忍者ブログ
Top*Admin

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
東京タラレバ娘

日本テレビ系・水曜ドラマ『東京タラレバ娘』公式
第10話/最終回10分拡大版『ついに最終回!!もがき続けた三人娘の幸せの行方!!』の感想。
なお、原作:東村アキコ氏の漫画『東京タラレバ娘』は未読。


ひょんなことから早坂(鈴木亮平)にうそをつき、気がとがめる倫子(吉高由里子)。ある日、倫子、香(榮倉奈々)、小雪(大島優子)の元に同級生から結婚式の招待状が届き、3人は第3次結婚ラッシュが始まったと落ち込む。一方、早坂と暮らす物件探しを始めた倫子だが、過去のことで傷ついているKEY(坂口健太郎)のことが気になってしまう。そんな中、KEYがオーディションをすっぽかしたと早坂から聞いた倫子は、彼の行方を捜す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

堂々巡りなら、2時間スペシャルで十分だったのでは?

漸く、倫子(吉高由里子)1人に絞り込んで描いた点は評価できる。しかし、あれこれあったが、原作未読でも初回を見れば誰もが想像できるKEY(坂口健太郎)とくっつくと言う結末は、堂々巡りした挙句に振り出しにもだっただけ。正直、10話も必要だったろうか。2時間スペシャルで十分だったのでは?

結局、成長しない自己チュー三人娘の女子会物語なの?

幾度も、オジサンが若い女性たちの女子会の会話を覗き聞きしているような楽しさがあると書いてきたが、結局は成長しない自己チュー三人娘の女子会物語。特に、第9話と最終回の仕上がりが最悪。要は登場人物が少ないから、同じ男とくっついたり離れたりしただけだから、成長しない自己チューに見えちゃった。

「結婚したけりゃ大人になれ」ってメッセージなの?

原作があるから幅を広げるには限度があるとは思うが、回を重ねる毎に視聴率も話題性も上がっていった『逃げ恥』と真逆。普通に早坂(鈴木亮平)と結ばれるじゃダメなのかな?脳内がお花畑な女性はいつまで経ってもタラレバ娘から脱却できないから、結婚したけりゃ大人になれってメッセージでも含めたつもりなのか?

あとがき

もっと序盤の頃のように、「タラレバ娘のあるある物語」を貫き通したら良かったのに。やはり、原作もドラマも “あるある” のネタが十分に集まらぬまま書き出しちゃったとか?やはり、ネタが少ないなら、2時間スペシャルで良かったと思います。残念…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
東京タラレバ娘 Blu-ray BOX
東京タラレバ娘 DVD-BOX
日本テレビ系 水曜ドラマ 「東京タラレバ娘」 オリジナル・サウンドトラック
TOKYO GIRL(初回限定盤)(DVD付) 日本テレビで放送される水曜ドラマ『東京タラレバ娘』の主題歌

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8118.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/448285920.html


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[12回]

相棒season15

テレビ朝日系・『相棒season15』公式
第18話/最終回2時間スペシャル『悪魔の証明』ラテ欄『悪魔の証明~容疑者冠城亘!!社美彌子の秘密を巡りついに特命係が全面対決!?』の感想。



週刊誌のスキャンダル記事により、広報課長の美彌子(仲間由紀恵)が未婚の母でハーフの娘がいることが発覚。何者かが美彌子のパソコンに侵入してデータを盗み出したと分かり、亘(反町隆史)が疑われる。美彌子は副総監・衣笠(大杉漣)ら警視庁幹部から問い詰められるが、父親の素性を明かさない。右京(水谷豊)は、記事の写真に写るクリスマスツリーが実はロシア式の正月飾りだと気付く。亡命したロシアスパイ・ヤロポロクと美彌子の関係を疑った右京は、美彌子の元上司で未決囚の天野(羽場裕一)に会う。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

社美彌子で2時間スペシャルは、今更すぎる

脚本と演出は、S15#1『守護神』のコンビで、輿水泰弘氏と橋本一氏。約2014年10月15日放送『season13』の第1話『ファントム・アサシン』のネタを活用しての社美彌子(仲間由紀恵)のお話だった『season15』の最終回。正直、1年半前の事件の話を掘り起こされても、今更って感じしか抱けなかった。

だって、こちらは『相棒』は好きだし期待もしているが、流石に1年半前の映像を回想で盛り込まれた所で、「そんな事件もあったなぁ」と思い出すだけで時間がかかる。で、思い出した頃にはとんでもない台詞が、右京(水谷豊)から飛び出して、更に疎外感が増して…って感じ(この件については、後述する)。

"オールキャスト仕様" と "特命係分断" は面白かった

映像的に驚いたのは、テレ朝が封印したと思っていた甲斐亨(成宮寛貴)が回想シーンで使用されたこと。そして、内容的には、劇中でも俳優陣でも生存している人はほぼ全員出演した “オールキャスト仕様” で、且つ個々に見せ場も用意したこと。この点については、長年の『相棒』ファンは納得できたのではないだろうか。

また、最後までサブタイトルである『悪魔の証明』を貫いたのは、評価したい。そして何より、一度現特命係を分断させるようなエピソードを描くことで、今まで以上に、右京と冠城(反町隆史)を明瞭に描き分けたかったの理解できる。

右京が「黙っていろ!」と言う大きな違和感

ただ、漸く作品の世界に入り込めた1時間20分過ぎに、いくら何でも、この台詞を右京が発した時に、大きな違和感が押し寄せた。

右京「想像が及ばないのならば、黙っていろ!」 冠城「右京さん、あなた何様だ」

以前から、輿水泰弘氏の脚本での右京(に限らないが)の台詞が荒っぽくて、他の脚本家との整合性が取れない時がある。今回のこの台詞なんて、私としてはちっとも右京らしさを感じない。ただ、特命係に致命的なヒビが入ったことを、あれ削りな会話で処理したような。今回で一番残念だったところだ。

引っ掛かる点はあるが、新装『相棒』へ期待は出来そう

さて、『相棒season15』もメインの登場人物が犯罪者で終わるのか?と思いきや、何とか強引に “襲われたこと” にして上層部全員が沈黙、好き勝手出来た青木(浅利陽介)も何のお咎めも無しにも引っ掛かる…

しかし、『season15』の総括としては、可能な限り『杉下右京の事件簿』にならない努力が目に見え、新たな『相棒』を作り出そうと言うスタッフらの意気込みを感じることが出来たのは良かった。その意味で次期では、冠城亘をもう一歩踏み込んで描いて欲しいし、社美彌子にはオジサンたちを揺さぶって欲しい。

あとがき

世間の評判はどうか知りませんが、私個人としては反町隆史さん演じる “冠城亘” はいい味を出してきたなと思ってます。もっと、亘の個人的な部分の描写を入れたら人間味に深みが増すような。その点では、今回登場した「週刊フォトス」記者・風間楓子(芦名星)なんて上手く活用したら、面白くなるかも。

どうやら、劇場版の大ヒットで次の『season16』も冠城亘(反町隆史)の続投が決まったようです。奥さんが松嶋菜々子さんですし、余程のことが無い限りプライベートで問題を起こしそうもないと言うのも続投理由でしょうか。いずれにせよ、腕のある脚本家の発掘が急務ではないでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


       

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒 season15 クリアファイル
相棒 season14 上 (朝日文庫)
相棒 season14 中 (朝日文庫)
相棒season14 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]
相棒season14 オリジナル・サウンドトラック

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8117.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/448285608.html


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[15回]

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  りりさん (2017-03-22 13:15:42)
べっぴんさん (第142回・3/22) 感想

ミッキーさんにしては珍しくバッサリ切り捨ててますね。確かに今更夫婦仲良しアピールされても、お互いをそれぞれが思いやる気持ちが全く描かれていないのにどうかと思います。昨日、ひよっこの予告を30分番組でやっていましたが、女優さんたちが生き生きしている表情を見て今作以上ではあるかと期待します。

↓ここから管理人返信↓

だって、ヒロインが子供服の会社を創業して大きくする話のはずなのに、そこがまともに描かれず、記憶に残るのは娘の反抗期で、あとは現役引退じゃあ、バッサリ切り捨てたくもなりませんか(困)


[拍手投稿]  あつろう・ゆうこ母さん (2017-03-22 13:22:06)
べっぴんさん (第142回・3/22) 感想

ミッキーさん、お疲れ様です。 15分間そっくり無くても良い内容でしたね。 とと姉ちゃんでは、首をかしげるエピソードや主人公の厚かましさに疑問を持ったものですが、あちらはあれでも1本筋が通っていた分、今となってはまだましでした。 出演者に同情する作品て・・・。ここまできたら 最後まで見届けますけど。

↓ここから管理人返信↓

ホント、今となっては『とと姉ちゃん』の方がマシと思えるとは。しかし、今日の15分間は何だったんでしょう?回想すら出来ない明美が不憫でした…


[拍手投稿]  ぷよぷよさん (2017-03-22 13:35:34)
べっぴんさん (第142回・3/22) 感想

今朝は長々とメールしてしまってすみません。 何だか人の悪口を言ってしまったみたいで落ち込みました。渡辺さんは、人としては楽天的で付き合いやすい人なのかもしれませんが、プロとしては何だかなぁと思いました。いけない!私にまですみれの口癖がうつってしまいましたよ。

今日もごちそうさんの続きで、耳だけで聴いていましたが、やたらと回想シーンが多くなかったですか?そりゃあれだけ手を抜けば、余力は残るでしょうね。脚本の出来の悪さに、周りのスタッフがヤル気をなくしているのに、本人だけは至極ご機嫌。 何かなぁ…何かなぁ…(あっ、いけない!)

↓ここから管理人返信↓

あまり人格的な部分まで攻めない方が良いとは思いますが、そうしたくなる気持ちは分かります。やはり、プロなら、プロの脚本家なら、素人から突っ込まれるような作品を世に出さない位の気構えは欲しいですから。渡辺志穂さんが、そう言う思いで書いているなら、さてどうしましょ(困)


[拍手投稿]  のくた庵さん (2017-03-22 16:04:44)
カルテット (第10話/最終回・2017/3/21) 感想

途中のミステリアスな感じから、すごくスッキリ終わって気持ちよかったです。 ひとりひとりは、はちゃめちゃやってるけど、四人揃うと見事にマッチしていて本当に面白かった。

↓ここから管理人返信↓

正に、カルテットでしたね。4人が揃ってこそ最高の音の響きが生まれる。その余韻が気持ち良かったですね。


[拍手投稿]  蒼月さん (2017-03-22 17:50:23)
べっぴんさん (第142回・3/22) 感想

ミッキーさんが、毎朝ご覧になって感想を書くのも、何か修行をされているようで気の毒になります。本当にありがとうございます。

曲がりなりにも「皇室御用達」の企業である「キアリス」の、企業としての在り方、姿勢が全く描かれて来なかったことが悔やまれます。恐らく題材になったであろう企業に、大変失礼なドラマでした。 終始お金持ちのお嬢さまたちの、お遊びと暇つぶしにしか見えなかったのは私だけでしょうか。 ヒロイン以外の登場人物のエピソードの方が、長々と描かれる不思議なドラマでした。

受信料と言う安定した収入に胡座をかくこと無く、良い作品を届けて頂けるよう願って止みません。

↓ここから管理人返信↓

修行ですか(笑)。今日は久し振りにお休みだったので、お墓参りに行って、みっきーがミッキーマウスに会いに行って来ました。いつも『べっぴんさん』の亡霊がいつも頭のどこかで浮かんでいるので、気分転換しないと。

『ファミリア』は、このまま見て見ぬふりをして、無かったことにした方が無難ですね。下手に動くと逆に「今更?」なんて言われかねませんから。そして、NHKには、もう少し考えて作品を世に送って欲しいです。3作連続で不作はダメですよ。


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[9回]

連続テレビ小説「べっぴんさん」

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』公式
第25週『時の魔法』『第142回』の感想。
なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。
 本作は、2/28 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


ワンダーランドの件を通し、すみれ(芳根京子)、明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)は、自分たちの想いが健太郎(古川雄輝)、さくら(井頭愛海)ら次世代のキアリス社員たちに受け継がれていることを確信し、キアリスを引退しようと考える。紀夫(永山絢斗)もまた同じ思いを抱いており、社長を引退することを決意する。雪の降る夜、夫婦がこれまでの自分たちの人生をゆっくりと振り返る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

働いてきた印象が無いヒロインたちの引退劇なんて…

前回まで、私なりの本作への愛を込めた応援歌として、細かい部分にまで言及してきたが、流石に今回の15分間には呆れるしかなかった。とにかく、ヒロインらが “引退” するくだりになっているが、そもそも30年近くも働いてきた印象が無いヒロインたちの引退劇なんて、誰が面白いと見ると言うのだ。

何故、すみれは栄輔の名前を抜かしたのか?

序盤で、すみれ(芳根京子)が、麻屋の店内を借りた頃からお世話になった登場人物の名前を挙げるが、その中に栄輔(松下優也)が無かった。潔(高良健吾)と一緒に端切れ集めに翻弄してくれた記憶があるが、ここですみえが名前を出さないのはやはり “不倫疑惑” が沸き上がる。脚本家、妙な詮索をさせるようなことはするな。

この脚本でやる気が失せるのは同情するが、プロだから…

演出も極めて雑。すみれが過去を振り返ったシーンに、君枝(土村芳)のシーンを直結したために、すみれの声が突然君枝に変わった。ふと目を離した隙の出来事だったため、録画を観直してしまった。何か自然音でも挟んで、音での場面転換を表現できなかったのか?本作は「テレビ小説」なんだから。

良子(百田夏菜子)の時は、勝二(田中要次)の炒め物の音で始められたのに。やる部分とやらない部分があるから極めて雑と言わざるを得ない。この脚本でやる気が失せているのは同情するが、プロなんだから。

キアリスでの映像が無いから、初恋エピで誤魔化した

それにしてもスゴイ。劇中での本人たちは「引退」と言っている。普通、「引退」とは仕事でそれなりの立場の人がその肩書きを捨てることでは?会社を辞めるなら「退職」だ。だから、ヒロインらの “引退” を描くなら、「キアリス」での仕事を回想しなくては不十分だし違和感だけだ。

今回の話では、ほぼ“人生” や “人間” を引退する話になっている。いや、そうならざるを得ないのだろう。意地悪を承知で言うが、この15分間で使えるような「キアリス」での仕事エピソードなんて大して無いのだから。だから、仕事を引退する話なのに、初恋からの人生の回想になってる。完全に失敗だ。

あとがき

恐らく、個々の印象的なエピソードの放送時間を精査したら、一番多いのはさくら(井頭愛海)に違いないですよね。事実、すみれ、君枝、良子、明美、さくらの5人の印象的なエピソードを挙げるとしたら、さくらが挙げやすいですからね。その上、この場に及んで4人一緒のエピソードも殆どない有様です。

やはり、全151話の構成の大失敗作と言わざるを得ません。そして、様々な大人の事情を視聴者に分かり過ぎるように描いた不快感も。半年間のエピローグに、回想シーンに有効なシーンやカットが存在しないのは、騒動を箇条書きに描いて結末は尻切れにしてきた証拠。もう、編集でどうこう出来る次元ではないですね。

[お願い] コメント等でのあらすじのネタバレ厳禁でお願いします。今やストーリー展開が唯一の私の楽しみですので…(困)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫)
ファミリア創業者 坂野惇子 - 皇室御用達をつくった主婦のソーレツ人生
坂野惇子の人生 (MSムック)
上品な上質---ファミリアの考えるものづくり
時空旅人別冊 “べっぴんさん"坂野惇子の生涯: サンエイムック
連続テレビ小説 べっぴんさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」オリジナル・サウンドトラック

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8116.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/448230037.html



[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[32回]

住住

日テレ系・『住住(すむすむ)』公式
第9話『お土産論争』の感想。



二階堂ふみが買ってきた海外土産をきっかけに‘お土産論争’が勃発。独特な形の民族楽器や器を差し出す二階堂に対し、バカリズムと若林正恭は苦言を呈す。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

「あっと言わせるお土産」がお題の大喜利…

脚本担当が、2回続いた安部裕之氏からオークラ氏に交代したことで、シュールさは薄まって、本来のコントとドラマのバランスが良くなった第9話。個人的には、この位に分かり易い笑いのノリが好きだ。やってることは、「あっと言わせるお土産」がお題の大喜利を3人でやってるのだが…

3人の個性、関係や役割を活かした面白ストーリー

第9話で、大喜利を持って来るのは良いアイデアだ。視聴者も3人の個性が分かってるし、劇中での関係や役割も承知しているから、次にどんなお土産が出て来るのか楽しみでしょうがない。二階堂ふみのウザさ、バカリズムの調子の良さ、若林正恭の真面目さが活かされたストーリー。面白かった。

あとがき

ついに、次回は脚本がバカリズムさんで『さよなら若林さん』。予告編を見ると、かなり面白そう。最終回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
素敵な選TAXI DVD-BOX
素敵な選TAXIスペシャル~湯けむり連続選択肢~

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8115.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/448229069.html


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[6回]

より新しい記事  Newer |  * *  | Older  より過去の記事
  • 読者さまへお知らせ
NEW 2017/3/21 20:48更新】
2017年4月期 / 春ドラマの期待度』を更新しました。
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 戦う君と読む33の言葉 「不安」「不満」「孤独」を乗り越え、折れない自信をつくる方法
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 ルポ 同性カップルの子どもたち――アメリカ「ゲイビーブーム」を追う
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 Because I am a Girl――わたしは女の子だから
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 ずるい日本語
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 知識ゼロからの南無阿弥陀仏入門
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
おすすめ本 本当の仏教を学ぶ一日講座 ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 料理人のためのジビエガイド:上手な選び方と加工・料理
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
おすすめ本 病気になるサプリ 危険な健康食品
おすすめ本 [読書] 築地魚河岸 寿司ダネ手帖


その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[03/25 ゴンゾウ]
[03/24 mogyo]
[03/23 まる]
[03/23 名無しさん]
[03/23 そーたんばば]
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~さ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
美しき罠~残花繚乱~
ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
監獄学園
偽装の夫婦
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
金田一少年の事件簿N(neo)
グッドパートナー
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
結婚式の前日に
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメSeason4
孤独のグルメ5
ごめんね青春!
婚活刑事
[さ]
サイレーン
SAKURA~事件を聞く女~
サムライせんせい
残念な夫。
37.5℃の涙
Chef~三ツ星の給食~
地獄先生ぬ~べ~
下町ロケット
GTO[2]
死幣ーDEATH CASHー
獣医さん、事件ですよ
重版出来!
JKは雪女
新・刑事吉永誠一
深夜食堂[3]
水球ヤンキース
好きな人がいること
素敵な選TAXI
スペシャリスト
すべてがFになる
砂の塔~知りすぎた隣人
スニッファー嗅覚捜査官
スミカスミレ 45歳若返った女
青春探偵ハルヤ
聖女
せいせいするほど、愛してる
世界一難しい恋
セカンド・ラブ
銭の戦争
ゼロの真実~監察医・松本真央~
そして、誰もいなくなった
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/2/8に1,200万アクセス達成を致しました。(感謝の記事