忍者ブログ
Top*Admin

[11516]  [11515]  [11514]  [11513]  [11512]  [11511]  [11510]  [11509]  [11508]  [11507]  [11506

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  名無しさん (2018-06-21 09:52:27)
カーネーション:再放送 (第64,65回・2018/6/20) 感想

小林薫さんの上手な演技に、つい笑ってしまいましたが、バリハラ的な笑いが1日で終わって、ホントに良かったというか、胸をなでおろしました。 しかも、善三さんの小さな見栄が、大造兄ちゃんの出征の姿の前では、なんの意味も持たないつまらない物だと、本人自らの口から、本当の事を、いう事で、表現されていて、とても良かったと思いました。

↓ここから管理人返信↓

いろいろなことが、ちゃんと連携されて描かれいて楽しめました。


[拍手投稿]  かえるさん (2018-06-21 10:16:38)
カーネーション:再放送 (第64,65回・2018/6/20) 感想

八重子との久々の再会、そして和解のシーン。敬語でぎこちないところから涙を流し合って抱きしめあって。八重子に八つ当たりをしてしまった時に「みんなに好かれなくてもええ!」なんて強がりを言っていた糸子が「あんなことしてしもたうちが見送ってええの?」と本当はあの出来事を悔やんでいたことをぽろっと漏らしたこと。

理不尽に八つ当たりされて、家の中が暗くなって、さらに旦那も出征が決まって、「あんたのせいで!」って糸子を逆恨みしてもいいのに「見送りに来て」と本心で言える八重子の優しさと強さが見えたこと。まさに連続ドラマを見てきたからこそ伝わるものが多いシーンで、ふたりともに「本当によかったねぇ…」と思えてこちらまで泣けてきました。 これでお父ちゃんが良くなってくれればいいのに…不穏な空気。はやく元気になって!善ちゃん!

↓ここから管理人返信↓

善作さん、元気になると良いですね。


[拍手投稿]  匿子さん (2018-06-21 11:33:32)
半分、青い。 (第70回・6/21) 感想

みっきーさんの説明に納得の嵐です。 私には今日の秋風先生はギリギリアウトでした。「ここから嫁に行けばよい」はハートフルな台詞ですが、それはちょっと違うかと。結婚は夫婦だけのことではなく家と家の繋がり。いかに親代わりをしてきた秋風先生と言えども、ユーコの実家の親が生存しているのに代わりはできません。恋愛と結婚を同じ土俵のうえで語るところが現代的過ぎました。

ユーコの考えも極めて不自然です。ユーコは実家に帰ればお嬢様。いくらでも縁談の話はあったはず。実家に反発してどうしても帰りたくないなら、せいぜい事実婚しか道はありません。また、良家というものの難しさを知っている身でありながら玉の輿にこだわるのも変です。

若き青年実業家との結婚ならいざしらず、老舗店の跡継ぎとでは結婚してから大変そうですから。新婦の親の賛同を得られないなら、新郎側の両親の賛同も得られようはずもなく、ウェディングドレスを着て結婚式など挙げられず、二人は駆け落ちするしかないでしょう。 うわべだけの言葉に溺れ、もはや遭難しているかのような今回でした。

↓ここから管理人返信↓

私が秋風の台詞で良いと思ったのは、序盤だけですが…


[拍手投稿]  半分炎上さん (2018-06-21 12:20:11)
半分、青い。 (第70回・6/21) 感想

あと80回。半分もいっていないのに、後半もこんな展開なら、朝ドラに対する視聴者の信頼は著しく失墜ですね。  NHKは駄作とわかって、カーネーションを再放送しているのかと思ってきました。

↓ここから管理人返信↓

NHKに、そんな意図があるんでしょうかね。


[拍手投稿]  あれれ?さん (2018-06-21 12:37:08)
半分、青い。 (第70回・6/21) 感想

ボクテの奥にいる女性たちはボクテのファンでしたよね。昨日、ボクテのサインをもらって喜んでましたよね。ボクテが有名な漫画家になったらということを表現してるんですよね。 いろいろ目について批判的になるのも分かりますけど、こんなにはっきり描いているのにそこを見ずに(または忘れて)細かい演出やカメラアングルなどを批判するのは、せっかく楽しみに読んでるに者からしても興醒めしちゃいます。残念。

↓ここから管理人返信↓

あれれ?さんのコメントで、私、目が覚めました。最近、ほぼ惰性で見ているし、ボクテの話ななんてどうでも良いと思いながら見ているから、忘れるのです。 お蔭で、今週いっぱいで感想を打ち切るか決める決心がつきました。
目を覚まして下さり、ありがとうございました。


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


【"2018年10月期 / 秋ドラマの期待度" を投稿しました】
『2018年10月期 / 秋ドラマの期待度』を投稿しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

Yahoo!基金
一人一人が出来ることから、やりませんか。
平成30年北海道胆振東部地震 緊急災害支援募金(Yahoo!基金)
https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630037/


拍手[15回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 半分、青い
なかやまて 2018/06/21(Thu)15:31:38 編集
いつもその通りだなあとうなづきながら読ませていただいています。
私は1962年生まれで漫画が大好きでした。今もたくさんその当時の漫画を持っています。
時代設定とそのころの考え方が現代とごちゃごちゃになっており、
すべてが薄っぺらく感じています。

主人公はうわべだけ、家族のつながりも、なんだか薄っぺらいべたべたしたものでしかなく、
見れば見るほど、漫画のような架空の世界、でしかありません。
そのわりに、その当時の映像が入ります。
セリフは、限りなく、漫画におよばない、陳腐なものに聞こえます。
1970年代の女の子の漫画は、長編のものはありません。せいぜい、単行本10巻くらいです。

なお、律の姿はくらもちふさこ先生の漫画の男の子そのもの。菱本さんも、秋風先生も、同様。
すずめさんだけが、漫画の雰囲気がそぐわない感じがします。スズメという女の子についても、繊細さが感じられず、ただのがさつな女の子のまま、にしか感じられないからです。
もう少し内面的なものを感じさせてくれたら・・
と思います。

子供時代はよかったです。
その分、残念です。
このドラマのこの先の着地点が全く見えないです。

もう感想は書かれないのかと思い、思い切って自分の感想を書いてみました。
私は不評だった純と愛、とても好きでした。
  • Re:半分、青い
みっきー 2018/06/21 15:40
☆なかやまてさん
コメントありがとうございます。

普通の全10話前後の連ドラならば、
幼少期が終わった時点で、
とっくに離脱している作品なのです。

ただ、朝ドラは半年間も続くので、
まだ望みはあるなか?と思いましたし、
永野さんがヒロイン役の朝ドラはずっと期待していたので、
ズルズルと見ていたことを再認識させられたのです。

今週末の私が、
「来週も見守りたい」と思えば、
書き続けると思います。
  • 無題
名無し 2018/06/21(Thu)16:09:57 編集
感想をやめてしまうと、いろいろと言いたいことがあるのに自分では言う場がなく、代わりにみっきーさんが書いてくれることで溜飲を下げている私のような人たちが困ってしまいます(かなり身勝手ですけど)。
ですから、短くてもいいですから、どうかこれからも感想をやめずに続けて下さい。そして、拍手コメントを使っての私たちとの感想のキャッチボールをさせて下さい。
  • Re:無題
みっきー 2018/06/21 18:34
今回はね、いや~な予感がしたのです。
だから、最初の投稿時からコメント欄を封鎖した。
何となく、感想を書く気が乗らなくて…

そう言う日もあるんです。
そんな時に、突っ込まれちゃうと、
正直、何のために朝から時間を割いて、
誰にも頼まれていない感想を書くのかな?って
自問自答をしちゃう訳ですよ。

近畿地方では、たいへんなことになっているのに…とか。

明日は明日の、
明後日は明後日の、
来週は来週の風が吹くってことで。

離脱する時は、必ず宣言します。

明日から仕事で忙しいので、
『半分、青い。』含めて、
投稿は遅くなると思いますが…
  • 無題
his 2018/06/21(Thu)16:18:41 編集
まあ一言言えるのはそんな見逃すほどどうでもいいようなシーン見てる見てないでどや顔するなってことですね。
結局今日のヒロインもボクテが悩みを打ち明けた時とほぼ同じ反応でしたけど相変わらず人の気持ちがまるで理解できない人なんだということです。
一応もう24という設定なんですからせめて人の考えくらい理解しろよと思います。以前にも秋風に対してあれだけ暴挙、暴言を連発していたのですから今さらいい子に見せようとしても時すでに遅しというところ。
ボクテのファンの描写にしたところで今までボクテ、ユーコの漫画に対する熱意もきちんと描いてないのですからろくに伝わらないんです。
それにしてもメイドもいてたぶん昼御飯とかも作ってもらえてアシスタントもいる分際でしかも連載一本で時間がないってまあ単に才能がなかったとも言えますしそんなのを引っ張ってきた秋風の目も節穴だったとしかねえ。
まああんな人の心もわからないダメ女とか甘ったれたダメ女しか秋風塾にいない時点でお察しくださいですね。
  • Re:無題
みっきー 2018/06/21 18:42
☆hisさん
コメントありがとうございます。

>まあ一言言えるのはそんな見逃すほどどうでもいいようなシーン見てる見てないでどや顔するなってことですね。

流石、hisさん。
こう言って頂けると、気が楽になりますよ。

さて、気を取り直して…と。

結局、秋風も「アングル」の指摘だけが漫画家らしくて、
あとの描写は、この人も “同じ穴の狢” だったのかなって。

結局、なぜ裕子が漫画家生活を止めたのか?
なぜ、新人同様の鈴愛があれだけ偉そうなことを言えるのか?
ボクテの過去は劇中でも我々も無かったことにするしかないのか?
などなど、解せないことばかり。

だから、鈴愛の人生に直接影響を与えないような描写は、
この際、極力抑えて欲しいのです。

その意味では、自己弁護する訳ですが、
前回を見ずに今回を見た人は
「あの女性2人は誰?」となる訳で、
そう言う意味を持たない描写は止めて欲しいのです。

プロのクリエーターならなら、
「引き算で勝負」が原則だと思います。
  • 営業妨害だと思います
ななこ 2018/06/21(Thu)21:15:26 編集
半分、青いが隙のない名作とは思っていませんが、所々創作者の孤独と苦しみをざっくりえぐってくる作品になりつつあると思ってます。好みが分かれます。
好意的なブログ、批判的なブログ両方楽しみに見ています。視聴率は良いけど、時計がわりに流されていない証拠です。ミッキーさんは、基本このブログ、自分の感性のまま感想を書くことに何が問題?と言ったスタンスですが、ドラマ視聴は脱落してもここだけ見に来る人もいます。ある程度の公平性はいるのでは?ミッキーさんの過去のドラマ感想で録画再生して見ている記載もあり、今日までは常に咀嚼した上での感想なのだと思ってました。しかし、あれれ?さんの指摘に、「つまらなくて、真面目に見ていないから気づかなかった」と開き直るのに落胆。久しぶりに演出に関してプロらしい指摘かと思いきや、真面目に見ていないから気付かなかっただけじゃないですか。
さらに、あらら?さんの返信にヒステリックな赤字の返信。かまってちゃんにしか見えません。
どうしちゃったんですか?いつもなら、脱落はさりげなくスマートなのがここの魅力だと思っていたのですが。あと、行間に北川さんへのジェラシーも感じられるのが怖いです。
  • Re:営業妨害だと思います
みっきー 2018/06/21 21:32
☆ななこさん
コメントありがとうございました。

何を根拠に営業妨害?
不明です。
冷静になりましょうよ。

少なくとも、脚本家にジェラシーなんて微塵もありません。
怖いなら、もう読まないでください。

構ってなんて、欲しくないです。
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 朝ドラの55年 全93作品完全保存版
おすすめ本 「朝ドラ」一人勝ちの法則
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 98歳現役医師の“元気に長生き”の秘訣
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 死体鑑定医の告白
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 ブラックペアン1988 新装版
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[10/14 名無しさん]
[10/14 ゴンゾウ]
[10/14 通りすがりの者です]
[10/13 たちばなたかし]
[10/13 名無しさん]
  • 2018年10月期 / 秋ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  SUITS/スーツ(第2話)
テレ東 22:00  ハラスメントゲーム(第1話)
火曜日
フジ 21:00  僕らは奇跡でできている(第1話)
日テレ 22:00  獣になれない私たち(第1話)
水曜日
テレ朝 21:00  相棒 season17(第1話)
木曜日
テレ朝 21:00  リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~(第1話)
金曜日
NHK総合 22:00  昭和元禄落語心中(第1話)
TBS 22:00  大恋愛~僕を忘れる君と(第1話)
テレ朝 23:15  僕とシッポと神楽坂(第1話)
土曜日
日テレ 22:00  ドロ刑 -警視庁捜査三課-(第1話)
フジ 23:40  結婚相手は抽選で(第2話)
日曜日
TBS 21:00  下町ロケット[2018](第1話)
日テレ 22:30  今日から俺は!!(第1話)
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  まんぷく(第14回・10/16)
月~金 (連続テレビ小説/再放送)
NHK 16:20  カーネーション(第131,132回・2018/10/15)
【途中で離脱】
中学聖日記(第1話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
崖っぷちホテル!
家政夫のミタゾノ
家政夫のミタゾノ[2]
家族狩り
家族ノカタチ
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
監獄のお姫さま
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
義母と娘のブルース きみが心に棲みついた
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
99.9-刑事専門弁護士-[2]
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッド・ドクター グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
海月姫
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁ゼロ係[3] 警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
刑事ゆがみ
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
健康で文化的な最低限度の生活 限界団地 恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ[1]
コウノドリ[2]
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
孤独のグルメ[7]
コード・ブルー[3]
この世界の片隅に ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
コンフィデンスマンJP
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
バイプレイヤーズ2
バカボンのパパよりバカなパパ ハゲタカ(テレ朝) はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
花のち晴れ~花男 Next Season~
母になる
早子先生、結婚するって…
ハロー張りネズミ
犯罪症候群[1]
半分、青い。 FINAL CUT
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
BG~身辺警護人~
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひよっこ
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
毒島ゆり子のせきらら日記
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
ブラックペアン
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
ブラックリベンジ
フリンジマン
ヘッドハンター
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
僕たちがやりました
ホクサイと飯さえあれば
僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
ホリデイラブ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔
ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
未解決の女 警視庁文書捜査官
Missデビル 人事の悪魔・椿眞子
南くんの恋人
民衆の敵
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~
問題のあるレストラン
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
[や]
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ユニバーサル広告社
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラストチャンス 再生請負人 ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
陸王
リスクの神様
リバース
リピート ~運命を変える10か月~
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
わにとかげぎす
わろてんか
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2018年9月16日に1,800万アクセス達成を致しました。(感謝の記事