忍者ブログ
Top*Admin

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
東京タラレバ娘

日本テレビ系・水曜ドラマ『東京タラレバ娘』公式
第5話『崖っぷちからの奇跡の出会い』の感想。
なお、原作:東村アキコ氏の漫画『東京タラレバ娘』は未読。


人気の占い師(山村紅葉)から厳しい現実を突き付けられた倫子(吉高由里子)、香(榮倉奈々)、小雪(大島優子)の3人。中でも、仕事も恋もどん底の倫子は打つ手がない。そんな折、倫子はバーを営む奥田(速水もこみち)と知り合い、彼といい雰囲気に。早速、香と小雪に報告するが、KEY(坂口健太郎)にはまた‘タラレバ話’だとばかにされる。一方、早坂(鈴木亮平)は倫子に、急病の脚本家の代役を決めるコンペへの参加を打診する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

演出が、第1話の南雲聖一氏に戻って大成功

冒頭での山村紅葉さん演じる占い師の面白さやタラ(声:加藤諒)とレバ(声:あ~ちゃん Perfume)の使い方など、第1話に戻った思ったら、演出家が第1話担当の南雲聖一氏に戻っていた。倫子(吉高由里子)の脚本が落選して床が抜ける辺りまでは、本作らしい楽しい演出が続いてたのに…

30分過ぎからは徐々に “らしさ” が薄まって…。と思ったら、40分過ぎから復活。やはり、やるなら最後までやらないと。

今回くらいの楽しさと主人公の立て方が妥協点か?

全体的には、第1話の漫画チックな演出が復活し、ラブコメらしさが高まった感じ。奥田(速水もこみち)の登場で、ギリギリ倫子がメインにはなってるし。設定やら配役やらに現実味が足りないのはどうしようもないとすれば、今回くらいの楽しさと主人公の立て方が妥協点かも?

それに、物語がKEY(坂口健太郎)に頼り過ぎていた部分が無くなり、正に「第二章」って感じになって、だらだら感も薄いし。あとは、もう少し香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)のくだりを、倫子の話の腰を折らないように描いたら、意外ともっと良くなるかも。

あとがき

いろいろ書きましたが、これまでで一番良かったです。安定感が出て来たとも言えますね。フリーランスで食っていく厳しさも、さりげなく描かれているのは、ちょっと嬉しいです。これで視聴率が上がらないと厳しいでしょうが、多分前回よりは上がるでしょう、きっと。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日本テレビ系 水曜ドラマ 「東京タラレバ娘」 オリジナル・サウンドトラック
TOKYO GIRL(初回限定盤)(DVD付) 日本テレビで放送される水曜ドラマ『東京タラレバ娘』の主題歌
東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス) [まとめ買い] 東京タラレバ娘(Kissコミックス)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8009.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/447049273.html


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[8回]

相棒season15

テレビ朝日系・『相棒season15』公式
第15話『パスワード』の感想。



右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が入院した幸子(鈴木杏樹)の見舞いに行くと、そこに伊丹(川原和久)らが現れた。幸子と同室の真奈美(橋本真実)を担当するヘルパーの小松崎(小林且弥)が殺され、伊丹らは彼女を疑っているようだ。右京は、盲目の真奈美が2日前、買物中に転んで入院したと聞き不審を抱く。その日は大雪だったからだ。亘は、証拠品の小松崎の服についた匂いが、真奈美の姉・貴子(池津祥子)の香水と同じだと気付く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

久し振りに「相棒」らしい作品で面白かった

脚本は:S15#3『人生のお会計』と『裏相棒3』の第1話『理想の刑事』の櫻井智也氏。演出は、S13#2,9、S14#8,9担当の池澤辰也氏。

まず、サブタイトル『パスワード』と盲目の登場人物がメインの話であることが直結しておらず、内容が先読み出来ないのが良かった。あとは、物語的にはかなりベタな話だが、意外に謎めいた雰囲気が全体に漂っており、巨悪を相手にするような話よりも、ずっと『相棒』らしくて悪くなかった。

また、鑑識との関わり方などで前回よりも亘(反町隆史)らしさが表現され、更に点字も知っていたりと右京(水谷豊)らしい推理で進むのも悪くない。また、映像では表現しにくい “匂い” をなかなか上手に描いていたし。少なくとも、前回よりも良い仕上がりだったのは間違いない。

あとがき

幸子(鈴木杏樹)の使い方も斬新でした。こうして、レギュラー陣を上手く使って描くのは、本作らしくて良いと思います。次回のゲストは、野間口徹さん。楽しそう…。次回に期待します。

映画「相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」 感想と採点 ※ネタバレなし

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒 season14 上 (朝日文庫)
相棒 season14 中 (朝日文庫)
相棒season14 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray] 相棒season14 オリジナル・サウンドトラック

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8008.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/447047509.html


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[7回]

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  まるさん (2017-02-15 22:21:22)
テレ朝「ぶっちゃけ寺」突然の終了 ゴールデン移行から2年弱

全面的に同意です。 本当にテレ朝には学習してほしいですね。 深夜の短い枠だったらもっと長く楽しめたであろう番組がいくつもありました…。 深夜の好調番組は年1ででもゴールデンスペシャルがあるくらいが良いですよね。

↓ここから管理人返信↓

結局、ゴールデン枠に進出すると、予算もついて視聴率も求められるので、結果的に別の番組みたいになりますよね。本作もそのパターン。でも、最近のテレ朝は『アメトーーク! 』のように深夜枠を残す作戦もやってますけれど。


[拍手投稿]  ももこさん (2017-02-16 00:33:590)
嘘の戦争 (第6話・2017/2/14) 感想

怒涛の展開で目が離せません。見終えた後は、私も肩はガチガチ、喉はカラカラです。各俳優陣の演技のぶつかり合いが素晴らしいですね。草なぎさんの演技をもう何年も見続けていますが、毎回毎回新しい顔が出てきて驚いています。俳優・草なぎ剛は確実にグレードアップしていますね。

↓ここから管理人返信↓

草なぎさん、良いですね。ドラマの内容も「第二章」みたいに進んで楽しくなりましたね。次回に期待します。


[拍手投稿]  ちるちるさん (2017-02-16 00:58:06)
べっぴんさん (第112回・2/15) 感想

このバカ展開(口悪くてすみません)。。 おっしゃる通り、たけちゃんがんばれ!一途な愛!感動!!なんて視聴者がいるんでしょうね。暗澹たる気持ちです と、言いつつも、、 「僕は死にましぇ??ん!」、出るかもしれないですよ。初めて明日の展開が楽しみになっております。皮肉です。もちろん。

↓ここから管理人返信↓

もはや、何が飛び出して来るか分かりませんもんね。その意味では、楽しみ…です(困)


[拍手投稿]  名無しさん (2017-02-16 07:29:52)
テレ朝「ぶっちゃけ寺」突然の終了 ゴールデン移行から2年弱

私の母のように深夜枠で放送していた頃を知らなければ、“神社や寺について詳しく紹介してくれる番組”として興味深く見られたのかも知れません(出演する芸能人はどうでも良かったようです)。ゴールデン進出は難しいですね。元々の良さが削がれてしまったのは残念です。

↓ここから管理人返信↓

深夜枠では到底撮影許可が下りない寺院や、行けない遠方のロケなど、ゴールデン枠進出の良い面もあったのですが、お坊さんたちのトークがどんどん減っていき、お寺紹介と仏教好きタレント紹介になってしまったのが残念です。


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[3回]

テレ朝「ぶっちゃけ寺」突然の終了 ゴールデン移行から2年弱

MCの爆笑問題の挨拶も無し ナレーションのみで告知

2014年9月の深夜番組からスタートしたテレビ朝日系『ぶっちゃけ』(月曜夜7時)が、2月13日に放送された『ぶっちゃけ寺&Qさま!! ~豪華2本立て3時間スペシャル~」にてレギュラー放送が終了した。

エンディングで「さて、これまでおよそ2年にわたってお届けしてきたお坊さんバラエティ『ぶっちゃけ寺』ですが、実は今夜でお別れとなります。これまでお世話になった全国のお寺やお坊さん、そして放送を楽しみにしていてくれた視聴者の皆様、本当にありがとうございました。またいつか、お会いしましょう」とナレーションが流れ、番組のラストは上のキャプチャ画面だけだった。

テレ朝は「深夜→ゴールデンの昇格」を止めるべき

私は、深夜枠の時代からのファンで、本作のことは幾度か当blogでも取り上げた。前回の記事は『「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺」のゴールデン進出が残念過ぎる (第2回・2015/5/4) 感想』と言うもので、ゴールデン進出による内容の劣化を嘆いた内容になった。

近年では希で急過ぎる打ち切りであり、改編期でもない2月中での終了に、ネット上では様々な憶測を呼んでいる。あれこれ理由を探しても、終わってしまったものはしょうがない。

そこで、敢えて言いたい。この事から学ぶべきは、深夜→ゴールデンの昇格は、テレ朝のお得意のパターンだが、『お試しかっ!』『いきなり!黄金伝説。』『ナニコレ珍百景』など、深夜枠出身の面白いバラエティー番組はゴールデン番組になって次々と終了しているのが事実。

もはや、深夜→ゴールデン昇格でのビジネスモデルは終わってると考えた方が良い。特に、テレ朝の月曜夜7~9時は異常事態とも言うべき、『Qさま!!』と合体しないと『ぶっちゃけ寺』が放送できない状態が続いていたから。

理由はともかく、お坊さんたちのぶっちゃけトークが斬新で面白かった番組だけに…突然の打切りは残念で仕方ない。是非、スペシャル番組での復活を期待したい。

あとがき

ゴールデン進出後は、お坊さんのぶっちゃけトークがどんどん減っていき、仏教好きなタレントのPR番組になってましたから、私も録画して無駄なところを飛ばして見てました。視聴率低迷もやむを得ずって感じ。でも、根本的な企画は面白いので、スペシャル番組で帰って来て欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
すばらしいお寺・神社ベスト80 (プレジデントムック)
人生が100倍オモシロくなる仏の教え
つながる仏教 (ポプラ新書)
ブッダも笑う仏教のはなし

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8007.html


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[15回]

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  まるさん (2017-02-15 10:32:34)
嘘の戦争 (第6話・2017/2/14) 感想

性格俳優と言うべきなのか、脚本があり得ないと感じてもそれを凌駕する魅せるドラマ、久々に面白いと感じました。 もしかすると、SMAPと言う影に隠れて才能を発揮できなかったのかも、と感じさせる演技でした。

昨今は海外ドラマやハリウッド映画に慣れて、残酷なシーンや犯罪のリアリティを追求してしまいがちですが、火曜9時のお茶の間ドラマ。 これが映画なら兎も角、ドラマとしてギリギリのラインのダーティさに、実は物凄く緻密に考え抜いての脚本に、昨夜ようやっと気付かされました。

昨日のラストの展開には拍手喝采しかありません。 感想楽しみにしてます。

↓ここから管理人返信↓

要は「虚構の中の真実」をきちんと描かているかどうか。これが、映画やテレビドラマのフィクションの世界を面白く楽しく見せてくれるかどうかの瀬戸際です。それが、ギリギリな程、嘘が真実に見えて来る。正に、「嘘の戦争」ですよ。


[拍手投稿]  りりさん (2017-02-15 13:48:17)
べっぴんさん (第112回・2/15) 感想

仕事して~。クローバーのそれぞれの人生の話だったらもっと興味が持てたのに。今更ですがさくらと五月のエピソードが本当に本当にいらなかった。脚本家、ちゃんと選んで欲しいです。

↓ここから管理人返信↓

普通に、すみれを中心にした4人の人生の話を描いていく中で、未婚の明美の結婚話を描くのは、お見合い結婚がまだまだ多かった昭和30年代なら、むしろ、珍しい恋愛結婚を描いても楽しかったのに…。


[拍手投稿]  空さん (2017-02-15 13:49:58)
べっぴんさん (第112回・2/15) 感想

今日で見るのをやめました。大人の事情がありそうなさくら物語、最終月の脇役さんたちの出番作りのような最近の話運び、長かったさくら物語がやっと終わった、終わってくれたと思ったあとにこれらの話を入れてくる構成。しかもさくら物語は後半へ続くらしいという失望。

それとあくまでネット上の憶測ですがキアリスの一人が超多忙でなかなか四人が揃わないのもこの構成の理由のひとつてはないかという推測、憶測で判断してはいけませんが配役や出演調整の不備が今の状況を作り出しているのではないかと思います。

ファンのかたたちの喜びや応援を否定するつもりはまったくありません。だけど私はもう見続けられないです。みっきーさんの感想は4月期ドラマからまた読ませていただきます。

↓ここから管理人返信↓

ついに、離脱ですか。残念ですが、気持ちは分かります。だいぶ前にも書きましたが、朝ドラのヒロインは(“ほぼ” も含む)無名の新人女優が良いと思います。スケジュールを朝ドラ撮影にしっかりと合わせられる人。朝ドラをステップに飛躍しようとする人が良いと思います。

能年玲奈(のん)さんや波瑠さんなんて、そのお蔭で素晴らしい朝ドラが出来ました。その意味では、春からの『ひよっこ』は脚本家には期待しますが、ヒロイン役がまた多忙を極める女優さんですから、心配は尽きません…


[拍手投稿]  優子ママさん (2017-02-15 17:33:22)
嘘の戦争 (第6話・2017/2/14) 感想

厳しい批評のみっきーさんから、褒めて頂き嬉しいですが、今回数字が落ちたのは 納得がいきません。これから どうなって行くのか、固唾をのんで見ていきたいと思っています。

↓ここから管理人返信↓

全国主要8地区平均で前回から1.4ポイント下げて12.4%。関東地区は10.3%、関西地区は12.0%で、いずれもダウンしましたが、北部九州地区では2.0ポイント増の14.9%、札幌地区も1.1ポイント増の14.5%。2ケタをキープはすごいと思いますけれど。

やはり、復讐劇のテイストが減ったのが、視聴率低下の原因でしょうか。カズキ(菊池風磨)の出番が少なかったとか?いずれにしても、私には面白かったですし、草なぎ剛さんには魅了されましたけど。次回も楽しみです。


[拍手投稿]  ぷよぷよさん (2017-02-15 18:31:52)
べっぴんさん (第112回・2/15) 感想

笑わせるつもりが滑っていたとか、ユーモアのセンスがないとか、そんなレベルではありませんでしたね。何だか見たくはなかった、人間の底意地悪さを朝から見せられてイヤな気分になってしまいました。つくづく作品って人がらが出るんですね。

この人が今まで書いてきたドラマって、女同士のマウンティングとか、ママ仲間や会社の同僚を虐めるといったものばかりでしたもん。みっきーさんも書かれてあるように、大切な家族を亡くした明美の痛みは誰よりも共感出来るはずなのに、タケちゃんと明美を嘲笑うような描写は何なのでしょう(怒)。 こんな品性下劣な輩からは、「べっぴん」など生まれるわけありません。

あと、いつの間にかカウンターに座っているエイスケが意味不明でした。ここも笑うところだったのでしょうか?それともエイスケファンへのサービスなのでしょうか?昨日、視聴率が20%切ったそうですね。私は別に視聴率=いい作品とは考えていませんが、NHK側がそう思い込んでいるのは明白だし、視聴率上げるために敢えて炎上的演出をしている節も伺えるので、願わくばもっと下がればいいとさえ思うようになりました。そうしないと、制作側は考えを改めないでしょう。

↓ここから管理人返信↓

流石に、視聴を止める人が増えるんじゃないですが。今週は、内容が酷すぎますもん。きっと、週末にはサブタイトル「旅立ちのとき」に合わせて、旅立っていく子供たちに手作りの服を贈るとかで終わるんじゃないですか。それも、当然に「キアリス」や仕事はそっちのけで。困ったものです。


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[9回]

より新しい記事  Newer |  * *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 困ったときの「モノの言い方」言い換え辞典
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 ルポ 同性カップルの子どもたち――アメリカ「ゲイビーブーム」を追う
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 Because I am a Girl――わたしは女の子だから
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 ずるい日本語
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 知識ゼロからの南無阿弥陀仏入門
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
おすすめ本 本当の仏教を学ぶ一日講座 ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 料理人のためのジビエガイド:上手な選び方と加工・料理
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
おすすめ本 病気になるサプリ 危険な健康食品
おすすめ本 [読書] 築地魚河岸 寿司ダネ手帖


その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[02/21 ゆりちゃん]
[02/21 きらら]
[02/21 さや]
[02/20 ゴンゾウ]
[02/20 さや]
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~さ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
美しき罠~残花繚乱~
ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
監獄学園
偽装の夫婦
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
金田一少年の事件簿N(neo)
グッドパートナー
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
結婚式の前日に
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメSeason4
孤独のグルメ5
ごめんね青春!
婚活刑事
[さ]
サイレーン
SAKURA~事件を聞く女~
サムライせんせい
残念な夫。
37.5℃の涙
Chef~三ツ星の給食~
地獄先生ぬ~べ~
下町ロケット
GTO[2]
死幣ーDEATH CASHー
獣医さん、事件ですよ
重版出来!
JKは雪女
新・刑事吉永誠一
深夜食堂[3]
水球ヤンキース
好きな人がいること
素敵な選TAXI
スペシャリスト
すべてがFになる
砂の塔~知りすぎた隣人
スニッファー嗅覚捜査官
スミカスミレ 45歳若返った女
青春探偵ハルヤ
聖女
せいせいするほど、愛してる
世界一難しい恋
セカンド・ラブ
銭の戦争
ゼロの真実~監察医・松本真央~
そして、誰もいなくなった
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/2/8に1,200万アクセス達成を致しました。(感謝の記事