忍者ブログ
Top*Admin

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
FINAL CUT

関西テレビ制作・フジテレビ系・『FINAL CUT』公式
第6話『愛する人へ…真犯人は、君の兄さんだ』の感想。



慶介(亀梨和也)は、雪子(栗山千明)が自分の目的に気付いたことを悟る。そんな中、SNSで有名な料理研究家・みちる(今野杏南)が殺された。警察は同棲中の恋人でシステムエンジニアの矢口(中村倫也)の犯行を疑い、「ザ・プレミアワイド」も矢口が犯人であるかのように報道する。慶介のサイトを見た矢口が、助けを求めて自宅を訪ねてきた。慶介は無実を訴える矢口を信じるが、大地(高木雄也)は彼を警察に引き渡すよう促す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:金子ありさ(過去作/ナースのお仕事3,4、サプリ、パパドル!、花燃ゆ)
演出:三宅喜重(過去作/銭の戦争、嘘の戦争) 第1,2,3,5
   日暮 謙(過去作/ラブホの上野さん、過保護のカホコ) 第4,6
音楽:菅野祐悟(過去作/東京タラレバ娘、刑事ゆがみ)

若干の失速感が漂ったのは、間違いない…

前回が「第一章」の終焉だったせいもあり、且つ亀梨和也さんの迫真の演技の効果も相まって、かなり見応えある放送回だっただけに、この第6話には若干の失速感が漂ったのは間違いない。

そうなった原因は、第1話から続けていた復讐劇が 百々瀬(藤木直人)まで進んで、一時停止したものの一応何となく片付いてしまったことと、第6話は “ 百々瀬の逆襲劇” に切り替わって面白くなると思ったらそうで無かったことの2つが挙げられるだろう。

「第二章」が "慶介自身の物語" なら次回からに期待!

ただ、こうも考えられる。次回の予告編を見ると、「第二章」は “百々瀬の逆襲劇” でなく、“慶介(亀梨和也)自身の物語” と捉えると、今回はそのイントロ部分として「中村慶介」と言う主人公の内面に肉薄しつつ、 12年前の母・恭子(裕木奈江)が経営する保育園にて女児殺害事件の真相に迫る前哨戦とも言えそうだ。

とは言え、もう少し “何か” あっても良かったし、主人公の見せ場に第1話で描かれた “パルクール” 以外の演技での見せ場も欲しかった。

あとがき

復讐劇そのものの面白さが、だいぶ薄まってしまったのも残念です。その上、今回のように警視庁内の動きに尺を割くとと、「次は、高田副署長(佐々木蔵之介)は何者?」と言う部分への興味が強くなり、ドラマ全体がまとまりの無い、ぼやけた印象になったような。前回の見応えある『FINAL CUT』の復活を期待します。
※2月20日(火)の放送はお休み。次回、2月27日(火)の第7話は、20分拡大SPです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


       

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
FINAL CUT オリジナル・サウンドトラック 菅野祐悟
FINAL CUT(上) (扶桑社文庫) 金子 ありさ(脚本)
ブラックリベンジ DVD-BOX
嘘の戦争 Blu-ray BOX
銭の戦争 Blu-ray BOX

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-9042.html


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話


【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[9回]

連続テレビ小説「わろてんか」

NHK総合・連続テレビ小説『わろてんか』公式
第20週『ボンのご乱心』 『第111回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


風太(濱田岳)はてん(葵わかな)の反対を押し切って、キース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)のコンビ解散を決めた。東京での漫才人気を盛り上げるため、アサリを大阪に置き、キースを東京に送り込んで、それぞれ新しい相方と漫才をさせようというアイデアだった。北村笑店での丁稚(でっち)奉公のような修業に幻滅した隼也(成田凌)は、伊能(高橋一生)の下で最新のエンターテインメントを学ぶことにする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回のアバン、前回の最後に付けたら良かったのに…

アバンタイトルを見て、こんなことを思ってしまった。ここで幾ら応援しようとも、普通なら今月末にはクランクアップ(撮影終了)だから、ぼちぼち脚本も脱稿するはずと…。だと、今回のアバンなんて前回のお尻にくっつけた方が、火曜日に期待が持てるのに…なんて書いても無駄だと悟ってしまった、1のゾロ目な第111回の朝だった。

風太と主人公のこの台詞、前2週分と矛盾してない?

風太「俺は 漫才を盛り上げたいんや」
てん「うちは 絶対反対や」

やろうとしていることは理解するが、上↑の風太と主人公が言っていることは、先週と先々週で描いて来たリリコと四郎でやったこととに、矛盾を感じてしまうのだが…

新コンビ誕生の直後に売れっ子コンビ解消って、チグハグでは?

脚本家は、主人公が「女社長」、「女興行師」として一人前になるための “ヒロインの修行物語 ” と言う位置付けで、書いたかも知れないが、不完全ではあるが映像的には紆余曲折あっての “漫才の新コンビ誕生秘話 ” であったのが先週と先々週分。

そして今週 、この度のキース・アサリのコンビ解散物語だ。直前の2週間では主人公の成長と北村笑店の繁盛のために新コンビを作り、今週は百年先の北村笑店と漫才のために一番の売れっ子漫才コンビを解散させて、新たに2つの漫才コンビを作る。なんか、チグハグなことを続けて描いているような気がしてならない。

リリコと四郎の2週間分を、ひっくり返して1話にしただけ!?

決して、行ったり来たりとか、話が進んでいないとは言わないが、現実的には放送上で数分後、劇中では一晩?で主人公が風太側に寝返る訳で。そう、私が言いたいのは、主人公が風太に反対する必要があったのか?ってこと。

これ、前2週間でやった “紆余曲折あっての漫才の新コンビ誕生秘話 ” 風の真逆の超短縮版でしょ。主人公が主張して風太が反対して結果的に風太が折れて万々歳の。それを単純にひっくり返して15分間、いや一話分作りましたってこと。

「最後の…」だろうが、キース・アサリの漫才を見てないから…

要は、これも脚本家のアイデア不足で、史実を基礎に(これは「あとがき」で触れます)既存のエピソードをもとに爪に火を点すように捻り出したエピソードだったと言うこと。

だから、つまらない。当たり前だ。2週間もかけて描いた「喋らない漫才」が2週間前と大差無くて感動出来なかったのと全く同じで、今回のキース・アサリの漫才は逆にほぼ見聞きしたことが無いから、いくら「最後の漫才」と言われても視聴者に何の感慨も湧かないのは当然なのだ。わざわざ見る価値無しの一話と言わざるを得ない…

あとがき

史実をご存知の方には無駄話になって恐縮ですが、今回のキース・アサリの解散劇のモデルは、 昭和9年(1934年)の人気絶頂期に電撃解散した「エンタツ・アチャコ」のエピソードがもとになっていると思われます。

アチャコが当時は死亡することもあった中耳炎を患い入院したのを受けて、エンタツはアチャコが再起不能だと思って、アチャコを切り捨てたと言う噂があります。が、もう1つの噂は、風太のモデルである吉本興業の林正之助(吉本せい(てんのモデル)の実弟)が一枚噛んでいたと言う話。

元々は「ボケ役」を担当していたアチャコ(エンタツとのコンビではツッコミ役)と、エンタツ・アチャコの「ボケ役」で大人気となったエンタツを2つのコンビに分けて、双方を競わせれば面白くなるし儲かると考え、アチャコ入院中にコンビ解消しろとエンタツを焚き付けたと言う噂です。

まっ、史実で1話作ったら、直前の2週間と真逆になったと言うお粗末な話です…たぶん。

最後に。前回の感想に、35回もの Web拍手や多くのコメントを頂き、ありがとうございました。もう少し、ちゃんとキース・アサリの漫才なり人気・活躍ぶりを描いておけば、だいぶ印象は良くなったと思うのですが、何せ映像で描くべきことを描かず、不足分は台詞で補うのが本作ですから、しょうがないですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
笑いを愛した吉本せい (洋泉社MOOK)
吉本せい お笑い帝国を築いた女 (中経の文庫)
吉本せいと林正之助 愛と勇気の言葉
連続テレビ小説 わろてんか Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 わろてんか 上
NHK連続テレビ小説「わろてんか」オリジナル・サウンドトラック

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-9041.html



【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[44回]

海月姫

フジテレビ系・月9『海月姫』公式
第5話/15分拡大スペシャル『一攫千金!ショータイムにかけた仲間の想いをつなげ!運命の決断』の感想。
なお、原作:東村アキコ「海月姫」(講談社「Kiss」所載)は既読で、2014年12月27日公開の監督・川村泰祐/主演・能年玲奈の映画『海月姫』は鑑賞済み(感想なし)。アニメは未見。


稲荷(泉里香)は、千絵子(富山えり子)の母で天水館の所有者・千世子(富山=2役)と買収の交渉をすべく韓国へ。それを知り絶望する月海(芳根京子)たち。慶一郎(北大路欣也)が今度のパーティーで再開発賛成を表明すると知った蔵之介(瀬戸康史)も焦り、パーティー当日にドレスのショーを開こうと月海らに提案。天水館を守るためこの案に乗った一同は、人形専門のドレス職人・ノムさん(安達祐実)を助っ人に、ドレス作りに励む。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:徳永友一(過去作/HOPE~期待ゼロの新入社員~、僕たちがやりました)
演出:石川淳一(過去作/リーガル・ハイ、リスクの神様、フラジャイル) 第1,2,5
   山内大典(過去作/キャリア~掟破りの警察署長~、櫻子さんの足…) 第3,4

強気の "15分拡大"も「第一章閉幕」らしい見応えアリ!

さて、最近、話題性と視聴率が低迷する作品が続く『月9』。本作も例に漏れず、 第1話が 8.6%の低視聴率でスタートして第3話で 5.9%まで落ち込んだが、当blogのプッシュもあり? 第4話で 7.5%に右上がり。そして、何と第5話は強気の15分拡大スペシャルで放送。

連ドラ不調のフジテレビ編成部にしては、かなり強引な「15分拡大」だが、『平昌五輪2018』や他局の大型スペシャル番組の強さを考えると、この位の大きな花火を打ち上げたのは良いこと。実際、ストーリーも「第一章閉幕」に相応しい内容で、見応えアリ。フジテレビもやれば出来るじゃないか!

主人公を "主人公らしく魅せる閃きの使い方" が秀逸!

本作感想欄に書くことではないが、月海(芳根京子)がファッションショーの会場を天水館で開催することを、ふと閃くシーンがあった。一見何でもないようなシーンだか、こう言う “閃き” が主人公を “主人公らしく” 魅せる。

それをきちんと弁えて出来ているのが本作。全く出来ていないのが、放送中の朝ドラ『わろてんか』。そもそも、過程こそ丁寧に描くのを実行している本作と、全くやる気すら感じないあちらと、比べること自体本作に失礼だが、本作の秀逸さを表現するためにも書いてみた。

ファッション&オタクで、人の尊厳を描くギャグ満載のシンデレラ・ラブコメ!

さて、本編の感想。既に本作の構成の見事さや、 本作がファッションと言う文化とオタクと言う人間性を融合させて、しっかりと人の尊厳まで描くギャグ満載のシンデレラ・ラブコメディーとして秀逸であることは、たくさん書いてきたから、今さら付け加えることも無いのだが…

「起承転結」の「転」から始まる人間ドラマがお見事!

前回では 38分頃の感動的な “月海の裁ちバサミに洋服の神様が降臨するシーン ” から「起承転結」の「転」が始まり、見事な人間ドラマを魅せてくれた。

そして、今回は46分頃のショーが進んでまやや(内田理央)の出番があと1回に迫った際、まややが低血糖防止のために飲み始めた「とれたて果実 まるごとぶどうジュース」 をドレスにこぼしてしまうハプニングをきっかけに「転」が始まる。人見知りの月海が勇気を振り絞ってご近所さんにドライヤーを借りに行く場面がそれだ。

決して順風満帆にショーまでの下準備が進んで来た訳ではないが、“尼~ず” の幸運と前述の “月海の閃き” でトントン拍子に進むストーリーに、毎回きちんと全体の7割程度進んだ時点で一度急ブレーキをかけて、ドラマチックなくだりを作っているのが素晴らしい。

安達祐実さんの声と年齢不詳のルックスが世界観にピッタリ!

ところで、今回は “尼~ず” の助っ人として、安達祐実さん演じる人形専門のドレス職人・ノムさんが加わった。安達祐実さんの個性的な声と年齢不詳のルックスが本作の世界観にピッタリ。超個性派集団の中への途中参加でも一切の不自然さ無し。むしろ、ど嵌まり。芳根京子さんも弾け甲斐があるに違いない。

蔵之介が月海にこの台詞を言った場面からアクセル全開!

そして、物語は蔵之介(瀬戸康史)が天水館に戻って来るところから、徐々に加速し始めて、56分頃にステージ上から蔵之介が月海にこの台詞↓を言った場面からアクセル全開だ。

蔵之介 「俺を見ろ」

「兄さんが政治家に向いている」の回収も上手過ぎ!

本当に脚本の構成、演出や編集が見事だ。蔵之介の台詞で一気に進めず、一旦は月海の亡き母へのモノローグで、蔵之介はあくまでも “天水館の救世主” であると描いておいて、蔵之介の "女装趣味のカミングアウト" の時間軸を交錯させ、さり気無く入れて瀬戸康史さんの女装と男装の魅力を描く。

恋バナを一時停止させておいて、蔵子が天水館をアトリエであるとし、本館の重要性を観客らに訴える場面は、蔵之介の弟・ 修(工藤阿須加)が言う「自分より兄さんの方が政治家に向いている」を、誰よりも早く蔵之介に拍手をした修の姿で証明した。このフラグの回収方法は本当に上手過ぎる。

ラストの主題歌の入りのタイミングと音量が絶妙!

なぜ、今期はラストの主題歌の入りのタイミングと音量が絶妙な連ドラが多いのだろう。『アンナチュラル』、『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』に続いて本作もか!ショーが無事終わり、蔵之介の「あっと言う間だったな」の台詞の後の僅かな無音を挟んで、ごく小さな音量で主題歌がスタート。

その後も音楽は聞こえるか聞こえないか程度の音量で、月海と蔵之介の “募る不安” を静かに応援するように流れ、キスシーンで一気にヴォリュームアップ。王道の演出だが、ここまでイントロを小さくし続けた編集は我慢と自信がないと出来ないはず。前回の主題歌のタイミングはNGだったのに。どうやら、フジテレビのドラマもまだまだ捨てたものじゃないぞ!

あとがき

俳優・女優陣と役柄の相性が絶妙ですね。第1話の頃は、芳根京子さんの弾けっぷりが目を引きましたが、今や新キャラ含めて全員のキャラが立ち、魅力ある登場人物ばかりになっているのも楽しいです。今回は「俺を見ろ」からラストまでが、“これぞ月9の王道ラブストーリー” に仕上がって良かったです。次回からの「第二章」にも大いに期待します。
※前回の感想に、42回もの Web拍手やたくさんのコメントを頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


        

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ 海月姫 オリジナルサウンドトラック 末廣健一郎 MAYUKO
海月姫 [DVD] 能年玲奈
海月姫(1) (Kissコミックス) 東村アキコ
海月姫 コミック 全17巻セット 東村アキコ

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-9040.html


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話


【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[84回]

連続テレビ小説「わろてんか」

NHK総合・連続テレビ小説『わろてんか』公式
第20週『ボンのご乱心』 『第110回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


てん(葵わかな)は北村笑店の創業25周年に何か記念事業をしたいと考えていた。風太(濱田岳)は大人気のリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)の漫才で東京に打って出ようと提案するが、もっと目新しい企画にすべきだと主張する伊能(高橋一生)と対立する。隼也(成田凌)はアメリカの「マーチン・ショウ」を日本で公演したいと、てんと風太に訴えるが聞き入れてもらえず、思わず風太に反抗してしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

リリコと四郎は再デビューからどの位の時間が経ったの?

先週、口が酸っぱくなるほどに、演出家の鈴木航氏はアバンタイトルを作ると、本編の辻褄が合わなくなるから作るなと言ったのに、今週も鈴木航氏が懲りずにアバンを作る本作。

リリコと四郎が「うなぎ登り」に人気が出るのも、「キース・アサリと共に北村笑店の2大看板」になるのも勝手だが、先週末のリリコらの再デビューからどの位の時間が経ったのかが描かれないから、どれだけ「うなぎ登り」なのか、ちっとも見えて来ない。

いつから「北村笑店と言えば漫才」になったんだ?

その上、主人公らの外見を見てもさっぱり年齢が見えて来ないのに、今度は「来年で北村笑店創業25周年」と抜かすとは!? 本当に描くべきを描かず、描く必要の無いことをダラダラと引っ張って描き続けるなぁ。

それに、伊能の「レビュー」に即反応する隼也で、今週の展開が丸見えだし、その上、久し振りに風太が喋ったと思いきや、とんでもないことを言い出した。

風太「アカン。北村笑店と言えば お笑いや。
   お笑いと言えば 漫才や」

おいおい、風太さんよ。いつから「北村笑店と言えば漫才」になったんだ?確かにラジオ時代の到来の時に、安木節乙女組と共に、うやむやに描かれたままだから、何でもアリと言う訳だろうが、流石に話が飛躍し過ぎでないか?今さら言ってもしょうがないが。

葵わかなさんと成田凌さんが母と息子に見えない!

さて、主題歌明け。主人公と息子が言い合う場面。何を揉めようが勝手だが、どう贔屓目に見ても葵わかなさんと成田凌さんが母と息子に見えない。そりゃ、19歳と24歳だから無理もない。演出(美粧)による老けメイクの下手さなのか、大人の事情で出来ないのか知らないが、明らかに不自然。

また、既に発表済みだが隼也の恋人役に22歳の水上京香さんが決定している。だから、だいぶ前に書いたのだ。1人の新人女優が乙女時代から老婆まで演じるのが朝ドラの1つの愉しみであるのは認めつつも、女優の力量などによって、40代位から別の女優に交代する戦略もあると。放送残り2か月で言っても意味無いが。

あとがき

どうせ脚本家さんにアイデアがないのですから、以前に藤吉がキースに騙されてパーマの機械を輸入して大失敗したくだりの焼き直しを、隼也とアメリカのレビュー上演権でやるんでしょ?母親に内緒で手付金払って騙されて、てんが子育てに落ち込んで、リリコが慰めるんでしょ?あーあ、面白くないなぁ。

昨日放送の『日曜もアメトーーク! 2時間拡大版』中の『iPhoneついていけない芸人』に藤井隆さんが出演され、ご本人が「iPhone X」が上手く使えずに、みんなに冷たい目で見みられた際、「わろてんか?おてんちゃん」とおっしゃってました。「iPhone X」が「アイフォン・テン」だから引っ掛けたのです。藤井さん、エライ!

最後に。投稿が15時になってしまった前回の感想に、59回もの Web拍手を頂き、ありがとうございました。今週は “男祭り” なんでしょうか?明日はキースとアサリが解散。その次は伊能の下で隼也が修行。おっと、隼也の恋人役が登場するかも知れませんね。まっ、粛々と見つつ応援…しようかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
笑いを愛した吉本せい (洋泉社MOOK)
吉本せい お笑い帝国を築いた女 (中経の文庫)
吉本せいと林正之助 愛と勇気の言葉
連続テレビ小説 わろてんか Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 わろてんか 上
NHK連続テレビ小説「わろてんか」オリジナル・サウンドトラック

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-9039.html



【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[38回]

99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ

TBSテレビ系・日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ』公式
第5話『歪められた少年裁判嘘つきは誰!?』の感想。
なお、2016年4~6月に放送された『99.9‐刑事専門弁護士‐』は全話鑑賞済み。※最終回の感想


深山(松本潤)らは元同僚の弁護士・志賀(藤本隆宏)の依頼で、女子高生・久美子(清原果耶)に対する強制わいせつ容疑で起訴された17歳の少年・山崎(市川理矩)の弁護を担当する。山崎は警察に自白を強要されたと無実を主張。深山らは犯行現場周辺などで聞き込み調査を開始するが、有力な手掛かりがつかめないまま裁判に臨むことに。一方、この裁判の裏には、東京地裁裁判長・川上(笑福亭鶴瓶)の思惑が働いていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:宇田学(過去作/TOKYOエアポート、ORANGE ~1.17、99.9[1]、4号警備)
演出:木村☺ひさし(過去作/民王、99.9[1]、IQ246) 第1,2,3,4
   岡本伸吾(過去作/隠蔽捜査、ナポレオンの村、99.9[1]) 5
音楽:井筒昭雄(過去作/死神くん、民王、99.9[1]、民衆の敵)
主題歌嵐「Find The Answer」(ジェイ・ストーム)
プロデュース:瀬戸口克陽(過去作/99年の愛、運命の人、99.9[1]、A LIFE)
     東仲恵吾(過去作/まっしろ、重版出来!、死幣、99.9[1]、A LIFE)

一話完結型の連ドラでは、最も秀逸な "連ドラ度" が本作!

先日放送された『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』の感想でも書いたのだが、今期の連ドラを見てみると “連ドラ” と言いつつも実は半分近くが「一話完結」のスタイルであることに驚かされる。

理由は簡単に言うと視聴率を確保するにはリアルタイム視聴されることが望ましく、1,2話見逃しても物語が分かり易い「一話完結」の方が作り手にとって都合が良いと言うことらしい。

今期も高視聴率の連ドラの本作、『BG~身辺警護人~』『アンナチュラル』『もみ消して冬』が「一話完結」。なぜこんな話題を取り上げたかと言うと、この4作中で本作が最も「一話完結型」なのに、連ドラらしい仕上がりになっているからだ。もちろん続編と言う部分も含めての評価になる。

  ※『アンナチュラル』は “連ドラ度” は若干薄めだが、本作を超える位に秀作。

人気ドラマには出演者人気以外にもウケる仕掛けがある!

特に、本作は『SEASON II』から、新たに東京地裁裁判長・川上(笑福亭鶴瓶)が登場し、弁護士と裁判官のストーリーが加えられ、前作からのマンネリ化打破の工夫がされており、この度の第5話はそれが大成功した内容だったと思う。

また、連ドラの折り返しとなる第5話として、裁判長・村上の上の謂わば主人公ら弁護士の最終、最強の敵として最高裁判所 事務総局事務総長の岡田孝範(榎木孝明)を描き込んだことで、連ドラ的な今後への展開への興味は更に高まった。やはり、出演者人気以外にも人気ドラマにはウケる仕掛けがあると言うことだ。

「そもそもリーガル・ドラマとして…」が多い作品だが…

さて、物語は、私の想像では、所謂「御殿場事件」と言われた、2001年9月に発生したとされる静岡県御殿場市の御殿場駅近くで集団強姦未遂事件がベースになっていると思われる(Wikipedia)が…

ただ、実際の事件であれば、被害があれば警察に届け出る訳でそこで犯行日のタイムススタンプは確実に押されるし、焼肉屋に同席した6名の内で17歳の少年・山崎(市川理矩)以外の供述も改ざんしたのか、いろいろハテナマークは浮かんでくる

しかし、本作についてはあまり言及すると「リーガル・ドラマとして、そもそも…」となることが多い作品だから目をつぶっておく。と言うか、私は個々のキャラクターの面白さや展開の速さ、1時間のまとめ方の上手さの方を評価しているので、あまり気にならないと言うのが正しいかも。

犯行現場のロケ地は東葉高速鉄道「八千代中央駅」付近

さて、ここからは蛇足。私、今回劇中に登場した「多摩中央駅」でのロケ撮影現場を見た。撮影は数日間に亘って行われており、メインキャラの多くが登場した撮影の割に、テキパキと進んでいた。因みに「多摩中央駅」は東葉高速鉄道で「八千代中央駅」で、犯行現場は「八千代市萱田第2緑地」で八千代中央駅から徒歩1,2分。

犯行現場のロケ地は東葉高速鉄道「八千代中央駅」付近

犯行現場のロケ地は東葉高速鉄道「八千代中央駅」付近

犯行現場のロケ地は東葉高速鉄道「八千代中央駅」付近

犯行現場のロケ地は東葉高速鉄道「八千代中央駅」付近

あとがき

演出が木村☺ひさしさんから岡本伸吾さんに交代して、映像のサクサク感が薄まったのが残念でしたが、今回も面白かったです。裁判の推移にもう少し “穴” が無ければ、トリックなど面白味が増して見えるのに…。でも、いずれの登場人物たちもキャラが立っていて魅力的です。次回にも大いに期待します。

※2018年2月18日は「平昌オリンピック2018 スピードスケート女子500m決勝」放送のため、休止。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


       

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日曜劇場 99.9 刑事専門弁護士 SEASONⅡ(上) 脚本 宇田 学
Find The Answer(通常盤) 嵐 TBS系 日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」の主題歌
99.9-刑事専門弁護士- Blu-ray BOX
99.9-刑事専門弁護士- DVD-BOX
TBS系 日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」オリジナル・サウンドトラック

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-9038.html


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話


【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[32回]

より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 朝ドラの55年 全93作品完全保存版
おすすめ本 「朝ドラ」一人勝ちの法則
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 98歳現役医師の“元気に長生き”の秘訣
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[02/18 すーゃん]
[02/18 jiseui]
[02/17 三日月]
[02/16 His]
[02/16 ゴンゾウ]
  • 2018年1月期 / 冬ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  海月姫(第6話)
火曜日
フジ 21:00  FINAL CUT(第6話)
TBS 22:00  きみが心に棲みついた(第6話)
水曜日
テレ朝 21:00  相棒[16](第16話)
テレ東 21:54  バイプレーヤーズ2(第2話)
日テレ 22:00  anone(第6話)
木曜日
テレ朝 21:00  BG~身辺警護人~(第5話)
フジ 22:00  隣の家族は青く見える(第5話)
金曜日
TBS 22:00  アンナチュラル(第6話)
テレ東 24:12  オー・マイ・ジャンプ(第6話)
土曜日
日テレ 22:00  もみ消して冬(第6話)
フジ 23:40  家族の旅路(第3話)
日曜日
TBS 21:00  99.9-刑事専門弁護士-[2](第5話)
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  わろてんか(第118回・2/21)
【途中で離脱】
トドメの接吻(第1話)
MASKMEN
リピート(第1話)
明日の君がもっと好き(第1話)
ホリデイラブ(第1話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
明日の約束
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
今からあなたを脅迫…
遺留捜査[4]
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
奥様は、取り扱い注意
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ高校
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
監獄のお姫さま
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
刑事ゆがみ
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ[1]
コウノドリ[2]
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
コード・ブルー[3]
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
ハロー張りネズミ
犯罪症候群[1]
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひょっこ
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
ブラックリベンジ
フリンジマン
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
僕たちがやりました
ホクサイと飯さえあれば
僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
民衆の敵
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ユニバーサル広告社
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
陸王
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
わにとかげぎす
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/12/22に1,500万アクセス達成を致しました。(感謝の記事