忍者ブログ
Top*Admin

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男き

東海テレビ制作・フジテレビ系・東海テレビ開局60周年記念 オトナの土ドラ『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』公式
第2話『冤罪?家族に背を向け死刑囚の無実を信じるのか』の感想。
なお、原作:小杉健治「父と子の旅路」(双葉社)は未読。また、過去に放送された単発ドラマは未見。



祐介(滝沢秀明)は柳瀬(遠藤憲一)に接見するが、被害者遺族としての感情から彼をなじってしまう。事件後、行方不明になった柳瀬の息子・光男を見つけたい礼菜(谷村美月)は祐介と共に、事件を担当した元刑事・松枝(石丸謙二郎)を訪ねる。松枝は柳瀬の供述に矛盾点があったことなどを挙げ、事件に対する疑念を口にする。松枝は柳瀬の冤罪(えんざい)の可能性を捨てきれずにいた。心が揺れる祐介は、事件の詳細や裁判記録を調べ直す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:小杉健治「父と子の旅路」(双葉社)
脚本:いずみ 玲(過去作/名奉行!遠山の金四郎(2017)、水戸黄門(2017))
演出:国本雅広(過去作/デカワンコ、保育探偵25時、カンナさーん!) 第1,2
  :村松弘之(過去作/五つ星ツーリスト、ドクターカー、ソースさんの恋)
主題歌:滝沢秀明「記憶のカケラ」(avex trax)
音楽:羽岡 佳(過去作/GTO、刑事のまなざし、チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮)

懸念材料だった朗読劇の印象が薄まって良かった!

前回はマイナス方向に働いてしまった、昼帯連ドラ風の毎回地道に積み上げる、いずみ玲氏の脚本が、今回は私の慣れと(苦笑)、前回に続き演出担当の国本雅弘氏も慣れたのか(流石!)カット割りや映像処理の工夫によって、朗読劇の印象が薄まったのが良かった。

じっくり見る価値のある社会派サスペンスになりそうだ!

映像作品的な面白味が出てくれば、私の評価もだいぶ変わる。まず良かったのが、真犯人探しや真実暴露のような客寄せ的な部分がかなり背後に下がり、人間ドラマの部分がより重厚になったこと。お陰で、見応えある、じっくり見る価値のある社会派サスペンスになりそうな予感が高まった。

あとがき

主題歌のタイミングと内容が秀逸な今期の連ドラNo.1は『アンナチュラル』だと思っていましたが、本作の主題歌、滝沢秀明さんが歌う『記憶のカケラ』も、劇中でのタイミングや声、内容もかなり合致しており、グッとくるエンディングを飾ってくれていますね。

一話完結が見易いからと増える中で、連ドラならではの楽しさを魅せてくれる本作に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
父と子の旅路 (双葉文庫)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-9037.html


【これまでの感想】
第1話


【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[16回]

先にもみ消して冬~わが家の問題なかったことに~

日本テレビ系・土10ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』公式
第5話『骨肉の恋愛バトル!牛丼兄VSうなぎ弟チョコ争奪戦』の感想。


秀作(山田涼介)はホームパーティーに職場の尾関(小瀧望)や里子(恒松祐里)らを招待したが、里子と博文(小澤征悦)が急接近。尾関から「早めに手を打つべきだ」と助言され、里子に好意を抱いていることを博文に伝えたものの、相手にされず、知晶(波瑠)には「正々堂々と取り合えばいい」と促される。さらに、博文は里子との結婚話を持ち出し、泰蔵(中村梅雀)の賛成まで取り付けてしまう。諦めかけた秀作は、ある作戦を思い付く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:金子茂樹(過去作/プロポーズ大作戦、世界一難しい恋、ボク、運命の人です。)
演出:中島悟(過去作/怪物くん、デカワンコ、世界一難しい恋) 第1,2,4
   丸谷俊平(過去作/ど根性ガエル、世界一難しい恋) 第3,5

演出家が中島悟氏から丸谷俊平氏に交代しても…

秀作(山田涼介)のモノローグの音質が変わったと思ったら、演出が中島悟氏から丸谷俊平氏に交代した。ホント、微妙なのだか、丸谷俊平氏の演出の方が作品全体が固めで、秀作のコミカルさが強めに演技指導されているのか、他の登場人物から若干浮いた感じになるのが気にはなるのだが…

今回のような秀作が家族内で一人浮いた設定の内容には悪くない演出だ。むしろ、効果的に働いて良かったと言える。まあ、演出家側からの感想はこれ位にしておこうか。

秀作が自身のために孤軍奮闘する話は新鮮だった!

それにしても、今回、今までの秀作が家族の一大事に振り回される内容とは異なり、秀作が自身のために孤軍奮闘するカタチになったが、折り返しの第5話としたら、ある意味で新鮮だった。

クライマックスに向けて、警察手帳を乱用する秀作も楽しかったし、裏の顔を持つ兄の博文(小澤征悦)も今後の変わり身が楽しみ。知晶(波瑠)のキャラも明瞭になって面白味が増した。これまでとちょっぴり違った楽しい1時間だった。

あとがき

演出家の違いを巧みに受け入れて、秀作のキャラクターを自分のものにしている山田涼介さんの演技力に驚きました。来週にも期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ「もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~」オリジナル・サウンドトラック
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~ フリクションペン(ブルー)
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~フリクションペン(シルバー インク色:黒)
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~ ニット帽 (ブラック)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-9036.html


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話


【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[38回]

連続テレビ小説「わろてんか」

NHK総合・連続テレビ小説『わろてんか』公式
第19週『最高のコンビ』 『第109回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


解散の危機を乗り越えたリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)が、再起をかけた高座に上がることになった。その朝、てん(葵わかな)は女興行師としての成長を見て欲しいと藤吉(松坂桃李)の仏壇に手を合わせる。隼也(成田凌)の売店では、芸人の似顔絵まんじゅうの売り上げが好調で、楓(岡本玲)たちが創刊した月刊キタムラなども販売されてにぎわっている。そしてついにリリコと四郎、渾(こん)身の漫才が始まった。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

アバンが無い分、引っ張り具合がより顕著に!?

「今週はアバンタイトルは止めておけ」とのおまじないが利いたのか、やっと無くなった。しかし、どうだろう? どれだけの視聴者が「ミス・リリコ アンド シロー」の新しい漫才を見たくて待っているのだろう? でも、明らかに引っ張ってる。

誰も思い付きそうな寄席グッズを作って喜ぶ隼也がアホにしか見えないし、化粧水のくだりもホント無駄話。

本来なら前回のラストで強引に四郎が台本を完成させてしまったのだから、今回はアバン無しで主題歌明けは、舞台袖で緊張に手足を震えさせているリリコと四郎、売店の横から主人公と伊能と風太が見守る図で始まれば良かったのに…

引っ張るために、伊能は特別待遇で視聴者サービス。普通は、自分が推した2人の本当の意味での初舞台なのだから、これまでの本作なら立ち会って当然。なのに、風鳥亭にいないのは明らかに時間つなぎ。呆れてものが言えない…

こうやったら良かったのに…

そして、漫才が始まったのが5分過ぎ。で、簡単に観客にウケちゃう。ああ。どうしてこんな表現になるのだろう? 読者の皆さんからも「こうしたら?」と言うアイデアを頂戴したが…

そもそも、伊能がリリコと四郎のコンビを提案して、漫才大会での2人を見て主人公が「四郎が喋らない漫才」を閃けば良かっただけ。あとは、2人の悪戦苦闘に主人公と楓とおトキが加わって喧々囂々、いやそれこそ女性たちが集まって “姦しく” 会議。

その時に一番大切なのは、ちょこちょこと “主人公の閃き” を入れること。リリコや四郎、楓やおトキは “思い付き” や “気付き” で良いが、主人公は閃くの。強引でも「ふと閃いちゃう」。これが無いと、あっと言う間に芸達者な出演者に飲み込まれるから。まっ、これが出来ていたらやってるか?

風鳥亭の売り上げは3倍で、本作は3倍希釈の極薄味!?

てん「勉強になりました」

主人公はこんなこと↑を言っていたが、一体何を勉強したの? 藤吉が死んだ後の4年間も順調に経営をしてきた主人公を、敢えて「女興行師」だとか「女社長」だとかにすると、この2週間ダラダラと描いて来たが、漫才大会で閃いて、漫才を研究開発して大成功なんて1週間も必要ないエピソードでしょ?

むしろ、藤吉の亡霊なんて出さずに、土曜日の最後に主人公が閃いて、月曜日に会議、火曜日の最後に今回の大団円で丁度良い位じゃないのかな。流石に、風鳥亭の売り上げは3倍でも、『わろてんか』は3倍希釈の極薄味ではダメでしょ?

また、台詞と語りで持ち上がるだけ持ち上げる作戦か…

とにかく、今回に限って言ってもおかしなことばかり。だって、「ミス・リリコ アンド シロー」の新しい漫才だけど、あれ漫才大会の時と何が違うの? むしろ、四郎がわざと吃音にして吃音を笑いもの扱いにしているようにさえ見えて、私には不快だったが。

そんな漫才をあの世から見ていた亡霊の藤吉が、主人公の枕元でこんなこと↓を言っていた。

藤吉「ようやったな。これでもう
   世間も認める北村笑店の女社長や」

あの漫才を見て? やはり藤吉の笑いのセンスは死んでも良くはならなかったと言う訳か。そして、いつもの台詞とナレーションで持ち上がるだけ持ち上げる作戦。てんが布団から落ちたら笑えたのに、白けたまま音楽と共に土曜日終了。何なの?これ…

あとがき

雑ですねぇ。先週位からずっと言っていますが、脚本家のアイデアとネタ不足による強引過ぎる引き延ばしが、最悪な状態になっていますね。雑味と薄味で食えたもんじゃありませんよ。今からでも共著してくれる脚本家の協力を仰ぐべきです。その上、次週は『ボンのご乱心』ですと。ご乱心しているのは誰だ?って話ですが…

前回、てんに “優しさ” や “愛” や “母性” を感じないのが残念と書きましたが、今回の後半でリリコと四郎が手をついて「こちらこそ」と言う場面で、てんも風太も立ったままでした。せめて、てんは膝をつくなり、気を配って欲しかったです。演出も雑ってことです。

最後に。投稿が13時になってしまった前回の感想に、48回もの Web拍手を頂き、ありがとうございました。藤吉が退場してから視聴率が良いので、このまま視聴率は右上がり、内容はダダ下がりですかね。応援する気もどんどん薄まります…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
笑いを愛した吉本せい (洋泉社MOOK)
吉本せい お笑い帝国を築いた女 (中経の文庫)
吉本せいと林正之助 愛と勇気の言葉
連続テレビ小説 わろてんか Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 わろてんか 上
NHK連続テレビ小説「わろてんか」オリジナル・サウンドトラック

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-9035.html



【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[59回]

オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~

テレビ東京系・ドラマ24『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』公式
第5話『ボールはともだち の巻』の感想。



浩史(伊藤淳史)は元取引先のフットサル場を訪ねるが、取り合ってもらえない。もう来るなと言われ落胆していると、土田(斉木しげる)から「助けてください」と電話が。急いで向かった秘密クラブは、サッカー少年・光により荒らされていた。光は、大好きな漫画「キャプテン翼」に出てくる最高難度の必殺技‘スカイラブハリケーン’のできる人がここにいると聞いたらしい。浩史と土田は光の心を救うため、必殺技を特訓する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:根本ノンジ(過去作/居酒屋ふじ、フリンジマン) 第1,2,4
   西条みつとし(過去作/下北沢ダイハード 第1話) 第3
   横幕智裕(過去作/横山秀夫サスペンス・自伝)
   粟島瑞丸(過去作/居酒屋ふじ 第8,9話) 5
   守口悠介(過去作/AKBホラーナイト アドレナリンの夜)
演出:三木康一郎(過去作/東京センチメンタル) 第1,2
   今泉力哉(過去作/セーラーゾンビ) 第4,5
   青山貴洋(過去作/怪獣倶楽部~空想特撮青春記~) 第3

「キャプテン翼」と少年・光が中心の人情話も悪くないが…

脚本家が交代したせいだろうか。第5話は、これまでとだいぶ違った雰囲気に。これまでは、「少年ジャンプ」があって、「漫画のヒーロー」がいて、劇中のヒーローの物語だったのに、今回は、「キャプテン翼」と少年・光が中心の人情話になった。まっ、悪い訳ではないが…

あとがき

これまでと、あまりに雰囲気が違って面食らってしまいました。やはり、常連さんの大人がヒーロー魂を再び輝かせるストーリーの方が好きです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【Amazon.co.jp限定】オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~(アイテム未定) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~(アイテム未定) [DVD]
オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~ [Blu-ray]
オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~ [DVD]
My HERO / 夕凪(12cmCD) 04 Limited Sazabys
灯せ BLUE ENCOUNT

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-9034.html


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話


【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[5回]

アンナチュラル

TBSテレビ系・金曜ドラマ『アンナチュラル』公式
第5話『死の報復』、ラテ欄『盗まれたご遺体!?亡き妻は自殺か?他殺か…?』の感想。


ミコト(石原さとみ)は、中堂(井浦新)にまつわる過去の事件と、彼がUDIラボにいる理由を知る。そんな中、青森在住の男性・鈴木(泉澤祐希)が溺死した妻・果歩の解剖を依頼。警察は自殺としていたが、鈴木はそれを強く否定していた。ミコトらは解剖を始めるが、直後、鈴木が果歩の両親に内緒で遺体を盗み出したと判明。しかも2人は夫婦ではなく、駆け落ちした恋人同士だった。解剖は中止となり、遺体は両親に返される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


脚本:野木亜紀子(過去作/重版出来!、逃げるは恥だが役に立つ)
演出:塚原あゆ子(過去作/リバース、Nのために、夜行観覧車) 第1,2,4,5
   竹村謙太郎(過去作/警視庁ゼロ係シリーズ、火の粉、バイプレーヤーズ) 第3
   村尾嘉昭(過去作/就活家族、バイプレーヤーズ、リバース)
プロデュース:新井順子(過去作/リバース、Nのために、夜行観覧車)
音楽:得田真裕(過去作/家売るオンナ、嫌われる勇気、カンナさーん!)

序盤の "口腔内金魚" から、アクセル全開!

冒頭で葬儀社の木林(竜星涼)がご遺体の口腔内の“金魚” を調べるカットがあって、その数分後に棺桶から、遺体が紛失しているカット。これがミコト(石原さとみ)の死体損壊罪から始まる物語の導入となった第5話。こう言うテキパキとした流れが本作の魅力。

視聴者に丁寧に説明すべき “へっぽこ探偵” のくだりも、アクセル全開。まるで、「詳しく知りたきゃ録画でとうぞ!」のノリだから、グダグダ展開大嫌いな私には心地が良いのなんのって。

中堂とミコトの法医学者としての心情描写は超丁寧!

だけど、神倉(松重豊)の「666 オーメン」で、一時停止。これで全体のほぼ1/4が終了。で、再びドラマは青信号でゴー!でも、今度はアクセル半開きで、テキパキから安全運転で。なぜなら、ここから法医学者としての中堂(井浦新)とミコトの心情を丁寧に描くくだりだから。

そして、物語はミコトの死体損壊罪から、中堂が肺を盗んだ単独行動で窃盗罪のくだりへ。罪を犯しても(犯すような行為をしても)、中堂にはこんな↓思いがある。

中堂「今 調べなければ 永遠に答えが出ない問いに
   一生向き合い続けなきゃならない。
   そういうやつを一人でも減らすのが
   法医学の仕事なんじゃないのか?」

中堂のこの気持ちにはミコトも共感する。

鈴木の土下座を見下す他の客のカットが無いのが秀逸!

それを、今度は「倫理と感情」と置き換えて、ミコトの家で例のミコトの過去の事件な話へ流れ込む。

ミコト「納得はしてないけど 整理はできた」

ここで、ミコトと中堂が過去の事件についての立場や見解が違ってくる。この辺のスムーズな流れもお見事。話はそのまま依頼解剖費を青森在住の男性・鈴木(泉澤祐希)に返す返さないで、鈴木が「納得も整理もできていない」こと、実はミコトも同様であることも描かれる。

ここで、私が好きな演出があった。土下座する鈴木のシーンに、ドラマに有りがちなおかしな行動をする客を見下したような他の客のインサートカットが一切無かったこと。日曜劇場なら確実にやるやつ。やったら “ドラマあるある” だが、やらないから “唯一無二のドラマ” になるのだ。

脚本と演出のバランスのさじ加減が的確過ぎる!

中盤、コンビニでの買い物からは、更にギアを2速に入れて、力強くラボの仲間たちの根気ある調査が描かれる。

でも、所々にカントリーミュージック風の劇伴を入れて、酒を飲みながらの不謹慎と真面目の狭間の奇妙な空間を巧みに演出。更に、脚本は合コンネタから、鈴木、そして絵本と “愛の話” になると言う洒落た展開。脚本と演出のバランスのさじ加減が的確だってことだ。

で、死後CT画像が見つかってからの解説は、手書きイラストまで使って実に丁寧。解説にもちゃーんとメリハリが付けられ、視聴者を絶対に置いてきぼりにはしない。

1つ1つの台詞に意味があり、1カット1カットに訴求力がある!

鈴木果歩の葬儀の現場で、鈴木果歩と同じ職場で働いていた女性「まゆ」を鈴木が殺そうとする。それを敢えて止めない中堂。止められなかったミコトには、それこそ「倫理と感情」から賛否両論あると思うが、脚本の野木亜紀子氏と演出の塚原あゆ子氏は、衝撃的な展開を選択した。これぞ、『アンナチュラル』。

普通のドラマなら誰かが止めるのを本作は殺させる(結果的に命を取り止めるが)のは、ドラマとしては不自然(アンナチュラル)。

六郎「鈴木さんに人なんて殺してほしくない」
中堂「素人はダメだ 刺す場所を分かっていない」

そして、この↑六郎と中堂の台詞に、本作の “良心 ” と “怖さ ” が隠されている。1つ1つの台詞に意味があり、1カット1カットの映像に訴求力がある。第5話も限りなく秀逸だった。

あとがき

鈴木が「まゆ」の背中にナイフを突き刺さる瞬間から、米津玄師さんが歌う主題歌『Lemon』のイントロが始まりました。スローモーションの映像と相まって、絶妙なタイミングであるのは間違いありません。

でも、このタイミングだからこそ、「夢ならば、どれだけ良かったでしょう」の歌詞が登場人物全員の気持ちを、いや視聴者全員の気持ちを代弁しているように聞こえたのは、私だけでしょうか…
※前回の感想に、53回もの Web拍手を頂き、ありがとうございました。引き続き、本作を全力で応援します!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 金曜ドラマ「アンナチュラル」オリジナル・サウンドトラック 得田真裕(音楽)
Lemon(レモン盤 初回限定)(レターセット) 米津玄師
Lemon(映像盤 初回限定)(DVD付き) 米津玄師
Lemon 米津玄師
きらきらひかる DVD BOX
フジテレビ系ドラマ オリジナルサウンドトラック「きらきらひかる」

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-9033.html


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話


【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[200回]

より新しい記事  Newer |  * HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 朝ドラの55年 全93作品完全保存版
おすすめ本 「朝ドラ」一人勝ちの法則
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 98歳現役医師の“元気に長生き”の秘訣
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
おすすめ本 歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[02/18 すーゃん]
[02/18 jiseui]
[02/17 三日月]
[02/16 His]
[02/16 ゴンゾウ]
  • 2018年1月期 / 冬ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  海月姫(第6話)
火曜日
フジ 21:00  FINAL CUT(第6話)
TBS 22:00  きみが心に棲みついた(第6話)
水曜日
テレ朝 21:00  相棒[16](第16話)
テレ東 21:54  バイプレーヤーズ2(第2話)
日テレ 22:00  anone(第6話)
木曜日
テレ朝 21:00  BG~身辺警護人~(第5話)
フジ 22:00  隣の家族は青く見える(第5話)
金曜日
TBS 22:00  アンナチュラル(第6話)
テレ東 24:12  オー・マイ・ジャンプ(第6話)
土曜日
日テレ 22:00  もみ消して冬(第6話)
フジ 23:40  家族の旅路(第3話)
日曜日
TBS 21:00  99.9-刑事専門弁護士-[2](第5話)
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  わろてんか(第118回・2/21)
【途中で離脱】
トドメの接吻(第1話)
MASKMEN
リピート(第1話)
明日の君がもっと好き(第1話)
ホリデイラブ(第1話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
明日の約束
あなたのことはそれほど
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
今からあなたを脅迫…
遺留捜査[4]
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
奥様は、取り扱い注意
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ高校
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
監獄のお姫さま
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
刑事ゆがみ
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ[1]
コウノドリ[2]
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
コード・ブルー[3]
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
母になる
早子先生、結婚するって…
ハロー張りネズミ
犯罪症候群[1]
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひょっこ
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
ブラックリベンジ
フリンジマン
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
僕たちがやりました
ホクサイと飯さえあれば
僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
民衆の敵
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ユニバーサル広告社
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
陸王
リスクの神様
リバース
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
わにとかげぎす
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/12/22に1,500万アクセス達成を致しました。(感謝の記事