忍者ブログ
Top*Admin

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第20週『なつよ、笑って母になれ』の 『第120回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


なつ(広瀬すず)の妊娠がわかる。夫の坂場(中川大志)と喜んだのもつかの間、これからの生活のことや、産後も仕事を続けていけるのか不安になるなつ。生活は自分が支えていくと言う坂場に背中を押され、なつは働き続けたいというアニメーターとしての仕事への想いを再確認する。下山(川島明)と神地(染谷将太)に妊娠のことを知らせるなつ。たとえ契約社員になっても働くつもりだと伝えると、二人は…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

何なんだろう、この "置いてきぼり感"…

毎日、録画を見直してまで感想を書いているのに、何なんだろう、この “置いてきぼり感” と言うか、テレビの中の人だけで盛り上がってる雰囲気って。

そもそも、先日の茜(渡辺麻友)の妊娠から契約社員と言うくだりでも、こちらには、正規雇用と契約社員の違いすら明瞭に描かれていないに、なつ(広瀬すず)は契約になっても仕事を続けたいと同僚に訴えていた。

なつは、一体何のためにアニメーターの仕事をしてるの?

しかし、これも良く分からないのだ。「今現在のなつ」が何のために「アニメーター」と言う特殊な職業に就きたいのかが。坂場(中川大志)が定職に就いていないから、安定収入を得るためなのか? それとも、未だにアニメーターと言う職業が好きだとか天職だと思っているとか?

そう言う、契約社員になることは容易に予想出来た状況で、自ら妊娠をし、その上で「アニメーター」と言う職業を契約社員になってもやりたい理由が全く見えて来ないのは、本当にダメ、の一言しかない。「辞める気がない」となつ自身が言おうと、同僚たちが「なっちゃんは大変なんです」と言ったところで、なつの意思は全く見えない…

いつから、なつは仕事が出来る人になったの?

そして、更に “置いてきぼり感” を加速させたのが、神地(染谷将太)らが、映像的には “いつも数秒間の原画をパラパラめくって、たまにペンで原画を書く程度のことをやってるだけのなつ” を評価している点だ。

だいぶ前に、女性初の…とか言って取材を受けたくだりがあったが、それ以降は大作の重要な作業を任されていたと言うような話は殆ど記憶にない。少し前に劇場公開作品を手掛けていると言う描写はあったが、あれも「亜矢美の乱」でうやむやになった。一体、いつから、なつは東洋動画に不可欠な、仕事を出来る人になったのか? ってこと。

ヒロインを応援したくならなければいけない場面なのに…

働くヒロインを描く朝ドラで、働くヒロインを描かないだけでも大問題なのに、「亜矢美の乱」が終わって、勝手に「なつの妊娠騒動」に話を進めた途端に、同僚たちがずっと職場に不在にしか見えなかったヒロインに揃って共感するのが、正直気持ちが悪い。本来は、こう言う場面でこそ、視聴者がヒロインを応援したくならなければいけないのに…

あたかも、なつが仕事を「やった」ように描くのは許し難い

そして、久しぶりになつの演説が登場した。

なつ「仕事で もっともっと成長していきたいんです。
   いい作品を作りたいんです!」

いつ、なつが仕事で成長したの? いつ、なつがいい作品を作ったの? そう言うのをしっかりと描くことが、働くヒロインを描く朝ドラの本質なのに、そこを徹底的に描かず、あたかも「やった」ようにして、話を進めるのは視聴者を馬鹿にし過ぎだと思う。

あとがき

予告編を見た限りでは、出産シーンは柴田家がいたから産休をとって、坂場と一緒に北海道で里帰り出産したってことのようですね。社長に直談判した時に「仕事はやる」って言っていたのに、里帰り? 北海道でもアニメの仕事は出来るの?

それとも、都合よく妊娠発覚から出産するまでの数か月で女性初の作画監督の仕事は終わったとか? まっ、もうどうでも良いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
『なつぞら』ヒロインモデル・奥山玲子の児童書が39年ぶりに復刊「新装版 おかしえんのごろんたん」
NHK連続テレビ小説「なつぞら」オリジナル・サウンドトラック【BEST盤】

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10552.html



【"2019年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』更新(2019/7/11)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[44回]

セミオトコ

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『セミオトコ』公式
第4話『4日目のセミ』の感想。



由香(木南晴夏)はセミオ(山田涼介)から、由香に恋をしていると告げられ、彼の正体や残り時間など考えず楽しむと決める。恒例のようになったアパート住民揃っての朝食でも、セミオの恋が話題に。一方、マサ(やついいちろう)は悲しい過去を思い出した春(山崎静代)の様子が気になる。そんな中、セミオは由香の職場に同行。小川(北村有起哉)は仕事先で以前の後輩に会う。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:岡田惠和(過去作/ひよっこ、ど根性ガエル、最後から二番目の恋)
演出:宝来忠昭(過去作/ヒモメン、僕の初恋をキミに捧ぐ、家政夫のミタゾノ3) 第1,2
   竹園元(過去作/明日の君がもっと好き、私のおじさん) 第3,4
音楽:agehasprings
主題歌:Hey! Say! JUMP「ファンファーレ!」(ジェイストーム)

第4話になって、本作の良さが際立って来たように思う

第4話になって、本作の良さが際立って来たように思う。とにかく、登場人物が多く、在りがちな “ちょっと変わった人たち” の群像劇になって、由香(木南晴夏)をセミオ(山田涼介)のくだりが、埋没してもおかしくないのに、きっちりとドラマの真ん中に由香とセミオがいる。

もう、それだけでも凄いのに、セミオの “一週間の切なさ” と “無邪気な明るさ”、そして由香の “ピュアな恋心” を丁寧に重ねて、更に、そんな二人の様子に変化していく周囲の人たちの人生まで描き込まれている。平凡な表現になってしまうが、本当に良く出来た連ドラだ。

そして、今回はセミオの “恋心” を感じた由香の “嫉妬心” を面白おかしく描かれた。セミオがセミの抜け殻を手にし、鳴くセミたちに「あと4日しかしかいられない…」と言った自分に驚く姿にホロリと来た。

更に付け加えるならば、同じ金曜日の夜の連ドラ『これは経費で落ちません!』は、第4話で演出家が交代して雰囲気が変わってしまったのに、本作も第4話から新しい演出家になっても雰囲気は同じだった。これも何気なく凄いことだと思う。

あとがき

今も、我が家の近くでセミが鳴いている。これまでは「うるさいな」なんて思ったのですが、本作を見始めてからホンワカするようになり、この第4話を見てから、「セミってボクたちを見守ってくれているんだ」と思うようになりました。

まだ第4話ですが、夏の終わりと共に今から “セミオロス” の初期症状が出ている自分に気付きました… 皆さんの “セミオロス” は大丈夫ですか?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「セミオトコ」オリジナル・サウンドトラック
【メーカー特典あり】 ファンファーレ! (初回限定盤1+初回限定盤2+通常盤 3種セット) (『セミんぷぅ・ペアステッカー~あれもこれもセミも~』(オリジナル・ステッカーC)付)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10551.html

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話


【"2019年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』更新(2019/7/11)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[24回]

これは経費で落ちません!

NHK総合・ドラマ10『これは経費で落ちません』公式
第4話(全10話)『女の明日とコーヒー戦争の巻』の感想。
なお、原作の漫画、青木祐子「これは経費で落ちません!」(集英社オレンジ文庫)は未読。


コーヒーメーカーで入れたコーヒーを社員に配って回る総務部の窓花(伊藤麻実子)に対し、コーヒーサーバーを導入したい同僚の由香利(平岩紙)はその稟議(りんぎ)書を作成し、経理部に提出する。ある日、由香利は自身が通う生き方セミナーに沙名子(多部未華子)を誘う。講師の三並(須藤理彩)は、由香利の稟議書に記されたコーヒーサーバーのリース先の会社社長だった。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:青木祐子「これは経費で落ちません!」(集英社オレンジ文庫)
脚本:渡辺千穂(過去作/べっぴんさん、ウチの夫は仕事ができない) 第1,2,4
   藤平久子(過去作/ミラクルちゅーんず♪、Missデビル人事の悪魔・椿眞子) 第3
   蛭田直美(過去作/ワイルド・ヒーローズ、映画「女の機嫌の直し方」)
演出:中島悟(過去作/きょうは会社休みます。、世界一難しい恋、ドロ刑) 第1,2,3
   松永洋一(過去作/マジすか学園1、でぶせ、ん男水!、デカワンコ) 4
音楽:安田寿之(過去作/劇伴担当の記録なし)
主題歌:阿部真央「どうしますか、あなたなら」

演出家が交代し、平凡なドラマになってしまったのが残念…

今回は、これまでとガラッと雰囲気が変わって戸惑ってしまった。いや、本作らしさもあるし、沙名子(多部未華子)の活躍っぷりもいつも通り。なのに、全体の雰囲気が違っていた。もちろん、演出担当が第3話まで担当していた個性的な演出をする中島悟氏から、本作初担当の松永洋一氏に交代したのが大きな要因だとは思う。

全体的な演出(演技指導やカット割り)が平凡なのだ。演出が平凡なのに、物語はこれまでとだいぶ異なった。特に、沙名子が自社「天天コーポレーション」の経理だけでなく、稟議書を通すと言う形で、三並(須藤理彩)の会社の経理に物申すのは斬新だった。だから、演出も、もっとあれこれやっても良かったかなと。

稟議書を通すための、経理の本質を突く沙名子の正義感!

いや、面白いのには間違いない。いっその事、沙名子の正義感に対抗する意味で、セミナー運営の会社が事件になって大騒ぎになる位のエンディングを用意したら、バランスが取れたかもしれない。それに、“訳あり” の人間模様をコミカルに描く新時代のオフィスドラマなら、もっとコミカルに魅せて欲しかった。

あとがき

やはり、全体的にお話が重たいのが、これまでと違った雰囲気の原因でもあったかも知れませんね。でも、こう言う「労働」や「人生」を掘り下げるのは、働く人たちの人生模様を描くドラマとしては悪くないです。でも、もう少しコミカルな要素を盛り込んで欲しかったです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ ライトノベル 1-5巻セット
【Amazon.co.jp限定】どうしますか、あなたなら(デカジャケット付き)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10550.html

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話


【"2019年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』更新(2019/7/11)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[23回]

凪のお暇

TBS・金曜ドラマ『凪のお暇』公式
第5話『凪、お暇復活!』の感想。
なお、原作の漫画、コナリミサト「凪のお暇」(秋田書店「Eleganceイブ」連載中)は未読。



ゴン(中村倫也)との関係を巡って慎二(高橋一生)と口論になった凪(黒木華)は体調を崩し、隣人・みすず(吉田羊)に介抱される。おいしいご飯と温かい風呂のもてなしを受け、最近のわが身を振り返った凪は、ゴンへの依存を自覚し、危機感を抱く。一方、自宅に戻った慎二は、凪との思い出を全て捨て去る。そして仕事に打ち込む中、円(唐田えりか)に対する悪評を聞くが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:コナリミサト「凪のお暇」(秋田書店「Eleganceイブ」連載中)
脚本:大島里美(過去作/早海さんと呼ばれる日、花燃ゆ、あなたには帰る家がある)
演出:坪井敏雄(過去作/花のち晴れ~花男 Next Season~、中学聖日記) 第1,2,5
   山本剛義(過去作/Nのために、夜行観覧車、コウノドリ2、グッドワイフ)) 第3,4
   土井裕泰(過去作/重版出来!、カルテット、この世界の片隅に)
音楽:パスカルズ(過去作/情報無し)
主題歌:miwa 「リブート」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

とにかく、私は本作をずっと褒めて来た…

前回は、最近の連ドラで「最も悲しい雨降りのシーン」であり、最も「切なく悲しき女と男の泣きのシーン」に、心が大きく揺さぶられた『凪のお暇』。とにかく、私は本作をずっと褒めて来た。例えば、役者全員がハマり役を与えられ、伸び伸びと演技をし、視聴者をくぎ付けにするとか。

上映中の映画「ライオン・キング」と「凪のお暇」には意外な共通点が!

話は変わるが、先日1994年の長編ディズニーアニメーション映画『ライオン・キング』のリアルCG版(ディズニーは「超実写版」と呼んでいる)を観て来た。スクリーンの中にいる動物もジャングルも全部CG(一部、実写のカットがあるとされている)で、この世には存在しない。

なのに、まるで自分がジャングルに潜り込んで、ライオンの真横で観ているような “錯覚” を約2時間楽しめる。是非とも、この不思議な感覚を体験して欲しいのだが。なぜ、こんな話をするかと言うと、本作にも同種の感覚を味わっているからだ。

映画「ライオン・キング(2D・日本語字幕版と日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

ドラマなのに目の前で起きている現実を見ている気分と錯覚に

今期は金曜日の夜に、秀作の連ドラが揃っている。しかし、女優や男優の名前を分かっているし、その人たちが役を演じていることも承知しているし、その人たちの演技を数十名のスタッフが囲んで撮影し、編集されCMが挿入された結果を見ていることも認識している。

なのに、凪(黒木華)や慎二(高橋一生)、ゴン(中村倫也)のいる世界の中に入り込んでいるような “錯覚” になる。これって、何がそうさせるんだろう? 役者と役がピッタリだからなのか、物語に引き込まれ過ぎているのか、その理由が分からない。分からないが、ドラマなのに目の前で起きている現実を見ている “気分” を味わえるし、“錯覚” に陥る。

今回も、隣人・みすず(吉田羊)とうらら(白鳥玉季)の母子が、まるでそこにいるような感覚。最終回までに、“錯覚” の原因を突き詰めたい…

実は、第4話までは風変わりな恋バナを描いているだけだった

さて、前述の通り、私は本作をずっと褒めて来た。褒めては来たが、ほんの僅かだが不満もあった。それは、凪が本当の「お暇」を得るために、様々な人たちと出会い経験している姿を描いているのは間違いないが、第1話から第4話までは、基本的に風変わりな恋バナを描いているに過ぎなかったのだ。

「みすずとうらら母子」を活かして、凪と物語が動き出した!

それでも、十分に面白かったのは認める。しかし、今回は、これまでも「この世界」にずっと存在していた「みすずとうらら母子」を活かした。雰囲気も世界観もそのままに。ただ(と言っては、語弊があるかもしれないが)、みすずとうららを動かしただけで、凪も物語も再び動き出した。

凪と物語に一気に変化をもたらす方法が、凄過ぎる!

スナック 「バブル」 のママ(武田真治)と店員・杏(中田クルミ)も良かった。これ、凄いよ。恐らく第5話だから全話の折り返しで、凪と物語に一気に変化をもたらそうとするのに、騒動を描いたり新たな登場人物を作り出したりせずに、最初からずっといる登場人物の使い方だけで、明らかな変化を創出したのだから。

あとがき

登場人物は多いし、意外と話は複雑だし、いろいろ描いた群像劇でもあるのに、しっかりと主人公の凪がドラマの中心になって、脇役たちの変化も描かれているのがが素晴らしいです。この調子で、凪も物語も少しずつ変化して行って欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
金曜ドラマ「凪のお暇」公式ヴィジュアルBOOK (書籍扱い)
TBS系 金曜ドラマ「凪のお暇」オリジナル・サウンドトラック
凪のお暇(1)(A.L.C・DX)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10549.html

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話


【"2019年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』更新(2019/7/11)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[55回]

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第20週『なつよ、笑って母になれ』の 『第119回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)の新居に茜(渡辺麻友)と下山(川島明)、神地(染谷将太)が訪ねてきた。聞けば、東洋動画の社長・山川(古屋隆太)が妊婦である茜に対し、産後は契約社員として働いてもらいたいと言ってきたのだと言う。神地は、そんな会社のやり方に対してどうしても納得がいかず、憤る気持ちをなつ達にぶつける。そんなある日、なつは仕事中に貧血を起こし倒れてしまう。用心のため病院にいくと…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前回の野暮な脚本と演出に、テンションが全く上がって来ない!

前回での、亜矢美(山口智子)の “秘めた女心” を、赤の他人のカスミ(戸田恵子)に説明させると言う、もはや正しいか間違っているかと言う単純な次元を飛び越えて、ドラマとしての描き方の根本的なセンスの欠片もない “野暮” は脚本と演出に、完全に打ちのめされてテンションが全く上がって来ない。

なぜ、なつがキュウリを切るカットを残したの?嫌がらせ?炎上商法?

そんな状態で見始めた第119回。もう、アバンタイトルの1カット目から頭痛がした。オブラートに包んで表現するのが、今朝は面倒だからバッサリと斬る! 普段包丁を持ったことのない(と思われる)女優にキュウリを切らせるな! と。

確かに、なつ(広瀬すず)がこれまで家事手伝いをしている映像は極端に少ない。しかし、普通に好意的な脳内補完をしていて見ていれば、少なくとも十勝にいた頃は、母・富士子(松嶋菜々子)の手伝いをやっていたはず。

いや、絶対に料理や掃除や洗濯などをやっていないと、夕見子(福地桃子)が、嫌いな家業を継がずに北海道大学文学部に進学して自由に生きることを選んだ設定と食い違うからだ。

富士子に料理本は不要と言せたなつが、キュウリを引き切りか!?

「なつ=古典的な日本女性 VS 夕見子=先進的な日本女性」の対峙構造で、十勝編を構築したのだから。少なくとも、なつは 9歳で柴田家に来てから 19歳の春に上京するまでの約10年間は家事をやっていたはずなのだ。そんな家事経験者で、母の富士子も、なつには手書きの料理レシピ本は要らないと言っていたなつが、キュウリを引き切りか(失笑)

"演じる人が悪いように映す脚本家と演出家" が元凶なのだ

もちろん、そのあとの10年間は一度も包丁を手にしていない可能性はあるが、それでも “昔取った杵柄” と言う諺もあるように、もしも10年ぶりに包丁を持ったとしても、あんな切り方をするのは映像的なリアリティーが全くないと言わざるを得ない。

出来る人が “出来ない” を演じるのは簡単でも、出来ない人が “出来る” ように演じるのは苦難のはず。だったら、練習しろよと言いたいところだが、この第119回までなつが料理をする場面なんて、ほぼゼロだったのだから、今回だって、手元を映さないと言う演出的な配慮をするべきだったと思う。

だから、前回と一緒なのだ。演じる人が悪いんじゃない。演じる人が悪いように映す脚本家と演出家が元凶なのだと…

今回も「なつが仕事をする姿」は長続きはしない!

そして、予想通りに「なつが仕事をする姿」は長続きはしない。原画を数枚描いただけの数秒間で退勤。もう、別にどうでも良いのだが、これまでの描写を見ていると、東洋動画にとって仕事上で必要不可欠な人間は、なつよりも茜(渡辺麻友)にしか見えないのだが。

それは当然。なつは仕事をしているように描かれていないからだ。そう言う根本的に描くべき「なつが仕事をする姿」を、まるで「カレンダーめくり」の代わりの時間経過要員に使うから、中盤での「働く女性と妊娠と子育て」の話も、上っ面だけに見えてしまう。

苦悩する茜を見て、なつは「妊娠すべきか?」を悩むべきだった

で、予告編通りに、なつが妊娠。ハッキリ言う、この時間軸も私は嫌い。

確かに、朝ドラとしては重苦しくなるかも知れないが、茜が妊娠して、それを理由に契約社員になって苦悩している姿を描いたのなら、茜を見てなつが「自分は妊娠して良いのか?」と悩んだり、夫婦で相談したりする場面があった方が良かった。妊娠してから悩むのは順番が違うと思う。時代が平成や令和で、しかも高齢出産でもない訳だから…

坂場は計画妊娠を考える男だと思っていただけに拍子抜け…

それに、この時間軸では、仕事そっちのけであれこれ首を突っ込んでいる間に、妊娠するための “行為” をしていたってことになる。坂場も定職には就いてないし、先太郎の結婚や亜矢美とのことなど、あれだけドタバタしている時に “行為” だけはしていたって見えちゃう。

少なくとも坂場はそう言う人間で無かったと思っていただけに、残念で無く拍子抜けしてしまった…

あとがき

坂場(中川大志)の方が、ずっと料理が出来るように見えちゃってるのも、ドラマとしてはどうかと思います。まっ、なつが妊娠してからあれこれ悩むそうです。どうせ、咲太郎(岡田将生)や光子(比嘉愛未)、蘭子(鈴木杏樹)が助けるんでしょ。で、泰樹(草刈正雄)が孫の名前を付けるんでしょ。一体いつ、なつは仕事するの?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
『なつぞら』ヒロインモデル・奥山玲子の児童書が39年ぶりに復刊「新装版 おかしえんのごろんたん」
NHK連続テレビ小説「なつぞら」オリジナル・サウンドトラック【BEST盤】

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10547.html



【"2019年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』更新(2019/7/11)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[37回]

より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映画原作派のためのアダプテーション入門
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 10秒でズバッと伝わる話し方
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 新版 大人の発達障害に気づいて・向き合う完全ガイド
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 形容詞を使わない 大人の文章表現力
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 心理学でわかる ひとの性格・感情辞典
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 ゼロから分かる! 図解落語入門
おすすめ本 産声のない天使たち
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
その他のおすすめ本の記事は、“こちら” から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[08/22 E]
[08/22 タイ在住の者です]
[08/22 初めまして]
[08/22 ゴンゾウ]
[08/21 パインル]
  • 2019年7月期 / 夏ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  監察医 朝顔(第6話)
テレ東 22:00  リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~(第5話)
火曜日
関テレ・フジ 21:00  TWO WEEKS(第6話)
TBS 22:00  (離脱)
水曜日
日テレ 22:00  (離脱)
木曜日
テレ朝 21:00  (離脱)
フジ 22:00  ルパンの娘(第6話)
金曜日
NHK 22:00  これは経費で落ちません!(第4話)
TBS 22:00  凪のお暇(第5話)
テレ朝 23:15  セミオトコ(第4話)
テレ東 24:12  (離脱)
土曜日
NHK 21:00  サギデカ(8/31放送開始)
日テレ 22:00  (離脱)
テレ朝 23:15  べしゃり暮らし(第4話)
東海テレビ 23:40  それぞれの断崖(第3話)
日曜日
TBS 21:00  ノーサイド・ゲーム(第6話)
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  なつぞら(第124回・2019/8/22)
月~金 (連続テレビ小説)
NHK 16:20  ゲゲゲの女房:再放送(第40,41回・2019/8/5)

【途中で離脱】
Heaven?~ご苦楽レストラン~(第1話)
偽装不倫(第1話)
サイン―法医学者 柚木貴志の事件―(第1話)
Iターン(第2話)
ボイス 110緊急指令室(第2話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
相棒 Season16
相棒 season17
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
明日の君がもっと好き
明日の約束
あなたには帰る家がある
あなたのことはそれほど
あなたの番です
anone
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
アンナチュラル
家売るオンナ
家売るオンナの逆襲
生田家の朝
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの雨がやむ日まで
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
いつまでも白い羽根
イノセンス~冤罪弁護士~
今からあなたを脅迫…
遺留捜査[4]
インハンド
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
オー・マイ・ジャンプ
おかしの家
掟上今日子の備忘録
奥様は、取り扱い注意
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ高校
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
俺のスカート、どこ行った?
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[か]
カーネーション
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
崖っぷちホテル!
家政夫のミタゾノ
家政夫のミタゾノ[2]
家政夫のミタゾノ[3]
家族狩り
家族ノカタチ
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット
監獄学園
監獄のお姫さま
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
きのう何食べた?
義母と娘のブルース
きみが心に棲みついた
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
99.9-刑事専門弁護士-[2]
今日から俺は!!
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
緊急取調室[3]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金
グッド・ドクター
グッドパートナー
グッドワイフ
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
海月姫
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
刑事ゼロ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁ゼロ係[3]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
刑事ゆがみ
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚相手は抽選で
結婚式の前日に
獣になれない私たち
健康で文化的な最低限度の生活
限界団地
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ[1]
コウノドリ[2]
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
後妻業
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
孤独のグルメ[7]
コード・ブルー[3]
この世界の片隅に
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
コンフィデンスマンJP
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(さ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[さ]
サイレーン
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
先に生まれただけの僕
SAKURA~事件を聞く女~
さすらい温泉 遠藤憲一
サムライせんせい
さぼリーマン甘太朗
残念な夫。
3人のパパ
37.5℃の涙
3年A組 今から皆さんは、人質です
Chef~三ツ星の給食~
視覚探偵 日暮旅人
シグナル 長期未解決事件捜査班
地獄先生ぬ~べ~
下町ロケット
下町ロケット[2018]
GTO[2]
死幣ーDEATH CASHー
下北沢ダイハード
獣医さん、事件ですよ
就活家族~きっと、うまくいく~
集団左遷!!
重版出来!
重要参考人探偵
JKは雪女
女囚セブン
昭和元禄落語心中
新・刑事吉永誠一
新宿セブン
深夜食堂[3]
SUITS/スーツ
水球ヤンキース
好きな人がいること
素敵な選TAXI
スーパーサラリーマン左江内氏
スキャンダル専門弁護士 QUEEN
ストロベリーナイト・サーガ
スパイラル~町工場の奇跡~
スペシャリスト
すべてがFになる
砂の塔~知りすぎた隣人
スニッファー嗅覚捜査官
スミカスミレ 45歳若返った女
住住(すむすむ)
正義のセ
青春探偵ハルヤ
聖女
せいせいするほど、愛してる
世界一難しい恋
セカンド・ラブ
セシルのもくろみ
サバイバル・ウェディング
銭の戦争
絶対正義
絶対零度~未然犯罪潜入捜査~
セトウツミ
ゼロの真実~監察医・松本真央~
そして、誰もいなくなった
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(た~な)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
バイプレイヤーズ2
バカボンのパパよりバカなパパ
白衣の戦士!
ハゲタカ(テレ朝)
ハケン占い師アタル
はじめまして、愛しています。
初めて恋をした日に読む話
花子とアン
花咲舞が黙ってない
花のち晴れ~花男 Next Season~
母になる
ハラスメントゲーム
ハロー張りネズミ
半分、青い。
パーフェクトワールド
BG~身辺警護人~
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひよっこ
ひよっこ2
昼のセント酒
HERO[2014]
ファーストクラス[2]
FINAL CUT
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
不機嫌な果実
不便な便利屋
ブラックペアン
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
ブラックリベンジ
フリンジマン
フルーツ宅配便
ヘッドハンター
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
僕たちがやりました
ホクサイと飯さえあれば
僕とシッポと神楽坂
僕の初恋をキミに捧ぐ
僕のヤバイ妻
僕らは奇跡でできている
ホテルコンシェルジュ
ホリデイラブ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔
ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
まんぷく
未解決の女 警視庁文書捜査官
みかづき
Missデビル人事の悪魔・椿眞子
南くんの恋人
民衆の敵
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~
問題のあるレストラン
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
[や]
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ユニバーサル広告社
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~
THE LAST COP/ラストコップ
ラストチャンス 再生請負人
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~
陸王
リスクの神様
リバース
リピート ~運命を変える10か月~
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたし、定時で帰ります。
わたしを離さないで
私のおじさん~WATAOJI~
わにとかげぎす
わろてんか
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2019年6月26日に2,100万アクセス達成を致しました。(感謝の記事