忍者ブログ
Top*Admin

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
ボイス 110緊急指令室

日本テレビ系・土10ドラマ『ボイス 110緊急指令室』公式
第2話『樋口をECUに呼び寄せたひかりの真の目的とは!?ついにECUが始動する!』、ラテ欄『間に合うのか主演唐沢寿明!真木の聴力の秘密!新たな誘拐事件が!』の感想。
なお、原作は韓国ドラマ、「ボイス~112の奇跡~」(韓国ドラマ)は未見。


樋口(唐沢寿明)はひかり(真木よう子)から、夏美(吉川愛)の監禁場所を特定した理由を聞き、あり得ないといら立つ。一方、ひかりは被害者を迅速に救出するためのチーム「ECU」のメンバー招集の許可を、港東署長・田所(小市慢太郎)に取り付けた。存続か否かは3カ月後に決定するという。科捜研の落合(安井順平)、交番勤務の緒方(田村健太郎)、県警通訳センターの栞(石橋菜津美)を選出したひかりは、樋口を現場リーダーに指名。樋口は再び相対したひかりに、その聴力と自分を選抜する理由について問いただす。
---上記のあらすじは[[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:「ボイス~112の奇跡~」(韓国ドラマ)
脚本:浜田秀哉(過去作/ドラマスペシャル 人間の証明、レ・ミゼラブル 終わりなき旅路)
演出:大谷太郎(過去作/ヤスコとケンジ、お兄ちゃん、ガチャ、ドロ刑) 第1,2
   久保田充(過去作/そして、誰もいなくなった、家売るオンナの逆襲)
音楽:バッドパラドックス/BLUE ENCOUNT

2週跨ぎにするような結末でないのに、10分間も割くか?!

継続視聴を采配するために、今朝しっかりと録画を見た。

まず、「前回の事件の結末」について。結局、樋口(唐沢寿明)が、ひかり(真木よう子)に対して「何とかしろ!」と叫び、それに対してのひかりは、相変わらず活舌の悪い台詞回しの上に、ほぼ犯人確保に関係するような発言をしないまま、ただただ元敏腕刑事の樋口が単独捜査で真犯人に辿り着いただけにしか見えなかった。

その上、ただ樋口が勝手に動いて犯人に辿り着いたような、前回のお尻にくっ付ければ十分な内容を、10分間も割くとは呆れてしまった。まだ、前回のラストに加えて、一話完結にしておけば、「この程度で、2週跨ぎ!?」の悪印象は無かったろうに…

「ひかりの秘密」の特殊能力が、ファンタジー且つリアリティーゼロ過ぎる!

やっと前回の事件が終わったと思ったら、次は「ひかりの聴力の秘密」について。確かに、ドラマの登場人物に特殊能力や才能があるのは悪いとは思わない。

放送局は違うが、去年4~6月期に放送された、本作と同じく韓国ドラマのリメイク版の連ドラ『シグナル 長期未解決事件捜査班』では、「無線機と言う機械が、現在と過去を結び付ける」と言うファンタジー且つリアリティーゼロの特殊能力を持っていたから、何とか現在の刑事ドラマとして見ることが出来た(面白かったかどうかは別の話)。

しかし、今回は、ボイスプロファイラーでる橘ひかりと言う人間が、幼少期の事故で目にけがを負ったことで絶対聴感能力が身につく」と言うファンタジー且つリアリティーゼロの特殊能力を持っている。

流石に、ドラマを創るための道具としての「光の秘密」であることが見え透いてしまって、私には、これ以上、現在の刑事ドラマとして受け入れることは出来なくなった。

今回の案件に全く無関係な「ひかりの回想」が長過ぎる!

そして、「ひかりの秘密」が終わったら、「ひかりの回想」。ひかりを描いたから樋口を描いたのは理解するが、前回で散々見せられた、ひかりの過去の事件の回想シーンをまた放送。それも、今回は放送尺が長過ぎ。これ、どの情報を見ても、「主演=唐沢寿明」なのに、真木よう子さんの出番の方が圧倒的に多い印象に作るの?

あとがき

どうやら、真木よう子さんのファンが楽しむドラマ化が一層強まりそうなので、継続視聴は今回で離脱します。私、そもそも真木よう子さんが苦手だったので…

とにかく、全編で「ひかりが事件を怪且つしている」ように見せ過ぎるのが鼻について、ドラマと言うより設定を見せているだけの印象。だから、ドタバタとやっているようにしか見えません。

この程度の内容なら、オリジナル企画で頑張ろうって思わないかなぁ。これなら唐沢寿明さん主演の『THE LAST COP/ラストコップ』の続編で良かったのに…とは思いますが、その『ラストコップ』もドイツの人気刑事ドラマのリメイクですが(失笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ボイス~112の奇跡~ DVD-BOX1<シンプルBOXシリーズ>
ボイス?112の奇跡? DVD-BOX1+2のセット <シンプルBOX 5,000円シリーズ>

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10478.html

【これまでの感想】
第1話


【"2019年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』更新(2019/7/11)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[10回]

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第16週『なつよ、恋の季節が来た』の 『第96回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


なつ(広瀬すず)たちの短編映画に、声を吹き込む作業が進められている。声優には咲太郎(岡田将生)の事務所から蘭子(鈴木杏樹)らが担当し、ついに作品が完成する。仕事を終え、束の間の休息として、東洋動画のメンバーでハイキングに行くことに。制作中は何度もぶつかった麻子(貫地谷しほり)や坂場(中川大志)も、一緒になってバレーボールをして笑い合う。そんな中、麻子はメンバーにある思いを打ち明ける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

アフレコのシーンを描くのは間違ってはいないが…

確かに、ここ連日「短編映画作りを描け!」と書き続けて来た。だから、アフレコのシーンを描くのは間違いッていないし、なつが描いた原画に声がついて、どのような映像になったのかを描くのも間違っていない。

しかし、それは、なつ(広瀬すず)が任された短編映画へ真剣に向き合う姿を描けと言う意味で、短編映画作りの過程を描けと言う意味でないのだが…

麻子は、「蘭子に褒められた=成功」って思ったってこと?

で、この短編映画については、第95回(2019/7/19)で井戸原(小手伸也)が「いつか劇場公開されること前提に作ってもらわなければ困るよ」と言っただけで、「劇場公開する」と断言はしていない。

断言してはいないが、今回の描写からすると、あの「アフレコが終了=短編映画が完成」となったように見えた。それだけでも妙なのに、10分過ぎにアニメーターを辞めて結婚宣言をした麻子(貫地谷しほり)がこんなこと↓を言った。

麻子「私は この作品を絶対に成功させたかったの。
   成功させて 私には これしかないって そう思わせたの」

あらすじにも、「ついに作品が完成する。仕事を終え、束の間の休息として、東洋動画のメンバーでハイキングに行くことに」と書いてあるから、完成したのは間違いない。もう、それは諦める。

しかし、この脚本家は、あろうことか「完成=成功」とまで言い切ってしまった。これは流石に納得できない。蘭子(鈴木杏樹)が「魔女には 大沢麻子さんの魂が込められていたのね」って褒められたことが、麻子にとっての「成功」ってこと?

せめて社内の関係者全員で試写して「良く出来た!」とすべき!

これ、ハイアフレコに立ち会った人たちだけで「完成」して「成功」したと、自己満足しているだけでないのか。前述の通りに、劇場公開しないのなら、せめて、社内の試写会室で、関係者全員で試写会をして「やっと完成だ!」、「良く出来た!」と歓声が上がるシーンくらいは無いと…。明らかな手抜きとしか思えない。

あとがき

あまりに内容が酷過ぎます。結局、『なつよ、恋の季節が来た』のサブタイトルは、主人公でなく脇役の夕見子の話で終了。更に、麻子の退場で「完」がフライングって馬鹿げてます。だから、次週から千遥(清原果耶)が主人公の『はるぞら』放送開始で良いと思いきや、主人公より脇役の放送尺の方が長いと言う不可思議な予告編でげんなりです。皆よ、明日は参院選に行けよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK連続テレビ小説「なつぞら」オリジナル・サウンドトラック【BEST盤】
ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々
透明なゆりかご DVD-BOX

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10477.html



【"2019年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』更新(2019/7/11)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[35回]

Iターン

テレビ東京系・ドラマ24『Iターン』公式
第2話の感想。
なお、原作の漫画、福澤徹三「Iターン」(文春文庫)は、未読。



上司・高峰(相島一之)から大手百貨店の広告を受注しろと言われた狛江(ムロツヨシ)は、百貨店の部長・深町(木下隆行)を訪ね、接待の機会を得る。一方、岩切(古田新太)からは組の仕事を押し付けられ、会社員と暴力団の二重生活を送る羽目になった上、500万円の借金まで負うことに。早速、組の仕事の一環で、狛江は麗香(黒木瞳)が営むスナックの問題処理に駆り出される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:福澤徹三「Iターン」(文春文庫)
脚本:内田英治(過去作/映画「獣道」、「神と人との間」、「家族マニュアル」)
演出:内田英治(過去作/映画「獣道」、「神と人との間」、「家族マニュアル」)
音楽:澤田かおり(過去作/TBS系『噂の!東京マガジン』エンディングテーマ)
オープニングテーマ:にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」(三毛猫レコーズ)
エンディングテーマ:竹原ピストル「ON THE ROAD」(SPEEDSTAR RECORDS / ビクターエンタテインメント)

視聴も感想も、第2話で終わりにします

第2話を最後まで観ましたが、残念ながら私には第3話を見る気力が湧きませんでした。それに、次週から多部未華子主演の『これは経費で落ちません!』と、「岡田惠和×山田涼介」の『セミオトコ』が放送開始なので、視聴も感想も終わりにします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Iターン (文春文庫)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10476.html

【これまでの感想】
第1話


【"2019年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』更新(2019/7/11)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[8回]

凪のお暇

TBS・金曜ドラマ『凪のお暇』公式
第1話/初回15分拡大『凪、恋と人生をリセットする』の感想。
なお、原作の漫画、コナリミサト「凪のお暇」(秋田書店「Eleganceイブ」連載中)は未読。



東京都内の家電メーカーで働くさらさらストレートヘアの28歳・凪(黒木華)は、場の空気を読み、周囲に合わせることで日々を平穏に過ごそうとしている。しかし同僚からは面倒な仕事を押し付けられ、面と向かってその性格をいじられるなど、不遇な生活を送っていた。そんなある日、凪は恋人・慎二(高橋一生)の一言に心が折れてしまう。意を決した凪は会社を辞め、慎二をはじめ知人との連絡を絶ち、郊外にある6畳一間の安アパートに引っ越して、コンプレックスの天然パーマもそのままに人生の再起を図る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:コナリミサト「凪のお暇」(秋田書店「Eleganceイブ」連載中)
脚本:大島里美(過去作/早海さんと呼ばれる日、花燃ゆ、あなたには帰る家がある)
演出:坪井敏雄(過去作/花のち晴れ~花男 Next Season~、中学聖日記) 1
   山本剛義(過去作/Nのために、夜行観覧車、コウノドリ2、グッドワイフ)
   土井裕泰(過去作/重版出来!、カルテット、この世界の片隅に)
音楽:パスカルズ(過去作/情報無し)
主題歌:miwa 「リブート」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

今期の「風変わりな設定」と「人気者」で誤魔化すドラマとは違う

見る前の僅かな事前情報では、トラウマのある新人監察医とか、墓場でレストランオーナーとか、独身が偽装不倫とか、法医学と警察の対立とか、音声を手掛かりに人々を救うタイムリミットサスペンスとか、そんな「風変わりな設定」と「視聴率を稼げそうな複数の出演者を主演風に仕立て」て、何となく “ドラマの体” を成しているように見せる類のドラマかなって。

だって、「28歳の会社員が仕事も恋も全てを捨ててリセット」して、「黒木華×高橋一生×中村倫也」目当ての視聴者を満足させれば良いや…みたいなドラマだろうなって思うのが普通。番宣での黒木華さんのパーマヘアも奇を衒(てら)ってるようにしか見えなかったし。

過呼吸から"人間そのものを描く"「本当のドラマ」への可能性が

しかし、18分で過呼吸になって、物語の重たい歯車がゴロリと回りだしたら、そんな今期の先に挙げたような「設定ありきのドラマ風作品」とは、全く異なる “人間そのものを描く” と言う意味での「本当のドラマ」になる可能性を大きく秘めているのが分かった。

いいな、このドラマ全体から漂う独特な雰囲気…

その大きな理由の一つが、ただ、闇雲に主人公だけを押し出して、脇役でアゲることを一切排除して、主人公・凪(黒木華)の人間性や魅力を、凪自身の台詞と独白を巧みに使い分けながら、黒木華さんの演技力と存在感が創出する、主人公から湧き出る独特な雰囲気でドラマ全体を見事に包み込んだ。

ここまで第1話で、主人公を魅せた連ドラは今期ではトップクラス!

第1話で、ここまで主人公を魅せた連ドラは今期ではトップクラスだ。また、脇役と言って良いのか迷う程に、変人を演じさせたら絶品の高橋一生さんが、人間性を拗(こじ)らせた男を演じるのも新鮮だし、カメレオンの如くどんな役もなり切る中村倫也が、危険な匂いがする男が発する緩い雰囲気もいい感じだ。

登場人物が増えて騒動だらけの群像劇の可能性もゼロでない

主人公の “日常” を描くドラマはたくさんあるが、主人公の “本音” をここまで明瞭に且つ的確に、丁寧に描くだけで、人間を描くドラマになっている作品は珍しい。今回で、複数名との新たな出会いがあったから、そこから登場人物が増えて騒動だらけの群像劇になる可能性もゼロではない。だって、この 3人が揃っている訳だから。

主観と客観の両方を認めてこそ"本当の自分"を見つめ直せる

しかし、第1話を見る限り、主人公本人の主観と、リセットするために逃げ出した引越し先で出会った人たちや完全に廃することの出来ないリセット前の人間関係などを客観的な視点を並行して描くこと…

自分と言う人間が主観だけでなく、客観と言う多角的な角度からもどう見て見られているのかを知ってこそ、本当の自分を見つめ直せる…と言うことを描いてくれそうな気がする。いや、そのような新たな「人間を描くドラマ」になって欲しい。

あとがき

原作(未読)があるから分かりませんが、ドラマ版としては、あまり登場人物を増やして欲しくないです。そして、コメディなのかシリアスなのかも、もう少し明瞭になっても良いかなと。でも、今期の連ドラとしては後発組ですが、視聴者を焦らせただけの意味も価値もあったと思います。「アタリ」の可能性、「大」ですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
凪のお暇(1)(A.L.C・DX)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10475.html

【"2019年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』更新(2019/7/11)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[45回]

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第16週『なつよ、恋の季節が来た』の 『第95回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


憤慨した夕見子(福地桃子)が、高山(須藤蓮)を連れて風車にやってきた。夕見子が東京に来ていることを十勝の家族に伝えてしまったなつ(広瀬すず)を責め、東京から離れると言い放つ。夕見子の言い分に対して、なつも思いをぶつける。やがて、それを聞いていた高山が、夕見子やなつ、咲太郎(岡田将生)達を前にして、衝撃の告白をする。夕見子と高山が言い合いをしていると、その様子を密かに見ている人物がいて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

咲太郎こそ「よく考えず」に「勢いだけ」の人間でないか!

前回のラストで見ているから分かっていたことではあるが、改めて今朝のアバンタイトルで憤慨した夕見子(福地桃子)を見せられると、「まだ、やるの!?」と言いたくなる。「何分まで続くのかなぁ」って呆れて見ていたら、3分頃の咲太郎(岡田将生)から驚きの台詞が飛び出した。

咲太郎「おい よく考えてから物言えよ。
    勢いで言うと 取り返しのつかないことになるぞ」

咲太郎、どの口がこんなことを “他人” に言えるのだろうか? 咲太郎こそ「よく考えず」に「勢いだけ」で全てをやって来た人間でないか! こうやって、この脚本家はその都度都度で都合の良いように登場人物のキャラクターを変えちゃう。これが、大問題なのだ。

話を遡れば、夕見子だって幼少期や女学校時代とは、 “まるで別人” の設定になっているし、それを言ったら主人公のなつ(広瀬すず)なんて、幼少期、女学生時代、社会人と全部が “まるで別人” だからどうしようもない。まっ、なつのことは置いといて、話を夕見子に戻そう。

主人公の引き立て役の脇役のキャラを変えるのは本末転倒

夕見子はあくまでも主人公を引き立てるための脇役。だから、主人公以上に目立ってはダメだし、キャラが変わってもダメ。脚本家が打つ手が無くて、物語を強引に進めるために、主人公のキャラを卒業や入学や就職をきっかけに変えてしまったとしても、脇役は不動でなければ主人公の変化が引き立たない。

なのに、この脚本家と演出家は、あろうことか主人公のなつよりも脇役の夕見子を強烈なキャラにのし上げて、更に描くべき主人公のエピソードよりも放送尺を割いて描き続けている。本末転倒とは、正にこの所業のことだ。

「夕見子は… 子どもの頃から人に甘えたりしなかった」っけ?

5分頃、夕見子を説得するためにやって来た泰樹(草刈正雄)の足元らしき映像のあとに、上記のあらすじに書いてあるような「衝撃の告白」が描かれた。確かに「衝撃の告白」だが、それは高山(須藤蓮)の夕見子に対してであって、少なくとも私にとっては「衝撃的につまらない無駄話」にしか聞こえなかった。

だから、さっさと泰樹が夕見子の頬を引っ叩いて「目を覚ませ、夕見子」と怒鳴って、北海道に帰れば良いと思った。それなのに、今度は、なつがとんでもないことを言い出した。

なつ「夕見子は… 子どもの頃から人に甘えたりしなかった。
   私がいたから…」

なつの台詞の途中で夕見子が小声で「はっ?」と言うが、これどう言う意味だったのだろう。確かに、大学進学前までの夕見子は、牛乳が嫌いだが、アイスクリーム、バターは牛乳ではないと言い張ったり、異常に可愛がられるなつに面と向かって嫉妬心を見せたりと気の強い性格ではあった。

しかし、私の記憶では “人に甘えたりしなかった” と言う記憶、印象もない。「ただ、しっかりと物言いをする娘」で、上京する前の「ハッキリと自己主張しない娘」のなつと対照的な “脇役” だったってだけ。

「私のせいで…」と自らの台詞で"なつ自身アゲ"をやるか!?

それなのに…なんか、凄いよ、これ。脇役の設定を変えて、主人公の設定も変えて、脇役の知らなかった脇役の脇役のジャズ高山を悪役に仕立てて、事実を知った主人公が、「私のせいで…」と言って、自らの台詞で “なつ自身アゲ” を描いちゃっているんだから。流石に、馬鹿馬鹿しいったらありゃしない。

柴田家を千葉県に引越しさせて牧場経営する設定にしたら?

9分頃には、泰樹が殴るのは夕見子でなくて、悪人になった高山。そして、じいちゃんに泣いて抱きつく夕見子。これ、「東京の悪い男に騙された田舎育ちの意地っ張りの夕見子が可哀想でした…」と言うエピソードと捉えろってこと? 「意地っ張りの夕見子の心を解いたのが、自己犠牲を買って出たなつ様でした…」ってお話ってこと?

あの~、こんなに柴田家を登場させたいなら、柴田牧場のど真ん中に新幹線が通るからとか適当な理由を付けて、柴田家を東京、いや牧場を経営し続けるなら「日本酪農発祥地」が南房総市にある千葉県に引越しさせたら良かった。

そうすれば、度々登場しても不思議でないし、むしろ「なつの近くで応援する柴田家」として、「ベーカリー兼カフェ 川村屋」と「おでん屋 風車」の 3つに「朝ドラ・レジェンド女優」を集結させた方が自然に、レジェンドの共演シーンも盛り込めたのでは?

なぜ、今回の坂場に初見でなつの絵を褒めて認めちゃったの?

そして、なつから「仕事」と言う単語が今回初めて出たのが、11分過ぎ。そして、「仕事をしているなつ」が映ったのに至っては、もうすぐ 13分になろうと言う頃。ここまで、ずっと「なつのアップ」ばっかり。で、やっとなつが仕事をし始めたと思ったら、原画を挟んで画面は坂場(中川大志)のアップになっちゃった。

更に、肝心のなつがどうして「木の怪物の歴史を表現するために、木の後ろ姿を描いたのか?」が描かれず、坂場が台詞で「凄い」と “なつアゲ” だけして終わっちゃった。折角、前回で、「人の描いたものを見てから 何がダメかを思いつく」と言う「坂場流の演出術」が描かれたのだから、今回だけなつの絵を初見で褒めて認めたのは物凄い違和感。

夕見子の無駄話に 12分間も割いて、アニメーション黎明期を描く朝ドラとして重要な部分は僅か 45秒間で決着してしまった。本当、何を描こうとしているのか全く分からない。

とにかく、なつが仕事を頑張っているように見せて欲しい…

その後の、なつと麻子(貫地谷しほり)のやり取りもピンと来なかった。きっと、なつに才能がある…と言いたいのだろうが。ただ、まだ「なつの才能」が何であるかが分からない。目標の麻子よりも仕事が速いってこと? 演出家の意図を具現化出来ちゃうってこと?

とにかく、なつが仕事を頑張っているようにも、原画に苦悩しているようにも全く見えていないのを何とかして貰わないと困る。もう、それだけだ。

あとがき

泰樹じいちゃんは、明治35年(1902)の18歳の時に単身で富山から十勝に入植したと言う設定があるので、今の劇中の時代が昭和34年(1959)なので、72歳前後と言うことになります。

そして、昭和35年(1960)の男性の平均寿命が 65.32歳(厚労省の資料)。令和元年と昭和34年では老人の質が違いますよね。そんな泰樹じいちゃんを一人で東京に行かせる柴田家も、実はどうなってんだ? と思って、じいちゃんの後ろ姿を見てました…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK連続テレビ小説「なつぞら」オリジナル・サウンドトラック【BEST盤】
ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々
透明なゆりかご DVD-BOX

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10472.html



【"2019年7月期 / 夏ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年7月期 / 夏ドラマの期待度』更新(2019/7/11)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[36回]

* HOME *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映画原作派のためのアダプテーション入門
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 10秒でズバッと伝わる話し方
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 新版 大人の発達障害に気づいて・向き合う完全ガイド
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 形容詞を使わない 大人の文章表現力
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 心理学でわかる ひとの性格・感情辞典
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 ゼロから分かる! 図解落語入門
おすすめ本 産声のない天使たち
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
その他のおすすめ本の記事は、“こちら” から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[07/21 ゴンゾウ]
[07/21 ひろし]
[07/20 パインル]
[07/20 タイ在住の者です]
[07/19 通りすがりの常連]
  • 2019年7月期 / 夏ドラマ記事一覧
【記事執筆中】(最新記事リンク)
月曜日
フジ 21:00  監察医 朝顔(第2話)
テレ東 22:00  リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~(7/26放送開始)
火曜日
関テレ・フジ 21:00  TWO WEEKS(第1話)
TBS 22:00  (離脱)
水曜日
日テレ 22:00  (離脱)
木曜日
テレ朝 21:00  (離脱)
フジ 22:00  ルパンの娘(第2話)
金曜日
TBS 22:00  凪のお暇(第1話)
NHK 22:00  これは経費で落ちません!(7/26放送開始)
テレ朝 23:15  セミオトコ(7/26放送開始)
テレ東 24:12  (離脱)
土曜日
NHK 21:00  サギデカ(8/31放送開始)
日テレ 22:00 
テレ朝 23:15  べしゃり暮らし(7/27放送開始)
東海テレビ 23:40  それぞれの断崖(8/3放送開始)
日曜日
TBS 21:00  ノーサイド・ゲーム(第2話)
日テレ 22:30  (離脱)
月~土 (連続テレビ小説)
NHK 08:00  なつぞら(第96回・2019/7/20)
月~金 (連続テレビ小説)
NHK 16:20  ゲゲゲの女房:再放送(第28,29回)

【途中で離脱】
Heaven?~ご苦楽レストラン~(第1話)
偽装不倫(第1話)
サイン―法医学者 柚木貴志の事件―(第1話)
Iターン(第2話)
ボイス 110緊急指令室(第2話)
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
相棒 Season16
相棒 season17
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
明日の君がもっと好き
明日の約束
あなたには帰る家がある
あなたのことはそれほど
あなたの番です
anone
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
アンナチュラル
家売るオンナ
家売るオンナの逆襲
生田家の朝
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの雨がやむ日まで
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
いつまでも白い羽根
イノセンス~冤罪弁護士~
今からあなたを脅迫…
遺留捜査[4]
インハンド
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
オー・マイ・ジャンプ
おかしの家
掟上今日子の備忘録
奥様は、取り扱い注意
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ高校
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
俺のスカート、どこ行った?
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[か]
カーネーション
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
崖っぷちホテル!
家政夫のミタゾノ
家政夫のミタゾノ[2]
家政夫のミタゾノ[3]
家族狩り
家族ノカタチ
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット
監獄学園
監獄のお姫さま
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
きのう何食べた?
義母と娘のブルース
きみが心に棲みついた
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
99.9-刑事専門弁護士-[2]
今日から俺は!!
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
緊急取調室[3]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金
グッド・ドクター
グッドパートナー
グッドワイフ
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
海月姫
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
刑事ゼロ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁ゼロ係[3]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
刑事ゆがみ
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚相手は抽選で
結婚式の前日に
獣になれない私たち
健康で文化的な最低限度の生活
限界団地
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ[1]
コウノドリ[2]
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
後妻業
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
孤独のグルメ[7]
コード・ブルー[3]
この世界の片隅に
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
コンフィデンスマンJP
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(さ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[さ]
サイレーン
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
先に生まれただけの僕
SAKURA~事件を聞く女~
さすらい温泉 遠藤憲一
サムライせんせい
さぼリーマン甘太朗
残念な夫。
3人のパパ
37.5℃の涙
3年A組 今から皆さんは、人質です
Chef~三ツ星の給食~
視覚探偵 日暮旅人
シグナル 長期未解決事件捜査班
地獄先生ぬ~べ~
下町ロケット
下町ロケット[2018]
GTO[2]
死幣ーDEATH CASHー
下北沢ダイハード
獣医さん、事件ですよ
就活家族~きっと、うまくいく~
集団左遷!!
重版出来!
重要参考人探偵
JKは雪女
女囚セブン
昭和元禄落語心中
新・刑事吉永誠一
新宿セブン
深夜食堂[3]
SUITS/スーツ
水球ヤンキース
好きな人がいること
素敵な選TAXI
スーパーサラリーマン左江内氏
スキャンダル専門弁護士 QUEEN
ストロベリーナイト・サーガ
スパイラル~町工場の奇跡~
スペシャリスト
すべてがFになる
砂の塔~知りすぎた隣人
スニッファー嗅覚捜査官
スミカスミレ 45歳若返った女
住住(すむすむ)
正義のセ
青春探偵ハルヤ
聖女
せいせいするほど、愛してる
世界一難しい恋
セカンド・ラブ
セシルのもくろみ
サバイバル・ウェディング
銭の戦争
絶対正義
絶対零度~未然犯罪潜入捜査~
セトウツミ
ゼロの真実~監察医・松本真央~
そして、誰もいなくなった
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(た~な)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
バイプレイヤーズ2
バカボンのパパよりバカなパパ
白衣の戦士!
ハゲタカ(テレ朝)
ハケン占い師アタル
はじめまして、愛しています。
初めて恋をした日に読む話
花子とアン
花咲舞が黙ってない
花のち晴れ~花男 Next Season~
母になる
ハラスメントゲーム
ハロー張りネズミ
半分、青い。
パーフェクトワールド
BG~身辺警護人~
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひよっこ
ひよっこ2
昼のセント酒
HERO[2014]
ファーストクラス[2]
FINAL CUT
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
不機嫌な果実
不便な便利屋
ブラックペアン
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
ブラックリベンジ
フリンジマン
フルーツ宅配便
ヘッドハンター
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
僕たちがやりました
ホクサイと飯さえあれば
僕とシッポと神楽坂
僕の初恋をキミに捧ぐ
僕のヤバイ妻
僕らは奇跡でできている
ホテルコンシェルジュ
ホリデイラブ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔
ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
まんぷく
未解決の女 警視庁文書捜査官
みかづき
Missデビル人事の悪魔・椿眞子
南くんの恋人
民衆の敵
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~
問題のあるレストラン
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
[や]
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ユニバーサル広告社
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~
THE LAST COP/ラストコップ
ラストチャンス 再生請負人
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~
陸王
リスクの神様
リバース
リピート ~運命を変える10か月~
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたし、定時で帰ります。
わたしを離さないで
私のおじさん~WATAOJI~
わにとかげぎす
わろてんか
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2019年6月26日に2,100万アクセス達成を致しました。(感謝の記事