忍者ブログ
Top*Admin

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第4週『旅立ちのとき』『第20回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


実(沢村一樹)は正月に帰ってこなかった。みね子(有村架純)は、東京に働きに行くことをちよ子(宮原和)と進(高橋來)にも伝える。正月の挨拶に来た宗男(峯田和伸)は、「あんまり背負い込まないで自由に生きろ」とみね子に言う。新学期、東京行きを聞いた時子(佐久間由衣)と三男(泉澤祐希)は心配そうな表情を浮かべる。それもそのはず、就職の季節はとっくに過ぎていたのだ!みね子は焦り始めるが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

みね子に歳が近い宗男の言葉に、彼の優しさが滲み出る…

前回で、みね子(有村架純)が東京に働きに行くことを、ちよ子(宮原和)と進(高橋來)にも伝え、美代子(木村佳乃)と感動の抱擁から、一変。今回の冒頭は、久し振りに宗男(峯田和伸)が登場。お年玉1つで正月を表現しながら、谷田部家に笑いを運んできた。

で、さらりと退場するかと思いきや、ビートルズ。峯田和伸さんが音楽を語るなんて、岡田恵和氏のあて書きなんだろう。この先、パンクやロックをやり出したら面白いのだが…。さて話を本編に戻すと、谷田部家の関係者では、年齢的にみね子に近い宗男の↓この言葉に彼の優しさが滲み出る…

宗 男「お前はさ。大変な理由持って東京さ行くわげだけど…
    うーん。折角行ぐんだし若いんだしよ。
    あんまし背負ってばっかしじゃなくてよ、
    もっと自由に生ぎろって言いたがったわげだ」
みね子「自由か…。何か分かんないよ、私」
宗 男「ん?」
みね子「自由って言うけどさ、
    高校でもさ、これがらの若いもんは
    自由に人生を選択できんだなんて言うけどよ、
    自由って何?私は、やるこどが目の前にあって、
    それを一生懸命やんのが好きだよ。
    それを不自由だなんて思わないよ全然」

そして、↑このみね子の台詞から、みね子の真面目さや幼さも垣間見れる。当時の東京と茨城の物理的な距離感と精神的な距離感の遠さを、上手に表現したやり取り。こんな自然体な会話が聞けるのも、本作の見所だ。

情景カット1つで、みね子の心情が表現できる

場面変わって、三学期の初日。早速宗男の影響を受けたみね子が「グッドモーニング!」と元気に自転車で上手(画面右)方向に走る姿を強調するために、カメラを川の中に置いての情景カットは、如何にも演出の黒崎博氏らしい構図。こんな情景カット1つで、みね子の心情が表現できるって、良い例だ。

演出による、音楽、楽器の使い分けも実に緻密だ

シーン変わって、みね子を心配する時子(佐久間由衣)。牛の鳴き声に続いて、元気に登場するみね子。劇番は、バンジョーの音色と可愛い馬のヒズメ風の音が奏でるカントリー音楽。いつの間にか三男(泉澤祐希)も合流して、いつもの仲良し三人組の本音トーク。

既に就活シーズンは終わってることに今頃気付くちょっとおっちょこちょいのみね子には、バンドネオンでアルゼンチン・タンゴ風のリズミカルな劇番を付けて、楽曲のテンポの良さと、みね子の手際の悪さを楽しく対比させたような。この辺の演出による、音楽、楽器の使い分けも実に緻密だ。

田神先生の言葉に、教師らしい愛情がてんこ盛りだ

劇番が終わって無音で親身に語り聞かせる田神先生(津田寛治)の↓の言葉にも、教師としての愛情がふんだんに盛り込まれる。無茶になったみね子を丁寧になだめる田神先生の進路指導っぷりも、なんか感動。愛ある指導ってのを、久し振りに朝ドラの中で見た。そして、親友・時子の気持ちも優しすぎる…

田神「おめえは、先生の大切な教え子だ。
   何でもいいどが、どんな仕事でもいいとが…
   そんな仕事をおめえに紹介するわげにはいかねえんだよ」

和久井映見さんの登場で、益々 "いい人" が増えていく

そして、場面は時子の就職先である東京の向島電機。田神先生の電話に出るのは永井愛子(和久井映見)。田神から就職者の欠員を聞かれた愛子が、↓のように困って返すが、この台詞1つで、愛子がちょっと不器用でおっちょこちょいで親しみの持てる人物だと一目瞭然。いや一耳瞭然か。

愛子「え~?もう一人ですか?う~ん」

既に、この愛子がどう言う登場人物で、みね子とどう関わっていくのかは報道されているが、ここでは敢えてネタバレしない。とにかく、和久井映見さんの登場で、益々本作は “いい人” が増える。

「人を見たら誘拐犯だと思え」みたいな今のご時世からしたら、まるでファンタジーのような話だが、それが昭和40年代。そして、集団就職の時代。上手に時代を紡いでいる…

あとがき

みね子の「東京行き宣言」で、ここままで物語を作れるんですね。何て言うのかな。就職先を見つけるまでの難儀を描くんのでもなく、就職先が決まった時の嬉しさを描こうと言うのでもなく、「東京行き宣言」に込められてみね子の心に共感、共鳴、協調する人たちの温かさや温もりで、ドラマを広げていくって感じがスゴイなと。

前作なら、どうせ就職するんだから無駄な騒動なんてどうでも良いから、さっさと縁故入社でも何でも入社すれば良いのにと思ったんですけどね。本作はこう言う大きな章立ての “繋ぎ目” にも見応えあるんですね。やはり、名作の予感です…

ナント、前回の感想に、171回ものWeb拍手と数々のコメントを頂き、ありがとうございました。「第1章」と「第2章」の繋ぎ目も丁寧に描かれていますね。引き続き、本作を応援していきましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
三丁目の夕日の時代 ’64(昭和39年)篇―写真と資料で読む昭和39年大図鑑!! (C&L MOOK)
NHK人形劇クロニクルシリーズVol.2 劇団ひとみ座の世界~ひょっこりひょうたん島~ [DVD]
朝ドラ~NHK連続テレビ小説テーマ集~

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8211.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/449320654.html



[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[172回]

貴族探偵

フジテレビ系・月9『貴族探偵』公式
第2話/15拡大版『第1発見者は御前!メイドと女探偵が推理対決で謎を解く!』の感想。
なお、原作:麻耶雄嵩「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」(小説)は未読。



ミステリー作家・厄神(大和田伸也)から取材依頼を受け、編集者・美咲(紺野まひる)と車で別荘へ向かっていた愛香(武井咲)は、落石事故の現場で貴族(相葉雅紀)の一行と遭遇し、その石があった厄神の別荘へ一緒に行くことに。厄神のファンという田中(中山美穂)が興奮する中、貴族は殴られた厄神の遺体を発見。貴族から事件の捜査を譲られた愛香は対応に現れた鼻形(生瀬勝久)や田中らと、関係者から事情を聞く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

相葉さんの貴族の違和感は、"慣れ" が解決する…か?

第2話の演出も、第1話の中江功氏。相葉雅紀さんが貴族を演じる違和感は、織田裕二さんが法門寺沙羅駆を演じた際のように、“時” が “慣れ” を運んで来てくれると信じているが、まだその時はだいぶ先のようだ。

どうして、ここまで演出にメリハリが無いのか?

それにしても、どうしてここまで演出にメリハリが無いのか不思議でしょうがない。脚本は、事件自体もそれなりに捻ってあるし、貴族(相葉雅紀)と愛香(武井咲)の対立構造も明確だし2人一緒の場面も多いし、貴族の日常生活的な部分も事件に絡めて描かれてるし、前回のような引き延ばしも無くなりマシになってる。

鼻形刑事を道化役にしておくだけなのはモッタイナイ

しかし、この脚本の最大の問題点は、鼻形(生瀬勝久)の必要性を感じないところ。完全に小ネタ要因、道化役としてしか機能していない。演じる生瀬さんの迷惑脇役ぶりのお蔭で、本作らしさを醸し出していると言う機能はあるが、事件自体への必要性が無い。今後は、鼻形も事件、捜査に絡めるなどの工夫が欲しい。

フジは、"人気者" や "話題性" だけの配役は慎むべき

あとは、好みの問題。特にキャスティングだ。こればかりは、今からどうにでもなる訳ではない。私は、“慣れ” るのを待てる位の違和感だから良いとして、これが今後の視聴率に影響し続けるなら、フジテレビは “人気者” や “話題性” だけの配役(相葉さんだけでない)は慎むべきだと考える。

「原作のモチーフは水戸黄門」に納得できたこの世界観

しかし、第1話に比べたら、この作品の “世界観” に “慣れ” たせいもあり、また読者さんから、「原作のモチーフは水戸黄門」と言う話を聞き、かなり納得した部分もある。

また、今回くらいに貴族と愛香が対峙して、愛香が推理を失敗し、召使いたちが捜査・推理をして、最後に真犯人に引導を渡すパターンが明瞭になれば、あとは、延長などせず演出でもっとメリハリを付けたら、だいぶマシな探偵ドラマになるような気がする。

いずれにせよ、本作を楽しむには “時” と “慣れ” が必要なのは(私にとって)確かなこと。それを全10話前後でやると言う企画自体に問題があるような。特に、キャスティングは…

あとがき

小ネタが散りばめられているのは良いとして、その小ネタの度に、物語が小さく一時停止するように思います。もっと、小ネタを全体の中に馴染ませつつ、緩急をつけて演出して欲しいです。「ありえないこと」に突っ込める位に、きちんと作品全体を盛り上げて欲しいものです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
貴族探偵 (集英社文庫)
貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)
I'll be there(初回限定盤)(DVD付) フジテレビ系月9ドラマの最新作『貴族探偵』(主演:相葉雅紀)の主題歌
I'll be there フジテレビ系月9ドラマの最新作『貴族探偵』(主演:相葉雅紀)の主題歌

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8210.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/449317072.html


【これまでの感想】
第1話


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[28回]

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  ぴあすさん (2017-04-24 12:14:46)
ひよっこ (第19回・4/24) 感想

もう、朝から号泣です。 みんな優しいな。 帰ってこないのはわかっているけど、父ちゃん なんで帰ってこないのよ! なんで手紙の1本も送ってこないのよ! って、心の中で、言った朝でした。

↓ここから管理人返信↓

悪人や意地悪な人間が登場しませんね。みんな、とても優しい人ばかり。そんな世の中はフィクションの世界だからこそ。さて、父ちゃんはどうしてるんでしょう?


[拍手投稿]  今日はいっぱい涙が出てきて・・さん (2017-04-24 13:09:48)
ひよっこ (第19回・4/24) 感想

お父ちゃんが帰ってきたらドラマが成り立たないとわかっていながらも 最後のバスが来るあたりから・・泣けて泣けて・・ 日常のすべてのシーンがうまくて 夜の台所のシーンもですが 美術さんをはじめ スタッフさん すごいです。

↓ここから管理人返信↓

これは、ドラマなんですよね。視聴者の「ドラマだと分かっていても…」と言う部分を上手く利用してますね。


[拍手投稿]  mogyoさん (2017-04-24 13:15:05)
フランケンシュタインの恋 (第1話/初回30分拡大・2017/4/23) 感想

私もシザーハンズを思い出していました。 せつない恋が始まるんですね・・泣 主題歌の「棒人間」が またドラマにぴったりで 良いですね~~ 綾野剛さん 鍛えてますね。。

↓ここから管理人返信↓

主題歌の歌詞も、ドラマの内容にシンクロしてましたね。綾野剛さん、ホント演技の幅が広くて素晴らしいです。


[拍手投稿]  名無しさん (2017-04-24 13:26:28)
ひよっこ (第19回・4/24) 感想

みね子よりちょっと若い世代の私だけど 子供のころは 冬はあんな感じの綿入れ半纏来てました お正月には新調してもらって 嬉しかった! 昔の農家の子は特に総領息子総領娘は 良いも悪いも 家を継ぐ責任感とか今よりとっとあって みね子が家を守るんだって気持ちよくわかります

お姉ちゃんの言うことを素直に聴く ちよ子の健気さにはウルウルでした ちよ子役の宮原和ちゃんの演技 素晴らしいです よく通る声もステキ 弟の進もめちゃ可愛くて辛い場面も和みますよね 毎回 心が洗われて 私の心ってかなり埃かぶってたのね

君子さんの茨城弁はさすがですね それが優しさとあいまってなんとも魅力的 毎日ブログ楽しみに読んでます ありがとうございます♪

↓ここから管理人返信↓

羽田美智子さんは、茨城県出身ですもんね。やはり、言葉に本物の味わいがありますね。他の俳優さんたちも味があって素敵です。


[拍手投稿]  アキさん (2017-04-24 14:33:04)
ひよっこ (第19回・4/24) 感想

前作はため息をつきながら観ました。 今作のBGMがしっとりしたピアノで独特の空気感はフジテレビの古き良きドラマ妹よ(和久井映見、岸谷五郎、唐沢寿明)を思い出します。シンデレラストーリーではあったものの、妹への思いが泣かせました。 ひよっこ、みねこの今後とお父ちゃんどうなるのか、とても楽しみです。みっきーさんのおっしゃる通り大作の予感ですね。

↓ここから管理人返信↓

私もドラマ『妹よ』は観ました。音楽は『東京ラブストーリー』『ひとつ屋根の下』『愛という名のもとに』も手掛けた日向敏文さん。ピアノの調べの美しさは絶品の作曲家さんです。本作の劇番担当は、私の好きな音楽家・宮川彬良さん。お父様はあの『宇宙戦艦ヤマト』を手掛けた天才作曲家の宮川泰さん。

宮川彬良さんは、ミュージカル劇の音楽を作曲されるので、流れるようなメロディーが素晴らしいです。ピアノ曲からシンフォニーまで幅広い音楽性があり、本作の劇番でも活かされていますね。


[拍手投稿]  海外ドラマに嵌ってますさん (2017-04-24 15:49:06)
拍手コメントへ返信 (2017/4/23の分)その2

みっきーさん、ドラマの無料配信の解説ありがとうございます。 TV局、制作側の大人の事情ですね。 しかも、何時の間にやら「総合視聴率」とは! 若者のTV離れが深刻だから苦肉の策でしょうか? しかし、ドラマ好きとしてはクオリティーだけは落として欲しくないですね。

↓ここから管理人返信↓

「総合視聴率」は、正式に数字が発表されるようになったのは。2016年10月からです。テレビの多様化が進み、全録ビデオデッキ(24時間全チャンネル録画可能)などの登場で、「番組を見ている人=リアルタイム視聴」でなく、録画で見ている人の数も視聴率に反映しようと言う視聴率調査会社ビデオリサーチ社の仕掛けです。

一家に一台テレビがあるとすると、そのテレビに録画機が設置されたりして、家中の人がいろんな楽しみ方をするじゃないですか。視聴率を計測する機械を設置された家では、テレビを見ている時に、自分のボタンを押して、誰がこの番組を見ているかを視聴率調査会社に知らせなければなりません(リモコンのボタンを押すだけです)

そして、今放送している番組を見ているのか、録画したものを見ているのか、識別できるシステムになっているんです。だから、本当の意味で「その番組を見た人」の数は、「総合視聴率」の方が正確です。しかし、前にも書いたように、パソコンで見た人はカウントされません。今後は進化するでしょうが。


[拍手投稿]  ななこさん (2017-04-24 16:31:15)
ひよっこ (第19回・4/24) 感想

みっきーさんを始めとした、いろんな感想サイトを読んでいても、みね子の号泣演技が思い出されて涙ぐんでしまいます。 視聴後も思い出されて泣けるなんて、初めての経験ですよ!名作になりそうには完全に同意です。

↓ここから管理人返信↓

奇を衒わずに、自然な展開が良いですね。だから、登場人物の感情も違和感が無い。ですから、こちらも感情移入しやすいですし、感動するんだと思います。


[拍手投稿]  かぼちゃさん (2017-04-24 17:50:03)
ひよっこ (第19回・4/24) 感想

今日はイノッチの朝ドラ受けがしみじみ良かった。全国民が一斉にうなづいたことでしょう。「ほんとに良いドラマだね~」 昔は全国民がプロレスを、ジェスチャーを、紅白を、東洋の魔女を、君の名はを、全員一致で「良かった良かった」と泣いたり笑ったりしてた。そんなかんじだ。

あと、お正月の準備もよく描かれていて良かった。 ツバキ文具店でも代書業の仕事内容が丁寧に描かれていて、あ、私はそういうドラマが好きなんだ!と気が付いた。 ドラマはもちろん作り話なんだけど、リアルな手仕事や心情が描かれていると、実在しているように思える。 そこらへんが出来てないのが「駄作」 ケーキ職人や漆職人、雑誌編集者、子供服作りなんて、すっごく興味ある題材だったのに…無念…

↓ここから管理人返信↓

全員一致で「良かった良かった」と言った時代も、今のように個人個人が自由に楽しめる時代も悪くないと思いますけれど。私は偏屈なので、みんなが同じ方向を向くのは良い事ばかりだと思わないので…。その事と、本作の完成度の高さは関係ありませんが。


[拍手投稿]  mogyoさん (2017-04-24 20:54:14)
拍手コメントへ返信 (2017/4/24の分)

↑名無しコメント・・私でした。 ごめんなさい。 毎日楽しみな朝を迎えられて嬉しいです(^^)

↓ここから管理人返信↓

了解です。


[拍手投稿]  りりさん (2017-04-24 23:14:50)
ひよっこ (第19回・4/24) 感想

久々に泣かされています。大人の事情も感じられず、変なおじさんがイケメンチャレンジでなく、助けてくれる大人が自然で文句無いです。優しさの中から生まれる涙は、気持ちの良いものです。有働さんの涙、いのっちからのハンカチ、これも久々で嬉しくなりました!!

↓ここから管理人返信↓

そうですね。


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[11回]

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第4週『旅立ちのとき』『第19回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


年の瀬が迫り、冬支度に精を出すみね子(有村架純)の家族たち。そこに君子(羽田美智子)が訪ねて来て、美代子(木村佳乃)にお金を渡そうとする。実(沢村一樹)からの送金が止まって苦しい家計を思ってくれたのだ。受け取れないと言う美代子だが、君子はめげずにもう一度やって来て…。そして大みそか。正月に帰ると言っていた実の言葉を信じ、みね子はちよ子(宮原和)・進(高橋來)とバス停で今年最後のバスを待つ。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

気になっていた1つが、谷田部家の "お金" のこと

拍手コメントへ返信 (2017/4/22,23の分)』で、「いろいろ気になるところはありますよ。ただ、そんな重箱の隅を楊枝でほじくるようなことが馬鹿馬鹿しくなるほど、全体のバランスが良い」と書いた。その気になるところの1つが、谷田部家の経済状態、要するに “お金” のことだ。

先週末に、美代子(木村佳乃)が農協への返済を待って貰ったとのくだりがあったが、先週はお祭り騒ぎであまり谷田部家の “お金” のことが描かれぬまま、みね子(有村架純)が東京行きを口にしたから、おやっと思っていたのだ。何か抜けてやしないか?何か物足りないような?と。

君子のお歳暮1つで、人物も関係もストーリーも描く

時は、12月23日の年の瀬。父ちゃんが帰って来るかどうか、やきもきする谷田部家を描くのかと思いきや、谷田部家の事情を察してお金を持って来る君子(羽田美智子)が登場。しかし、美代子は断固として受け取らない。すると、再び君子が、おっきな籠を抱えて谷田部家にやって来た。

君子「これは、我が家がらのお歳暮です。
   気持ちの品ですので。お金ではなく、品ですから。
   受け取って頂ぎますので」

肉や鮭など年越しに必要な食品やらをたくさん持ってやって来たのだ。年の瀬にお歳暮と言う実に日常的な慣習の描写で、登場人物の特性を描き、人間関係も一目瞭然で、更にストーリーを紡いで前に進める。その上、明るい笑いでエピソードを締めくくったのはお見事。やはり、名作の予感は正しいようだ。

車掌の次郎の気持ちを思うと居たたまれない

時は、大晦日。日めくりカレンダーに「奥茨城信用金庫」とあったから、そこからも融資を受けているに違いない。語らずとも映像で描く。この辺のさりげなさも上手い。そして、寒空の下、今年最後のバスを待つみね子とちよ子(宮原和)と進(高橋來)たち。残念ながら父ちゃんは乗っていなかった。

次 郎「みね子、悪いな。今年最後のバスだ」
みね子「次郎さん、誤るこどないよ。よいお年を!」
次 郎「よいお年を!小太郎さんもよいお年を!」

車掌の次郎(松尾諭)の気持ちを思うと居たたまれない。しかし、みね子は2人に対して終始笑顔のまま。妹弟を元気づけるみね子の辛さと優しさが、夜にポツンと1つ明るいバス停のランプと重なって、切なく映る…

ちよ子の「ありがとう」にジーンとしてしまった

夜が明けて…と言う情景カットで、今週の演出担当がまた第1,2週の黒崎博に戻ったことが分かる。そして元旦の朝。みんな楽しく振る舞っているが、父ちゃんのいない正月。初めて見る正月の風景なのに、実(沢村一樹)のいない不自然さが伝わるのは、ドラマとして良く出来てる証拠。だから…

みね子「谷田部家をよろしくお願い致します」
 茂 「何、言ってんだ」
みね子「と言うわげで!これ、お姉ちゃんからのお年玉だ!
    はい、ちよ子」
ちよ子「ありがとう」
みね子「はい、進」
 進 「ありがとう」
美代子「いがったねえ」

ここでの美代子も笑顔を絶やさない。それだけに、ちょっぴり大人の入り口に立っているちよ子の「ありがとう」にいろんな意味が込められていて、ジーンとしてしまった。ちよ子役の宮原和さんの演技も素晴らしい。このきょうだいのやり取りを美代子はどんな思いで見ていたのかを想像すると涙が溢れて来る…

元旦の夜のみね子と美代子のやりとりに感動

そして、元旦の夜。台所で片付けをするみね子と美代子。やはり、ずっと娘に負い目を感じていた美代子の吐露も泣けて来る。そして、母の気持ちを察して「言わないで」を繰り返す毎に、みね子から笑顔が消えていく…

みね子「やめて。やだよ…。お母ちゃんに言わせたくねえよ。
    だから自分から言ったんだよ。だから言わないで。
    言わないで、お願い。言わないで…」
美代子「分かったよ」

最後に、父親が帰って来なかった寂しさを一番我慢していたみね子の気持ちを縛っていた紐が切れる…。「大丈夫」と一言だけ言って、泣きじゃくるみね子の背中を赤ちゃんにするようにポンポンと優しく叩く母の気持ち。第4週目の月曜日から、何の不安も無く始まった本作。やはり、完成度は高い。

あとがき

15分間で年越しエピソードで、見事にいろいろ描きましたね。それも、ちっとも雑でも詰め込み過ぎも感じさせず、明るさの中に寂しさをしっかり描いてきました。素晴らしいです。今週も楽しみです。

前回の感想に、数々のコメントや134回ものWeb拍手を頂き、ありがとうございました。そろそろ「第1章」も終わりに近づいているところでしょうか。半年間のツカミとしてもドラマの内容もお見事です。引き続き、本作を応援していきましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
三丁目の夕日の時代 ’64(昭和39年)篇―写真と資料で読む昭和39年大図鑑!! (C&L MOOK)
NHK人形劇クロニクルシリーズVol.2 劇団ひとみ座の世界~ひょっこりひょうたん島~ [DVD]
朝ドラ~NHK連続テレビ小説テーマ集~

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8209.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/449289969.html



[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[184回]

フランケンシュタインの恋

日本テレビ系・新日曜ドラマ『フランケンシュタインの恋』公式
第1話/初回30分拡大『怪物は人間に恋をした!人を殺すかもしれない怪物と難病女性の歳の差100歳のラブストーリー!』の感想。


農学部の女子大生・津軽(二階堂ふみ)は、医学生とのコンパで酒を飲まされ、車で山へ連れ去られる。途中、森の中へ逃げ込んだ津軽は、突然現れた謎の影に助けられる。翌日、自分の身体に付着していた珍しいキノコに気付いた津軽は、教授・鶴丸(柄本明)と大学院生・稲庭(柳楽優弥)に新種かもと話し、再び森へ。そこで津軽は男性に見える影(綾野剛)と再会し、「僕は人間じゃない」という彼からその素性を聞き出そうとする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

"出演作品ハズレ無し伝説” ほぼ確実な綾野剛主演ドラマ

脚本は、映画『アゲイン 28年目の甲子園』『悼む人』等の森寿美男氏。第1話の演出は、『ど根性ガエル』『レンタル救世主』等の狩山俊輔氏で、『掟上今日子の備忘録』『時をかける少女』等の茂山桂則氏と2名体制。

ドラマ『コウノドリ』や映画『怒り』『新宿スワンシリーズ』で、小栗旬さん、藤原竜也さんに続く “出演作品ハズレ無し伝説” 入りがほぼ確実な綾野剛さん主演ドラマ。極力、事前情報を絶って臨んだ第1話。

と言っても、タイトルから、あのフランケンシュタインの物語を、現代の日本を舞台にしたオリジナルのラブストーリーなのは誰にでも分かる事だが…。それに、森寿美男氏と狩山俊輔氏(茂山桂則氏も)のコンビなら、怪物と女子大生の雰囲気のあるファンタジー&ラブストーリーに仕上がりそうではあるが…

感情移入し易いちょっとチャーミングで切ない怪物が誕生

もっとミステリアス&シリアスな雰囲気を予想したのだが、ミステリアスなのは間違いないが、意外とコミカルな要素が入っており驚いた。しかし、綾野剛さんの演技の振り幅の広さが見事で、ちょっとチャーミングで切ない怪物を好演。お蔭で、怪物へ自然に感情移入できた。これ、スゴイことだ。

綾野剛さんの演技が『シザーハンズ』を思い出させる…

『Q10』『妖怪人間ベム』『悪夢ちゃん』『泣くな、はらちゃん』『ど根性ガエル』と言った日テレ系『土曜ドラマ』枠の過去作品が随所にチラついたが、最も共通項を感じたのが映画『フランケンシュタイン』ではなく、名優ジョニー・デップの名作映画『シザーハンズ』。

ハッピーエンドを望んだトム・クルーズが、ティム・バートン監督から主演を降板されたことで有名な『シザーハンズ』。あの作品では、純真無垢な心を持つものの人造人間と言う異物を否定する世の中から去っていくが、本作の怪物はどう生きて行くのか?ストーリー展開も綾野剛さんの演技もかなり楽しみ…

あとがき

女優陣の選考に若干の違和感を覚えますが、男優陣は役柄に合っていて良かったです。個人的には、あまり『シザーハンズ』と比べずに見ようと思います。あくまでも、日テレ系『土曜ドラマ』のノリで。おっと、今期は土日を入れ替えた方が良かったのでは?継続視聴、決定です。次回も大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ「フランケンシュタインの恋」オリジナル・サウンドトラック
棒人間/RADWIMPS ドラマ「フランケンシュタインの恋」主題歌

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8208.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/449287316.html


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[38回]

より新しい記事  Newer |  * *  | Older  より過去の記事
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 戦う君と読む33の言葉 「不安」「不満」「孤独」を乗り越え、折れない自信をつくる方法
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 ルポ 同性カップルの子どもたち――アメリカ「ゲイビーブーム」を追う
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 Because I am a Girl――わたしは女の子だから
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 ずるい日本語
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 知識ゼロからの南無阿弥陀仏入門
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
おすすめ本 本当の仏教を学ぶ一日講座 ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
おすすめ本 病気になるサプリ 危険な健康食品 その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
[04/28 名無しさん]
[04/27 深夜ドラマ好き]
[04/26 ゆりこママ]
[04/25 naraku]
[04/25 naraku]
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
偽装の夫婦
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメSeason4
孤独のグルメ5
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
早子先生、結婚するって…
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
火の粉
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
増山超能力師事務所
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/2/8に1,200万アクセス達成を致しました。(感謝の記事