忍者ブログ
Top*Admin

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式サイト
第25週『できました!萬平さん!』の 『第142回』の感想。


 本作は、2019/2/27 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


原因不明の腹痛で入院することになった鈴さん。福ちゃんが付き添って看病するも、鈴さんはすっかり弱気に。一方その頃、萬平さんの会社では「まんぷくヌードル」に入れるエビを選定中で、フリーズドライ加工しても赤色と、形を保つ「プーバラン」というエビを発見。ようやく開発のメドが立ちますが、予定価格100円に対して「高すぎる」と異論の声があがり…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

どうしてこんなに "無駄話" を盛り込むのか?

「まんぷくヌードル開発秘話」が始まったのが、やっと4分過ぎ。それまで鈴と福子らの無駄話。本当、何が何でも無駄話を描きたいのか、それとも脚本家のノーアイデアで他を書けないのか知らないが、とにかく「話が進まない水曜日」とは言え、どうしてこんなに無駄話を盛り込むのだろう。

それに、病気で入院中で自身の身体の事が一番心配な鈴に、「カップ麺の具」の話をする福子の神経も疑いたい。なぜ、実母の病室で仕事の話?

10分間の内で、僅か3分間しかカップ麺の話が無いなんて…

そして、何が何でもと言えば、折角いい調子で進み始めた「まんぷくヌードル開発秘話」なのに、仕事場の萬平への福子からの電話で一旦停止。確かに、「夫婦」を描いているのは間違いないが、話の腰を折ってまで「鈴の順調ぶり」を報告する場面を挿入する必要があるのかと思う。

そして福子の電話によって、折角の流れが途切れたから(途切れさせたから)、7分からパーラー白薔薇での無駄話が始まった。更に忠彦と真一の見舞いシーンで、ここまで10分。10分間の内で僅か3分間しかカップ麺の話が無いなんて…

「福子のお告げ」で話が展開して行くのが最もつまらない!

そして、「話が進まない水曜日」のまま終わるかと思った12分過ぎ。ついに、また「予言者・福子」の「お告げ」による「誘導」が始まった。もう、「福子のお告げ」で話が展開して行くのには、とっくに諦めているが…

今回が良くなったのは、「福子のお告げ」をもとに萬平が閃いちゃったこと。これで、萬平が福子のお告げが無いと閃けない印象付けになってしまった。また、萬平が閃いた「機内食のマカデミアナッツの蓋」が完全な後出しじゃんけんで回想シーンすら用意しなかったことも良くない。

だから、何度も書いて恐縮だが、レオナルドを上手く活用すべきだったのだ。とにかく、ドラマ全体に「福子のおかげ」を印象付けたいようだ。それは今週のサブタイトル『できました!』に繋がってしまう。稚拙な脚本と言わざるを得ない…

あとがき

「若い社員たちに任せましょう」との福子の意見を取り入れた萬平…との展開なのですから、蓋の事だって、源がビールのつまみを食べる時にマカデミアナッツの蓋を開けて思い付けば良かったんですよ。それを「福子のおかげ」をやりたいがために、既に描き終わったことを捻じ曲げる。本当に稚拙な脚本ですね。連ドラなのに、繋がっていませんから…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
転んでもただでは起きるな! - 定本・安藤百福 (中公文庫)
カップヌードルをぶっつぶせ!―創業者を激怒させた二代目社長のマーケティング流儀 (中公文庫)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10157.html



【"2019年4月期 / 春ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年4月期 / 春ドラマの期待度』更新(2019/3/12)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[39回]

初めて恋をした日に読む話

TBS系・火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』公式
第10話/最終回『嵐の合格発表全ての初恋の大結末!君と出逢えた奇跡!!』の感想。
なお、原作の漫画、持田あき「初めて恋をした日に読む話」(集英社)は未読。


匡平(横浜流星)の2次試験当日、交通事故に遭った順子(深田恭子)。これまでの順子の教えを思い返して、病院へ行かず試験に臨んだ匡平は、強い意志を山下(中村倫也)に褒められるも自己嫌悪で見舞いに行くことができない。一方、重要なパーティーを放り出して病院に駆け付けた雅志(永山絢斗)は、順子に寄り添い続けていた。順子に会わないまま、合格発表の日を迎えた匡平は…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:持田あき「初めて恋をした日に読む話」(集英社)
脚本:吉澤智子(過去作/あなたのことはそれほど、きみが心に棲みついた)
演出:福田亮介(過去作/きみが心に棲みついた、チア☆ダン) 第1,2,6,8,最終
   吉田健(過去作/あなたには帰る家がある、この世界の片隅に) 第3,4,9
   坂本栄隆(過去作/脳にスマホが埋められた!) 第5,7
音楽:出羽良彰(過去作/5時から9時まで、ダメな私に恋してください)
   兼松衆(過去作/あなたのことはそれほど、僕らは奇跡でできている)
主題歌:back number「HAPPY BIRTHDAY」(ユニバーサルシグマ)

展開が遅過ぎ! 順子と匡平の2ショットも、胸キュンも少な過ぎる…

「絶対に最終回は見逃せない」ようにした秀逸な第9話を受けての、期待大の最終回。本当に、これまでの流れが秀逸だったから、どんな結末を持って来るのか楽しみだった。そんな期待大が裏目に出たのか、正直観ている途中から何となく暗雲が漂い始めた。とにかく、展開が遅過ぎるのだ。

「作り手が焦らしている」と言うには無理がある位に遅過ぎた。全体の半分を過ぎても、順子(深田恭子)と匡平(横浜流星)の2ショットのシーンが無いまま進んだのには驚いた。なぜ、最終回で “脇役たちのエピローグ” を並べたのか?

ラスト1分までの焦らし方を大失敗! だから物足りなくなった!

焦ら方を失敗した…と言わざるを得ない理由は、幾つかある。事故ってから2人が一度も連絡を取らないのも不自然だし、東大に合格した時の匡平のリアクションも物足りなかった。

もちろん、何故か最終回が最も胸キュンシーンが少ないのも不満だが、何よりの不満であり失敗だと思うのは、ラスト1分での匡平からの告白からの断りに至るくだりの脚本と演出。順子と匡平の幸福の時間をラスト1分間しか見せないのも、幸せ絶頂の2人を最後の30秒間しか見せないのも、正直じっくり見て来た視聴者には物足りなかった。

「無事に合格→告白→ハッピーエンド」を描くだけで良かった…

このイライラとかモヤモヤの原因は、恋愛と受験を同時並行で描いて来たのを、ハッピーエンドでまとめたのは良かったのだから、きれいにまとまると言う次元まで昇華しなかった事だと思う。

殆どの連ドラの最終回で描くべきは、主人公のエピローグだ。脇役が今後どうなるかなんて、描くべきものを後回しにして描く必要なんて無い。普通に、無事に合格を経て告白してハッピーエンドで良かったと思う。

例えば、ラストカットは堂々と手をつないで歩く順子と匡平が交差点の真ん中で、順子は塾へ、匡平は大学の方向へ歩いて行く…を描くだけで良かったのだと思う。

あとがき

最終回に期待し過ぎたようです。もっと、全編に胸キュンを散りばめて、幸せな順子と匡平を丁寧に描くだけで良かったのに…。第9話までが大変良かっただけに、最後の最後が残念でした。

しかし、横浜流星さんの俳優として秘めた才能には、今後も注目して行こうと思います。それと焦らせないなら、1時間7分枠を54分枠に戻した方が賢明だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む





★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【早期購入特典あり】初めて恋をした日に読む話 Blu-ray BOX(ポストカード4枚セット付)
【早期購入特典あり】TBS系 火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」オリジナル・サウンドトラック (ジャケットサイズライナーノーツ付)
【早期購入特典あり】HAPPY BIRTHDAY(初回限定盤)(DVD付)【特典:未定】
初めて恋をした日に読む話 1 (マーガレットコミックス)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10156.html

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話


【"2019年4月期 / 春ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年4月期 / 春ドラマの期待度』更新(2019/3/12)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[15回]

後妻業

関西テレビ制作・フジテレビ系・『後妻業』公式
第9話/最終回『壮絶なだまし合い!悪女の大金強奪作戦』の感想。
なお、原作の小説、黒川博行「後妻業」(文藝春秋)は既読で、同原作の2016年公開の大竹しのぶ主出演の映画『後妻業の女』も鑑賞済み。



暴力団員の喜宜(松尾諭)への対応を思案する柏木(高橋克典)は、写真を届けに来た博司(葉山奨之)に、小夜子(木村佳乃)本人へ母親なのを知っていると伝えてはどうかと提案する。朋美(木村多江)に小夜子らとの縁を切らせたい本多(伊原剛志)は柏木を再び訪ね、調査内容を記した手帳を買わないかと持ち掛ける。一方、小夜子は柏木に新たな標的を探すよう依頼するが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:黒川博行「後妻業」(文藝春秋)
脚本:関えり香(過去作/結婚相手は抽選で) 第1,2,3,4,5,6,7,8,最終
   阿相クミコ(過去作/カインとアベル、ワカコ酒) 第1,4
演出:光野道夫(過去作/BOSSシリーズ、絶対零度~未然犯罪潜入捜査~) 第1,2,5,7,最終
   都築淳一(過去作/カラマーゾフの兄弟、ママとパパが生きる理由。) 第3,6
   木村弥寿彦(過去作/大阪環状線シリーズ) 第4,8
音楽:眞鍋昭大(過去作/モンテ・クリスト伯、SUITS/スーツ)
主題歌:冬の花/宮本浩次(UNIVERSAL MUSIC LLC)

最後まで "ブラックジョーク" を貫いたのは、お見事!

前回の感想に書いた通り、関東生まれ育ちの俳優さんが関西弁を操る苦労の結果のドラマだから、そこを含めてフィクションらしさを楽しんで観ているドラマ『後妻業』の、ついに最終回。だから敢えて、原作や映画版との比較はしない。

その上での感想は、連ドラとして描いて来た8話分を活かして、ハラハラドキドキを描きつつ、人情モノに移行しようかと見せかけての、どんでん返し的にきれいにまとめた…と言う感じだろうか。明るいエンディングも、最後までブラックジョークを貫いたと言える。良く出来た最終回だった。

全9話の構成が、もっと慎重に考えられていたら…

最終回が良かったから悔やまれるのが、全9話の構成だ。そもそも、この原作は2時間程度の映画にまとめるのに最適な内容だ。それを4倍以上に膨らませるのだから、余程上手くやらないと薄味になるのは当然だ。事実、第6話まではダラダラと進んだ。しかし、第7話から右上がりに面白くなったのも事実だ。

だから、恐らく全9話の構成がもっと慎重に考えられていたら、もっと楽しい連ドラになった可能性があったのだ。そこが残念でならない。小説も映画も面白い作品のドラマ化なのだから、なぜもっと真剣に精査しなかったのだろう。その辺を上手くやるのが、いつもの関テレ制作の「火曜21時枠」なのに。ホント、残念だ。

あとがき

「終わり良ければ総て良し」と言う感じですね。どんな結末にするのか期待をしましたが、期待を裏切らない本作らしい、落し所のさじ加減が良いエンディングに満足です。続編を見てみたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む






★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
『後妻業』DVD-BOX 後妻業 オリジナル・サウンドトラック
冬の花
後妻業 (文春文庫)
後妻業の女 DVD通常版

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10155.html

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話


【"2019年4月期 / 春ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年4月期 / 春ドラマの期待度』更新(2019/3/12)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[9回]

映画「キャプテン・マーベル(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画『キャプテン・マーベル(日本語字幕版)』公式)を本日、劇場鑑賞。
採点は、★★★☆☆(最高5つ星で、3つ)。100点満点なら60点にします。

【私の評価基準:映画用】
★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。
★★★★  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。
★★★☆☆  まあまあ。お金を払って映画館で観ても悪くない。
★★☆☆☆  好き嫌いの分岐点。無理して映画館で観る必要なし。
☆☆☆☆  他の時間とお金の有意義な使い方を模索すべし。





ディレクター目線のざっくりストーリー

1995年、ロサンゼルスのビデオショップに突然、正体不明の女性が空から降って来る。彼女には超人的な特殊能力が備わっていたが、過去の記憶を失っており、全く身に覚えのない “記憶” のフラッシュバックに常に悩まされていた。そんな彼女の記憶に隠された秘密を狙って、自在に姿を変える正体不明な敵が現れる。

そして彼女は、地球がエイリアンとの2つの戦争に巻き込まれたその時、のちに地球最強のヒーローチーム「アベンジャーズ」を結成することになる、若き日のニック・フューリーと共に、不屈の精神で何度も立ち直りながら自らの記憶をめぐる戦いに立ち向かって行く…

来月公開の『エンドゲーム』のための新キャラお披露目作品

本筋であるアベンジャーズの映画『アベンジャーズ・エンドゲーム』が翌月4月26日に控えたタイミングで、本作の主人公キャプテン・マーベルがそちらに登場するお披露目的な作品でもあり、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を統一された世界観で描く『MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)』シリーズとしての第21作品目がこの映画『キャプテン・マーベル』。

OPを見逃すな! 必ず上映前に余裕を持って席に座るべし

“マーベル・コミックの顔” であり “マーベル・コミックの創造主” とも言われたスタン・リーが亡くなって初めて公開となるマーベル作品だから、オープニングタイトルは本作スペシャル版となっている。詳細の説明は避けるが、必見であるのは間違いなし。必ず上映前に余裕を持って席に着いておくのをお勧めする。

「2本立て」の前半「次回作への大事な語り」は見応えあり!

さて、内容については、ざっくり言うと「2本立て仕様」と言う感じだ。前半は数多くの登場人物や状況設定の説明過多は目に付くが、先述の通りに「来月の作品への大事な語り」の部分なので、見応え十分だ。

後半の「女性版スーパーマン」は荒唐無稽だし、演出も平坦

ただ、後半の「女性版スーパーマン」みたいな部分は頂けなかった。詳細は避けるが、怒涛の展開であるのは大いに認めるが、あちこちにご都合主義が溢れており、更に急に強力化したキャプテン・マーベルの強さが荒唐無稽と言わざるを得なかった。

演出も平坦で淡々と打ち上げ花火が上がる感じ。私も、この類の作品は理屈抜きで楽しむべきと思うが、流石にちょっと粗削り過ぎたと思う。

あとがき

来月公開予定の『アベンジャーズ・エンドゲーム』へ引導を渡す作品としては、特にマーベル作品やアベンジャーズが好きな人なら、それなりに楽しめると思います。ただ、それ程の思い入れのない人は、荒唐無稽な割に薄味の女性版スーパーマン誕生物語に期待ハズレと思うかも。余り期待せずに劇場に足を運ぶ位が、一番楽しめるかも知れません。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
キャプテン・マーベル (オリジナル・サウンドトラック)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10154.html


【"2019年4月期 / 春ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年4月期 / 春ドラマの期待度』更新(2019/3/12)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[4回]

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式サイト
第25週『できました!萬平さん!』の 『第141回』の感想。


 本作は、2019/2/27 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


萬平さんと福ちゃんの二人三脚で、新しい加工肉が完成。試食すると好評で、「まんぷくヌードル」の具材に採用することに。すでに決まった具材はネギ、スクランブルエッグ、加工肉。最後に彩りを添える具材を入れたいと、神部さんが試作中の赤いエビへの期待が高まります。そんなある日、鈴さんが突然、腹痛を訴えて救急車で運ばれます。福ちゃんが同行して…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

萬平教信者の福子に「おいしい!」と言わせても意味が無い!

また、今回の「肉」のアバンで作り始めて、途中が欠落して翌日のアバンタイトルで完成しちゃった。それも、2週間もの時間経過をさせて。もう、本作に於いては、「まんぷくヌードル開発秘話」が完全な箇条書き状態になりつつあるから、そんなに驚きは無いのだが、唯一の大きな落胆は、福子に味見をさせ「うん! おいしいです!」と言わせたこと。

だって、味の決定権は「萬平のベロメーター」でしょ?

前回も書いたが、これは明らかに福子の出番を作るための「会社(研究室)があるのに、会社を抜け出して自宅の台所を占有して商品開発をする萬平を助ける福子を登場させる作戦」が失敗どころか、物語をさらに捻じ曲げたのだ。だって、先日も登場人物らが言っていたように、「まんぷく食品」の味の決定権は「萬平のベロメーター」だけなのだ。

今まで反萬平教の鈴が「おいしい」と言うから意味があった

それに、以前から書いているように福子は「萬平教の敬虔な信者」だ。だから、福子の味見なんて何の信憑性も無い。しかし、これまでは違っていた。敢えて言うなら「反萬平教の鈴」が「おいしい!」と言っていたからこそ、味の良さに客観性が加わった。

でも、今回はそれをしなかった。ここまで「まんぷくヌードル開発秘話」に首を突っ込む福子を描くなら、福子も入社させるべきだったのでは? だって、数日前の先週の福子は、萬平に「仕事に没頭し過ぎないように、仕事は社員に任せて」と言ったばかりでないか!?

神部が自ら動いて「海老」を探し出したのは良かった!

だが、神部が自ら動き出して、「海老」を探して来たのは良いエピソードだ。先日も書いた通り、先日の源は家の朝食に出されたスクランブルエッグから「玉子」を閃き、今回の神戸は自分の足で外食メニューから「海老」を閃いた。

源は母の料理で、神部は外食で閃くと言う差別化も良いぞ!

源と神部の結果へのアプローチの違いも楽しいし、神部が家庭料理でなく外食で閃くなんて、自分勝手のタカを見下しているようで面白い。正直、香田家や咲姉の幽霊を描くより、神部の努力を描いて欲しかった。

久し振りに努力する萬平と、愛弟子の神戸の姿が重なった!

いや、それを描いてこそ、アバンタイトルでの社長・萬平の姿と社員・神部の姿が重なるし、そこでなら、塩製造やダネイホン開発時代の回想シーンをインサートしたら、半年間のエピローグらしさも醸し出せたに違いないと思う。

あとがき

なぜ、神部の「具探し」に尺を割かずに、香田家をあんなに描くのか? 完全に本末転倒していると思います。

それなのに、毎日21%前後の高視聴率だとか、安藤サクラさん含めての演者たちのアゲ記事がネットにたくさん掲載されています。しかし、ドリカムの主題歌が世間で殆ど話題になっていないことからも、21%前後の視聴率が「本作が面白い」のを証明しているとは言えず、むしろNHKの必死さだけが伝わるお寒い状態なのではないでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
転んでもただでは起きるな! - 定本・安藤百福 (中公文庫)
カップヌードルをぶっつぶせ!―創業者を激怒させた二代目社長のマーケティング流儀 (中公文庫)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-10153.html



【"2019年4月期 / 春ドラマの期待度" を投稿しました】
『2019年4月期 / 春ドラマの期待度』更新(2019/3/12)しました。皆さんの観るべき連ドラを見つけるお役に立てれば幸いです。

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。なお、1つずつ手動でコピペするため間違いが発生します。確実を求める方は通常のコメント欄をお使い下さい。

【すべてのコメントの「非公開希望」について】
コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[34回]

より新しい記事  Newer |  * *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映画原作派のためのアダプテーション入門
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 10秒でズバッと伝わる話し方
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 新版 大人の発達障害に気づいて・向き合う完全ガイド
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 形容詞を使わない 大人の文章表現力
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 死体鑑定医の告白
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 西洋絵画の鑑賞事典-名画のすごさが見える
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 ゼロから分かる! 図解落語入門
おすすめ本 産声のない天使たち
おすすめ本 精神科、気軽に通って早めに治そう
おすすめ本 超辛口先生の赤ペン俳句教室
その他のおすすめ本の記事は、“こちら” から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[03/24 春の予感]
[03/23 すーゃん]
[03/22 鉄の女]
[03/22 肉]
[03/21 ゴンゾウ]
  • 2019年1月期 / 冬ドラマ記事一覧
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
愛してたって、秘密はある。
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
相棒 Season16
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
明日の君がもっと好き
明日の約束
あなたには帰る家がある
あなたのことはそれほど
anone
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
アンナチュラル
家売るオンナ
生田家の朝
居酒屋ふじ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの雨がやむ日まで
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
いつまでも白い羽根
今からあなたを脅迫…
遺留捜査[4]
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
ウチの夫は仕事ができない
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
オー・マイ・ジャンプ
おかしの家
掟上今日子の備忘録
奥様は、取り扱い注意
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ高校
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[か]
カーネーション
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
架空OL日記
崖っぷちホテル!
家政夫のミタゾノ
家政夫のミタゾノ[2]
家族狩り
家族ノカタチ
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男
学校のカイダン
過保護のカホコ
神の舌を持つ男
カルテット
監獄学園
監獄のお姫さま
カンナさーん!
偽装の夫婦
貴族探偵
義母と娘のブルース
きみが心に棲みついた
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
99.9-刑事専門弁護士-[2]
今日から俺は!!
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
緊急取調室[2]
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金
グッド・ドクター
グッドパートナー
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
海月姫
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒革の手帖2017
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁いきもの係
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁ゼロ係[2]
警視庁ゼロ係[3]
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
刑事ゆがみ
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚相手は抽選で
結婚式の前日に
獣になれない私たち
健康で文化的な最低限度の生活
限界団地
恋がヘタでも生きてます
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ[1]
コウノドリ[2]
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメ[4]
孤独のグルメ[5]
孤独のグルメ[6]
孤独のグルメ[7]
コード・ブルー[3]
この世界の片隅に
ごめん、愛してる
ごめんね青春!
婚活刑事
コンフィデンスマンJP
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
バイプレイヤーズ2
バカボンのパパよりバカなパパ
ハゲタカ(テレ朝)
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
花のち晴れ~花男 Next Season~
母になる
早子先生、結婚するって…
ハラスメントゲーム
ハロー張りネズミ
犯罪症候群[1]
半分、青い。
FINAL CUT
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
BG~身辺警護人~
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
人は見た目が100パーセント
火の粉
ひよっこ
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
毒島ゆり子のせきらら日記
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
ブラックペアン
フラジャイル
フランケンシュタインの恋
ブラックリベンジ
フリンジマン
ヘッドハンター
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ボク、運命の人です。
僕たちがやりました
ホクサイと飯さえあれば
僕とシッポと神楽坂
僕のヤバイ妻
僕らは奇跡でできている
ホテルコンシェルジュ
ホリデイラブ
[ま]
マザー・ゲーム
マジで航海してます。
増山超能力師事務所
マッサージ探偵ジョー
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔
ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
未解決の女 警視庁文書捜査官
Missデビル人事の悪魔・椿眞子
南くんの恋人
民衆の敵
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~
問題のあるレストラン
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
[や]
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
屋根裏の恋人
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ユニバーサル広告社
ようこそ、わが家へ
4号警備
[ら]
ラヴソング
ラストチャンス 再生請負人
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~
陸王
リスクの神様
リバース
リピート ~運命を変える10か月~
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
わにとかげぎす
わろてんか
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2019年3月7日に2,000万アクセス達成を致しました。(感謝の記事