忍者ブログ
Top*Admin

[11555]  [11554]  [11553]  [11552]  [11551]  [11550]  [11549]  [11548]  [11547]  [11546]  [11545
連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第14週『羽ばたきたい!』の 『第79回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


秋風(豊川悦司)のひと言で再び漫画を描き始めた鈴愛(永野芽郁)。締め切りが迫る中、何とか鈴愛の力になりたいと、裕子(清野菜名)とボクテ(志尊淳)もオフィス・ティンカーベルに集まる。ところが、鈴愛は全く先の展開が思いつかない。焦る鈴愛をよそに時間は刻々と過ぎていき、ついに締め切りの朝を迎える。そのとき、描きかけの原稿を前に呆然とする鈴愛の携帯電話が鳴り、聞き覚えのある懐かしい声が聞こえてきて…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

朝から自己チュー鈴愛のメソメソ顔なんて見たくない!

前回の感想は、個人的にかなりぶっ飛んだ「神回」の提案をしてしまったので、今回は真面目に書いてみる。今回のアバンタイトルだが、「惜しい」のは、ネームの有り無しで漫画を描くとどんな違いがあるのか、これまでほぼ説明が無いから、「ネームなしで」と秋風が言っても分かり難い。

そして、鈴愛が「ネームなしで」最初に漫画を描いたことも、当時それ程は強調されて描かれていないから、それが鈴愛の漫画人生に於ける “原点回帰” のきっかけになるように見えない。

脚本家は、「視聴者はネームくらいは分かるよね。一応、鈴愛が捨てた事件でも書いたしね」とか「視聴者は鈴愛がネーム無しで漫画を描くことがどんな意味か分かるよね。最初に書いたネーム無しの漫画は近所で面白いって評判だったって書いたしね」と本気で思っていると思う。

確かに、これまでずっと見て何となく脳内補完して満足している視聴者は「はい、神様の言う通りでございます」となるだろう。また、今回が初見の視聴者なら「漫画の師匠がやり直せ」と発破をかけて応援してるんだ」と見えると思う。

では、3か月間ずっとモヤモヤを抱えながら見て来た私はどう感じたか? 「そもそも鈴愛って漫画の才能あったの? それに、大して漫画を描いてる印象無いんだけど…」だ。

だから、鈴愛の立ち直りなんて、週跨ぎで引っ張る必要なんて無かったのだ。先週の1週間で片付ければ良かった。「朝から自己チュー鈴愛のメソメソ顔なんて見たくない!」と思わせるだけのアバン。だから「惜しい」。でも、もう何ともならないような気がする…

強引に "主人公特権" で主人公らしく見せても無駄

さて、私が書いた土曜日の感想の「6月最後の土曜日を神回にする提案」通りに作っていれば、星野源さんの歌声もオープニング映像も「罪を償ったんだから、鈴愛ちゃん、これから心機一転だね。頑張って!」と見聞き出来たのに…。

さあ、本編が始まった。本編は「惜しい」と「今さら」の二言に尽きる。今さら5日間に亘る鈴愛の漫画との攻防戦を描いても遅いのだ。

これまできちんと見て来た視聴者には、鈴愛の漫画への情熱がそれ程でもないこと(特に恋愛よりも格下扱い)に見えているし、鈴愛が漫画を描いている印象的な描写としては、いつもネームを書く際のアイデア不足に苦戦しているだけ。あとはボクテと裕子、岐阜の家族らの “鈴愛アゲ” によって偽造された “才能” と “プロの漫画家” なのだ。

言い換えれば、前者は鈴愛自身の才能の無さを描き続け、後者は本人以外の力で “才能あるプロ” に見せ続けて来ただけなのだ。要は、これも迷走する脚本家が度々陥る “主人公特権” や “主人公だから” だ。

良い例は、ボクテと裕子。この2人は脇役だから “主人公特権” が適用されなかったから、秋風に引導を渡させてあっさりと「漫画家」として退場した。そう、実は鈴愛もボクテと裕子くらいにあっさり「漫画家」を諦めて岐阜に帰らせるべきだったのだ。

鈴愛の主人公らしい描写と言えば、誰よりも “ポエムな台詞” を喋るだけ。その程度の特徴の登場人物は主人公ではない。だから、無駄に引っ張ってる印象しかない…

今回も、困った時の「ポエムと律と鈴愛」頼みか…

そして、更に困ったのは、締め切りで極限まで追い込まれているはずの展開なのに、律を登場させたこと。その律と鈴愛が意外と電話で長話。

「6月最後の土曜日を神回にする提案」通りに作っていれば、絶対に律から電話なんて掛かって来ないのに、ここでまた律を登場させ、鈴愛に「律」と言わせたために、またストーカーが再燃。どうやら、脚本家はポエムと律と鈴愛を出しておけば、何となくいいシーンになると本気で信じているようだ。

これは、残り3か月を切った本作の現状を考えると本当に恐ろしいこと。だって、鈴愛の漫画家人生が掛っている場面でこの手法を使うんだから、今後も鈴愛の人生の節目みたいな場面は説得力ゼロの雰囲気重視になることが、ほぼ決まったから。

結局は、"甘えと甘やかしの世界" の話じゃないか!?

さ~て。律が鈴愛に電話を掛けるのも無神経だし、妻が結婚報告のハガキを誰に送ったのかを知らないのも無神経だし無責任。漫画の原稿も結局は秋風が書いてフォロー。と、書けば聞こえは良いし、永野芽郁さんが何とか演じた完全に心が折れた鈴愛がいたから(まだまだだと思いますが)、表面的に見ている人は感動出来たかも知れない。

しかし、多くの視聴者口をポカーンと開けたのではないだろうか。「結局は、“甘えと甘やかしの世界” じゃないか!?」って。そう、「甘えの構造」こそが本作の根底に第1回から脈々と流れているのだ。だから、努力も苦悩も最終的に必要はない。誰かに依存し誰かが助ける。それが本作。今回から、そう言う作品だと思えば、全てを「惜しい」「イマイチ」と思えるかも…

あとがき

前回で、秋風にネームを見せて、何も言われないと「どうして どうして前みたいに『何だ この紙クズ』と言ったり こうして カラスの羽みたいに放り投げないんですか?何でですか!?これ クズですよね」」と逆ギレしましたよね。まあ、まだペエペエの弟子ならともかく一応プロで飯を食った人間なら、クズと分かっている物を秋風に提出するのもどうかと思いましたが…

今回は、もうアイデアを貸すことは出来ないと宣言した裕子に、「じゃ ボクテに」と自分で言っておきながら、「何で止めないの?」を声を裏返してまでしての逆ギレ。混乱している鈴愛を描きたいのは理解しますが、前回で混乱した結果、完全にストーカーになった鈴愛を描いてちゃっていますから、混乱していると言うより「甘えん坊のかまってちゃん」にしか見えなくなりました。やはり「甘えの構造」を何とかせねばいけないと思います。

最後に。前回の感想に、91回の Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。これで漫画は最後らしいですから、終わるのを待ちますか…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 半分、青い。 Part1 (NHKドラマ・ガイド)
【Amazon.co.jp 限定特典/クリアファイル付き】「永野芽郁 in 半分、青い。」PHOTO BOOK
「永野芽郁in半分、青い。」PHOTO BOOK―2018年度前期連続テレビ小説 (Tokyo news mook)
半分、青い。 上 (文春文庫)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-9427.html




【これまでの感想】

第1週『生まれたい!』
1 2 3 4 5 6
第2週『聞きたい!』
7 8 9 10 11 12
第3週『恋したい!』
13 14 15 16 17 18
第4週『夢見たい!』
19 20 21 22 23 24
第5週『東京、行きたい!』
25 26 27 28 29 30
第6週『叫びたい!』
31 32 33 34 35 36
第7週『謝りたい!』
37 38 39 40 41 42
第8週『助けたい!』
43 44 45 46 47 48
第9週『会いたい!』
49 50 51 52 53 54
第10週『息がしたい!』
55 56 57 58 59 60
第11週『デビューしたい!』
61 62 63 64 65 66
第12週『結婚したい!』
67 68 69 70 71 72
第13週『仕事が欲しい!』
73 74 75 76 77 78
第14週『羽ばたきたい!』


【"2018年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
   『2018年7月期 / 夏ドラマの期待度』を投稿しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。
【Web拍手のコメント公開と返信について】
   いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
   コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[104回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 無題
なかやまて 2018/07/02(Mon)11:09:02 編集
なんどもコメントして申し訳ありません・・・。

そもそも「くらもちふさこ」という漫画家とその作品をもちだしたのはなぜなのだろう。
登場人物が、漫画にそっくりで、その当時のファンは当然漫画をたどりながら、ドラマを見てしまいます。
そして、その、くらもちふさこの世界観を、見事にぶっこわしてくれました。
すずめに、その当時の自分の恋や未来やいろいろなことに葛藤し試行錯誤する姿を見たいと思いましたが、それはできませんでした。
その部分があって、特に私の世代の落胆ははかりしれません。
その時代を(少し前ですが)生きた女性としては、どうしても感情移入はできないですから。
それとも、脚本家自身がそのようないい加減な人生を生きてきたのか?ご本人の分身だと考えれば、すずめへの批判は、ご自身への批判になると思います。

私も漫画家になりたいと思った。小説家になりたいと思った。それはその当時素敵な作家さんたちとの出会いがあったからです。作家にも漫画家にもなれなかったけれど、挫折すらその当時は未来をキラキラ感じていた時代です。あきらめて普通の主婦になっても一生懸命でした。
ドラマだけでなく、ベースにあるであろう漫画の世界のその気持ちすら、軽く扱われていてなんだか伝わらないのでどうしようもないのです。

少女漫画への冒涜だと思っているし、
若さというものの描き方が、間違っていると思います。

最後に律との電話のシーン。
絶対に存在させるべきではなかった、と思います。律もまたすずめと何ら変わらない成長しない人物となってしまいました。

見たくないのに、見るのは、どこかで見ていたことが救われる展開になることを期待しているのだと思います。
どうか、そんなドラマになっていきますように。
ここで書かせていただいて、すっきりさせていただいています。


  • 無題
his 2018/07/02(Mon)11:09:09 編集
すでに末期ですね。脚本家の描きたいスズメと今現在のドラマの設定が完全に食い違っていてヒロイン本人は大好きだった幼なじみの結婚で壊れてしまった女のつもりでしょうがユーコとボクテの中の人はどうも違和感ありありで演じているみたいで土曜日も今日も呆れてるように見えましたね。
そう、あの二人はこういう人間を見た正常な反応なんです。ヒロインは中の人も十代なのでアラサーで一応デビューもしているプロの漫画家としての自覚を持つ女性というものが理解してないのだと思われます。
まあそもそも脚本家も自分の師匠がせっかくもらってきた仕事をすっぽかして逃げるのはよほどの事情がないとというのを理解してないんですが。擁護の方へ、何年も連絡もとってないような、大した思い出もない幼なじみの結婚で仕事すっぽかして逃げる、仲間に八つ当たりなんてのは正常な人間はやらないんですからね。
こんなバカ置いといたら若手にも示しがつかないとも考えますんで。
  • Re:無題
みっきー 2018/07/02 11:15
☆hisさん
コメントありがとうございます。

最近、ここには擁護派はいませんよ。
  • 半分、青い。
はし 2018/07/02(Mon)12:54:39 編集
管理人様、お疲れさまです。
先日hisさんがコメントで "こんなバカ置いといたら若手にも示しがつかないとも考えますんで" と一言書かれていました。
映像(光)と音声(音)を使った影響力が大きな媒体で、主人公(私)には甘えが許され、"仕事"をぞんざいに扱う様な人生記を続けるのは、人生にポエムな言い訳を与えるだけだと思います。
津川雅彦氏が暴力ゲーム等について "影響はあるけど影響を受ける奴は救いようのないバカ'' と言ったそうですが、本作の脚本家は表に出て来てSNSで自ら視聴者を取り込み、神を操る事までしていますからね。
教祖様を祭り上げるのにどうか受信料を使わないでいただきたいと思っております。
コマにされている役者さん達が気の毒でなりません。
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 朝ドラの55年 全93作品完全保存版
おすすめ本 「朝ドラ」一人勝ちの法則
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 98歳現役医師の“元気に長生き”の秘訣
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 死体鑑定医の告白
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 ブラックペアン1988 新装版
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[07/18 his]
[07/18 ゴンゾウ]
[07/18 かめ(フランソワではありません 笑)]
[07/17 羊子]
[07/17 たちばな]
  • 2018年7月期 / 夏ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  絶対零度~未然犯罪潜入捜査~[2](第2話)
テレ東 22:00  ラストチャンス 再生請負人(第1話)
火曜日
フジ 21:00  健康で文化的な最低限度の生活(第1話)
TBS 22:00  義母と娘のブルース(第2話)
水曜日
日テレ 22:00  高嶺の花(第1話)
木曜日
テレ朝 21:00  ハゲタカ(第1話)
フジ 22:00  グッド・ドクター(第1話)
日テレ 23:59  探偵が早すぎる(第1話)
金曜日
テレ東 20:00  警視庁ゼロ係[3](第1話)
NHK総合 22:00  透明なゆりかご(第1話)
テレ朝 23:15  dele(第1話)
土曜日
日テレ 22:00  サバイバル・ウェディング(第1話)
テレ朝 23:15  ヒモメン(第1話)
フジ 24:05  限界団地(第6話)
日曜日
TBS 21:00  この世界の片隅に(第1話)
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  半分、青い。(第92回・7/17)
月~金 (連続テレビ小説/再放送)
NHK 16:20  カーネーション(第87,88回・2018/7/6)
【途中で離脱】
バカボンのパパよりバカなパパ(第1話)
ゼロ 一獲千金ゲーム ※感想無し
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
崖っぷちホテル!
家政夫のミタゾノ
家政夫のミタゾノ[2]
家族狩り
家族ノカタチ
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
監獄のお姫さま
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
きみが心に棲みついた
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
99.9-刑事専門弁護士-[2]
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
海月姫
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
刑事ゆがみ
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ[1]
コウノドリ[2]
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
孤独のグルメ[7]
コード・ブルー[3]
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
コンフィデンスマンJP
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
バイプレイヤーズ2
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
花のち晴れ~花男 Next Season~
母になる
早子先生、結婚するって…
ハロー張りネズミ
犯罪症候群[1]
FINAL CUT
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
BG~身辺警護人~
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひよっこ
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
ブラックペアン
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
ブラックリベンジ
フリンジマン
ヘッドハンター
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
僕たちがやりました
ホクサイと飯さえあれば
僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
ホリデイラブ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔
ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
未解決の女 警視庁文書捜査官
Missデビル 人事の悪魔・椿眞子
南くんの恋人
民衆の敵
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~
問題のあるレストラン
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
[や]
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ユニバーサル広告社
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
陸王
リスクの神様
リバース
リピート ~運命を変える10か月~
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
わにとかげぎす
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2018年7月13日に1,700万アクセス達成を致しました。(感謝の記事