忍者ブログ
Top*Admin

[13554]  [13650]  [13649]  [13648]  [13647]  [13646]  [13645]  [13644]  [13643]  [13642]  [13641
2019/12/28 16:42 文末に追記あり
連続テレビ小説「スカーレット」

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』公式サイト
第13週『愛いっぱいの器』の 『第78回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


八郎(松下洸平)の計らいでジョージ富士川(西川貴教)が川原家を訪れる。ジョージと再会した喜美子(戸田恵梨香)は言葉を失うが、懸命にかつて自分が抱いた夢を語り始める。そして照子(大島優子)たちも参加して、ジョージによる即興の創作実演が行われる。その姿に刺激を受けた八郎はその後、作陶に没頭。さらに喜美子にも変化が。土に向かいながら溢れる涙。父の死以来、悲しみを抑え込んでいた喜美子が作品を生み出そうと…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

アバンでの喜美子の "ソワソワ" の原因でモヤモヤ…

何なんだろう? アバンタイトルから漂う空虚感。確かに、 世界的芸術家・ジョージ富士川(西川貴教)が喜美子(戸田恵梨香)に会うために川原家にやって来たから、ソワソワ慌てるのは間違っていないのだが、やはりモヤモヤすると言うか、不自然と言うか。

第29回(2019/11/1)で、劇中では10年前の17歳の喜美子がジョージ富士川のサイン会を訪れて、来年から美術学校で学ぶ夢を伝えたら、激励されて感激したことがあった。私は、その後ジョージ富士川のもとで芸術の勉強をして、その流れで陶芸家になると思っていたが、結局そうはならずに27歳の喜美子に至る。

そう、このソワソワ慌てるのは、10年ぶりに再会したからなのか、有名な世界的芸術家が会いに来てくれたからなのか、両方なのか演出(演技も)から分からないのだ。

因みに、前回のラストシーンで再会した時は、驚きの表情で数歩後ろに下がっただけ。今回のアバンでもそのカットが採用されていた。こう言う曖昧な描写ばかりをやって、行間を埋めるから話の展開がモヤモヤするのだ。

主題歌明けの1シーンをアバンにしたら良かったのに…

そして、主題歌明けに、前述したソワソワの理由が喜美子によって述べられた。本来なら、この場面をアバンに使えば良かったと思う。

そうすれば、モヤモヤしながらも見続けている視聴者には、第29回の草間(佐藤隆太)とも久し振りに再開したサイン会のシーンが、ポーンと頭に浮かんで来て、連ドラとしての “連続性・一貫性” と言う醍醐味を、年内最後の放送の冒頭で感じることが出来たのに。

だって、脚本もジョージの「さあ やるで!」の台詞で、主題歌に行けるようにも書いてあるじゃないか。どれだけ、再び喜美子が工房に入って来てから、ジョージの「さあ やるか?」までをアバンにしていたら、スッキリしたかと思うと残念でならない…

なぜ、肝心な部分をザックリと端折っちゃうの!?

で、「西川貴教さん、アドリブで良いので子どもたち含めてパーッとやって下さい」の演出家の指示のもと撮影したアドリブ満載の「お絵描き」のシーンは良いとして(前日に息子の武志は風邪だかで熱発して寝ていたのに、翌日は元気になったってこと?)…

八郎(松下洸平)が出品作品に没頭し始めたこと、喜美子も作品作りを始めたくなったこと、更に八郎が春の陶芸展で金賞を受賞したことまでが、ナレーション処理主体で映像は “おまけ” 程度で、正に箇条書きで描かれた。

本当はジョージのお絵描き教室から八郎と喜美子が何を受け止め、自由をどのように解釈し直し、陶芸に向かう姿勢に変化が出たのかを見たかったのに、やはり端折られてしまった。

確かに、作陶をするシーンの撮影は出演者やスタッフに負担を掛けると思うが、それこそナレーションを上手く使って、手首は映さなくても如何様にも心の変化と手技の変化は描けると思うのだが…

養って貰っている八郎が、なぜ偉そうに喜美子に言うの!?

そして、8分過ぎに、意外な台詞が八郎から放たれた。八郎の受賞作品をどこに飾るか揉めた結果、八郎が「かわはら工房」に持って来ると言う解決方法を選んだと言うのを、喜美子に話す流れで言ったこの台詞↓だ。

八郎「僕が片づけるさかい 喜美子は やりぃ。
   ずっと 作りたいと思てたんやろ。
   ジョージ富士川さんに会うてから」

好意的に本作を見ている人や、面白い、感動的と感じて見ている人は、この台詞を “八郎の優しさ” と受け止めるだろう。しかし、ニュートラルな気持ちで見ている私には、なぜ八郎が喜美子に、まるで “上から目線” のように指図をするのか…と、見えてしまった。

だって、八郎は基本的に受賞作品を作るのが日々の “仕事(と言うか、やるべきことと言うべきか?)” で、川原家の家計を支えているのは喜美子の陶器の量産による “仕事” と “稼ぎ” のはず。ぶっちゃけちゃえば、八郎は喜美子に養って貰っているような状態。

逆の視点で言えば、喜美子が八郎を含めた川原家を養っている状態。そんな喜美子が量産をしながら、芸術作品を作れるはずが無いのに、「喜美子は やりぃ」って???

耳障りの良いカッコいい台詞に頼り切って映像化から逃げる!!!

正直、「描かれなかった約5年間」のあと、喜美子が陶器の量産に日々明け暮れていたと言う印象はない。そう、映像的にたくさん描かれていない。しかし、前述の八郎の “耳障りだけは良いカッコいい台詞” によって、視聴者へ “喜美子は陶器の量産に日々明け暮れていた” と言う印象を植え付けて、映像化から逃げた。

本作って、いつもこう。序章式のシーンでも、この “耳障りだけは良いカッコいい台詞” に頼り切って「映像化から逃げた」のはあった。

八郎と、役所勤めの信作(林遣都)、窯業研究所の所長・柴田寛治(中村育二)、美術商の佐久間信弘(飯田基祐)、丸熊陶業社長・敏春(本田大輔)らの関係も、今回の八郎とのやり取りを見れば、以前より親しく深まっているのは分かる。分かるが映像化はされていない。

ただ、八郎の「みんな もめてたからな」と、まるで八郎が口を出せば “鶴の一声” のように言うことを聞くって感じに仕上げてしまった。だから、八郎に不快感が漂ってしまう。

もっと、八郎が周囲の支えてくれている人たちへの “感謝” を描いたら良いのに、ジョージ富士川を連れて来るのも、照子(大島優子)を利用したように見えてしまった。こんな “耳障りだけは良いカッコいい台詞” に頼り切って「映像化から逃げる」ことばかり続けていても、登場人物への感情移入なんて遥か遠いことだと思う…

脚本と演出に「だったら、そう書(描)けば良い」と言いたい!

10分過ぎの百合子(福田麻由子)とマツ(富田靖子)の会話、それを横で聞いてい八郎も同じこと。

百合子「最近 やっと泣かんと 言えるようになったわ…」
マ ツ「せやな 百合子は 思い出しては グズグズ泣いてたもんな」

前回の感想で書いた通り、父・常治(北村一輝)の葬儀(普通は、通夜と告別式)に来なかった直子(桜庭ななみ)とのナレーションがあったアバンは告別式の直後で、直子が川原家に戻って来たのが四十九日法要と納骨式の後、更に八郎の受賞式が桜咲く春だから、2か月以上は百合子がグズグズ泣いていたことになる。

TBSのバラエティー番組『プレバト!!』の俳句の夏井いつき先生の口癖を拝借すれば、「だったら、そう書けば良い」のだ。

カッコいい言葉を並べて、遠回しにあれこれ言わずに、思ったことをそのまま書くべき…と言う教えなのだが、本作の脚本家と演出家には、正に「だったら、そう書(描)けば良い」と言いたい。いつも言うように、日めくりカレンダーの1カットと、仏壇の前で泣く百合子の1カット、それを見守るマツの3カット、10秒間もあれば済むのだ。

カッコいい台詞と俳優に頼り切って、行間は視聴者に丸投げ!!!

もう、いちいち台詞を拾うのも苦労なので一部だけ拾うが。12分頃の粘土を練る喜美子の手が進まない。それを見た八郎が大泣きする喜美子を抱き寄せる。

八郎「お義父さんのことが浮かぶんやな」
   N「喜美子は 八郎の腕の中で泣きました」

これも、本作が良くやる、もう手抜きと言って良いだろう。前述の「耳障りだけは良いカッコいい台詞に頼り切って映像化から逃げる」と言う手抜きだったが、今回のは「耳障りだけは良いカッコいい台詞と俳優が醸し出す雰囲気に頼り切って、行間は視聴者に丸投げする」と言う手法だ。

この手抜きの最近の代表作が、常治の死の場面。絵皿の大きさやご飯の食べ方などの本来は細心の注意を払って演出すべき部分を、演出家たちがきちんと精査せずに、耳障りだけは良いカッコいい台詞と俳優が醸し出す雰囲気に頼り切ったから、当blogにも「朝ドラのヒロインの父親の死の場面で泣けなかったのは初めて」なんてコメントが届いてしまうのだ。

久し振りの "喜美子の覚醒" に八郎を絡める必然性が無い!

う~ん、誰の発案何だろう。「何が何でも喜美子と八郎の2ショットをたくさん盛り込め!」と脚本家や演出家らに指示を出しているのは?

今回の終盤の “喜美子が覚醒” していく過程の描写に、八郎は必要だろうか? 喜美子が土をいじり始めても上手く行かない…と言うことが、何日も続いたように映像化して…

そこで入れるなら「喜美子は 父の常治のことが浮かんで 悲しくて 手が思うように動きませんでした」くらいのナレーションを入れて、あとは、ジョージ富士川と描いた大きな絵を前で戸田恵梨香さんの演技力で “喜美子の覚醒” を演じて貰うだけで良かったと思う。いちいち、喜美子に八郎を絡める必要はないと思う。

あとがき

予告編で、陶芸家となった喜美子が弟子を迎えることになっていましたね。八郎が一人前の陶芸家として認められるまで「5年以上」は掛かりましたから、年明けは最低でも「4年後」ですね。どうせ、喜美子が弟子を迎えられる腕前にまでなった過程は端折るんでしょうね。今回の予告編を見て、がっかりしました。

最後に。3か月間、『スカーレット』の感想にお付き合い頂き、ありがとうございました。

--------------------------  ここから追記  --------------------------
【追記 2019/12/28 16:42】
「あとがき」の1段落を読んで、私の本作の感想が今回で最後と思われた方が多数いらっしゃるようなので、敢えて宣言します。本作の鑑賞も感想の投稿も離脱するつもりはありません。ただ、年明けの第78回次第では分かりませんが。

誤解を招くような書き方になったようですが、私はだだ「こんなモヤモヤとグダグダな朝ドラを毎日観て、更に愚痴だらけの感想を “3か月間も” 読んで下さったことへの感謝を伝えたつもりです(謝)
--------------------------  ここまで追記  --------------------------

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 スカーレット 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]
火火 [DVD]
連続テレビ小説「スカーレット」オリジナル・サウンドトラック

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10925.html




【これまでの感想】

第1週『はじめまして信楽(しがらき)』
1 2 3 4 5 6
第2週『意地と誇りの旅立ち』
7 8 9 10 11 12
第3週『ビバ!大阪新生活』
13 14 15 16 17 18
第4週『一人前になるまでは』
19 20 21 22 23 24
第5週『ときめきは甘く苦く』
25 26 27 28 29 30
第6週『自分で決めた道』
31 32 33 34 35 36
第7週『弟子にしてください!』
37 38 39 40 41 42
第8週『心ゆれる夏』
43 44 45 46 47 48
第9週『火まつりの誓い』
49 50 51 52 53 54
第10週『好きという気持ち』
55 56 57 58 59 60
第11週『夢は一緒に』
61 62 63 64 65 66
第12週『幸せへの大きな一歩』
67 68 69 70 71 72(Vol.1) 72(Vol.2)
第13週『愛いっぱいの器』
73 74 75 76(Vol.1) 76(Vol.2) 77


【本家の忍者ブログの「Web拍手」が復旧しました】
2020年1月25日(土)~2月2日(日)まで表示不能等の不具合がありましたが、全体的に90%程度は復旧して来ました。本日は、動作が緩慢だった「Web拍手」がサクサクに復旧しました(関連投稿)。この本家ブログを引き続き宜しくお願い申し上げます。

【"2020年1月期 / 冬ドラマの期待度" を投稿しました】
『2020年1月期 / 冬ドラマの期待度』を、投稿(2019/12/11)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[53回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 最初の週以来、視聴をやめてましたが、、、
ブロリー 2019/12/28(Sat)13:10:30 編集
どうも本作は私には地味でそそられない作品なので初週だけ見て視聴を打ち切ってました。
でも、みっきーさんの感想は概ね良い評価だったので
「まぁ再放送で見直してみようかな?」と少し思いはじめていたところでしたが、、、
どうも雲行きが怪しくなってきましたね、、、
駄作朝ドラの特徴である「中盤になって話の展開が雑になってくる」が現れ始めてきたように思います(苦笑)


  • Re:最初の週以来、視聴をやめてましたが、、、
みっきー 2019/12/28 17:59
☆ブロリーさん
コメントありがとうございます。

『なつぞら』の「牧場だけやっておけば良かった」の
二の舞になりそうですね。
  • 近年の朝ドラ化
通りすがりの常連 2019/12/28(Sat)13:37:18 編集
前半は、かなり面白かったです。近年稀に見る良作かと思いました。八郎が出てきてからだんだんペースダウンして、今では近年の大阪局作品らしい普通の朝ドラになってしまいました。一日分はそれなりに面白いけど、一週間分はちょっとズレてる、全体から見るとちぐはぐ、そんな感じです。
個人的には、なつぞらという一日分の内容がちぐはぐ、小物がオーパーツだらけ、登場人物がとにかく不快な駄作を観た直後なのと、少しBK贔屓なので多分一応は完走すると思うのですが、荒木荘編の頃のように熱中することはないかもなぁという気持ちです。もしかして、八郎が退場したほうが締まる……?
  • Re:近年の朝ドラ化
みっきー 2019/12/28 18:03
☆通りすがりの常連さん
コメントありがとうございます。

ベタベタ夫婦を描いている内は、
あれこれやっても、この1か月間と変わらないような気がします。

本当は、物語をすっ飛ばされるのは嫌ですが、
ある日突然、喜美子の才能が再び覚醒して、
八郎をあっと言う間に飛び越える陶芸家になっちゃって、
その後の人生を描いた方が良いかも知れません…
  • 無題
もきゅ 2019/12/28(Sat)13:53:20 編集
こんにちは。
喜美子の人生がメインだから八郎の受賞は端折ったのかも知れませんが、やはりあの作品を作るまでの心の動きは見せてほしかったです。
前にも書きましたが、イチャイチャ以降のペース配分がちぐはぐな感じがしますね。
朝ドラはヒロインの人生を描くから駆け足やワープしてしまいがちですが、作品がやっと認められて「俺たちの戦いはこれからだー!」ぐらいで最終回でもいいのにと思ったりもします。
  • Re:無題
みっきー 2019/12/28 18:07
☆もきゅさん
コメントありがとうございます。

要は「女の一代記」として成功や晩年、死までを描かずに、
「未来が見える結末」で最終回を終えるってパターンですよね。

でも、ネタバレっぽくなるから “そっと” 書きますが…

モデルとなっている神山清子さんは、女性陶芸家の他に、
「日本国内の骨髄バンクの立ち上げにも尽力した人」と言う
一面があるので、そこまでは描くような気がします。
  • 離脱おめでとうございます
タイざいしゃ 2019/12/28(Sat)16:35:51 編集
これ以上不満や鬱憤を書きつづると体に毒ですので、3ヶ月で終わらせて正解です。おめでとうございます。
私は目覚まし代わりになっただけで何も変わりません。
とりあえず今日は「逃げ恥」見てます。
  • Re:離脱おめでとうございます
みっきー 2019/12/28 16:41
☆タイざいしゃ
コメントありがとうございます

離脱していませんよ。
  • 失礼しました
タイざいしゃ 2019/12/30(Mon)00:17:55 編集
離脱されたのかと思い込んで、申し訳ありませんでした。
  • Re:失礼しました
みっきー 2019/12/30 10:08
離脱する時は、山ほどの愚痴を書きますので、ご安心を(苦笑)
  • 「承」が終え、前半終了...
ひろし 2019/12/31(Tue)17:09:02 編集
ちょっと遅くなりましたが、年明け前にコメントさせて頂きます。
「承」が終え、全体の半分が終了。
今週で良かったのは、久しぶりのジョージ富士川の登場と、喜美子が初めての作品(陶芸)を作ったぐらいか。これだけ見れば、そこそこ良作に見えますが、全体的にダラダラした内容だったので、共感・感動出来なかったのが残念。
あの『みかづき』と同じ脚本家なので、ある程度期待したのに残念な気持ちです。
安定した「起」の後、どんな「承」を迎えるのかと楽しみにしましたが、まさか、こんなにガッカリさせる内容とはショックでした。
まあ、近年の朝ドラの流れを考えると、ある程度の不安はありましたが。
現時点の評価は「ギリギリ赤点」と言った感じかな。
この調子で、後半はどんな展開になるのやら(余り期待しませんが)。
初回のアバン・冒頭は、どんな形で繋がるのかも気になりますし(今の段階で、どう繋がるかも微妙ですし)。
新しい記事へ  Newer |  * HOME *  | Older  古い記事へ
  • 楽天市場広告
  • アーカイブ・ブログ内検索



  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映画原作派のためのアダプテーション入門
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 10秒でズバッと伝わる話し方
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 新版 大人の発達障害に気づいて・向き合う完全ガイド
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 形容詞を使わない 大人の文章表現力
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 心理学でわかる ひとの性格・感情辞典
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 ゼロから分かる! 図解落語入門
おすすめ本 産声のない天使たち
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
その他のおすすめ本の記事は、“こちら” から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[02/24 パインル]
[02/23 ゴンゾウ]
[02/23 もきゅ]
[02/23 パインル]
[02/22 タイざいしゃ]
  • 2020年1月期 / 冬ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  絶対零度[4]~未然犯罪潜入捜査~[2](第8話)
テレ東 22:00  病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~(第5話)
火曜日
関テレ・フジ 21:00  10の秘密(第6話)
TBS 22:00  感想は離脱
水曜日
テレ朝 21:00  相棒 season18(第16話)
TBS 22:00  感想は離脱
テレ東 24:12  僕はどこから(第7話)
木曜日
テレ朝 21:00  感想は離脱
フジ 22:00  アライブ がん専門医のカルテ(第7話)
金曜日
NHK 22:00  ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~(感想無し)
TBS 22:00  病室で念仏を唱えないでください(第6話)
テレ東 24:12  コタキ兄弟と四苦八苦(第7話)
土曜日
NHK 21:00  心の傷を癒すということ(最終話)
日テレ 22:00  トップナイフ ―天才脳外科医の条件―(第6話)
13861 テセウスの船(第6話)
日テレ 22:30  感想は離脱
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  スカーレット(第122回・2020/2/25)
月~金 (連続テレビ小説)
ゲゲゲの女房:再放送(第156回/最終回・2020/1/10)

【感想は途中で離脱】
シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(第1話)
恋はつづくよどこまでも(第1話)
知らなくていいコト(第2話)
ケイジとケンジ 所轄と地検の24時(第1話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
Iターン
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
相棒 Season16
相棒 season17
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
明日の君がもっと好き
明日の約束
あなたには帰る家がある
あなたのことはそれほど
あなたの番です
anone
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
アンナチュラル
家売るオンナ
家売るオンナの逆襲
生田家の朝
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの雨がやむ日まで
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
いつまでも白い羽根
イノセンス~冤罪弁護士~
今からあなたを脅迫…
遺留捜査[4]
インハンド
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
オー・マイ・ジャンプ
おかしの家
掟上今日子の備忘録
奥様は、取り扱い注意
「おこだわり」、私にもくれよ!!
おっさんずラブ-in the sky-
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ高校
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
俺のスカート、どこ行った?
俺の話は長い
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[か]
カーネーション
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
崖っぷちホテル!
家政夫のミタゾノ
家政夫のミタゾノ[2]
家政夫のミタゾノ[3]
家族狩り
家族ノカタチ
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット
監獄学園
監獄のお姫さま
監察医 朝顔
カンナさーん!
偽装の夫婦
偽装不倫
貴族探偵
きのう何食べた?
義母と娘のブルース
きみが心に棲みついた
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
99.9-刑事専門弁護士-[2]
今日から俺は!!
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
緊急取調室[3]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金
グッド・ドクター
グッドパートナー
グッドワイフ
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
海月姫
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
グランメゾン東京
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
刑事ゼロ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁ゼロ係[3]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
刑事ゆがみ
警部補・杉山真太郎
ゲゲゲの女房
下剋上受験
結婚相手は抽選で
結婚式の前日に
獣になれない私たち
健康で文化的な最低限度の生活
限界団地
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ[1]
コウノドリ[2]
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
後妻業
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
孤独のグルメ[7]
孤独のグルメ[8]
コード・ブルー[3]
この世界の片隅に
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
これは経費で落ちません!
婚活刑事
コンフィデンスマンJP
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(さ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[さ]
サイレーン
サイン―法医学者 柚木貴志の事件―
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
サギデカ
先に生まれただけの僕
SAKURA~事件を聞く女~
さすらい温泉 遠藤憲一
サムライせんせい
さぼリーマン甘太朗
残念な夫。
3人のパパ
37.5℃の涙
3年A組 今から皆さんは、人質です
G線上のあなたと私
Chef~三ツ星の給食~
視覚探偵 日暮旅人
シグナル 長期未解決事件捜査班
時効警察はじめました
地獄先生ぬ~べ~
下町ロケット
下町ロケット[2018]
GTO[2]
死幣ーDEATH CASHー
下北沢ダイハード
シャーロック アントールドストーリーズ
死役所
獣医さん、事件ですよ
就活家族~きっと、うまくいく~
集団左遷!!
重版出来!
重要参考人探偵
JKは雪女
女囚セブン
少年寅次郎
昭和元禄落語心中
新・刑事吉永誠一
新宿セブン
深夜食堂[3]
SUITS/スーツ
水球ヤンキース
好きな人がいること
素敵な選TAXI
スーパーサラリーマン左江内氏
スキャンダル専門弁護士 QUEEN
ストロベリーナイト・サーガ
スパイラル~町工場の奇跡~
スペシャリスト
すべてがFになる
砂の塔~知りすぎた隣人
スニッファー嗅覚捜査官
スミカスミレ 45歳若返った女
住住(すむすむ)
正義のセ
青春探偵ハルヤ
聖女
せいせいするほど、愛してる
世界一難しい恋
セカンド・ラブ
セシルのもくろみ
セミオトコ
サバイバル・ウェディング
銭の戦争
絶対正義
絶対零度~未然犯罪潜入捜査~
セトウツミ
ゼロの真実~監察医・松本真央~
そして、誰もいなくなった
それぞれの断崖
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(た~な)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[た]
大貧乏
大恋愛~僕を忘れる君と
高嶺の花
戦う!書店ガール
玉川区役所 OF THE DEAD
民王
ダメな私に恋してください
探偵が早すぎる
探偵の探偵
小さな巨人
中学聖日記
デート ~恋とはどんなものかしら~
dele/ディーリー
デザイナー 渋井直人の休日
デジタル・タトゥー
デスノート
出入禁止(デキン)の女
テディ・ゴー!
デッドストック
天使と悪魔
天皇の料理番
TWO WEEKS 東京スカーレット~警視庁NS係~
東京センチメンタル
東京タラレバ娘
東京独身男子
同窓生~人は、三度,恋をする~
透明なゆりかご
ドS刑事
時をかける少女
毒島ゆり子のせきらら日記
トクサツガガガ
ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~
ドクターX ~外科医・大門未知子~[3]
ドクターX ~外科医・大門未知子~[4]
ドクターX ~外科医・大門未知子~[5]
ドクターX ~外科医・大門未知子~[6]
ドクターカー
DOCTORS 3 最強の名医
Dr.倫太郎
特捜9
匿名探偵[2]
とげ~小市民 倉永晴之の逆襲~
ど根性ガエル
突然ですが、明日結婚します
とと姉ちゃん
トドメの接吻
隣の家族は青く見える
となりの関くんとるみちゃんの事象
トレース~科捜研の男~
ドロ刑 -警視庁捜査三課-
[な]
ナイトヒーローNAOTO
ナオミとカナコ
凪のお暇
なつぞら
ナポレオンの村
逃げるは恥だが役に立つ
ニッポンノワール-刑事Yの反乱-
ノーサイド・ゲーム
脳にスマホが埋められた!
信長協奏曲
信長のシェフ[2]
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~ま)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
バイプレイヤーズ2
バカボンのパパよりバカなパパ
白衣の戦士!
ハゲタカ(テレ朝)
ハケン占い師アタル
はじめまして、愛しています。
初めて恋をした日に読む話
花子とアン
花咲舞が黙ってない
花のち晴れ~花男 Next Season~
母になる
ハラスメントゲーム
ハル ~総合商社の女~
ハロー張りネズミ
半分、青い。
パーフェクトワールド
BG~身辺警護人~
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひよっこ
ひよっこ2
昼のセント酒
HERO[2014]
ファーストクラス[2]
FINAL CUT
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
不機嫌な果実
不便な便利屋
ブラックペアン
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
ブラックリベンジ
フリンジマン
フルーツ宅配便
べしゃり暮らし
ヘッドハンター
べっぴんさん
ペテロの葬列
Heaven?~ご苦楽レストラン~
保育探偵25時
ボイス 110緊急指令室
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
僕たちがやりました
ホクサイと飯さえあれば
僕とシッポと神楽坂
僕の初恋をキミに捧ぐ
僕のヤバイ妻
僕らは奇跡でできている
ホテルコンシェルジュ
ホリデイラブ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
まだ結婚できない男
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔
ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
まんぷく
未解決の女 警視庁文書捜査官
みかづき
ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~
Missデビル人事の悪魔・椿眞子
南くんの恋人
民衆の敵
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
モトカレマニア
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~
問題のあるレストラン
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2020年2月8日に2,300万アクセス達成を致しました。(感謝の記事