忍者ブログ
Top*Admin

[8866]  [8865]  [8864]  [8863]  [8862]  [8861]  [8860]  [8859]  [8858]  [8857]  [8856
連続テレビ小説「とと姉ちゃん」

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』公式
第23週『常子、仕事と家庭の両立に悩む』『第133回』の感想。
なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。
 本作は 8/25 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


常子(高畑充希)は星野(坂口健太郎)たちと動物園に行く約束をする。約束の前日、常子が印刷所に連絡すると、花山(唐沢寿明)の代理だと名乗る社員から人目に触れないように原稿を捨てて欲しいと指示されたと言われる。動揺する編集部だが、常子は急いで原稿や写真を作り直すよう皆を奮起する。どうしても動物園に行けなくなったと星野に伝える常子。星野の娘・青葉(白鳥玉季)に「おばちゃまの嘘つき」と言われてしまい…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

♪どんな言葉並べても、君を讃えるには足りないから♪

相変わらず良く分からない、前回のラストと今回のアバンタイトル。常子(高畑充希)が「屈しません。とことん闘います」と意気込んで言っているが、何に対して屈しないのか、とことん闘うのか全く分からない。

自分たちの記事に対する誹謗中傷が相手なら、そのラスボスとしての赤羽根(古田新太)に言うならならともかく、雑誌への誹謗中傷や雑誌の府馬運動でなく、既に現実的に発生している「自分を含めた社員たちへの投石事件」なのだから、普通に警察に届けるべき次元の話。「常子社長ここにあり」も全く効果無し。

今回も、ブツ切れ感が半端無い

そして、驚愕したのは、上記の月曜日のYahoo!テレビの「あらすじ」に「赤羽根」も「アカバネ」の文字も登場しないこと。その分多く登場するのは「動物園」が2度も。実際もその通りに主題歌明けは、突然「動物園の話」。で、そのまま続くかと思えば今度は「嫌がらせ」の話。主題歌抜きなら1分少々で3シーン。ホント、ブツ切れ感が半端無い。

『常子の事件簿』じゃないんだから

そしてまた分からない言葉が登場。常子が「ちょっと調べてみますね」と言っていたが、明らかにおかしい。

社員を家族のように大切にする常子社長の言葉なら、「分かりました、私も気をつけてみます」か「でも、あなたたちは無理しちゃだめよ」か「もう一度警察に相談してみようかしら」のはず。百歩譲っても「私も(存在)確かめてみるわ」が限界。調べちゃったら『常子の事件簿』で別の話になるだろうに。

♪どんな言葉並べても、真実にはならないから♪

折角脚本家が超珍しく頑張って書いたいい話になるはず可能性があったシーンを、無駄な描写で貴重な撮影時間を使い過ぎるから、こう言う雑な演出と編集で視聴者に提示しなくてはならなくなるのだ。その該当シーンが、常子が星野(坂口健太郎)と子供たちへ動物園行きの断りの電話を入れるシーン。

常子が自らの言葉で大樹(荒井雄斗)と青葉(白鳥玉季)に詫びを入れる。物わかりの良すぎる大樹も気持ち悪いが、このシーンでの青葉は「嫌だ」と大声で駄々をこねてるだけ。なのに、次の美子(杉咲花)との会話では、「青葉ちゃん、泣いてた」と。泣き顔が入れられないなら、せめて泣き声でも入れたら良かった。

それをしないまま、感傷的な常子、苦悩する常子をどんどん描き続けるから、その後の常子の言葉もカッコつけてるだけで、真実味に欠けるのだ。青葉の電話の向こうの鳴き声を聞いてうっすらと涙ぐみ悔しがる受話器を持つ常子の、たった1カットさえあれば良かっただけの演出と編集。

テレビドラマは映像で魅せてこそ。どんなカッコつけた台詞を並べても、虚構の中の真実には決してならないから。

ここへ来て、敢えて「拝金主義」を口にする国実登場!?

そして、終盤ついに私が数か月前から行って来た「常子は拝金主義」が、登場人物の台詞になった。これがどう言うことを意味するか。これまで本作が常子を “拝金主義者” に描いてきたってこと。それは “とと代わり=金” と序盤から描いてきたことを意味する。

3つの約束だとか、庶民のためとか、家族を養うためとか、社員のためとか言いつつ、女学校時代からの常子は、おかしな言動をしてもいつも正しくて、これと言った努力もせず基本は他人と運任せ。何かあれば敵のせいで、味方はとことん利用する。

それでもここ数週間は、このことは少し忘れかけていたのに、残り1か月を切ってわざわざ「拝金主義」を口にする登場人物・国実(石丸幹二)を登場させるセンスの無さ。そして、結局常子は「ちょっと調べてみますね」もしなかった15分。だから、口先だけのヒロインにしか見えない。明らかに描写不一致と描写不足だ。

あとがき

出版業界には詳しくないが、劇中の時代の出版技術で、土曜日までに原稿を印刷所に入稿して月曜日に発売なんて可能なんでしょうか?最新のオンデマンドプリント機でもあるまいし。取次店もあるでしょうし。まあいいや。今週もよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


           

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本)
花森さん、しずこさん、そして暮しの手帖編集部
しずこさん 「暮しの手帖」を創った大橋鎭子 (暮しの手帖 別冊)
大橋鎭子と花森安治 美しき日本人 (PHP文庫)
大橋鎭子と花森安治 戦後日本の「くらし」を創ったふたり (中経の文庫)
花森安治のデザイン
花森安治伝: 日本の暮しをかえた男 (新潮文庫)
花森安治 増補新版: 美しい「暮し」の創始者 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-7551.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/441645751.html




【これまでの感想】
[読書] 「暮しの手帖」とわたし (大橋 鎭子/著・花森 安治/イラスト・暮しの手帖社) 感想 ※平成28年度前期 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ,大橋鎭子の自伝
第1週『常子、父と約束する』
1 2 3 4 5 6
第2週『常子、妹のために走る』
7 8 9 10 11 12
第3週『常子、はじめて祖母と対面す』
13 14 15 16 17 18
第4週『常子、編入試験に挑む』
19 20 21 22 23 24
第5週『常子、新種を発見する』
25 26 27 28 29 30
第6週『常子、竹蔵の思いを知る』
31 32 33 34 35 36
第7週『常子、ビジネスに挑戦する』
37 38 39 40 41 42
第8週『常子、職業婦人になる』
43 44 45 46 47 48
第9週『常子、初任給をもらう』
49 50 51 52 53 54
第10週『常子、プロポーズされる』
55 56 57 58 59 60
第11週『常子、失業する』
61 62 63 64 65 66
第12週『常子、花山伊佐次と出会う』
67 68 69 70 71 72
第13週『常子、防空演習にいそしむ』
73 74 75 76 77 78
第14週『常子、出版社を起こす』
79 80 81 82 83 84
とと姉ちゃん あの第82話で「連続20%超え」が途切れたそうだ
第15週『常子、花山の過去を知る』
85 86 87 88 89 90
第16週『“あなたの暮し”誕生す』
91 92 93 94
「とと姉ちゃん」自己最高25.3%。これでテコ入れも期待薄か?
95 96
第17週『常子、花山と断絶する』
97 98 99 100 101 102
第18週『常子、ホットケーキをつくる』
103 104 105 106 107 108
第19週『鞠子、平塚らいてうに会う』
109 110 111 112 113 114
第20週『常子、商品試験を始める』
115 116 117 118 119 120
第21週『常子、子供たちの面倒をみる』
121 122
朝ドラ「とと姉ちゃん」の高い視聴率と増える厳しい意見の“ねじれ”を考える
123 124 125 126
第22週『常子、星野に夢を語る』
127 128 129 130 131 132
第23週『常子、仕事と家庭の両立に悩む』


[管理人からのお知らせとお願い]

【『2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』について】
2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』を投稿しましたので、秋のドラマライフの参考にして頂ければ幸いです。いつものように独断と偏見に満ち溢れていますが(苦笑)

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[54回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 無題
さら 2016/09/05(Mon)19:13:12 編集
まあいいや。

に思わず笑ってしまいました!

色々ありすぎてまあいいや!
になってしまいますよね。。。
  • Re:無題
みっきー 2016/09/05 21:03
☆さらさん
コメントありがとうございます。

もはや、何の話かも分かりにくい状態になってますね。

確か、お父さんが小学生時代に亡くなって、
その父の遺言で、お母さんと二人の妹を守っていく気丈な女の子が、
庶民の生活を豊かにするための雑誌を作りたくて出版社を起業し、
数々の試行錯誤と難関を乗り越えて、死ぬまで雑誌づくりに奔走する話…

では、なかったでしたっけ?
もう、「とと」は無くても成立してますが(困)
  • 視聴者、モデルだのモチーフだのに悩む
抹茶 外郎 2016/09/05(Mon)21:53:12 編集
仕事と家庭の両立に悩む!?(笑)それは、どなたのことですか脚本家さん。

しかし、印刷所が電話1本で預かっている原稿を廃棄するなんて、ありえな過ぎて唖然の花束を君に贈ろう。

普通は(私もだが)不審に思って電話かけ直すでしょ?脚本家さん…

しかし、元劇団四季のプリンス石丸幹二様になんて役をやらせるんだ!?
「かんじ」ならクセ者役者・津田寛治がいるじゃないですか。

このドラマ(いや、すべりまくりコント)に出てくる子供ってみんな、躾はどうなってるのか。
靴だけ揃えていれば、いいってもんじゃないでしょ、脚本家さん…

連呼しても今更ムダですが。
  • Re:視聴者、モデルだのモチーフだのに悩む
みっきー 2016/09/06 06:44
☆抹茶 外郎さん
コメントありがとうございます。

>連呼しても今更ムダですが。

そう言うことです。
  • 無題
れんげ 2016/09/05(Mon)22:22:36 編集
私もまぁいいやで吹きましたw
たまにですが拝見して楽しませていただいています。

私は印刷会社で働いていますが、あの日程は一言、『不可能』ですね。
現在のオンデマンドでもあの規模の雑誌では一部納品はできても、流通に乗せて発売、はありえないでしょう。

民放の番組で、『花子とアン』の脚本家、中園ミホさんが、「取材の中園」と言われていると紹介されていましたが、今朝ドラの脚本家はまるでそういうことはされていないのでしょうね。
  • Re:無題
みっきー 2016/09/06 06:50
☆れんげさん
コメントありがとうございます。

脚本家の一番の仕事は、脚本を書くことより、
「シナリオ・ハンティング」と言う事前取材。
それが、きちんと出来ていないと、
中身のない、現実味の薄い脚本になるのです。

本作の脚本は、明らかな取材不足を
「フィクション」でごまかしているだけです。
  • 無題
まりも 2016/09/06(Tue)00:29:28 編集
私も最後の「まあいいや」にみっきーさんの心情が表れていた気がして笑ってしまいました。

それに入稿していきなり製本はないですよね、普通。初校とか、何段階もチェックしますよね。
第一、写真を選び直したりするなら、社員総出じゃないかなぁ。

そもそも原稿の無くなり方があまりに嘘くさい。
なんじゃそりゃ?と感じてしまいました。

動物園のくだりは、取って付けたようではありましたが、確かにみっきーさんの言われるように子供の鳴き声や常子の憂い顔があれば少しは共感できたかもしれませんね。
  • Re:無題
みっきー 2016/09/06 06:56
☆まりもさん
コメントありがとうございます。

雑過ぎますよ。
嘘が多過ぎますよ。

印刷所が、印刷前に原稿を破棄するなんて有り得ません。
数日で、原稿の差し替えから、書店での販売もあり得ません。
子どもの「嘘つき」発言もあり得ません。

こんな描写ばかりだから、
雑誌づくりが適当にしか見えないし、
子どもも可愛く見えない。
常子も社長に見えないし…

もう、書いているときりがないですね。
まあいいや(苦笑)
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 「朝ドラ」一人勝ちの法則
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 98歳現役医師の“元気に長生き”の秘訣
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
  • 2017年10月期 / 秋ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  民衆の敵
火曜日
フジ 21:00  明日の約束(第1話)
TBS 22:00  監獄のお姫さま(第1話)
水曜日
テレ朝 21:00  相棒[16](第1話)
日テレ 22:00  奥様は、取り扱い注意(第3話)
木曜日
テレ朝 21:00  ドクターX[5](第2話)
フジ 22:00  刑事ゆがみ(第2話)
日テレ 23:59  ブラックリベンジ(第3話)
金曜日
テレ東 20:00  ユニバーサル広告社(第1話)
TBS 22:00  コウノドリ[2](第2話)
テレ朝 23:15  重要参考人探偵(第1話)
土曜日
なし
日曜日
TBS 21:00  陸王(第1話)
日テレ 22:30  今からあなたを脅迫…(第1話)
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  わろてんか(第18回・10/21)
【途中で離脱】
新宿セブン(第1話)
セトウツミ(第1話)
オトナ高校(第1話)
フリンジマン(第2話)
先に生まれただけの僕(第2話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
遺留捜査[4]
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
僕たちがやりました
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
コード・ブルー[3]
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
ハロー張りネズミ
犯罪症候群[1]
光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひょっこ
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
わにとかげぎす
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/9/2に1,400万アクセス達成を致しました。(感謝の記事