忍者ブログ
Top*Admin

[9182]  [9181]  [9180]  [9179]  [9178]  [9177]  [9176]  [9175]  [9174]  [9173]  [9172
連続テレビ小説「べっぴんさん」

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』公式
第8週『止まったままの時計』『第43回』の2度目の感想。
なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


戦地から帰還した紀夫(永山絢斗)は、すみれ(芳根京子)が友人たちと共に子ども服の店を開いていると聞いて驚く。五十八(生瀬勝久)に坂東営業部の立て直しをしたいと伝えるが、潔(高良健吾)とゆり(蓮佛美沙子)がすでに動いていることを知り動揺する。すみれたちが企画した歓迎会でも、つい友人たちに不遜な態度をとってしまい、気まずい空気が流れる。さらに坂東営業部も潔に託すと言って、違う仕事を探し始める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

第43回の放送を、"紀夫の立場"で改めて考えてみる

前回、あまりの強引な展開に、かなりきつめな感想を書いてしまった。そこで今回は第43回の放送を紀夫の立場に立って、改めて考えてみたい。

感動の再会で、紀夫はなぜ頬をつねったのか?

まず、アバンタイトル。「紀夫はなぜ頬をつねったのか?」の部分。収容所での辛い経験があり(これは好意的な脳内補完)妻と娘や家族などの安否もわからずに生きてきた紀夫にとって、桜の木の下で幸せそうに生きている妻のすみれと初めて見る娘のさくらの情景は、さぞ夢のように紀夫の目には映ったであろう。

そう解釈すると、紀夫が頬をつねった理由は納得できる。要は、帰還に至るまでの紀夫の描写の少なさが、この感動的な再会のシーンを紀夫の気持ちで見られない最大の原因なのがハッキリした。

だって、紀夫については出征までも描写は少なく、それ以降はほぼゼロ。わかっているのは「20周年」では生存していることくらい。これで、紀夫の立場に立ってドラマを見ろと言うのは酷だ。

好意的な脳内補完に頼らず、あくまでも映像で視聴者に伝えるのがテレビドラマの鉄則。そこを蔑ろにする脚本と演出が、折角の再会を誤解させるような映像にしてしまったと考える。どこかの外地で抑留され 辛い体験をした紀夫が1シーンでもあったらと悔やまれる。

紀夫はなぜ、愛娘さくらを抱っこしないのか?

さて、続いては紀夫とすみれたちが豪華バラック小屋に向かうシーン。なぜ、ここで紀夫は我が娘のさくらを抱っこ(おんぶでも良い)をせず、すみれがさくらの手を引いて先導していたのか?その後の家の中で五十八たちとの再会を果たすシーンでは、さくらは1人隣の部屋で遊んでいる。

その日の夜も、パーティーに向かう時も、パーティー中もさくらを抱くカットは無い。その後もさくらを抱くのはすみれと栄輔と喜代だけで、第43回で紀夫がさくらを抱くカットはなかった。脚本家が意図的に紀夫に抱かせない理由は何だろう?1年数か月で親子の間に溝でも出来たと言うことなのか。それとも子どもが怖いのか?

いずれにせよ、紀夫が浦島太郎状態で、まだいろいろと初めて目にすることに混乱していると言うくらいの解釈しか出来ない。ただ、やはり自然なのは桜の木の下で愛娘を抱きしめるカットだし、家では膝の上に乗せて可愛がるカットではないだろうか。さくらを抱かないことで、もう一揉め起こして盛り上げようとするなら間違ってる。

紀夫はなぜ、すみれたちの商売に賛成しないのか?

さて、紀夫がすみれの商売に賛成しない理由について考えてみる。私は以前に、夫が反対するパターンは既に良子と君枝でやっているから、紀夫は違うパターンでも良いのでは?と書いた。しかし、第43回の映像を見直してみると、脚本家は紀夫が賛成できない(“しない” のではない)ように書いている。

それは、すみれが商売を始めるまでの経緯を紀夫に説明するシーンが無いことだ。すみれが仕事を始めようと思ったきっかけは生活、お金のためだった。良子と君枝、明美は若干きっかけは違うが、たまたま好きなことや得意なことが商売になっただけ。

それをすみれは嬉しそうに「自分でもまさかお商売することになるなんて思いもしなかったんやけど」と省略して言っていたが、すみれの妊娠を知った時のあの万歳をして大喜びした紀夫を見れば、紀夫がとても責任感の強い男なのはわかる。それに我が妻はお嬢様。「働かせて済まない」の気持ちが大きいのは当然。

もちろん、夫として妻を、父親として娘を、当主として会社を何とかしなくてはならないと言う使命感も強かったに違いない。そう、紀夫は一人だけ浦島太郎状態で困惑し、かわいそうなのだ。

紀夫が、かわいそう過ぎる

しかし、さくらは詳細な事情説明もしないまま、帰還の翌日に自分の店でお祝いパーティー。それも立食形式で。また、自分だってまださくらを抱っこしていないのに、見知らぬ男が抱っこしてあやしてる。前夜にはその男が着た浴衣をすみれに着せられてもいる。

ゆっくりと休む間もなく(あの瓦礫の下にあったのか?)スーツを着せられ、初対面の人たちの中で、アメリカ産の缶詰やお菓子を食べさせられ、事情を知らないから良子と君子の夫たちとも意見が合わず、堅物扱いされる紀夫。そのことを帰宅後すみれから「あんなこと言うたら」と責められる。

登場人物の誰一人も紀夫の気持ちに寄り添っていない

結局、登場人物の誰一人も紀夫の気持ちに寄り添っていない。だから、最後の「僕の出る幕は無い」と言う台詞に繋がる。語りでは「紀夫君との間に通じ合えない何かを感じたすみれなのでした」と言っていたが、これは完全に間違ってる。

通じなくしているのは、すみれ自身であり、周囲の人間たちだ。夫として妻を、父親として娘を、当主として会社を守れなかった自己嫌悪。兵士として生き残った罪悪感や、日本人としての敗戦の屈辱に苛まれているのが今の紀夫。パーティーに行く途中でGHQと擦れ違う際も、何の気遣いもしないのがすみれ。

そして、近所では夫や息子を戦争で失った人がたくさんいるだろうに、商店街の真ん中で扉開けっ放しで立食パーティー。こんな坂東家とその仲間たちに共感し応援しようと言うのが無理な話。なぜ、この脚本家はヒロインやその関係者を他人の気持ちをおもんばからない人間ばかりに描くのだろう。

これでは、紀夫がかわいそう過ぎる。ただ、終盤ですみれが紀夫に、少し小言っぽいことを言うシーンがある。あそこは、ちょっと人間味のある夫婦の描写と受け取れなくもない…

あとがき

この状況で、ヒロインに共感したり応援したりするのは厳しいですね。それに、かなり意図的に且つ強引に、紀夫の感情を逆なでして盛り上げようとしているような、今回の脚本はあざといです。やはり、今週はさらーっと終えて、次週からの展開に期待した方が良さそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫)
ファミリア創業者 坂野惇子 - 皇室御用達をつくった主婦のソーレツ人生
坂野惇子の人生 (MSムック)
上品な上質---ファミリアの考えるものづくり
時空旅人別冊 “べっぴんさん"坂野惇子の生涯: サンエイムック
連続テレビ小説 べっぴんさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」オリジナル・サウンドトラック

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-7777.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/444217921.html




【これまでの感想】
第1週『想(おも)いをこめた特別な品』
1 2 3 4 5 6
第2週『しあわせの形』
7 8
“視聴率=作品の質”か? 「べっぴんさん」視聴率18%台と7日から大台割れ
9
「べっぴんさん」初回“総合視聴率”は27% 新視聴率調査でテレビのおばさん化に影響を与えるか?
10 11 12
第3週『とにかく前に』
13 14 15 16 17 18
第4週『四つ葉のクローバー』
19 20 21 22 23 24
第5週『お父さまの背中』
25 26 27 28 29 30
第6週『笑顔をもう一度』
31 32
べっぴんさん "お嬢様"を言い訳にし過ぎたり、各エピソードの"配分"の悪さが、ドラマに今一つのめり込めない原因か?
33 34 35 36
第7週『未来』
37 38 39 40 41 42
第8週『止まったままの時計』
43


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[35回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • PTSDなのに・・・・
ゴンゾウ 2016/11/24(Thu)17:45:42 編集
今回は46回の放送を観た時点で書いています。
紀夫は過酷な収容所生活で、帰還兵特有のPTSDに罹っている様に見えます。帰国後明らかにおかしな言動が続いているのにも関わらず、誰もその事に触れず、今回五十八から家督を譲られても重荷でしかないと思うのですが。
せめて先週七週目で映像で、紀夫が体験した生き地獄の様な収容所生活が描かれると視聴者も紀夫君に想い入れが出来たと思います。日本に帰っても家族や友人達の生き生きした表情は紀夫君にとっては眩しすぎる程眩しかったのでしょう。辛いと思います。
  • Re:PTSDなのに・・・・
みっきー 2016/11/24 18:33
☆ゴンゾウさん
コメントありがとうございます。

もはや、本作は好意的な解釈
および好意的な脳内補完なしでは
物語を紡ぐことは出来ません。

各自で、そうするしかないのです…(困)
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 戦う君と読む33の言葉 「不安」「不満」「孤独」を乗り越え、折れない自信をつくる方法
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[08/17 鉄の女]
[08/17 ちはな]
[08/17 てる]
[08/16 つづきです]
[08/16 すーゃん]
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
犯罪症候群[1]
光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/5/17に1,300万アクセス達成を致しました。(感謝の記事