忍者ブログ
Top*Admin

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第12週『なつよ、千遥のためにつくれ』の 『第71回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


なつ(広瀬すず)たちアニメーターのいる作画課に、新人の演出助手、坂場(中川大志)が突然やってきた。そして原画担当の下山(川島明)に、動画の動きについて、ずばずば疑問をぶつける。見ると、それはなつが描いた馬の絵だった。必死に意図を説明するなつに対し、淡々と理詰めで動画の矛盾を指摘してくる坂場。なつが追い詰められたその時、坂場の言いたいことはわかったと、下山がふたりの間に割って入ってきて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

最近のナレーションって、不要なものが多くないか?

最初の1,,2週のナレーションは、なかなか良かったのに、最近のナレーションって不要なものが多いと思わないだろうか? 今回のアバンタイトルのナレーション↓なんて正にそんな感じ。

N「この不器用な青年が やがて アニメーターにとしてのなつに
  大きな影響を与えてゆくことになるかもしれません。霊感です」

「なるかもしれません」でなくて、なるんでしょ? それに、最後に付け加えられた「霊感です」だって、字幕で見ると、わざわざページを変えていたから、きっと脚本家や演出家は面白いと思ってやっているのだろう。

でも、こう言う如何にも「これから、もっと面白くなるよ宣言」みたいなのって、ドラマが本当に楽しく進行している時は期待感に繋がるが、朝ドラ100作中で最も駄作になる可能性を秘めちゃってる現状で言われると、逆にこちらから「期待できるような内容にしてよ」と言いたくなる。

板場がなつを質問攻めする場面は分かり易く描くべきだった

さて、本作の唯一の良心である「アニメーション黎明期の説明コーナー」が終わると、新人の演出助手・坂場(中川大志)が突然やって来て、原画担当の下山(川島明)に、なつ(広瀬すず)が描いた馬の動画の動きについて、次々と疑問をぶつけ始めるシーンが始まった。

これ、映像、特にアニメーションを制作する過程を描くドラマで、私としては最も、しっかりと丁寧に、そして視聴者に分かり易く描いて欲しいシークエンスだったのに…

なつが描いたアニメーションが褒められて世に出るだけの朝ドラ?

クライアントとの守秘義務契約があるため具体的な名称は明かせないが、数年前にとあるIT企業の10周年記念映像を、アメリカ在住の日本人アニメーターに制作依頼したことがある。その際に、演出家(私)の意図とアニメーターの意図が異なることが本当に多かった。何せ、両者の基準は脚本だけだから、思い違いや勘違いは日常茶飯事。

特に、『なつぞら』の時代はSNS等のコミュニケーション・ツールなんて電話くらいだろうから、さぞ大変だったと思う。だからこそ、この演出家とアニメーターとのやり取りを正確に分かり易く描かないと、本作の面白味が欠けるのは確か。だって、ここがきちんと視聴者に伝わらなければ、ただ「なつが勝手に描いたアニメーションが皆に褒められて世に出るだけの朝ドラ」になるかも知れないのだから。

その点で言えば、例えば、2012年のドラマ『重版出来!』では、編集者と漫画家のやり取りが楽しく丁寧に描かれて大ヒットしたのを思い出してしまった…

板場の「ただの説明になりませんか?」は、脚本家の自虐ネタ?

では、本作ではどう描かれたか? 正直、内容そのものが(専門的だと言うこともあろうが)分かり難い上に、ただ単純に板場となつの台詞のやり取りだけで描いているから、分かり難さが半端無かった。例えば下記のやり取りなんて…

板場「ストレッチ アンド スクオッシュですか?」
なつ「えっ…」
板場「ディズニーの原則ですよね」
なつ「そです」
板場「そういう表現は 動きにリアリティーがなければ
   ただの説明になりませんか?」
なつ「それは わかってます」

この板場となつとのやり取り、脚本家は自虐ネタになっていることに気付いているのだろうか? ドラマでは、特に朝ドラではヒロインを演じる女優の台詞も言い回しや動作にリアリティーがなければ、ただの説明なのだ。

そして、今回の二人のやり取りには、そもそもリアリティー以前の問題として、視聴者に対して何を言っているのかも分かり難いから、ただの説明にもなっていない。これ、アニメーションの制作過程を描くドラマとして致命的だと思う。

「なつ=瞬間湯沸かし器」なのに、先輩が助けるのが遅すぎる!

更に困ったのは、古い言い回しで恐縮だが、下山たちは、「なつ=瞬間湯沸かし器」なのが分かっているのに、いくら描いたのがなつだからと、これだけの演出理論武装が出来ている演出助手相手に、なつに説明させて自分たちは「困ったなぁ~」みたいな顔で見ているのって、今の時代なら “ほぼパワハラ” 状態だと思う。

やはり、幾ら才能があろうが「なつ=瞬間湯沸かし器」なのが分かっている時点で、もっと早い段階で先輩である下山や麻子(貫地谷しほり)が助け船を出すべきだった。そして、結局下山が「直そう」と言うなら、ただのイケメンとカワイ子ちゃんを延々と画面に出すだけのシーンだったってことと同じでないか!

あとがき

昭和30~40年代の映画監督ら演出部の人たちって、自分たちのことを「インテリヤ○ザ」とか言って、板場のように映像を論理的に詰めていくのが本望…みたいな時代だったはずだから、板場が哲学部卒なんて設定は面白いと思います。

だからこそ、あの演出部とアニメーターとのやり取りは、もっと具体的な例を挙げて、全ての視聴者に対して分かり易く説明して欲しかったし、するべきだったと思います。それを結果的に、なつを瞬間湯沸かし器に、先輩たちを役割放棄に描いて終わったのは、やはり駄作確定の予感しかありません…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々
白蛇伝 [DVD]

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10410.html



【"2019年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』更新(2019/6/13)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[34回]

緊急取調室 [3rd SEASON]

テレビ朝日系・木曜ドラマ『緊急取調室 [3rd SEASON]』公式
第10話/最終回15分拡大スペシャルの感想。
なお、2014年放送の『第1シーズン(感想)』と2015年放送のSP版『緊急取調室~女ともだち~(感想)』、『第2シーズン(感想)』は、鑑賞済み。



有希子(天海祐希)と小石川(小日向文世)は、同級生3人を殺害した事件の被告人・未亜(吉川愛)から真相を聞き出すべく懸命に思いを伝える。すると、未亜は毒物を作った経緯やその理由を証言し始める。また、有希子は、未亜と医大生・藤井(坂東龍汰)をかつて豪雨災害から救出した元中学校校長・染谷(吉田鋼太郎)を呼び寄せ、菱本(でんでん)と玉垣(塚地武雅)が足のけがについて、あらためて問いただす。やがて、未亜が毒殺事件で逮捕されたと聞かされた染谷は、けがの原因が自殺未遂によるものではないと認める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
シリーズ原案:井上由美子(過去作/緊急取調室1,2)
脚本:井上由美子(過去作/緊急取調室1,2) 第1,2,5,7,9,最終
   福島治子(過去作/特命指揮官 郷間彩香) 第3,8
   香坂隆史(過去作/火の粉、限界団地、警部補・碓氷弘一) 第4,6
演出:常廣丈太(過去作/緊急取調室1,2) 第1,2,4,7,9,最終
   本橋圭太(過去作/緊急取調室1,2) 第3,5,6
   山本大輔(過去作/民王、おっさんずラブ) 第8
音楽:林ゆうき(過去作/緊急取調室1,2)
主題歌:家入レオ「Prime Numbers」(Colourful Records)

吉川愛サンと吉田鋼太郎サンの "怪演" で、客寄せ&引き延ばし!?

前回の感想で、「最後の事件」は、第8話で少し扱い、その後、15分拡大の第9話、更に15分拡大の最終回と、2話以上の時間を割いて描かれたのが何よりも残念だと書いた。そして、予想も期待も遥かに超える内容になることを願った最終回だった。

しかし、結論から言うと、未亜を演じた吉川愛さんと、染谷先生を演じた吉田鋼太郎さんの “怪演” で毎回客寄せし、引き延ばしただけ…に見えてしまった。事実、映像的に過去の繰り返しが多かったし、物語的にも、幾つかの事件を順に描いているだけで、別に壮大な事件でも何でもない。そこが「キントリ・ファン」として解せなかった。

キントリで観たいのは、事件や俳優より取調べの緊張感と痛快さ!

やはり『緊急取調室』の面白さは、キントリのメンバーと刑事たちとの役割分担した捜査過程や、キントリと容疑者の直接対決の緊張感と痛快さ。

これこそが本来の楽しさであり、『3rd SEASON』になって、キントリのメンバーが取調室を出る機会を増やし、初動捜査に加えるなどの新しい一面が加えられたが、私が観たいのは、『2nd SEASON』までの、キントリの個々の個性を活かした取調べが観たいだけ。

正直、事件の複雑さや俳優の怪演より、大事なのは、可視化させた取調べを観る緊張感を味わいたいだけなのに…

あとがき

テレビ朝日と言えば、『ドクターX』など大人気シリーズの続編制作には定評のある放送局。「また? これ?」的なベタな内容でファンを引き付けるのが上手なのに、なぜ『緊急取調室』だけベタな路線から変更したんでしょう?

もちろん、今期の他の連ドラらと比べたら、ダントツに楽しいのは間違いありません。ただ、もやもやが残る『3rd SEASON』の最終回でした。それでも、『4th SEASON』がありそうな結末でしたので、その際は是非 “ベタベタ” なキントリに戻って帰って来て欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【Amazon.co.jp限定】緊急取調室 3rd SEASON DVD-BOX(ロゴ入りオリジナルA6リングノート付)
【Amazon.co.jp限定】DUO(初回限定盤A)(CD+DVD)(家入レオ DUO オリジナルA5サイズフォトカード絵柄D付)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10409.html

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話


【"2019年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』更新(2019/6/13)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[19回]

ゲゲゲの女房:再放送

NHK総合・連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』公式
第2週『ご縁の糸』の『第7,8回』の感想。


 私は本作を初見なので、ネタバレ等のコメントは無視します。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


【第7回】
昭和28年。飯田家は酒屋を営むようになり、布美枝(松下奈緒)は21歳になっていた。大人になってもその内気な性格は変わらず、毎日家事に酒屋の手伝いにと、忙しい日々を送る。洋裁学校の友人たちに結婚の話題が出始めるころ、布美枝のもとにも縁談が舞い込む。相手は地元のしにせの和菓子屋の跡取り息子。布美枝には実感がわかないが、友人のチヨ子(平岩紙)は「見合い相手がどんな人か偵察に行こう」と布美枝をけしかける。

【第8回】
縁談が舞い込んだ布美枝(松下奈緒)は、農家に嫁いだ姉・ユキエ(星野真里)の幸せそうな姿に自分の未来の結婚を重ね合わせ、結婚への夢をふくらませていた。しかし、布美枝の背の高さが客相手の商売にはさしつかえると、先方の和菓子屋から嫌われてしまい、縁談は不成立に終わる。落ち込む布美枝に祖母の登志(野際陽子)は「いずれ一緒になる人とは、ご縁の糸でちゃんとつながっている」と優しい励ましの言葉をかける。
---上記のあらすじは[NHK番組表]より引用---

【第7回】

先週から8年経過、布美枝役も松下奈緒さんとなり正に「新章」

アバンタイトルでの昭和20年(1945)で終戦となり、ヒロインと14年後に結婚することになる村井茂(向井理)が初登場。とは言え、主題歌明けには昭和28年(1953)になり、布美枝役も松下奈緒さんとなって、正に「新章」と言った感じの第7回。

まあ、第7回と言っても「新章」となったから、また新設定の説明がダラダラと。でも、これはしょうがないだろう。

布美枝の特徴を強調したのは良いが平岩紙さんの印象しか…

とは言え、とにかく第1週から描かれている布美枝の特徴である「背は大きいのに、引っ込み思案」を強調するがために、残念ながら布美枝よりも友人のチヨ子の方が際立ったしまった。まあ、演じているのが平岩紙さんだから、これもしょうがないだろう。

結婚まで対照的な「チヨ子と布美枝」で繋ぐのは悪くない!

とにかく、アバンのナレーションからすると、結婚するまで “まだ7年近く” はある訳で、それまでの “繋ぎ” としては、第1週が「姉のユキエと妹の布美枝」で繋いだのを、「積極的なチヨ子と引っ込み思案な布美枝」で繋ぐのは悪くないと思う。



【第8回】

松下奈緒さんの2回目で、私の最大の心配事が現実になるか…

う~ん、これを書くのはもう少しあとになると思っていたのだが、布美枝が松下奈緒さんに交代して僅か2回目で書かざるを得なくなるとは思わなかった。それは、松下奈緒さんの台詞が長いと最後の方が聞き難くなる発声法であり、つぶやきのような覇気のない口調であり、抑揚のない単調な台詞の言い回しが目立って来たと言うこと。

布美枝がハイテンションの時は気にならないが、普通の会話だと…

前回のように、はしゃいだり浮かれたりしている時は、そんなに気にならないが、本当に布美枝が普通の会話をする時に気になってしまった。これ、『ゲゲゲの女房』から9年経った今でも変わっていないから、残念ながら本作の最終回までこのままと言うことだ。

朝ドラでは、全員がその役に見え、"聞こえる"のが重要なのだ

友だちのチヨ子を始め、布美枝の弟・貴司(星野源)や飯田家全員が良い雰囲気を醸し出し、こう言う言い方を言うと語弊があるかも知れないが、出演者全員がきちんと役になり切っているように見えるし、聞こえる。この “聞こえる” ってのが、朝ドラでは重要なのだ。

普通、朝ドラは身を入れて “聴く” のではなく、何かをしながら “聞く” ような作品だ。そう言う作品では、台詞だけで「背は大きい」は無理だとしても「引っ込み思案」は表現して貰わないと困る。だって、今回の布美枝では「引っ込み思案」に “聞こえない” から。

松下奈緒さんが"布美枝に慣れて来る可能性"に賭けてみよう

ただ、松下奈緒さんが “布美枝” に慣れて来る可能性はある。他の俳優らに刺激を受けて、自分なりの “布美枝” を創ることに成功すると言う可能性だ。他が良いだけに、何とかなるのを祈るしかない… あと数回は見てみよう思う。

あとがき

う~ん、私が松下奈緒さんを苦手なのは、この発声法や台詞回しなのです。何の役をやっても、「今度こそ!」思って “観る” けれど、同じに “聴こえ” ちゃう。まあ、私の場合は、ドラマや映画は “観るもの” であり “聴くもの” で、見たり聞いたり出来れば良いと言うスタンスで捉えていないので、これもまた、しょうがないと思って頂くしかありません…  それに、「夕ドラ」の場合は2回連続だから “ながら見” の頻度も高くなるしね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む


Amazon | 本,ファッション,家電から食品まで | アマゾン

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10408.html




【"2019年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』更新(2019/6/13)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[14回]

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第12週『なつよ、千遥のためにつくれ』の 『第70回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


前作「白蛇姫」のポスターを見ていたなつ(広瀬すず)は、自分がアニメーターとして頑張れば、ポスターに名前を載せることができることを知る。そして、生き別れの千遥がそれを見てくれれば連絡があるかもしれないと、咲太郎(岡田将生)と信哉(工藤阿須加)、亜矢美(山口智子)に伝える。日が変わり、下山(川島明)のもと「わんぱく牛若丸」のアニメーターチームが集まり、新たな作品つくりに向けて意見交換が行われる…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

なぜ、住居兼店舗の「風車」に勝手口を作らなかったの?

今回も、アバンタイトルから不快と言うか疑問が…。これ、毎回思っていたのだが、なつ(広瀬すず)は毎回おでん屋「風車」の客の出入り口から帰宅(前回は出勤も)するが、「風車」には裏口や勝手口は無いのだろうか? 店と住居が一緒なら、昭和32年頃の一軒家なら勝手口くらいはあって当然だと思うのだが。

勝手口があれば、いろいろ好都合なのに…

勝手口があれば、そこから入って、軽く「ただいま~」と亜矢美(山口智子)に声を掛けて、すぐに2階に上がり、亜矢美の用意しておいてくれた夕食を食べながら、早速絵を描く…となれば、「なつって頑張ってるな」と視聴者に訴えることが簡単に出来るのに。

一度店から出て来た信哉(工藤阿須加)を店に招き入れ、なつの帰宅を待っている茂木(リリー・フランキー)まで強調しちゃうから、「風車」の看板娘で、これまた「なつアゲ」をやっているようにしか見えない。

貰う物だけ貰って、さっさと信哉と2階へ上がっちゃうなつ

そして、茂木社長から貰う物だけ貰って、さっさと信哉と2階へ上がっちゃうカットで、主題歌へ突入しちゃった。これだと、なつが千遥をネタに信哉を誘っているように見えてしまう。普通に、茂木社長への「一生 大事にします」のなつの笑顔で主題歌に繋がるだけで良かったのだ。つくづく、脚本も演出もダメだなぁと思う。

なつを自然体に好感度が上がるように見(魅)せる"間"が無い

更に、頭が痛くなるのは、このなつの台詞。

なつ「千遥のことは 誰にも言わないで」

分かる。なつが、信哉に千遥のことを黙っていて欲しい理由は、その後になつから語られる理由を含めて、好意的に解釈すれば分かるのだ。しかし、ここで問題なのは、演出と編集。開始後僅か4分間(内1分30秒は主題歌)で、路地で信哉に会って、帰宅から秘密の共有まで進んでしまっている。

それも、信哉を自分の部屋に招き入れて。そう演出や編集に於ける “間” が無いのだ。せめて、信哉が店内に居る時になつが帰宅して、「丁度良いから…」的な流れで、「信さんに話があるの…」で2階へ行くだけで良かったのだ。

そんな、なつを自然体に、好感度が上がるように見(魅)せる “間” が無いから、男を連れ込んだように見えてしまうのだ。もちろん、演技力不足も影響はしているが。演出家は完パケ(放送される完成品)を観ているのか、甚だ疑問しかない…

漫画映画やポスターは全ての子供たちの夢で見るのも当然なの?

次の展開も、良く分からない。

なつ「ここ… ここに名前が載るっしょ! 奥原なつって…
   必ず 私の名前を載せてみせる!
   ほら! そしたら どこかで これを千遥が見たら
   映画やポスターを見たら 私の居場所が分かるっしょ!?」

なんか、咲太郎を含めて、「でかした! なっちゃん!」的な展開になっているが、どれだけの視聴者にそう見えただろうか?

なぜか、漫画映画やポスターは全ての子どもたちの夢で、見るのも当然のように描かれているが、そもそも、信哉以外はまともに千遥を捜しているようにも心配しているようには見えないし、なつが絵を描くのが好きにも全く見えていない。

なつが "ポスターに名前が載る=千遥のため" は強引過ぎる!

それなのに、劇中のポスターに掲載されていたスタッフが11名で、その内「原画」は仲と井戸原の2名だけ。そこに自分の名前が掲載されるのを目指すことが、サブタイトルの『なつよ、千遥のためにつくれ』に繋がって行くってことらしい。でも、流石に全部が強引過ぎやしないだろうか。

"間"が無い詰め込み過ぎによる"嘘臭さと不快感"は沁み込む

ここもね、“間” が無いから強引に見えちゃうの。それこそ、アバンに居た茂木社長が『白蛇伝』のポスターを指差して「おじさん、ああ言うポスターになっちゃんが載るまで応援するからさ」みたいにして、なつが「そうか!」と気が付いて主題歌で良かったわけ。

結局、あれこれを、たった6分間に詰め込むから、嘘くさく見える。これ、『ととねえちゃん』や『わろてんか』で良く見られた「騒動の箇条書き」による “つまらなさ” とは次元が違う。「“間” を設けずに詰め込み過ぎる」ことによる “嘘臭さと不快感” だから、作品や登場人物の印象に沁み込んじゃうのだ…

演出に "間" が無いから、テンポは悪いし楽しさも生まれない

そして、9分頃から始まった「なつアゲ」要員の下山(川島明)と、なつをディスる麻子(貫地谷しほり)らの「下山班」やり取りにも、「私が観たいのは、こう言うのじゃ無いんだよなぁ~」感が蔓延していた。これも、そうでしょ? “間” が無いの。

会社のシーンから次の店のシーンの間に何もない。せめて、終業時間を表現する夕景カットとか、店先の看板や商店街を行き交う人々の情景カットでも良い。どうしても昼食の設定にしたいなら、一度いつもの中庭に集まったところで、下山から「今日は外で決起開会しようよ」みたいのがあったら良かったと思う。

そう言う “間” を入れずに、脚本上のト書きと台詞をそのまま撮影して編集して繋げて、適当な劇伴を貼り付けるから、テンポは悪いし、楽しさも生まれない。それにしても、演出が酷いのは当然だが、今更こんな場面を書いて、視聴者が楽しいと感じると思って書いている脚本家も脚本家だと思うが…

あとがき

ラストで、カメラマンが「カチンコの音で芝居が決まるんだからよ!」言っていましたが、これだけは本当です。出来の良い助監督さんのカチンコの音は違うんです。

さて本作のあとがき。結局、ここでまた新人の演出助手・坂場(中川大志)と言うイケメン投入ですか? とにかく、まともに物語の流れを作って納得出来る展開にして欲しいです。それと、どうか、なつと咲太郎だけでも千遥を心配しているように描いて下さい…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々
白蛇伝 [DVD]

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10407.html



【"2019年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』更新(2019/6/13)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[41回]

白衣の戦士!

日本テレビ系・新水曜ドラマ『白衣の戦士!』公式
第10話/最終回『ナースをやめさせられる!?仕事も恋も最大のピンチ』の感想。



ついに斎藤(小瀧望)とつきあい始めたはるか(中条あやみ)、本城(沢村一樹)と一晩を過ごした夏美(水川あさみ)。それぞれの恋が幸せな結末を迎えようとしていたある日、夏美の母・幸江(高橋ひとみ)が突然現れる。幸江は本城がバツイチ・子持ちだという事から交際に反対して…。外科病棟では緊急入院してきた都議会議員の五十嵐(東幹久)をはるかが怒らせてしまい、さらに事務長の大橋(神保悟志)も現れて大きな騒動に!
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:梅田みか(過去作/37.5℃の涙、ゴーストママ、正義のセ) 第1,2,3,4,5,7,8,9,最終
   横田理恵(過去作/ナースマンシリーズ、ごくせんシリーズ、花咲舞が黙ってない) 第6
演出:菅原伸太郎(過去作/ど根性ガエル、レンタル救世主、トドメ接吻) 第1,2,5,7,9,最終
   猪股隆一(過去作/家売るオンナシリーズ、奥様は、取り扱い注意) 第4,6,8
   本多繁勝(過去作/今からあなたを脅迫します、Missデビル) 第3
音楽:菅野祐悟(過去作/アイムホーム、リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~)
   眞鍋昭大(過去作/モンテ・クリスト伯、SUITS/スーツ、後妻業)
主題歌:ジャニーズWEST 「アメノチハレ」(Johnny's Entertainment)
挿入歌:三浦大知 「片隅」(SONIC GROOVE)

「ナースのお仕事」が秀逸なお仕事&人間ドラマなのを再認識した

『ナースのお仕事』が幾つもシリーズ化され、今でも人気のあり、秀逸なお仕事ドラマであり人間ドラマであることを再認識させられた『白衣の戦士!』の最終回。『ナースのお仕事』とは次元が違い過ぎて比較する意味はない。

毎回の「病院での患者と看護師のエピソード」は悪くなかった

しかし、新人看護師の奮闘を描くお仕事ドラマとしては、同一線上にあるのは確か。その意味で、毎回描かれた「病院で起こる患者と看護師のエピソード」は回毎に出来の差が多かったにせよ、ドラマとして悪くなかった。

看護師の奮闘を描くお仕事ドラマの割に、恋バナが多過ぎた

ただ、やはり、看護師の奮闘を描くお仕事ドラマの割に、恋バナが多過ぎた。しかし「中条あやみ&水川あさみのW主演」があざとなって、2人分の恋バナを毎回描くことになり、もはやお仕事ドラマではあったとしても、医療ドラマ、看護師ドラマ的な要素が回を重ねる毎に薄まったのが残念だ。

脚本家が本来ドラマで描くべき事をモノローグ言い訳をしたらダメ!

そして、ラストの夏美(水川あさみ)とはるか(中条あやみ)のモノローグを聞いて分かった。脚本家も承知しているのだ。本当は、このモノローグのようなドラマを創りたかったことと、それが出来なかったから最後の最後でドラマで描くべきことを、モノローグで言い訳をしたのだ。

はるか(N)「看護師の仕事は まだまだ うまく行かなくて
     落ち込むこともあるけど
     患者さんからの『ありがとう』のひと言で
     また 頑張ろうって思える」
夏 美(N)「看護師の仕事は 小さなミスも許されない
     その責任の重さに逃げ出したくなる時もあるけど
     いろいろ思いを抱えて頑張ってる仲間たちとの笑顔と
     決して 諦めない姿に勇気をもらう
はるか(N)「私たちは毎日 命と向き合っている」
夏 美(N)「私たちは毎日 命の現場で戦っている」
はるか(N)「だから 看護師は白衣の天使じゃなくて…
はるか・夏美(N)「白衣の戦士なのだ」

本来は、このモノローグの内容が、最終回まで全10話を観れば、言わなくても視聴者に伝わるべきだった。いや、看護師と言う仕事が大変なことは、視聴者は十分承知している。そして、このモノローグの内容のドラマを見たかった視聴者が多かったと思う。それをもっと上手くやっていたら、良かっただけのことだった…

あとがき

最終的には「出演者目当ての視聴者が楽しむドラマ」の典型になって終わりましたね。だから、オマケ付きの Blu-ray & DVD BOX の発売も当然だと思います。ただ、私が期待したドラマとは違ったので、同じ脚本家を起用するなら続編は要りません…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む





★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ「白衣の戦士! 」 オリジナル・サウンドトラック
【メーカー特典あり】アメノチハレ (初回盤A+初回盤B+通常盤3種セット) (ミニポスターA+B+C3枚セット(B3サイズ))
片隅 / Corner(CD+Blu-ray Disc)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10406.html

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話


【"2019年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』更新(2019/6/13)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[5回]

より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 読者さまへお知らせ
NEW 2019/06/14 16:53更新】
2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』を更新。
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映画原作派のためのアダプテーション入門
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 10秒でズバッと伝わる話し方
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 新版 大人の発達障害に気づいて・向き合う完全ガイド
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 形容詞を使わない 大人の文章表現力
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 心理学でわかる ひとの性格・感情辞典
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 ゼロから分かる! 図解落語入門
おすすめ本 産声のない天使たち
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
その他のおすすめ本の記事は、“こちら” から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[06/24 ゴンゾウ]
[06/22 ゴンゾウ]
[06/19 ゴンゾウ]
[06/18 初めまして]
[06/17 初めまして]
  • 2019年4月期 / 春ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~(特別編)
テレ東 22:00  スパイラル~町工場の奇跡~(最終話)
火曜日
関テレ・フジ 21:00  パーフェクトワールド(第9話)
TBS 22:00  わたし、定時で帰ります。(第9話)
水曜日
日テレ 22:00  白衣の戦士!(最終回)
木曜日
テレ朝 21:00  緊急取調室 第3シーズン(最終回)
フジ 22:00 
金曜日
TBS 22:00  インハンド(最終回)
テレ朝 23:15  家政夫のミタゾノ[3](最終話)
テレ東 24:12  きのう何食べた?(第11話)
土曜日
NHK 21:00  デジタル・タトゥー(最終回)
日テレ 22:00  俺のスカート、どこ行った?(最終回)
テレ朝 23:15 
日曜日
TBS 21:00  集団左遷!!(最終回)
日テレ 22:30 
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  なつぞら(第74回・2019/6/25)

月~金 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  ゲゲゲの女房:再放送(第11,12回)

【途中で離脱】
東京独身男子(第2話)
あなたの番です(第2話)
ストロベリーナイト・サーガ(第3話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
相棒 Season16
相棒 season17
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
明日の君がもっと好き
明日の約束
あなたには帰る家がある
あなたのことはそれほど
anone
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
アンナチュラル
家売るオンナ
家売るオンナの逆襲
生田家の朝
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの雨がやむ日まで
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
いつまでも白い羽根
イノセンス~冤罪弁護士~
今からあなたを脅迫…
遺留捜査[4]
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
オー・マイ・ジャンプ
おかしの家
掟上今日子の備忘録
奥様は、取り扱い注意
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ高校
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[か]
カーネーション
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
崖っぷちホテル!
家政夫のミタゾノ
家政夫のミタゾノ[2]
家族狩り
家族ノカタチ
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット
監獄学園
監獄のお姫さま
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
義母と娘のブルース
きみが心に棲みついた
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
99.9-刑事専門弁護士-[2]
今日から俺は!!
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金
グッド・ドクター
グッドパートナー
グッドワイフ
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
海月姫
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
刑事ゼロ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁ゼロ係[3]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
刑事ゆがみ
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚相手は抽選で
結婚式の前日に
獣になれない私たち
健康で文化的な最低限度の生活
限界団地
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ[1]
コウノドリ[2]
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
後妻業
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
孤独のグルメ[7]
コード・ブルー[3]
この世界の片隅に
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
コンフィデンスマンJP
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(さ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(た~な)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
バイプレイヤーズ2
バカボンのパパよりバカなパパ
ハゲタカ(テレ朝)
ハケン占い師アタル
はじめまして、愛しています。
初めて恋をした日に読む話
花子とアン
花咲舞が黙ってない
花のち晴れ~花男 Next Season~
母になる
ハラスメントゲーム
ハロー張りネズミ
半分、青い。
BG~身辺警護人~
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひよっこ
ひよっこ2
昼のセント酒
HERO[2014]
ファーストクラス[2]
FINAL CUT
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
不機嫌な果実
不便な便利屋
ブラックペアン
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
ブラックリベンジ
フリンジマン
フルーツ宅配便
ヘッドハンター
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
僕たちがやりました
ホクサイと飯さえあれば
僕とシッポと神楽坂
僕の初恋をキミに捧ぐ
僕のヤバイ妻
僕らは奇跡でできている
ホテルコンシェルジュ
ホリデイラブ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔
ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
まんぷく
未解決の女 警視庁文書捜査官
みかづき
Missデビル人事の悪魔・椿眞子
南くんの恋人
民衆の敵
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~
問題のあるレストラン
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
[や]
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ユニバーサル広告社
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
THE LAST COP/ラストコップ
ラストチャンス 再生請負人
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~
陸王
リスクの神様
リバース
リピート ~運命を変える10か月~
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
私のおじさん~WATAOJI~
わにとかげぎす
わろてんか
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2019年3月7日に2,000万アクセス達成を致しました。(感謝の記事