忍者ブログ
Top*Admin

[9404]  [9403]  [9402]  [9401]  [9400]  [9399]  [9398]  [9397]  [9396]  [9395]  [9394
連続テレビ小説「べっぴんさん」

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』公式
第16週『届かぬ心』『第91回』の感想。
なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


家出をしてしまったさくら(井頭愛海)を心配するすみれ(芳根京子)だったが、姉のゆり(蓮佛美沙子)の家にいると知ってとりあえず胸をなで下ろすのだった。ところが、さくらを迎えに行ったものの、すみれは話もできないままゆりに帰されてしまう。話し合えるような段階は、とっくに過ぎていた。会社に戻ると同僚の明美(谷村美月)が、落ち込むすみれを飲みに誘う。明美に連れて行かれた店は思いがけない場所で……
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

騒動の終わりの始まりが、丁寧な手書きメモで絶望感が…

あんなアバンタイトルが必要あるのか。そもそも今週は月曜日から、外出騒動と “出る出る詐欺の家出宣言娘” のさくら(井頭愛海)を描いてきた。それも、さくらの心境を描かずに、ただただ外出騒動と家出騒動と言う現象だけを、とにかく心配なすみれ(芳根京子)との対比だけを描いてきた。それも3度以上も。

そんな “騒動至上主義” にもこの土曜日で一先ず決着がつくと少しは期待して観始めたのに、さくらのすみれ宛のご丁寧な手書きメモで始めるとは。もうこんな小さな期待すらも叶わぬ作品になったのかと言わざるを得ない。演出家さん、ここはせめて殴り(走り)書きにしておかないと、万人に家出先がお見通しになるぞ。

お嬢様だから、若い連中の首根っこを掴んでも…は無しか

主題歌明け。確かに大切な娘が家出したのだから、手当たり次第に心当たりを探すのは間違っていない。ただ、そんな時の一番先の心当たりって、これまでを考えたら、ゆり(蓮佛美沙子)の家を真っ先に思い付くのが母親すみれでないとおかしいような。まあ、そんなことも気付かない程に動揺していると解釈するが…

そして、更に残念なのは、ジャズ喫茶「ヨーソロー」でのすみれ。お嬢様設定だから、若い連中の首根っこを掴んでもさくらの居場所を聞き出そうとなんて絶対しない。むしろ五月(久保田紗友)に説教しちゃう。この数十秒のシーンは家出騒動に緊迫感を与える重要な場面なのに…。まあ数秒後には、ゆりから電話が来るが(苦笑)

ゆりは、子育ての大先輩とか育児カウンセラーだったのか

さて、ゆりの家。「母親と喧嘩してばつが悪いから親戚の家に一時的非難する」ことを坂東家では「家出」と言うらしい。流石に一週間引き伸ばされた結果が、この程度だとそうも解釈したくなる。そして、すぐにすみれがご到着するのも緊迫感が無い。ここで1カット、路地を走るすみれでもあったら印象が違ったのに…

ゆり「すみれが思っているような段階は、
  もう過ぎてしまったんやないかな」

これ、どう言う意味?ゆりは子育ての大先輩とか育児カウンセラーなんて設定があったろうか。少なくとも(これまでを好意的に解釈をすれば)子育ても働く母親としても、すみれの方が先輩。この理由と根拠無きゆりの上から目線が、姉妹の遺伝子と言う新たな解釈でもしろと言うのか?

折角の "妻を思う紀夫の気持ち" を表現する機会を捨てた

帰宅するすみれ。ここで路地を歩くすみれを入れるくらいなら、先程のシーンでなぜ入れない?だって、ここは落胆してるに決まってるわけだから。そして、更にダラダラと落胆を描く。演出家も雑になっていると言わざるを得ない。

それに、こう言う時こそ我が娘を心配する夫婦を映像で見せることで、夫婦愛も表現できるのに、紀夫(永山絢斗)は一瞬映るだけでで、紀夫の台詞は無残にも元気になっていくさくらの映像のベースになるナレーションになっちゃった。これ大失敗だ。ゆりの家の生活音を被せたから、全く紀夫の心情が伝わらなくなったから。

さくら理由を描かずして、何を描いても意味が無い

場面はキアリス。ここでもすみれは「今は話せない」と “話す” ことで “心が通い合う” を信条にしているように何度も重ねているが、この設定も唐突のような。すみれは、そもそも自己主張も社交性にも乏しく、人に促されて動いてきた人物。新聞取材も大急社長ともずーっとそうだったはず。

そして、更に “かまってちゃん” まで始まった。「答え見つかるかな」の台詞も妙な感じ。すみれは、これまで答えを出すために試行錯誤するタイプでなく、人から促されるか、うじうじ悩むか、突然思い付く人間だったはず。更にこの度のさくらの「外出・家出騒動」のくだりでは、一度も答えを見つけようなんてしなかった。

すみれがしたのは、とにかくさくらを家に連れ戻すことだけ。まあ、そもそもさくらがどうして「外出・家出騒動」を繰り返すのかの理由を描かずに進行している時点で、視聴者の興味関心はどんどん薄まっている。ヒロインはすみれ。だとしたら最初にさくらの理由を描いて、苦悩葛藤するすみれを描くのが正しくないか?

良子を責めるすみれ 飲みに誘う明美 どっちも変

すみれ「わぁ、なんでこんな風になってしまったんやろう」

こうなってくると、このすみれの苦悩の台詞も、その裏に良子(百田夏菜子)を責めてる感じも入ってきてしまう。その上、次のこの明美(谷村美月)の台詞で、ついに明美も脚本家にこんな女の設定へ堕とされたかって感じ。

明美「すみれちゃん、今日飲みに行かへん?
  丁度ええやない、娘も家出中なんやし」

なぜこんな時に?なぜ飲みに誘う?確かに明美は他の3人よりも人生経験が豊富でベビーナースもしてきたが、ここで育児について良子や君枝(土村芳)でなく、未婚の明美が口をはさみ、且つ飲みに誘うって???これまでの、敢えて言うなら初期の明美なら「相談があるんやけど」「話があるんやけど」ではないか?

何でも4人で解決する(してきた)設定は活かさないの?

同時に、何でも4人で解決する(してきた)設定があるのだから、このことも上手く明美がアシストして4人で…てしといたら良いのに。まあ、昭和30年代の半ばに、家出中の娘を抱える母親と独身女性が飲みに行くって感覚がどうなんだかと言うのもある。まあ、“かまってちゃんのすみれ” には居心地が良かったろうが。

あとがき

来週もさくらの家出・外出騒動は続くんですね。いつまで続くんでしょう?それに、再登場の栄輔(松下優也)ですが、是非すみれに未練タラタラな男にだけは描かないで頂きたいです。それにしても、完全にキアリスの物語は脇道に反れましたね。で、さくらをメインに何を描くんでしょう???キアリスを見たいのに…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫)
ファミリア創業者 坂野惇子 - 皇室御用達をつくった主婦のソーレツ人生
坂野惇子の人生 (MSムック)
上品な上質---ファミリアの考えるものづくり
時空旅人別冊 “べっぴんさん"坂野惇子の生涯: サンエイムック
連続テレビ小説 べっぴんさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」オリジナル・サウンドトラック

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-7926.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/446184877.html




【これまでの感想】
“視聴率=作品の質”か? 「べっぴんさん」視聴率18%台と7日から大台割れ
「べっぴんさん」初回“総合視聴率”は27% 新視聴率調査でテレビのおばさん化に影響を与えるか?
べっぴんさん "お嬢様"を言い訳にし過ぎたり、各エピソードの"配分"の悪さが、ドラマに今一つのめり込めない原因か?
「べっぴんさん(第43回・11/21)」を"紀夫の立場"で改めて考えてみた
「べっぴんさん」2か月過ぎても、まだ本当の意味で "ドラマ" になってない!?
「べっぴんさん」第50回まで描かれずに残念だったこと。そして、本作の課題と今後に期待すること


第1週『想(おも)いをこめた特別な品』
1 2 3 4 5 6
第2週『しあわせの形』
7 8 9 10 11 12
第3週『とにかく前に』
13 14 15 16 17 18
第4週『四つ葉のクローバー』
19 20 21 22 23 24
第5週『お父さまの背中』
25 26 27 28 29 30
第6週『笑顔をもう一度』
31 32 33 34 35 36
第7週『未来』
37 38 39 40 41 42
第8週『止まったままの時計』
43 44 45 46 47 48
第9週『チャンス到来!』
49 50 51  52  53  54
第10週『商いの聖地へ』
55  56  57  58  59  60
第11週『やるべきこと』
61  62  63  64  65  66
第12週『やさしい贈りもの』
67  68  69  70  71  72
第13週『いつものように』
 73  74  75
第14週『新春、想(おも)いあらたに』
 76  77  78  79
第15週『さくら』
 80  81  82  83  84  85
第16週『届かぬ心』
86  87  88  89  90  


[管理人からのお知らせとお願い]

【『2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』について】
2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』を投稿しましたので、秋のドラマライフの参考にして頂ければ幸いです。いつものように独断と偏見に満ち溢れていますが(苦笑)

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[29回]

この記事にコメントする
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。
  • 私もそう思います
すーゃん 2017/01/22(Sun)11:53:29 編集
栄輔くんを 未練がましい男には描いて欲しくないです


さくらの 脱線ですが 行き着いた先が
ナイトクラブじゃなく 靴屋だったら良かったのに…と 思いました

ジャズ喫茶で出会った男子に一目惚れ

その子は靴屋の息子で

強引に彼の家に押しかけて
親父さんに 靴作りの教えを乞うて 手伝いやら
雑用やら させてもらって

意気揚々と帰って来たところを すみれに どやされて

反発する さくらは
「麻田さんみたいに 成りたかったんやもん!!」

と応えて…

あ、 勝手に作っちゃった (^-^;
  • Re:私もそう思います
みっきー 2017/01/22 21:19
☆すーゃんさん
コメントありがとうございます。

>あ、 勝手に作っちゃった (^-^;

そう、脚本の完成度の低さに、
こちらの創作意欲が触発されると言う凄さと、
それは自分の脳内でしか映像化されることのないジレンマ…
  • 平成のホームドラマ?
ゴンゾウ 2017/01/22(Sun)20:26:04 編集
一週間ずっと観ていましたが、
確かに登場人物の服装や、背景の舞台は1960年代
なのですが、人物の思想や立ち居振る舞いが平成に
見えてしまいます。

この当時は子は親に従うのは当然であり、
子供が「ジャズ喫茶」や「ナイトクラブ」に
出入りすれば、親は有無を言わさず打擲するのが
定番だったと思います。子供の言い分なんて寸分も
聞いてくれませんでした(私はもっと後の世代ですが)。
もっと気になるのが紀夫や潔の父親としての
存在感の無さです。紀夫は娘の非行にも殆ど
何もしてませんし、潔はさくらを喜んで受け入れる
・・・。これって平成以降に主流になった
親子家族の関係だと思います。

ミッチーブームやアイビーファッションも
良いですが、人物像も当時を再現して欲しかった
と感じます。
  • Re:平成のホームドラマ?
みっきー 2017/01/22 21:23
☆ゴンゾウさん
コメントありがとうございます。

昭和30年代中盤の富裕層の子育てがどんなものだったか
あまり詳しく知りません。

が、しかし、すべての登場人物の言動が平成チックなのは確か。
あの当時の裕福な家庭は、あんなもんだったのでしょうかね。

いずれにしても、庶民の生活を描いていないのは間違いなさそう。
同じような『あさが来た』では、違和感を覚えませんでしたが…
より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 読者さまへお知らせ
NEW 2017/9/21 14:00更新】
2017年10月期 / 秋ドラマの期待度』を更新。
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 98歳現役医師の“元気に長生き”の秘訣
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[09/23 パインル]
[09/23 パインル]
[09/22 匿子]
[09/22 さら]
[09/22 ブロリー]
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
犯罪症候群[1]
光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/9/2に1,400万アクセス達成を致しました。(感謝の記事