忍者ブログ
Top*Admin

[2421]  [2419]  [2418]  [2417]  [2416]  [2415]  [2414]  [2413]  [2412]  [2411]  [2410

ウォール・ストリート

映画『ウォール・ストリート』(デジタル上映)公式)を、初日(2/4)鑑賞。初日の初回で観客は25名ほど。

最初にお断りしておきます。前作『ウォール街(1987)』は鑑賞済みですが、詳細は覚えていませんので、ほぼ初見と同じと言って良いと思います。

採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら60点。ラストが違っていたら、★★★★☆(5点満点で4点)でも良かったかも?

ざっくりストーリー

2001年、8年の刑を終えたゴードン(マイケル・ダグラス)は、元カリスマ投資家だが、その影はもはや見られない。
2008年、若き投資家ジェイコブ(シャイア・ラブーフ)の勤め先が突然、経営破綻に追い込まれ、信頼する上司は自殺。強欲な男ブレトン(ジョシュ・ブローリン)が黒幕だと知ったジェイコブは復讐を誓い、婚約者ウィニー(キャリー・マリガン)の父親であるゲッコーに近づき、断絶状態の娘との仲を取り持つことと引き替えに、ゲッコーを復讐計画に利用しようとするが…

予告編の印象とはだいぶ違う…

予告編は、カッコいい編集とビシバシ決まる音楽。かなりスタイシッシュなマネーゲームにうごめく人間模様みたいな映画と想像すると、かなり期待はずれになる。
マネーゲームに明け暮れる人間たちの欲望や権力への錯覚を、皮肉を込めてカッコよく描いた人間ドラマだ!と言い切るのも違うような…


今回も相当辛口の感想なので、原作、出演者やスタッフのファンの方や、最初から3点の採点に異論のある方は、読まないでください。
「意見には個人差があるから」と寛大なお心の方のみ、採点理由も含めて、詳細はネタバレが含まれますので、ご理解の上、右下よりお進み下さいませ。


ここからネタバレあります!









経済紙の愛読者しか楽しめない作品を作るするはずは無い…

私は決して経済に明るいほうで無いが、本作で描かれる程度の金融市場のことは、それほどハードルが高いと思わない。「経済に詳しくないと厳しい」旨のレビューが多いが、商業的なヒットを狙うなら、ウォールストリートジャーナルの愛読者しか楽しめない作品なんて作るはず無い。
映画はポップコーン片手に楽しむの娯楽。それを忘れてはいけない。(だから、社会派ドラマの焦点がぼやけるのだが…)

人間ドラマと観れば、経済の知識はさほど必要ないかも?

2007年夏のサブプライム危機あたりから、2008年9月のリーマンショックあたりがベースになっているよう。
もちろん、この時代の金融事情や金融市場用語に詳しければ、あちこちに散りばめられた業界ネタを、より多く楽しめるのは確か。また、前作『ウォール街』を復習しておくのも同じ。
とは言え、あれこれ深読みして楽しみたい人も、気軽に楽しみたい人も、自分の知識や情報にあわせて、それなりに楽しめる作品に仕上がってるのは、さすがオスカー受賞歴のある監督技だ。緊迫感の溢れる物語の中で、キャラクターたちが魅力的に活躍するのは見所だ。。

エンディングをどう捉えるかで、評価が分かれそう…

人間の欲や名誉のせめぎ合い、正に文字通りのマネーゲームさながらの前半は、緊迫感や臨場感もあって面白い。
しかし、サイドストーリーだと思っていた、ゴードンが娘夫婦の縁(よ)りを戻すのに手を貸したり、これから産まれる孫を想ったりする娘との関係が、ほぼメインになっていた後半部分は、評価が分かれそう。
私の好みは、「強欲は善だ!」と言い切る稀代の悪役・ゴードンが、最後までそのキャラクターを通して終わったほうが、“強欲ここにあり”とスッキリしたように思う。しかし、本作は、“ゴードンも人の子なり”と言う(私にとっては)拍子抜けしたエンディングなのが残念。(これが焦点がぼやけるということ…)


前作を観た人は、それなりに事前(前作)情報やある程度の経済知識ありきはご承知でしょうから、まず楽しめると想います。問題は、前作を知らない人。途中まで本線である、ウォール・ストリートでの刺すか刺されるかの欲と名誉の攻防戦は、間違いなくハラハラドキドキ楽しめますのでおススメします。

でも思えば、前作と違って、別に金融市場でなくても描けるテーマになりました。唯一?金融市場で無いと困るのは、カメオ出演(ほんの数カット)するチャーリー・シーン演じるバド・フォックスとゴードンの対比。しかし、これを楽しむには、前作の復習が必修です。

実は私、オリバー・ストーン監督作品はあまり得意でありません。反論は覚悟しますが、個人の好き嫌いだからしょうがないです。
オリバー・ストーン監督は、とても挑戦的で、現体制(本作では過剰な資本主義)を、非常に批判的な目線で描きます。良くも悪くも社会派監督や説教監督と呼ばれることも多い監督。また、時の流れに身を任せて生きている大衆に向けて、「君たち、このままで良いのか?」と言うメッセージを投げるのが上手い。
言いたいのは、オリバー・ストーン自身が、上記のようなアイコン化された監督像で飯を食う、エンターテインメントと言う資本主義の真っ只中にいる人間だと言うこと。私には、このどっぷり批判対象の中から批判する姿勢が、あからさまに映るから、相性が良くないのだと思います。
「嫌なら観るな」との声が聞こえますが、彼の映像表現には興味がありますし、彼しか出来ない切り口は勉強になるので、実は殆どの監督作品は観ています(笑)

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl  あとで読む
   

ウォール街 (特別編) [DVD]
サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [新書] 春山 昇華 (著)
ドンと来い!大恐慌 [単行本] 藤井厳喜 (著)
経済ニュースの裏を読め! [単行本] 三橋 貴明 (著)

[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[9回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 無題
通りすがり 2012/01/08(Sun)02:44:39 編集
前作を半年前に、本作をつい先日ブルーレイでみました。私は個人投資家になりたくて修行の毎日をおくっていますので、金融関係のストーリーの折り込み方は一般人も楽しめるように描写しているのがさすがだと思いました。

本作の見逃してならない点は、スイスに娘のためにと(ほんとかどうかはあやしいけど)1億ドルを引き出してトンズラこいたゲッコーですがそれを11倍にしてから娘のために1億ドル投資したって点でしょうか。短期間に11倍にしてしまう実力の上にそんなら1億ドルくらいさしだしてやるか娘と孫のためにも、って感じに受け取りました。あくまで実力があってこそのゲッコーの行動かと思いました。
  • Re:無題
みっきー 2012/01/08 10:10
☆通りすがりさん
コメントありがとうございます。

映画的なラストはもう少し?と思いましたが、
主人公が投資を通して行う娘への行動はうまく描けていると思いました。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※なお、送られたトラックバックはブログ管理人が承認するまで公開されません。
  • 映画:ウォール・ストリート 前作より遥かに面白い訳 = 今の「時代」が前提だから。
ウォール街(1987)の続編にあたる、この作品。 20年以上もたってから、こういう展開とは珍しくないか。 それには理由があったのだが(後述) 物語は、ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス 写真)が、刑務所から出所するところからスタート。 そして、今の「時代...
  • ウォール・ストリート
Akira's VOICE 2011/02/06(Sun)15:27:40
無駄に長いし,中身は生ぬるいし・・・  
  • ウォール・ストリート
Memoirs_of_dai 2011/02/06(Sun)17:26:48
欲望の果てに 【Story】 恋人ウィニー(キャリー・マリガン)の父親であり、かつてのカリスマ投資家で服役を終えたゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)に電子取引トレーダー、ジェイコブ・ムー...
  • ウォール・ストリート / Wall Street: Money Never Sleeps
勝手に映画評 2011/02/06(Sun)17:32:53
1987年の映画『ウォール街』の続編。 前作で、インサイダー取引にて収監されていたゲッコーが、刑期を終えて出所するシーンから始まります。ゲッコーが戻してもらう携帯電話が物凄く大きいのが、時代を感じさせます。しかし、ゲッコーの出所は2001年という設定なのですが...
  • ウォール・ストリート
佐藤秀の徒然幻視録 2011/02/06(Sun)19:13:45
公式サイト。原題:WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS。オリバー・ストーン監督、マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、スーザン・サランドン ...
  • [映画『ウォール・ストリート』を観た]
☆面白い・・・。  やっぱ、私は、オリバー・ストーン監督の作劇術が性に合っている。  私と思想は違えど、そのパワーにグイグイ引っ張られる点においては、島田荘司の小説と似ている。  ゲッコーの復活劇は、スタローン的に燃える。  だが、オリバー・ストーンは、...
  • ウォール・ストリート
LOVE Cinemas 調布 2011/02/06(Sun)22:28:52
1987年に公開された『ウォール街』の続編。同じオリヴァー・ストーン監督とマイケル・ダグラスのコンビが、今回は現代の金融事情をベースにマネー・ゲームの世界を描き出す。主演は「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ。共演に『17歳の肖像』のキャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン、フランク・ランジェラと若手とベテランが揃う。チャーリー・シーンのカメオ出演も見もの。
  • 【映画】ウォール・ストリート
★紅茶屋ロンド★ 2011/02/06(Sun)23:31:51
<ウォール・ストリート を観て来ました> 原題:Wall Street: Money Never Sleeps 製作:2010年アメリカ ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 予告を観た時点で、とってもワクワクしてたんだ~。 試写会にて鑑賞してきました。このために「ウォール街」の予習&復習もバッチリ オリバー・ストーン監督&マイケル・ダグラス主演の名作「ウォール街」、23年ぶりの続編です。 前作のネタバレになっちゃうけど…(バレしないとあらすじが書けないw) 前作の最後に逮捕されたカリスマ投資家...
  • 「ウォール・ストリート」は金融ウエスタン...
映画と出会う・世界が変わる 2011/02/07(Mon)00:37:59
長い刑期を終えて出所した人物を描き、その刑期の長さを映画ではどのように表現するだろうか?高倉健が、そんな男を演じた作品では、出所後に入ったラーメン屋での値段表に驚いた表...
  • ウォール・ストリート
映画鑑賞★日記・・・ 2011/02/07(Mon)12:58:48
【WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS】 2011/02/04公開 アメリカ 133分監督:オリヴァー・ストーン出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、イ ...
  • 映画ウォール・ストリートの感想
映画とTVとゲームの感想 2011/02/07(Mon)17:50:49
映画ウォール・ストリートをお台場の映画館で見てきましたが、公開初日にもかかわらずガラガラでした。 内容は、米金融機関(投資銀行)を皮肉りながら、前作の時代と、今の時代の差を描き、そしてかつてのカ...
  • ウォール・ストリート
だらだら無気力ブログ 2011/02/08(Tue)01:29:46
前作「ウォール街」でメガホンを執った巨匠オリヴァー・ストーンとその 巧演でオスカー主演男優賞に輝いた名優マイケル・ダグラスが再びコンビを 組んだ23年ぶりの続編。 ある野望を秘めた若き銀行マンとその婚約者、そして復活を目論む元カリスマ 投資家それぞれの欲望…
  • ウォール・ストリート
象のロケット 2011/02/09(Wed)03:58:00
2008年、ニューヨーク。 ジェイコブが勤める投資銀行が経営破綻し、上司は自殺。 業界の黒幕ブレトンに復讐するため、ジェイコブは、最愛の婚約者ウィニーの父親で、7年前に刑務所から出所した元カリスマ投資家ゲッコーに接近する。 断絶状態の父娘の仲を取り持つことを条件に、復讐への協力を求めるのだが…。 大ヒット社会派ドラマの続編。
  • 帰ってきたゴードン・ゲッコー。『ウォール・ストリート』
映画雑記・COLOR of CINEMA 2011/02/09(Wed)23:48:15
※注・内容、小ネタに触れています。『ウォール街』から約23年、オリヴァー・ストーン監督が21世紀のマネー・ゲームを描く『ウォール・ストリート』。元カリスマ投資家ゴードン・ゲッコーにマイケル・ダグラス。
  • 『ウォール・ストリート』
京の昼寝〜♪ 2011/02/15(Tue)08:37:58
  □作品オフィシャルサイト 「ウォール・ストリート」□監督 オリヴァー・ストーン □脚本 アラン・ローブ□キャスト マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、キャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン、スーザン・サランドン、フランク・ランジェラ、イーライ・ウォラック■鑑賞日 2月11日(金)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  結局のところ、頑丈で冷徹なマネーゲッターは、単に自身の初孫に負けたのか(笑) 当時観たときはかなり衝撃的だった『ウォール街』...
  • 「ウォール・ストリート」感想
狂人ブログ ~旅立ち~ 2011/02/17(Thu)21:21:40
 1987年公開、実際の金融界にも影響を与えた大ヒット映画「ウォ-ル街」の続編。 本作に限った話しではないが、どうもこの手の「一部の頭のいい人向け」の映画は、高卒低所得...
  • 映画「ウォール・ストリート」金儲けは悪だと言いきれない曖昧さ
soramove 2011/02/18(Fri)21:26:58
「ウォール・ストリート」★★★☆ マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、 キャリー・マリガン、スーザン・サランドン出演 オリヴァー・ストーン監督、133分、2011年2月4日公開 2010,アメリカ,FOX (原作:原題:WALL STREET : MONEY NEVER SLEEPS)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「由緒ある投資会社に勤めるジェイコブ...
  • ウォール・ストリート/Wall Street: Money Never Sleeps
いい加減社長の日記 2011/02/21(Mon)07:13:57
もう、いくつ溜まってるんだろう、これも公開日に観たんだけど^^; 前作も観たかったけど、観れなくて。今度こそはと「ウォール・ストリート 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、普通だったかなぁ。 「ウォール・ストリート 」は、中くらいのスクリーンで、3~4割。
  • ウォール・ストリート
ウォール・ストリート'10:米◆原題:WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS◆監督:オリヴァー・ストーン「プラトーン」「ウォール街」◆出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブ ...
  • 【ウォール・ストリート】
日々のつぶやき 2011/02/24(Thu)17:19:47
監督:オリヴァー・ストーン 出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、キャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン  欲望まで、愛せるか。 「大手投資会社に勤務するジェイコブ、ある日突然何者かの策略により会社の株が大暴落し倒産してしまう。父親のよ
  • 映画 ■■ウォール・ストリート■■
Playing the Piano is ME. 2011/02/27(Sun)09:21:13
経済は苦手... 数字も苦手... 23年前の前作「ウォール街」見ていないのも敗因?
  • 映画:ウォール・ストリート
よしなしごと 2011/03/25(Fri)03:16:38
 ウォール・ストリートを観てきました。この作品を見る前に未鑑賞の前作品ウォール街を見ようと、TSUTAYAに何度か行ったのですが、1本しか在庫がなく、いつも貸し出し中。仕方なく前作は見ないでの鑑賞でした。公開から2週間もたっていないのに、シネコンの一番小さな劇場での上映でした。チケットを買う時に、間違えたのかと思い、「もう一番小さい劇場での上映なの?」と聞くと「はい。あまりお客さん入らないので。」と言ってました。えぇっええ~~!これから見ようとする人に、そんなに正直に答えるの?...
  • 映画『ウォール・ストリート』を観て
kintyre's Diary 新館 2011/06/05(Sun)10:38:11
11-12.ウォール・ストリート■原題:Wall Street,Money Never Sleeps■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:133分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月5日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督:オリヴァー・...
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 戦う君と読む33の言葉 「不安」「不満」「孤独」を乗り越え、折れない自信をつくる方法
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[08/17 ちはな]
[08/17 てる]
[08/16 つづきです]
[08/16 すーゃん]
[08/15 名無しさん]
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
犯罪症候群[1]
光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/5/17に1,300万アクセス達成を致しました。(感謝の記事