忍者ブログ
Top*Admin

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
警視庁いきもの係

共同テレビ制作/フジテレビ系・『警視庁いきもの係』公式
第2話『部屋とペンギンと私愛した容疑者は誰?』の感想。
なお、原作:大倉崇裕「小鳥を愛した容疑者」、「蜂に魅かれた容疑者 警視庁いきもの係」、「ペンギンを愛した容疑者 警視庁いきもの係」、「クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係」(講談社)は未読。


食品会社会長・藤原が、自宅のペンギン飼育室で溺死しているのを、妻・亜紀子(幸田尚子)が発見。所轄も捜査一課も事故と見なす中、須藤(渡部篤郎)と共にペンギンの世話に出向いた圭子(橋本環奈)が殺人の可能性を指摘した。藤原の腕には餌やりの際に付くはずの傷がなく、飼育室で死んだのは不自然だというのだ。容疑者として自宅にいた亜紀子と彼女の兄・青木(勝矢)、藤原の秘書・久慈(小柳友)が浮上する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

おかげさまで…

お陰様でと言うべきか、今回の動物が私の好きな水族館系のペンギンだったことと、第1話に比べて、かなり動物のカットが少なかったことで、冷静にドラマを観ることが出来て良かった。

動物にまつわる事件を扱うコミカルな刑事ドラマが見えた

それらのお陰もあって、前回では動物のウンチク係だった圭子(橋本環奈)が、刑事である須藤(渡部篤郎)の相棒とまでは言えないが、頼もしい後方支援係になり、動物にまつわる事件を扱うコミカルな刑事ドラマとして楽しめた。

鬼刑事・須藤刑事と新米巡査・圭子のバランスが肝になる

動物が苦手な私としては、須藤が前に出て、圭子が後方支援の方が好みだ。ただ、本作らしさを考えれば、先走る圭子と制御係の須藤の方が良いのだろう。この辺のさじ加減で、折角の視聴者が離れる可能性もあるから、慎重になっているに違いない。

あとがき

次回は、私が大好きな爬虫類のヘビのお話だから、これまた一安心。

それと、大きなお世話なんですが、橋本環奈さんの女性警察官の制服が、如何にも既製品を着ているような感じが、何か不自然。確かに支給された制服って設定でしょうが、もう少しサイズを合わせて可愛らしさとスタイリッシュさを表現しても良いのでは?衣裳さん、お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
小鳥を愛した容疑者 (講談社文庫)
蜂に魅かれた容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)
ペンギンを愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)
クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8445.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/451884230.html


【これまでの感想】
第1話


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[12回]

ごめん、愛してる

TBSテレビ系・日曜劇場『ごめん、愛してる』公式
第2話/15分拡大『俺はいらない子供ですか…母に誓った哀しい復讐』の感想。
なお、原作:韓国KBSドラマ「ごめん、愛してる」は未見。



律(長瀬智也)はフリーの記者・加賀美(六角精児)から、自分が母・麗子(大竹しのぶ)に捨てられた事情を聞いてショックを受ける。さらに、弟・サトル(坂口健太郎)は麗子の愛を一身に受けながら幸せに暮らしていた。加賀美は隠し子である律に、この件を週刊誌に暴露し、麗子に報復しないかとささやく。迷いを抱く律は、麗子の家に何度も足を運んでしまう。事情を知らない凜華(吉岡里帆)は、律にサトルの運転手をしないかと提案する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

様子見中… 長瀬智也さんの演技をもう少し観たいから

まず、今回の長瀬智也さんの演技を観て、私に、もう少し様子見しようと判断させた本作の第2話。やはり、長瀬智也さんの演技力や存在感には、引き込まれる魅力がある。

時間延長で、ドラマが薄まったし、散漫にもなった

ただ、その他の部分は、残念ながら継続視聴からの離脱条件を満たしていると言わざるを得ない。まずは、初回でもないのに行われた時間延長。大人の事情か知らないが、明らかに物語は薄まったし、散漫にもなった。また、一体、何をメインに描きたいのか見えなくなったとも言える。

主人公に直接関係あるシーンだけ、脳内で繋いでみると…

実は、私が第3話も観てみようと判断できたた理由ほ、私の脳内編集マシンが、律(長瀬智也)に直接関係のあるシーンだけ繋いだからだ。

捨てカットとまでは言わないが、主人公に直接関係のないシーンが多過ぎるのだ。更に、それらの中でも、意図的に主人公に重ねて描こうとしているような部分までもが、そうは見えなくなってしまった程、脇役の話が多過ぎるのは、如何なものか?

このままでは、主人公が埋没してしまう…

これらは、「主人公埋没」が間近であることを予感させてしまった。厳しいく言えば失敗だろう。大人の事情であれこれ描きたいのを即刻止めて、主人公中心の物語に軌道修正すべき。撮影が半分以上過ぎていなければ、またまだ間に合う。

あとがき

出演者のファンを食い止めるために、各出演者の出番を確保したのなら、本末転倒と言うしかありません。これは、出演者のPVでなく、ドラマ。演じてる人たちもそう思ってるはず。たったら、ちゃんとドラマをつくって欲しいです。それと、今回のように展開して行くなら、初回の韓国設定なんて必要なかったのでは?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ごめん、愛してる スタンダードDVDセット ソ・ジソブ (出演), イム・スジョン (出演)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8444.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/451883859.html


【これまでの感想】
第1話


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[7回]

居酒屋ふじ

テレビ東京・土曜ドラマ24『居酒屋ふじ』公式
第2話の感想。
なお、原作:栗山圭介「居酒屋ふじ」(講談社)は未読。


西尾(永山絢斗)や大森らが「居酒屋ふじ」で飲んでいると、俳優の大杉(大杉漣)が女性2人を連れて現れる。大杉もまた、この店の常連だった。西尾は俳優業がうまくいかず落ち込むが、憧れの女性・kujira(飯豊まりえ)から連絡があり、ついに会えるかもしれないと店で待つ。しかし、彼女のインスタグラムには男性とのツーショット画像がアップされ、西尾はショックを受ける。
上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

第1話より、連ドラの楽しさがパワーアップ

放送中のドラマ『ウチの夫は仕事ができない』よりも、本作の西尾(永山絢斗)の方がいい感じに “仕事ができない” 男をコミカル且つ大真面目に描かれているような。

前回は第1話で設定説明がやや多めで、それでも名作の予感は十分だったが、今回は登場人物たちのジェネレーション・ギャップを上手く使って、面白さを引き出した。また、徐々に明らかになる亡くなった “店のおやじ” の人となりが見えて来る過程も、鉄拳さんと木梨さんの芸で楽しく描かれるのもいい。

エンドクレジット映像の和気藹々の雰囲気が好きだ

そして、ついに居酒屋ふじで西尾と憧れの女性・kujira(飯豊まりえ)が会った。大森南朋さんら常連たちの温かな雰囲気が作品を包み込んできたところで、スケベな占いをやる俳優の大杉(大杉漣)が再登場。そのまま、kujiraを連れて出て行っちゃった。それにしても、大杉漣さん、いい味出すなぁ。

でも、エンドクレジットでは、大杉漣さんを始め今回登場した全員が和気藹々と酒を酌み交わす映像が流れた。お節介だけどいい人たちが集う居酒屋ふじ、行ってみたい…

あとがき

第2話で、既に本作らしい “カタチ” が出来てると言うのが素晴らしいです。次回のゲストは水川あさみさん。何やら告白があるようで。第3話も楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
居酒屋ふじ (講談社文庫) 栗山 圭介
居酒屋ふじ【テレビ東京オンデマンド】 第01話

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8442.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/451849047.html


【これまでの感想】
第1話


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[9回]

ウチの夫は仕事ができない

日本テレビ系・土10ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』公式
第2話『夫婦二人三脚社会サバイバル幕開け雑用仕事に魂込めろ』の感想。


司(錦戸亮)は沙也加(松岡茉優)と生まれてくる子どものために頑張ろうと決意を新たにする。折しも、第一制作部では「東京おもちゃエキスポ」を控え、責任者の黒川(壇蜜)は本来、新人の仕事である弁当の発注を司に任せる。一方、書店で出産関連の本を捜す沙也加は、新書コーナーに平積みされた「できない男からできる男への道」を思わず購入。その夜、司から‘体育会系で筋が通った’先輩・黒川について聞かされる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

脚本家の世情との感覚のズレの大きさを再確認した

前回以上に、沙也加(松岡茉優)の世間知らずと、司(錦戸亮)の組織に属する会社員(こう言う言い方は好きでないが “社畜” )としての意識の低さに、脚本家の世情との感覚のズレの大きさを再確認した第2話。

壇蜜さんの演技は、相変わらず棒で字幕無しでは内容が頭に入らないレベルだし、最後の上司の黒川が女性と分かった際に、柔道家のカットが1つも入らない間抜けな演出。これ、『逃げ恥』なら、ラストで『恋』のイントロ前に、柔道着を着たガッキーが黒川先輩(男)に投げられてるカットでダンスに行くでしょ?

演出も、脚本をなぞれば良いってもんじゃない

もう、そんな現実離れした脚本と、脚本を単純に映像化してるだけの演出、その通りに演技してるだけのドラマになっちゃってる。悪いとは言わないが、浮世離れしてるのと、フィクションは違うから。本作は、リアリティーをどこまで架空の世界で切羽詰まって見せるかが勝負なのに…

あとがき

こんな脚本で、頑張って芝居をやっている錦戸亮さんと松岡茉優さんには、いろんな意味で頭が下がりますし、予告編では柔道着が映ったので、第3話も見てみようと思います。演者の皆さん、がんばれ!脚本家は、アシスタントさんでも良いから有効活用して現実味のある脚本を提供して頂きたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
週刊ザテレビジョン PLUS 2017年7月7日号 [雑誌]

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8441.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/451847133.html


【これまでの感想】
第1話


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[11回]

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第15週『恋、しちゃったのよ』『第90回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


みね子(有村架純)は島谷(竹内涼真)との交際を鈴子(宮本信子)に心配される。島谷の誠実さを伝えると、鈴子も取り越し苦労だったと納得する。一方の島谷も富(白石加代子)から同じような心配をされ、心に引っかかっていた。そんなとき「佐賀に帰省することになった」と島谷に告げられたみね子。島谷を思いながら働いていると、向島電機で世話になった元舎監の愛子(和久井映見)が突然訪ねてくる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

鈴子だけでなく、私が "老婆心ながら" だった1週間

なるほど、土曜日のこの時点でこう言う↓台詞を鈴子(宮本信子)に言わせるのか?

鈴子「そうそう、老婆心。
   ん?ん?老婆って言った?今」

何となく、視聴者も私自身も、みね子(有村架純)を島谷(竹内涼真)との交際に対して “老婆心” ながらいろいろ考えてしまってないか?と言う脚本家からの投げかけであり、そう思わせるような展開にしてあったと言う訳か。

富さんの立場の描き方も工夫されており良かった

こうなると、大家の富(白石加代子)は島谷の見方なのか敵なのか、老婆心ながら私は島谷の親御さんのお目付け役か?なんて予想したのだが、富さんのこの↓の台詞がその答えを出した。

 富「あなたのことも、みね子ちゃんのことも、
   店子だし、大好きな若者だから応援したい。
   でも、お母様の気持ちも私は分かる。
   身分違いの哀しい恋をたくさん見て来たからね」
島谷「いや。身分なんて今どきそんな…」
 富「100年経ったって無くならないわ。そんなもの。
   じゃ、お電話あっても、とぼけとくわね」

なるほど。こう言う立場での “いい人” だったと言う訳だ。そして、この会話が実は、大学にいる島谷の回想シーンになっていて、思い悩む島谷の心情と、その後の明るく振る舞うみね子と上手に対比してるのが、なかなかいい感じ。

本作らしい "日常の描写" に徹底した15分間だった

無理矢理に悲恋に描く必要など全くないが、実家に帰省して暫くの間離れ離れになる島谷を心配し思う健気なみね子なんかを描くのが、本作らしい日常の描き方。島谷の帰省すると言う理由が、自ら説明すると言うのも島谷らしい。廊下で2人の会話を邪魔しないようにする早苗(シシド・カフカ)もらしくて良かった。

あとがき

本編の最後から予告編で、今回もだいぶ先を見せちゃいましたね。ただ、最近の予告編は順序はバラバラの箇条書き状態になってるので、どんな展開になるのか妄想する楽しみがありますね。身分の格差なんてのも、昭和の、特に地方はあったでしょうね。そんな所に今と違う時代感覚が反映されてるのも良かったです。

あとは、もう少しみね子がお父さん探しをしているのかどうなのか?や、経済的な実情なんかも描かると、こちらのモヤモヤが晴れて、もっと楽しめるんですが。老婆心ながら…

最後に。前回の感想に、106回ものWeb拍手を頂き、ありがとうございました。今回は、鈴子と富さんの2人の人生の先輩が、上手く話を運んで良かったです。富さんもいい人で良かったですし。来週は奥茨城から2人の兄が上京して、またあれこれありそうで楽しみです。と言う訳で、当blogは、まだまだ引き続き本作を応援します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


                   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説「ひよっこ」 オリジナル・サウンドトラック
がらくた (初回生産限定盤A)
がらくた (初回生産限定盤B)
がらくた (初回生産限定盤C)
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 若い広場 (NHK出版オリジナル楽譜シリーズ)
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
昭和40年代ファン手帳 (中公新書ラクレ)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8440.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/451816959.html



[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[112回]

より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 戦う君と読む33の言葉 「不安」「不満」「孤独」を乗り越え、折れない自信をつくる方法
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
おすすめ本 病気になるサプリ 危険な健康食品 その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[07/22 ゴンゾウ]
[07/21 ゴンゾウ]
[07/19 ゴンゾウ]
[07/19 ブロリー]
[07/19 naminami]
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
犯罪症候群[1]
光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/5/17に1,300万アクセス達成を致しました。(感謝の記事