっこ
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
わにとかげぎす
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/9/2に1,400万アクセス達成を致しました。(感謝の記事