忍者ブログ
Top*Admin

[9180]  [9179]  [9178]  [9177]  [9176]  [9175]  [9174]  [9173]  [9172]  [9171]  [9170
山田太一ドラマスペシャル「五年目のひとり」 (2016/11/19) 感想

テレビ朝日系・山田太一ドラマスペシャル『五年目のひとり』公式
『山田太一×渡辺謙!!日本を代表する2つの才能が、東日本大震災の“その後"をやさしく紡ぐ感動の物語!!』の感想。


 中学生の松永亜美(蒔田彩珠)は文化祭からの帰り道、歩道橋で見知らぬ中年男(渡辺謙)に呼び止められる。男は、文化祭でダンスのステージに立った亜美を見たといい、「キレイだった。いちばんだった」と称賛の言葉を贈り、立ち去っていく。思いがけない褒め言葉に亜美は有頂天になるが、その話を聞いた母・晶江(板谷由夏)が心配のあまり、自宅に警察を呼ぶ騒ぎにまでなってしまった。
 数日後、亜美は偶然、街で男を見かけ、彼が小さなベーカリー『ここだけのパン屋』で働いていることを知る。その男、木崎秀次は半年間ほど複雑骨折で入院していたという話で、知人・花宮京子(市原悦子)の誘いを受けて故郷からこの町に移住し、社会復帰のリハビリとして無給で働いているようだった。母が疑うほど、木崎のことを悪い人間には思えない亜美。会話を重ねるうち、次第に秀次と打ち解けていく。
 そんなある日、亜美は『ここだけのパン屋』主人・上野弘志(高橋克実)から、秀次の本当の身の上を聞く。実は、秀次は東日本大震災の津波でいちどに8人もの家族を失ったという、あまりに壮絶な過去を秘めていた…。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

東日本大震災で心に大きな傷を負った中年男の物語

※感動した人は、読まないほうが良いです。

脚本は、『岸辺のアルバム』『ふぞろいの林檎たち』等の山田太一氏。演出は、『岸辺のアルバム』や映画『千年の恋 ひかる源氏物語』等の堀川とんこう氏。音楽は、『攻殻機動隊』『花燃ゆ』等の川井憲次氏。

5年前の東日本大震災で娘や家族などを失った中年男性・木崎(渡辺謙)が、偶然に亡くなった娘に瓜二つの女子中学生・亜美(蒔田彩珠)に会い、亜美は木崎が震災であまりに多くのものを失ったことを知り…。“決して忘れちゃいけない。忘れないと生きていくのが辛い。でも忘れられない” 心の傷を負った男の物語。

相変わらずと言う表現が正しいかわからないが、山田太一節とも言うべき紋切り型の短い台詞を積み重ねて登場人物たちの心情を描く独特な脚本と、音楽を大事にする演出家、サントラの大御所とも言われるアニメやドラマや映画と活躍する音楽家、そして世界に通用する俳優・渡辺謙の合体作。

さて、感想だが、予想通り自分の中でどうも考えがまとまらずに、3日も経ってしまった。やはり、山田太一脚本作品は評価以前に感想すら難しい。今作も悩んだ末の感想だと言うことを前置きしておく。

「5年しか」経っていない事を全国に伝えた意義は大きい

まず、あの東日本大震災から「5年も」でなく「5年しか」経っていないと言うことを、このようなテレビドラマを通して、日本全国に伝えた意義は大きい。また、震災に、被害者に対する見方や考え方が性別や年代や個々の体験によって違うことを描いた意味もある。

これらのことから、本作を放送した価値は十分にあると信じている。ただ、1本のテレビドラマとして捉えると、いろいろと気になるところが出てきてしまう。

ラスト5分の歩道橋のシーンとその後の描き方が残念

特に気になったのが、ラスト5分の歩道橋のシーンとその後のこと。本作は、心の傷を負った中年男性・木崎(渡辺謙)が、再び福島に帰り獣医の仕事を再開するところで終わる。その前に、木崎は亡くなった娘に瓜二つの女子中学生・亜美(蒔田彩珠)から生きる希望と勇気を貰い、互いがそれを認め合う歩道橋のシーンもある。

なのに、亜美が木崎から貰った愛や希望についての回答が描かれない。確かに主人公は木崎であるが、ここは亜美のその後も描いて欲しかった。冬休みに木崎の下を訪れる1カットでも良い。それがあったら、物語がグッと引き締まっただろうし、余韻も更に明るいものになったのでは?そこが、ちょっと残念だった、

すべての人物設定の"現実味の乏しさ"も残念

あと気になったのは、すべての人物設定の現実味の乏しさと言うか…。女子中学生が一人暮らし中年男性の家に掃除に行ったり、過去をほじくり出したり。まあ、子どもならでの怖いもの知らずと残酷さなのだが、描写の仕方でどうしても無礼で礼儀知らずで無鉄砲に見えてしまった。

そもそも2015年の東京で、見ず知らずの中年男に声をかけられて…と言う物語の滑り出しも現実的かどうか微妙だ。まあ、こう言う独特な “いい人ワールド” で人間を描くのが山田太一脚本の特徴の1つでもあるから、やはり、好みで感想や評価が分かれる作品なのは、どうやら間違いないようだ。

あとがき

渡辺謙さんと高橋克実さんでなかったら、最後まで見たかどうか。折角、企画もテーマもとても良いので、岡田惠和さんみたいな自然体の会話劇が書ける脚本家だったら、現実味のある作品に仕上がったかもしれません。ただ、東日本大震災を忘れてはいけない、その一点において価値はあったと断言します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
想い出づくり (山田太一シナリオブック・シリーズ)
早春スケッチブック (山田太一シナリオブック・シリーズ)
山田太一ドラマスペシャル 遠まわりの雨 [DVD]
山田太一ドラマスペシャル 遠まわりの雨 [DVD]

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-7775.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/444213015.html




【2016年のスペシャルドラマの感想】
ABC創立65周年記念スペシャルドラマ「氷の轍」 (2016/11/5) 感想
土曜プレミアム「特命指揮官 郷間彩香」 (2016/10/22) 感想
スペシャルドラマ「かもしれない女優たち2016」 (2016/10/10) 感想
ドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」 (2016/10/5) 感想
ドラマスペシャル「狙撃」 (2016/10/2) 感想
湊かなえ×TBS ドラマ特別企画「往復書簡~十五年後の補習」 (2016/9/30) 感想
【ドラマスペシャル】湊かなえサスペンス『望郷』 (2016/9/28) 感想
スペシャルドラマ「刑事 犬養隼人」 (2016/9/24) 感想
金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「がっぱ先生!」 (2016/9/23) 感想
金曜プレミアム「誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎 一の悲劇」 (金曜プレミアム枠30分拡大・2016/9/23) 感想
宮部みゆきサスペンス「模倣犯」 (前後篇・2016/9/21,22) 感想
ドラマスペシャル「瀬戸内少年野球団」 (2016/9/17) 感想
金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「ガードセンター24 広域警備司令室」 (2016/9/16) 感想
「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」 24時間テレビ39 ドラマSP (2016/8/27) 感想
孤独のグルメスペシャル!~真夏の東北・宮城出張編~ (2016/8/3) 感想
ドクターX~外科医・大門未知子~スペシャル (2016/7/3) 感想
土曜プレミアム「モンタージュ 三億円事件奇譚~後編」 (2016/6/26) 感想
土曜プレミアム「モンタージュ 三億円事件奇譚~前編」 (2016/6/25) 感想
金曜プレミアム 松本清張スペシャル「一年半待て」 (2016/4/15) 感想
金曜プレミアム 松本清張スペシャル「かげろう絵図」 (2016/4/8) 感想
素敵な選TAXIスペシャル~湯けむり連続選択肢~ (2016/4/5) 感想
松本清張特別企画「喪失の儀礼」 (2016/3/30) 感想
松本清張二夜連続ドラマスペシャル第二夜「黒い樹海」 (2016/3/13) 感想
松本清張二夜連続ドラマスペシャル第一夜「地方紙を買う女 ~作家・杉本隆治の推理」 (2016/3/12) 感想
金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「天才バカボン ~家族の絆」 (2016/3/11) 感想
女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘 (2016/1/4) 感想 ※ネタバレあります
新春ドラマスペシャル「坊っちゃん」 (2016/1/3) 感想
NHK新春スペシャルドラマ「富士ファミリー」 (2016/1/2) 感想
孤独のグルメお正月スペシャル~真冬の北海道・旭川出張編 (2016/1/1) 感想


[管理人からのお知らせとお願い]

【『2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』について】
2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』を投稿しましたので、秋のドラマライフの参考にして頂ければ幸いです。いつものように独断と偏見に満ち溢れていますが(苦笑)

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[7回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 「早春スケッチブック」のころと変わっていない
佃煮屋せんべえ 2016/11/23(Wed)15:55:01 編集
ですね。山田太一さんのドラマは。
特に蒔田彩珠さん演じる亜美は、いかにも山田太一ドラマのヒロイン、っていう感じで、なつかしく思いました。
ただ、みっきーさんのご意見の通り、登場人物の会話がどうにもぎくしゃくしていて、テンポが悪く、視聴者としては視ていて疲れるドラマでした。テーマは良いのに、もったいないです。
  • Re:「早春スケッチブック」のころと変わっていない
みっきー 2016/11/23 20:58
☆佃煮屋せんべえさん
コメントありがとうございます。

昭和の頃は、あの山田太一節も味があったのですが、
今の時代では、ちょっと違和感がありますね。

テーマや俳優さんは良かったです。
  • 懐かしく、でも新鮮なテレビドラマだった。
IDE 2016/11/24(Thu)16:31:47 編集
みっきーさん、こんにちは。

ここ数年の「山田太一ドラマ」には、「フォーカスの当て方は面白いんだけど、何か全体的にチグハグしているなぁ・・・時代とズレてしまってる?」と不満を感じていました。と同時に「また渡辺謙が主演か・・・」とも。
なので、とりあえず前半を観て同じことを感じたら『スニッファー』にチャンネルを変えようと軽く考えてました。

しかし、まず亜美役の子を見た時「一見素人っぽいけどいい演技するなぁ・・・誰だろ?」と観ながら調べてみると、蒔田彩珠さん!
名前は初めて知ったけど「あ、是枝監督の初民放での連ドラ監督・脚本作のあの子だ‼」とビックリな喜び!
『ゴーイング マイ ホーム』は視聴率は良くなかったみたいだけど、僕は好きな作品で、彼女(蒔田彩珠さん)の演技も「すげぇ・・・!!」と当時思っていました。それ以来の「彼女の演技」との再会でした。
(いくつか出演されてた様ですが、どれも見事に僕は見逃していました・・・)

兄妹のシーンは、確かに『早春スケッチブック』を強く感じさせましたが、僕には嫌な抵抗感はありませんでした。
兄は、ただのヒロインの兄、ということで終わらせず、主人公との1対1のシーンがあって良かったです。

いちばん気になった、というか疑問なのは、介護施設から外出した老女が訪れた美術館(何とか記念館?)。
僕は絵画に詳しくなくて、絵の作者のことも知らなかったのですが、老女は明らかに1枚の絵の前で「強いリアクション」をしてました。
でも登場シーンはそれで終わりで、結局何だったんだろう?と。

特にセリフや人間関係など、いわゆる「山田節」はありましたが、最近観ている他の連ドラとは一味も二味も違って、僕にはあらためて「新鮮」でした。
みっきーさんの仰る様に、ラスト確かに「亜美のその後」も観たかった、っていう気持ちも無い訳ではないですが、たぶん敢えてあそこで終わらせたのだと思いますし、僕はある意味スッキリ感?があります。

・・・ん~・・・結局うまく感想を表せない(>_<)・・・。

ひとつあるとしたら、要は僕は主人公とある種同じで
「泣きたかった」
のかもしれません。
あの大震災で僕は身近な人、大切な人を失ってはいません。
ただ自分自身まだ癒えていない「心の傷」があるのだと、このドラマを観て再確認した、そんな感じです。
  • Re:懐かしく、でも新鮮なテレビドラマだった。
みっきー 2016/11/24 17:41
☆IDEさん
コメントありがとうございます。

>ひとつあるとしたら、要は僕は主人公とある種同じで
>「泣きたかった」
>のかもしれません。
>あの大震災で僕は身近な人、大切な人を失ってはいません。
>ただ自分自身まだ癒えていない「心の傷」があるのだと、このドラマを観て再確認した、そんな感じです。

私は、あの東日本大震災の時、千葉県で映画館で映画を見てました。
真っ暗な場内で、震度5弱の揺れ。
他のお客さんたちもみんなパニックで怖かった。

今でも、そのスクリーンの前に座ると記憶が蘇ります。
その意味では、私も主人公に共感するんですが…
  • 無題
翡翠 2016/11/24(Thu)18:12:32 編集
私もテーマはよかったと思います。
独特の台詞回しも好きなのです。
でも、仰るように登場人物に現実味がないというか。
特に友人の女の子たち、心配なのはわかるけど、親に言うだろうか?しかも父親の方に・・・?
あの年頃って親に言いたくない、知られたくないってことが強くなる時期だと思うし、
いくら友情からでも勝手に友達が
自分の親に喋っちゃって、本当ならすごく
怒ることだろうなあと思ったりしました。
でも、そうですね、意義はあったと思いますよ。
まだまだ復興は遠い道のりだと思いますし、
生活はできていても精神的に乗り越えるなんてなかなか・・・。
「まだ」5年なんですよね・・・。
被災しなかった私も心に留めておかなければと思ったりしました。
  • Re:無題
みっきー 2016/11/24 18:35
☆翡翠さん
コメントありがとうございます。

>でも、そうですね、意義はあったと思いますよ。
>まだまだ復興は遠い道のりだと思いますし、
>生活はできていても精神的に乗り越えるなんてなかなか・・・。

放送の数日後に、大きな地震で津波もありましたし。

>「まだ」5年なんですよね・・・。
>被災しなかった私も心に留めておかなければと思ったりしました。

やはり「まだ」5年なんですよ。
その意味で、放送した意義は大いにあると思います。
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 98歳現役医師の“元気に長生き”の秘訣
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[10/16 His]
[10/16 鉄の女]
[10/16 ふぁる代]
[10/14 ゴンゾウ]
[10/14 naraku]
  • 2017年10月期 / 秋ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  民衆の敵
火曜日
フジ 21:00  明日の約束
TBS 22:00  監獄のお姫さま
水曜日
テレ朝 21:00  相棒[16] 
日テレ 22:00  奥様は、取り扱い注意(第2話)
木曜日
テレ朝 21:00  ドクターX[5](第1話)
フジ 22:00  刑事ゆがみ(第1話)
日テレ 23:59  ブラックリベンジ(第2話)
金曜日
テレ東 20:00  ユニバーサル広告社
TBS 22:00  コウノドリ[2](第1話)
テレ朝 23:15  重要参考人探偵
土曜日
日テレ 22:00  先に生まれただけの僕(第1話)
日曜日
TBS 21:00  陸王(第1話)
日テレ 22:30  今からあなたを脅迫…(第1話)
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  わろてんか(第13回・10/16)
【途中で離脱】
新宿セブン(第1話)
セトウツミ(第1話)
オトナ高校(第1話)
フリンジマン(第2話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
遺留捜査[4]
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
僕たちがやりました
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
コード・ブルー[3]
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
ハロー張りネズミ
犯罪症候群[1]
光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひょっこ
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
わにとかげぎす
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/9/2に1,400万アクセス達成を致しました。(感謝の記事