忍者ブログ
Top*Admin

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
映画「メアリと魔女の花」 感想と採点 ※ネタバレなし
2017年7月8日公開予定の映画 『メアリと魔女の花』公式)を6/22に、TOHOシネマズ試写会にて劇場鑑賞。採点は、★★☆☆☆(最高5つ星で2つ)。100点満点なら40点にします。
なお、原作:メアリー・スチュアートの小説『The Little Broomstick』(1971発行)は未読。

私の評価基準(映画用)

ざっくりストーリー

田舎町の赤い館村に引っ越してきた赤毛にそばかすの11歳の少女メアリ(声:杉咲花)は、森で7年に1度しか咲かない紫色の花 “夜間飛行” を見つける。それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の “魔法の花” だった。

一夜限りの魔法を手に入れたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学 “エンドア大学” はあれよあれよと入学を許可される。しかし、メアリのついたたった1つの嘘が、大切な人を巻き込んだ大事件へと発展していく。と共に “魔女の花” の正体が明らかになっていく。

メアリは、魔女たちの支配下から逃げ出すために「呪文の神髄」を手に入れ、すべての魔法を無効にしようとするが、そんな時にメアリの魔法の力は効かなくなる…

まえがき

私、ジブリ作品は殆ど観ていますが、なぜか『風の谷のナウシカ』以外に琴線に触れる作品が無く、ジブリ作品にこれと言った深い思入れはありません。

ただ、日本のアニメ界をけん引してきたスタジオジブリが、2014年に制作部門が実質的に解体されており、その後を引き継ぐ形での米林宏昌監督と西村義明Pのスタジオポノック制作第1作目として興味を持ち、運良く試写会に当選させて頂いたので、観て来ましたと言う次第です。

従って、私の感想はあくまでジブリ云々ではなく、1本の日本のアニメ映画としてとなることを前置きしておきます。

監督や出演者らの言う "見所" の微妙な違いが気になった

前述の通り、今回はTOHOシネマズ全国一斉試写会で見たため、本編上映まえに約30分間の米林監督、西村P、杉咲花さんら出演者の舞台挨拶の生中継を観ることが出来た。正直言うと、この出演者らによる「解説」がなければ、本作への理解度はかなり低かったと言わざるを得ない。

その意味では、小日向文世さんは素の声でやるよう要求されたとか、逆に遠藤憲一さんは役を作ったとか、制作裏話的な楽しく興味深い話が良かったのだが、私に奇妙に映ったのが、米林監督と杉咲花さんと満島ひかりさんと大竹しのぶさんがそれぞれ言った作品の見所が微妙に違ったこと。

詳細はネタバレにも繋がるから避けるが、「少女が空を飛ぶ冒険」なのか、「勇気を持って前に進む」ことなのか、「運命と出会い」なのか良く分からなかった。こひさんとエンケンさんの掛け合い漫才や佐藤二朗さんの漫談には爆笑させてもらったが、内容については不安いっぱいで本編に臨むこととなった…

"少女がホウキで空飛ぶ冒険アニメを撮りたかっただけ" か?

結論から言うと、監督は本作で “少女がホウキで空を飛ぶ冒険アニメを撮りたかっただけ” だったようしか見えなかったってこと。

まず、基本的に脚本が粗削り過ぎ。まず初期設定が不明瞭の上、説明不足で始まるのが頂けない。なぜ、素直に、メアリは夏休みの間だけ、森の近くの田舎町の古い屋敷に住むシャーロット大おばさまに預けられたと言う単純な設定で始めなかったのだろう?

物語が本格的に動き出すのは、40分頃。そこまでは、主人公の日常が淡々と描かれる。もちろん、映像はジブリ作品譲りの美しさを堪能できるが、こちらは絵で描いた自然を見に来ているのでない。登場人物の人間性を見に来ているのだ。なのに、不思議な花も説明が後出しジャンケン的に捕捉されるから、中盤まで退屈だ。

折角のクライマックスは既視感 魔法の設定も緊張感薄し

そして、何とかメアリの大切な人が事件に巻き込まれる60分目辺りから、やっと活劇っぽく物語が動き出す。しかし、一向に主人公は「魔法のホウキ」と「魔法の花」と言わんばかりの展開。更に、『魔女の宅急便』や『ハリーポッター』を連想させる映像やエピソードが続くから、今度は既視感が押し寄せる…

これはネタバレにはならないと思うから書くが、「一夜限りの」と言う割に、「魔法の花」はスズランみたいな “花が房状に連なる” 花だから、花1つ1つに1回?の魔法があるって設定。だから、確かに「7年に1度」の「一夜限り」なのだが、魔法は花が無くなるまで幾度も使えちゃうって設定が緊張感に乏しいのも残念…

結局、何を描きたかったのか分からなかった…

で、終わってみれば、メアリと大切な人たちとの出会いや、それで生まれた運命的な出来事で、メアリとその周辺の人たちに何が起こり、変化したのも良く分からぬまま終了。上映後、私の席の後ろの子どもが「猫が可愛かった」と言っていたのが印象的だし、ある意味本作の本質を突いているかもしれない。

あとがき

良くも悪くも、これまでのジブリ作品と映像もキャラクターも重なる部分が多いです。動物がたくさん登場するので、子供が夏休みに観るほんわかアニメとしては良いと思います。ただ、物語のテーマ性やキャラクターたちの奥深さを期待すると裏切られます。スタジオポノックの次回作に期待します。
なお、出演者総動員で盛り上げてくれた舞台挨拶は、★★★★★(最高5つ星で満点)でした。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
メアリと魔女の花 オリジナル・サウンドトラック
新訳 メアリと魔女の花 (角川文庫)
新訳 メアリと魔女の花 (角川つばさ文庫)
メアリと魔女の花 トランプ

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8388.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/451128650.html


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[5回]

2017/06/23 12:47 記事更新
連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第12週『内緒話と、春の風』『第71回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


省吾(佐々木蔵之介)に続いて鈴子(宮本信子)にも、ないしょで由香(島崎遥香)への届け物を頼まれたみね子(有村架純)。「今度こそ喫茶代を払わない」と意気込んで行くが、由香の失礼な態度でまたもや嫌な気分に。誰にも言えず落ち込んでいると、秀俊(磯村勇斗)から意外なことを聞かされる。その夜、仕事終わりに省吾から誘われて連れていかれたのは、邦子(白石美帆)が切り盛りするバー「月時計」だった。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

いよいよ "人にはいろいろある" ってことを描く宣言か?

元治「いろいろあるよ、みんな」

11分過ぎの元治(やついいちろう)のこの↑台詞を正に描いた、いや、これから「赤坂編」で描きます…そんな脚本家・岡田恵和氏の宣言を改めて聞いたような15分間だった。

"要らぬ気遣い" がみね子らしい

6分過ぎ、言うか言わぬか散々迷ったみね子(有村架純)が、鈴子(宮本信子)のことを案じて、由香(島崎遥香)が言っていないことを鈴子に言う。そう、みね子が嘘をつくのだ。そんなみね子が↓反省をする。

みね子(M)「鈴子さんは私の嘘に気付いているように思いました。
      何だか私は、
      すごく失礼でいけないことをしてしまったようで…
      嘘はダメですね。ごめんなさい」

ここのみね子の “要らぬ気遣い” はみね子らしい。どうもここんとこ、特に舞台があかね荘になると現代劇風な立ち回りをするみね子に違和感を覚えていたから、やはりすずふり亭を舞台に、みね子の素性を知る人物たちとの関わりで描かれるみね子の方が見ていて安心できる。あとは、こう言うのが続くのを祈るばかりだ。

省吾がフライパンを洗うインサートカットが効果的だった

で、次の舞台はコント用のすずふり亭の店の裏の広場。なのに、今回はみね子のモノローグ↑を受けて、コント仕様から脱却して、劇伴と合わせて『ひよっこ』らしい私の好きな雰囲気に。まずは、「内緒」「秘密」の一部ネタ晴らし。こんなの引っ張っても誰の得にもならないから、さっさと進めるのが正解。

労働者の物語なのに、休憩と賄いばかりだったから、編集で省吾(佐々木蔵之介)がフライパンを洗ってる手元と表情を割と長めの尺で2つインサートカットしたのも良い感じ。前回で、久し振りの東京タワーが尺も長めにインサートした演出の渡辺哲也氏の粋な計らいと書いたが、今回も編集が効いてる。

これがあると無いとでは、その後の省吾がみね子をバーに誘い出す気持ちの “重さ” が俄然と違ってくる。こう言う演出は良いのに…。愚痴は、あとまで取っておく…

柏木堂がすずふり亭に寄り添って親子の物語の舞台に…

また、柏木堂の息子・ヤスハル(古舘佑太郎)が由香と幼馴染だったこと、父・一郎(三宅裕司)とは実の親子でなく “もらいっ子” であることが明かされた。ポカーンと口を開けて一郎の打ち明け話を聞くみね子のインサートカットも絶妙なタイミング。

一郎「で、子ども余ってて貧乏な親戚の俺が貰われたって訳」

具体的な境遇は異なれど、生まれた環境がその人物の将来を決めてしまい、その中で翻弄されつつ踏ん張って生きているのは、“農家の三男坊” の運命を背負って生きてる三男(泉澤祐希)の生き様と重なる設定だ。こうなると、三男と三男の母・きよ(柴田理恵)、ヤスハルと一郎、何となく俳優の配置も似ているような…

若干セピア色の演出をした柏木堂の親子の回想もいい。声が聞こえないのに一郎の声が聞こえてくるように見えるのは、三宅裕司さんの演技力。

みね子「すみません。今、頭がいっぱいになっちゃって、
    元治さんのことまで入んないです」
元 治「何で、俺のことだけ入んないのよ」

こう言う良い雰囲気や流れをきっかけに、柏木堂がすずふり亭に寄り添って描かれ、親子の物語の面白おかしく泣ける舞台になることを、期待したい。

「BAR 月時計」のスタジオセットも味わい深い

労働の場面が無いのは気になるが、舞台は仕事が終わった後の飲み屋街。今回は先の広場といい、エキストラが丁寧に配置されていい。どうしてもあかね荘は狭苦しい画になるから、同じスタジオセットでも屋外設定の際は、このような演出の配慮は映像的に現実味や時代を描くのにとても効果がある。

今回の「BAR 月時計」の看板やカウンター内のおしぼり機なんて、それこそ昭和の40~50年代に私の母がやっていたスナックを思い出して懐かくなった。バックバーに並んだお酒のボトル群も、何となくあの商品?と思わせるデザインになってたり。また、劇伴がオルゴールと時計の時報の音をアレンジした楽曲なのも洒落ている。

ラストの時計の音の演出がドラマチックで良かった

邦子「東京にはさ、日本のいろんな所から
   出て来た人たちがたくさんいるでしょ?
   で、お国なまり話せなくて寂しい思いしている人たち
   たくさんいると思うんだ。
   で、もしお酒飲みに来てちょっとでも喋れる人たちが
   いたら嬉しいんじゃないかなってね思って。企業努力」

邦子(白石美帆)のこの↑台詞も、いつぞやの鈴子が実(沢村一樹)や美代子(木村佳乃)に寄せた、東京の人たちが地方から出て来た人たちへの優しい思いに繋がる。これ、あかね荘は暫くお休みにして、由香を上手く使って東京の人たちの思い、親と子の気持ちを描けるかも?

店内の壁の時計は(多分)すべて「10時35分」で、みね子たちが入店してから分針が動いていない。実は、時計の振り子が動いていないのだ。しかし、最後に省吾が「何か話したいんだよ、みね子に」と行った時には、時計の時報と秒針の音が、意味深に効果音的に入って終わる。なかなかドラマチックなラストだった。

なぜ「明細書」で勘定が加算されたのを描かなかったの?

ここまで褒めておいて言うのも何だが、今日は良い演出が多かっただけに気になったのが、前回でも登場した「明細書」、勘定の表現だ。前回で切迫したみね子の懐事情を描いて、今回の4分過ぎに喫茶店内で2度目の「明細書」。だったら、ここは、6分過ぎに鈴子がお駄賃を渡した時に、なぜ「明細書」を出して加算しない?

で、みね子は、そんなの貰うつもりはない罪悪感と、加算されてホッとした台詞でないのか?そう言うのが『ひよっこ』らしさでないのか?恐らく、「明細書」の表現は演出家の判断。みね子の台詞は「いや、こんなに。すみません」しかない。こう言う部分で脚本と演出が一体化されていると面白味が増すのに。

まあ、まだ3か月以上はあるから、その辺の共同作業の妙も見せて頂きたいものだ。

あとがき

未成年の従業員を仕事終わりにバーに誘うなんて、今では許されませんが、こんなのも、いろいろいい加減だった昭和を表してるなぁなんて、好意的に見てました。特に家族経営の店や会社は、良くも悪くもおおらかな時代。そんなのを楽しんだ第71回でした。

最後に。前回の感想に、77回ものWeb拍手を頂き、ありがとうございました。みね子がお駄賃を貰えて良かったです。やはり、あかね荘が入らず、すずふり亭と関係者だけのほうが、ドラマが引き締まりますね。という訳で、当blogは、まだまだ引き続き本作を応援します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


           

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ひよっこ Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 上
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」1964年の食卓 (TJMOOK)
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 若い広場 (NHK出版オリジナル楽譜シリーズ)
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
昭和40年代ファン手帳 (中公新書ラクレ)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8387.html
【Seasaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/451123575.html



[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[83回]

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  shinさん (2017-06-23 04:50:27)
ひよっこ (第70回・6/22) 感想

はっきり言って赤坂編、特にアパートが舞台の場面は深刻な程つまらないです。3日間に渡って描かれた偽・藤子不二雄のバカ二人組のエピソードなど既に絶滅したネタを再現しているだけ。こんなのを岡田恵和氏は本当に面白いと思って書いているのでしょうか?ネタ切れして苦し紛れに書いてるとしか思えません。 いい加減、主人公みね子自身のストーリーを展開して欲しいものです。

みね子は何処へ向かって歩もうとしているのか、東京でみね子は何をしたいのかなど、全然見えてこないし、そもそも恋愛話の一つもないのですからねぇ。3か月近く経つのに、視聴者は何を楽しんで良いのか分からないのですよ。

今、必要なのは漫画家の相棒や我儘なすずふり亭の娘などの雑魚キャラではなくて、みね子の人生を変えるほどの力を持った強烈なキャラクターの登場ではないでしょうか?(失望感からつい表現が過激になってしまったことをお許しください)

↓ここから管理人返信↓

過激な表現になってしまうの、分かります。別に、朝ドラに壮大で崇高なテーマなんて求めませんが、ヒロインが何をしようとしているのか、どこへ向かおうとしているのか、そのくらいは見せて欲しいってことではないですか。これでは、本当に日常を描いているだけ。日記です。やはり、ヒロインの心を描かねば…


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[7回]

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  chiroさん (2017-06-22 20:50:500)
[朗報] 綾野剛主演『コウノドリ』10月連ドラで復活

コウノドリ楽しみに見ていました。今からワクワクです。春ドラマなかなか見続けられるものがなかったので、期待が高まります。

↓ここから管理人返信↓

今夏は山下智久さんたちの『コード・ブルー』、今秋は綾野剛さんの『コウノドリ』、来年4月は永野芽郁さんの朝ドラ『半分、青い。』と、私にとって朗報続きで嬉しいです。


[拍手投稿]  まりもさん (2017-06-22 23:11:01)
ひよっこ (第70回・6/22) 感想

みっきーさん、こんばんは。 私も言いたい。最近、つまらないです。 突然出て来た脇役のエピソードを延々描かれて、いい話風のBGM流されても、ちっとも感動出来ませんでした。 いちいち入る「おとうさん」のナレーションさえ、鼻に付くこの頃です。 なんとか盛り返して欲しいです。

↓ここから管理人返信↓

そうなんですよ。「奥茨城編」を知っていると、期待しますよね。


[拍手投稿]  名無しさん (2017-06-23 00:02:15)
ひよっこ (第70回・6/22) 感想

ちょっと雲行き怪しい? けど…べっぴんさん よりは ずーーっとマシ

↓ここから管理人返信↓

そうそう!期待感があるだけに、雲行きの怪しさが気になります。防衛本能でしょうか(困)


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[2回]

拍手コメントへ返信

ご来訪の上、拍手とコメントをありがとうございます!

いつもドラマ映画の感想にご賛同のWeb拍手やコメントを頂戴し、ありがとうございます。もちろん厳しいコメントも頂きますが、ブログ更新の励みになります。
なお、"拍手コメント"にお返事をする機能が無いため、基本的に翌日以降にこの場でお返事を差し上げます(謝)


[拍手投稿]  ちるちるさん (2017-06-22 11:11:05)
ひよっこ (第70回・6/22) 感想

前回は長いお返事をありがとうございました。そして・・・褒めてますよ!!皮肉なんじゃじゃないです。念のため

ともあれ、本日です。 ただでさえ人大杉なのにまたしてもニューキャラ投入。嗚呼、と天を仰ぎました。 今回のアプレ娘、悪い予感しかしないです。私は。アレが平和な日常を引っ掻き回してそしてついに和解。みね子ありがとう!な展開だったりして。。うわー。

それにすずふり亭&あかね荘編からの「個性的なおもしろキャラ」はもうおなかいっぱい。キャラに頼ったドラマってよほどじゃないとおもしろくないと思うんです。そもそも。まさかそんなものを見る羽目になるとは思ってもいませんでした。嗚呼。

↓ここから管理人返信↓

皮肉ではないのは分かってます(苦笑)。いよいよ、『ひよっこ』にも悪い人が登場か?とでも言わんばかりのシーンでしたね。どうやら、『べっぴんさん』に似てきましたね。印象的なキャラをカンフル剤のように次々と投入して、賑やかな雰囲気だけ作るみたいな。

全員、アメコミみたいに、立ってるだけ座ってるだけで個性的な見た目の上に、個々の設定が味が濃い。それを、説明ばかりするから、物語と言うより登場人物たちを見ているだけになりつつあるのが、大変気になります。しばらく、店の裏の広場だけでも止めたら良いのに…なんて思います。


[拍手投稿]  ぴあすさん (2017-06-22 12:11:12)
[朗報] 綾野剛主演『コウノドリ』10月連ドラで復活

やった!!! 楽しみです!

↓ここから管理人返信↓

楽しみですよねぇ。


[拍手投稿]  くくのちさん (2017-06-22 12:33:24)
ひよっこ (第70回・6/22) 感想

みっきーさん こんにちは。毎日楽しみに読んでいます。 多くの方のように、私も奥茨城編、向島電気編からの「すずふり亭&あかね荘編」の変わり様にとまどっています。 同じ脚本家なのに、こんなに変わっちゃうことってあるんでしょうか?

さて、今日もまた新たなキャラの投入でしたね。アプレ娘という前評判どおり、感じ悪い娘です。 ただこの感じ悪さより気になるのが、今後の展開。 娘が屈折をするようになった原因がそのうち明かされて、何かのきっかけで改心するんだろうなぁって読めちゃいます。

展開が想像できるとつまんないなぁと感じます(私の素人の予想を遥かに上回る展開になれば、それはそれでいいですが)。みっきーさんはどう思われますか?

↓ここから管理人返信↓

今回の数分間の娘・由香のキャラクターを見る限りでは、“ありがちな” キャラクターですよね。ただ、どう言う展開になっても、みね子と和解する以外はないんじゃないですか?向島電機の仲間のようになって退場ってパターンもありますが。それよりも、私は「騒動至上主義」が始まらないことを祈るのみです…


皆さま、またのご来訪を心よりお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【楽天市場】ジャンル別ランキング
【楽天ブックス】品揃え200万点以上!
【楽天トラベル】日本最大級の旅行予約サイト
【楽天セレクトギフトなら】住所が分からなくても、ギフトが贈れる!


[管理人からのお知らせとお願い]

【Web拍手のコメント公開と返信について】
いつも「Web拍手」と「拍手コメント」をありがとうございます。この忍者ブログの「Web拍手」にはコメントの公開と返信の機能が無いので、基本的に翌日の『拍手コメントへ返信』の記事で公開&返信をしています。
【すべてのコメントの「非公開希望」について】
 コメント非公開希望の方は、お手数ですが「非公開希望」と書いて下さると助かります。

拍手[13回]

より新しい記事  Newer |  * *  | Older  より過去の記事
  • 読者さまへお知らせ
NEW 2017/6/11 04:54更新】
2017年7月期 / 夏ドラマの期待度』を更新しました。
  • 広告
  • アーカイブ・ブログ内検索


  • おすすめ本(感想の記事有り)※随時更新中
●映像関連
おすすめ本 映像の原則 改訂版
おすすめ本 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方-
おすすめ本 クライマックスまで誘い込む絵作りの秘訣 ストーリーを語る人のための必須常識:明暗,構図,リズム,フレーミング
おすすめ本 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
おすすめ本 物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術
●写真,アート関連
おすすめ本 日本の色 売れる色には法則があった!
おすすめ本 もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ
おすすめ本 写真図解でわかりやすい マンネリを打破する 写真上達の教室
おすすめ本 アート鑑賞、超入門! 7つの視点
●自己啓発,マナー関連
おすすめ本 戦う君と読む33の言葉 「不安」「不満」「孤独」を乗り越え、折れない自信をつくる方法
おすすめ本 ポジティブ・チェンジ
おすすめ本 男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
おすすめ本 察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
おすすめ本 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
おすすめ本 仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
おすすめ本 100%好かれる1%の習慣
●QOL(人生の質),LGBT関連
おすすめ本 LGBTの子どもに寄り添うための本: カミングアウトから始まる日常に向き合うQ&A
おすすめ本 LGBTってなんだろう? -からだの性・こころの性・好きになる性-
おすすめ本 女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方
おすすめ本 わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。: 未来をうばわれる2億人の女の子たち
●企画書,文章関連
おすすめ本 社外プレゼンの資料作成術
おすすめ本 伝え方が9割 2
おすすめ本 「そのひと言」の見つけ方 -言葉を磨く50のコツ-
おすすめ本 「読ませる」ための文章センスが身につく本
●心理学,犯罪関連
おすすめ本 10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート
おすすめ本 見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか
おすすめ本 怒らないクスリ: 専門医が語る、心が楽になる処方せん
●寺院,神社,仏教関連
おすすめ本 おじさん仏教
おすすめ本 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
おすすめ本 刺さる言葉 「恐山あれこれ日記」抄
●中世ヨーロッパ関連
おすすめ本 知識ゼロからの名画入門
おすすめ本 図説 中世ヨーロッパの暮らし
●その他
おすすめ本 腰の脊柱管狭窄症が革新的自力療法痛みナビ体操で治った!手術を回避!―長く速く歩けた!笑顔が戻った!
おすすめ本 よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 99%の人が、危険で効かない飲み方をしている
おすすめ本 健康になれない健康商品: なぜニセ情報はなくならないのか
おすすめ本 病気になるサプリ 危険な健康食品 その他のおすすめ本の記事は“こちら”から…
  • 当ブログについて
フリーランスのホテル宴会(婚礼含む)&映像ディレクター"みっきー"が、テレビ、映画、CM、ディズニー、音楽などエンターテインメント全般の感想を綴ります。愛するが故に、記事により毒を吐きますがご勘弁を。


  • 管理人 自己紹介
【ハンドルネーム】
みっきー
【性別】
男性
【職業】
宴会/映像ディレクター(フリーランス)
【自己紹介】
東京下町生まれ千葉県在住。
ホテル音響照明映像会社を経て、2001年独立。
ホテルでイベント、パーティー、
映像コンテンツ等の演出を手掛ける。
活動拠点は東京と千葉の有名ホテル等。
  • コメントありがとうございます
  • 忍者ブログ広告
PR
  • オンライン・カウンター ※テスト中
 
 
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(あ~か)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[あ]
相棒 Season13
相棒 season14
相棒 Season15
アイムホーム
IQ246~華麗なる事件簿~
アオイホノオ
仰げば尊し
悪党たちは千里を走る
あさが来た
A LIFE~愛しき人~ アルジャーノンに花束を
OUR HOUSE
家売るオンナ
遺産争族
遺産相続弁護士 柿崎真一
医師たちの恋愛事情
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!
嘘の戦争 美しき罠~残花繚乱~
奪い愛、冬 ウロボロス
営業部長 吉良奈津子
エイジハラスメント
ST 赤と白の捜査ファイル
Nのために
エンジェル・ハート
おかしの家
掟上今日子の備忘録
「おこだわり」、私にもくれよ!!
お義父さんと呼ばせて
侠飯~おとこめし~
オトナ女子
お兄ちゃん、ガチャ
お迎えデス。
表参道高校合唱部!
おやじの背中
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
女たちの特捜最前線
女はそれを許さない
[か]
怪奇恋愛作戦
怪盗 山猫
カインとアベル
家政夫のミタゾノ
家族狩り
家族ノカタチ
学校のカイダン
神の舌を持つ男
カルテット 監獄学園
偽装の夫婦
キャリア~掟破りの警察署長~
99.9‐刑事専門弁護士‐
京都人情捜査ファイル
きょうは会社休みます。
嫌われる勇気
金田一少年の事件簿N(neo)
銀と金 グッドパートナー
グ・ラ・メ!~総理の料理番~
黒い十人の女
黒服物語
刑事7人
刑事7人 第2シリーズ
警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~
警視庁・捜査一課長
警視庁 ナシゴレン課
警部補・杉山真太郎
下剋上受験
結婚式の前日に
恋仲
校閲ガール・河野悦子
コウノドリ
こえ恋
心がポキッとね
5→9 ~私に恋したお坊さん~
ゴーストライター
ごちそうさん
コック警部の晩餐会
孤独のグルメSeason4
孤独のグルメ5
ごめんね青春!
婚活刑事
  • 過去の連ドラの感想記事一覧(は~わ)
2014年以前の連ドラの記事は、検索窓で探して下さい。
[は]
バイプレイヤーズ
はじめまして、愛しています。
花子とアン
花咲舞が黙ってない
早子先生、結婚するって…
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
火の粉
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
HEAT
昼のセント酒
HERO[2014]
ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します
ファーストクラス[2]
不機嫌な果実
不便な便利屋
THE LAST COP/ラストコップ
フラジャイル
べっぴんさん
ペテロの葬列
保育探偵25時
ボーダーライン
HOPE~期待ゼロの新入社員~
ホクサイと飯さえあれば 僕のヤバイ妻
ホテルコンシェルジュ
[ま]
マザー・ゲーム
増山超能力師事務所
マッサン
まっしろ
真昼の悪魔 ママとパパが生きる理由。
○○妻
まれ
南くんの恋人
無痛~診える眼~
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
MOZU Season2 ~幻の翼~
問題のあるレストラン
[や]
ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~
山田孝之の東京都北区赤羽
ヤメゴク
ゆとりですがなにか
ようこそ、わが家へ
[ら]
ラヴソング
ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~
リスクの神様
流星ワゴン
臨床心理学者 火村英生の推理
恋愛時代
レンタル救世主
レンタルの恋
[わ]
ワイルド・ヒーローズ
若者たち2014
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです
わたしを離さないで
  • テレビドラマ 人気ブログランキング

※ 読者さまへ。ご利用の前に 「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」 をご一読下さいませ。
Copyright © ディレクターの目線blog All Rights Reserved.  (since 2007/09/30)
Produced By エム・ティー・ファクトリー  *Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]

皆さまのおかげで、2017/5/17に1,300万アクセス達成を致しました。(感謝の記事